乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自転車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 61コメント

    41108831

    1: チキンウィングフェースロック(空)@\(^o^)/ 2015/03/17(火) 22:23:34.82 ID:wOVGpG2w0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典

    競輪選手が自転車で衝突事故、57歳女性が重体

     練習から自転車で帰宅途中だった女性競輪選手が、道路を横断していた女性と衝突しました。女性は重体です。

     17日午前11時半ごろ、柏市高柳の県道でロードバイクに乗っていた28歳の女性競輪選手が、
    道路を横断していた会社員の女性(57)と衝突しました。会社員の女性は頭などを強く打っていて、意識不明の重体です。

     警察によりますと、女性競輪選手は練習から自転車で帰宅する途中で、信号待ちの渋滞の車の横を
    走っていたところ、車と車の間から出てきた女性会社員と衝突したということです。

     警察に対して、女性競輪選手は「気付いてすぐブレーキをかけたが、ぶつかってしまった」と話していて、
    警察は任意で事情を聴くなどして事故の状況を調べています。(17日17:58)
    http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2446996.html


    【競輪選手がロードバイクで帰宅中人身事故 信号待ちの車の横をすり抜ける際、横断中の女性をはね重体】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント
    1: 海江田三郎 ★ 2015/03/01(日) 15:00:38.82 ID:???*.net
    http://mainichi.jp/select/news/20150301k0000m040082000c.html
    no title

     乗っていた自転車が突然壊れ、転倒する--。市民の足として親しまれている乗り物に、
    そんなリスクが潜んでいることが判明した。重傷を負った人がメーカーの責任を問い、
    訴訟に発展するケースもある。ここ10年で367件の事故が確認されているが、専門家は「氷山の一角に過ぎない」と指摘している。

     ◇堺の男性、歯8本折れ
     堺市堺区の建築業の男性(27)は一昨年6月、走行中に自転車のフレームが突然折れて転び、
    重傷を負った。男性はメーカーに約1100万円の賠償を求める訴えを大阪地裁に起こし、係争中だ。
     訴えによると、自転車は東大阪市のメーカー「ビーズ」が製造・販売し、
    「ドッペルギャンガー」のブランド名で展開する折り畳み式のマウンテンバイク。中国で製造された。

     男性は、事故の約7カ月前にインターネット通販で約2万2000円で購入。
    自宅近くを走っていたところ、前輪と後輪をつなぐアルミ合金製のフレームが突然折れて転んだ。顔を地面に強打し、8本の歯が折れたり、欠けたりした。
     男性の相談を受けて調査した国民生活センターは製品の欠陥の可能性を指摘した。
    センターの報告書によると、フレームには製造時から亀裂が生じていた可能性があり、
    走行時の負荷で破損につながったと考えられるという。同型品の試験でも破損し、「製品共通の問題である可能性がある」と結論付けた。

     ビーズは訴訟で製品に問題があったことを認める一方、治療費などの賠償額を争う姿勢を示している。
    ビーズによると、同型の自転車の販売は終了しているという。担当者は毎日新聞の取材に
    「製品の回収は考えていないが、事故がないか注視し、個別に対応したい」と話す。
     男性は、事故の約3週間後には結婚式を控えていた。式当日は仮歯を入れ、
    顔の傷は化粧で隠したという。男性は「購入前から欠陥を見抜くことはできない。
    安全だと信用して購入している消費者を裏切らないでほしい」と話している。
     自転車などの生活用品については、消費生活用製品安全法で、死者や重傷者が出る事故が起きた場合、
    それを知った日から10日以内に国に報告することがメーカー側に義務付けられている。
    一方、専門家は「自転車が壊れて事故が起こっても、軽いけがなら消費者が専門機関に相談しないケースが大半だろう。
    欠陥が原因の事故はもっと多いはずだ」と話している。【服部陽】

    【自転車走行中に突然フレームが折れ転倒し歯8本折る重傷、メーカーに賠償もとめ訴訟】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント
    1: 断崖式ニードロップ(catv?)@\(^o^)/ 2014/12/11(木) 11:38:54.82 ID:UCui5Sun0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    no title


    雪道でも自転車を強靭な牽引力を引き出すには「結束バンド」が良い


    雪道や凍った道では車などであれば「スタッドレス」及び「スノータイヤ」をはくか、チェーンをつけるなどして応急処置を施します。
    しかし自転車となると、機会の少ないチェーンをわざわざ買うというわけにもいかず、突如降ってきた雪には丸裸で泣く泣く進むということも多いはずだ。そんなときにはなんと「結束バンド」がよいということだ。

    no title

    ―結束バンドが使える

    実は結束バンドは様々な名前があり「ナイロンタイ」「タイラップ」「インシュロック」などと呼ばれているようだ。これらは電気ケーブルなどをまとめる際に使われるが、これをタイヤに巻きつけることで強靭な力を生み雪道をしっかりと固定してタイヤを安定させるようだ。

