乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2020/06/30(火) 06:39:17.50 ID:6wJlYj+79

    6/30(火) 6:00配信
    毎日新聞

    福岡県警本部=森園道子撮影

     福岡市近海で5月、法令で認められている沿岸から沖合2カイリ(約3・7キロ)までの区域を越えて水上バイクを航行させたとして、福岡県警は、20代と30代の男性2人を船舶安全法違反(区域外航行)容疑で7月1日にも書類送検する方針を固めた。区域外航行は他の船舶と衝突したり、事故や遭難時に救助が遅れたりする危険性があり、県警は夏のレジャーシーズンを前に取り締まりを強化する姿勢を示した。

     捜査関係者によると、2人は水上バイクの30代の操縦者と20代の所有者で、福岡市東区大岳の海岸から同市西区の玄界島沖合まで、法定の区域を越えて5キロ以上航行した疑いが持たれている。船でパトロール中の県警が見つけた。2人は任意の事情聴取に応じ、違反の内容を認めている。

     水上バイクは海上を疾走する爽快感が人気で、国土交通省によると、操縦に必要な特殊小型船舶操縦士のみの免許保有者数は2018年度末時点で18万5020人と、14年度末より3割以上増えた。一方、他の船との衝突や転覆、遭難などの事故も相次ぎ、国の運輸安全委員会によると、19年は全国で34件の事故が発生し、うち2件は死亡事故になった。第7管区海上保安本部によると、福岡県内では15~19年に計23件の事故があり、9人がけがをした。

     近年は時速100キロに達する機種もあり、福岡県警は重大事故につながりかねないとして危機感を持って摘発に力を入れる。

     水上バイク販売店などで作るNPO法人パーソナルウォータークラフト安全協会福岡支部の竹田聖也支部長は「最近増えたネットオークションでの購入者は、店頭で指導を受けないため注意事項を認識していない人もいる。規則を確認し安全な走行で楽しんでほしい」と呼びかける。【田崎春菜】

     ◇水上バイクによる近年の主な事故

    2001年7月 山梨県富士河口湖町の河口湖で無免許運転で転覆し、2人死亡

    2006年8月 愛知県西尾市沖の三河湾で転倒し、2人死亡

    2016年5月 東京都葛飾区の中川で護岸に衝突。男性(当時43歳)が死亡、女性(同37歳)が重傷

    2016年6月 福岡市西区の今宿海水浴場付近で発進時に少年(当時18歳)が転落し、重傷

    2016年6月 岐阜県羽島市の木曽川で無免許運転でゴムボートに衝突し、ゴムボートの親子4人のうち10歳と3歳の兄弟が死亡

    ※運輸安全委員会の資料などに基づき作成

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d3cbb28e573687278c7d3557003ec49358628d6d


    【水上バイクで区域外航行の疑い 2人を書類送検へ 福岡県警】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    20190527_cny_train001_w_a

    1: 2020/06/27(土) 18:51:56.87 ID:BSklJEkB0

    中国製のリニアモーターカーが26日までに時速600キロの走行試験に成功した。JR東海が2015年のリニア中央新幹線の試験で記録した最高時速603キロにほぼ追いつき、技術競争が激しくなりそうだ。
    https://this.kiji.is/649122869570995297


    【【朗報】中国の高速鉄道、時速600km/h達成】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    1: 2020/05/14(木) 22:59:19.86 ID:L1E78oJw9

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府の専門家会議は2020年5月4日、「新しい生活様式」を提言した。

    感染の拡大を食い止めるには市民の「徹底した行動変容」が必要だと強く訴えるもので、買い物や公共機関の利用、娯楽・スポーツ、食事など様々な場面でどう行動するのが望ましいかも記されている。

    例えば、公共交通機関を利用する際には「会話は控えめに」「混んでいる時間帯は避けて」といった提言がされているが、人々の間ではその他にも「暗黙のルール」が生まれつつあるようだ。

    こちらはツイッターユーザーの@kunukunuさんの2020年5月12日の投稿。写真は11日の21時40分ごろ、御茶ノ水駅?四ツ谷駅付近を下り方面に走行する中央線快速の電車内を撮影したものだという。

    ほとんどの人が一席ずつ空間を空けて座席に座っている。もちろん、新型コロナウイルスの流行以前も、間に1人分空間をあけて座るという光景は見られたが、こんなにも均等に空席があると「やはりソーシャル・ディスタンシングを意識している人が多いのだろうか」という気持ちになる。

    中央線ユーザーのS編集長も投稿を見て「そういったルールができてる実感は確かにあるわ...」と一言。ツイッターで検索してみると、@kunukunuさんやS編集長以外にも「コロナの影響で空いている席に座りにくくなった」と感じている人は多いようだ。

    「電車で空いてる席あってもソーシャルディスタンスだしなと思ってなんか座りにくいのよね」
    「電車の座席も自然にソーシャルディスタンスが取られていて1席飛ばしでみんな座ってる。逆に隣に座られると『えっ』って思ってしまうし、自分も座りにくい」
    「電車の席がある程度空いていても座りにくい世の中になったなぁ・・・・・・・・・」

    このような投稿は4月上旬ごろから増え始め、1席ずつ空席にすることを「暗黙のルール」「暗黙の了解」だと表現するユーザーもかなりの数存在した。

    また、隣に人が座らないように荒技を使う人もいるようで、

    「今朝大阪で見た人は、もっと直接的に二人がけの席の真ん中に座って間隔を取っていました」
    「電車で、ソーシャルディスタンスを保つために座席横に鞄を置いてるおっちゃんがおったが、綺麗なおねーちゃんが通ろうとすると鞄を下に置いてウェルカムモードだったのが今朝のハイライト」

    という猛者の目撃例もあった。

    新型コロナで生まれた「暗黙のルール」、募集中

    Jタウンネットでは読者の皆さんが感じている「暗黙のルール」を募集します。

    読者投稿フォームまたはメール(toko@j-town.net)、公式ツイッターのダイレクトメッセージで、あなたがどんな時に「暗黙のルール」を感じるかと、住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。

    ――みなさん、ご協力お願いします! 

    2020年5月14日 06:00
    https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/304957.html
    no title


    【【画像】新型コロナで「暗黙のルール」が生まれた電車の様子がこちらwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2020/04/17(金) 20:32:16.99 ID:ClSn/jVy9

    感染拡大は「地下鉄の混雑が大きな要因」米大学教授
     アメリカで最も深刻なニューヨークでの急激な感染拡大は、地下鉄の混雑が大きな要因だったとアメリカの大学教授が研究結果を発表しました。

     マサチューセッツ工科大学のジェフリー・ハリス教授の調査によりますと、感染者が急激に増えた先月中旬までニューヨーク市の地下鉄の利用者は、平日は一日500万人程度と通常とほとんど変わっていませんでした。その後、事実上の「外出禁止令」が発令されて地下鉄の利用者が激減すると、一日あたりの感染者の伸び率がなだらかになったと分析しています。
    000182029_640

    (C) CABLE NEWS NETWORK 2020
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000182029.html


    【【新型コロナ】NY感染拡大 原因は「満員電車」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    cac4fc081a89e17abe465c8ac79b1a66_s

    1: 2020/03/30(月) 21:15:50.28 ID:S8FKRs/D9

    「満員電車は死ぬぞ」コロナでロンドン市長訴え
    外出制限でも地下鉄は運行、通勤者で混雑


    コロナウイルス感染拡大を受け外出制限が指示されたロンドンの地下鉄駅。人との距離を空ける「ソーシャル・ディスタンス」は2mと駅頭に掲げられていた=3月22日、チジック・パーク駅(筆者撮影)

    新型コロナウイルスの感染拡大が欧州で止まらない。イギリスのボリス・ジョンソン首相は3月23日夜、感染拡大を食い止めるため、テレビ演説で国民に対し罰則を伴う厳しい外出制限を指示した。一方で、都市機能を維持するため、依然、地下鉄やバスは減便しながらも走り続けている。

    交通機関の運行停止は考えず

    イギリス政府は目下、ウイルス疾患による重症者の同時発生をできるだけ食い止めるため、ウイルスの拡散防止を目指した施策を次々と打ち出している。人工呼吸器で生命をつなぎとめられる患者数の対応に限界があるためだ。

    そんな中、ジョンソン首相は3月19日、「ロンドンの交通機関の運行停止はまったく考えていない」とウイルスの封じ込め手段には「逆張り」と思える政策を打ち出した。これは、さまざまな事情で職場などに向かわなくてはならない人々に対し、通常と同様の出退勤ができる交通インフラの維持を最優先課題としているためで、医療機関に向かう医師や看護士らの利用も少なくない。地方に行く「ナショナルレール」の列車や、長距離バスの運行も減便しながらも続いている。

    イギリスでは23日の首相演説の前までに「可能な人は全員、在宅勤務で」「集会に加え、パブやクラブ、劇場は閉鎖」「レストランやカフェも着席での飲食は不可、テイクアウトのみ」といった方針を決め、外出者削減のための措置を徐々に強めてきた。

    一方で「休むとお金がなくなる」と心配する人が無理に働いてウイルスをばらまくという懸念から、財務省は「賃金の8割は職場が閉まって働けなくなっても、基本的に保障する」という驚愕の政策を打ち出した。これが出た途端、急速に客足が遠のいた飲食店の多くが「政府保障があるなら閉めよう」と一気に店舗閉鎖に踏み切った。

    https://toyokeizai.net/articles/-/339943?display=b


    【ロンドン市長「満員電車は死ぬぞ」】の続きを読む

    このページのトップヘ