    ただし、雪がなくなったら即座にとらなければ、余計な力がかかりこぎづらくなるので注意が必要だ。


    ―逆効果だという声も

    しかしこの方法でゆきみちを走ると逆効果ではないかという声もある。理由としては余計な力がかかり、結束バンドに雪がこびりつき更に進みにくいのではないかということだ。

    とりあえずやってみないとわからないようだ。

    ―海外の反応

    ・ これ試したらあかんわ。 ・ これはブレーキの邪魔をして意味が無い。 ・ 誰かが怪我する前に言うが、無駄だ ・ 時間の無駄だ ・ 実におろかだな
    ・ 完全に自転車の機能を失うよ ・ 結束バンドが凍って使いづらいはず。 ・ たぶんうまく動くんだが。 ・ ただおろかだなあ。 ・ 自転車の制御を失い、事故るだろう
    ・ こんなやり方聞いたことは無い。 ・ タイヤを購入するよりは安い ・ 冬用タイヤを購入するわ。 ・ Google「冬用タイヤ」 ・ そもそも収束バンドって何に使うのよ
    http://dmm-news.com/article/902140/

    【雪道でも自転車を強靭な牽引力を引き出すには「結束バンド」が良い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント
    1: ローリングソバット(catv?)@\(^o^)/ 2014/12/04(木) 17:59:15.54 ID:13IRUO8B0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    no title


    心当たりがある人、今すぐやめて!

    自転車に乗る人が「危険行為」を繰り返した場合、安全講習の受講を義務付けるという項目が盛り込まれた、2013年6月改正の道路交通法
    、ここにおける「危険行為」にはスマホを操作しながらの自転車運転も含まれるようです。

    このたび、信号無視、酒酔い運転、一時停止の標識の無視、ブレーキのない自転車の運転といった「危険行為」にあたる14行為が発表され、
    自転車運転中のスマホ操作はこの内容には明記されていないながらも『安全運転の義務違反』の項目に該当する、ということがNHKニュースなど複数のメディアによって報じられました。

    たしかに、道を歩いていて最近よく見かける危険行為のひとつが自転車運転中のスマホ操作。今年タブロイドでも『歩きスマホどころじゃありません。
    危険すぎる「チャリスマホ」で事故』という話題を取り上げましたが、この事故では自転車を運転していた17歳少年が、重過失傷害容疑で書類送検されています。
    http://dmm-news.com/article/901027/

    【チャリンカス今すぐやめろ!「自転車乗りながらスマホ」違反者には罰則も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント
    bicycle-insurance

    1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/10/18(土) 17:06:52.61 ID:???0.net
    自転車保険義務化へ 全国初条例案、高額賠償相次ぎ 兵庫県

     自転車と歩行者の事故が増加している現状を受け、兵庫県が、自転車保険の加入を義務づける
    条例案を提出する方針であることが17日、分かった。自転車事故の加害者側に高額の賠償を
    命じる判決も相次いでおり、自転車販売店や学校と連携し、加入を促す。罰則は設けないが、
    条例が制定されれば全国初となる。(岡西篤志、奥平裕祐)


     県が設置した検討委員会の自転車保険専門部会が17日、結論をまとめた。年内に開かれる
    検討委で報告し、県が早期の条例案提出を目指す。

     県内の交通事故件数は減少傾向にあるが、健康志向などによる自転車人気の高まりもあり、
    歩行者と自転車の事故は2013年までの10年間で約1・9倍に増加。ほとんどの場合、
    自転車側が加害者となっている。

     また自転車の小学生が歩行中の女性と衝突して後遺症が残るけがを負わせた事故で、
    神戸地裁は昨年、保護者に約9500万円の損害賠償を命じた。同様に加害者が未成年の
    ケースは多く、被害者の救済と加害者の経済的負担の軽減は急務となっている。

     自転車には強制加入の保険はなく、任意保険。年間数千円の負担で、数千万~1億円
    前後の支払いが受けられる。しかし、県のアンケートでは加入率が約24%(13年)と
    普及は進んでいない。

     こうした状況から県は、自転車保険の加入について抜本的対策を検討。専門部会は条例化を
    提言する一方、所有者や運転者が特定できる自動車と異なり、管理や取り締まりが難しいため、
    罰則は設けないとした。

     県によると、条例化により家庭や学校への広報啓発を強化。自転車販売店や損害保険事業者に
    協力を求め、既存の任意保険への加入を進めていく。

    神戸新聞NEXT 10月18日(土)7時2分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000000-kobenext-soci

    【自転車保険義務化へ 全国初条例案、高額賠償相次ぎ 罰則は設けず―兵庫県】の続きを読む

    このページのトップヘ