乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2020/10/26(月) 11:35:38.009 ID:/dOZuAeH0

    no title

    人気列車撮影しようとホームに侵入 緊急停止相次ぐ
    https://www.fnn.jp/articles/-/99619

    人気の小田急ロマンスカーを撮影しようと、鉄道ファンが線路内に侵入し、車両が緊急停止するトラブルが相次いだ。
    不審な足取りでホームを小走りする男たち。
    列車を撮影しようとするが、職員に見つかり、一目散に逃げていく。
    25日未明、神奈川県の小田急線・座間駅で、鉄道ファン3人が、走行中のロマンスカー「RSE」を撮影しようとホームに無断で侵入した。
    この日は、8年前に引退したロマンスカー「RSE」を、来春開業するロマンスカーミュージアムに移送する計画で、座間駅のほかにも撮影目的の鉄道ファンが踏切内に侵入し、車両が緊急停止するトラブルが3件発生した。
    このうち、相武台前駅近くの踏切に侵入した1人は警察に引き渡された。



    【撮り鉄「未公開車両撮りてぇなぁ」→不法侵入で一日に3回電車を緊急停止させてしまうwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    MRJ_2

    1: 2020/10/24(土) 13:42:35.00 ID:JM+SdaTXM

    三菱重工業は、三菱航空機が開発する国産旅客機、Mitsubishi SpaceJet(三菱スペースジェット)の開発凍結を決定した事実はないとの声明を発表した。

    共同通信などが10月22日、開発を事実上凍結すると報じていたもの。三菱重工業では、「新型コロナウイルスの感染拡大の影響も踏まえ、引き続き開発スケジュールの精査を行うとともに、現下の当社グループを取り巻く厳しい状況を考慮した適正な規模の予算で開発を推進しております。こうした中で、様々な可能性を検討していることは事実ですが、開発の凍結を決定した事実はありません。」としている。

    三菱スペースジェット、「開発凍結を決定した事実なし」 三菱重工が声明.
    https://www.traicy.com/posts/20201023186281/



    【三菱「国産旅客機MRJの開発中止?そんなこと言ってないが」公式発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2020/10/15(木) 03:58:47.99 ID:3XAp+ke+0● BE:976717553-2BP(2000)

    JR北海道は10月14日、2021年春にダイヤの見直しを行なう検討に入ったことを明らかにした。

    新型コロナウイルスの感染拡大によるインバウンド需要の落込みや、ライフスタイルの変化を踏まえ、今後もビジネスや夜間帯の需要が減ることが予想されるとして、利用が大きく減少している列車を中心に、減便・減車や定期列車の臨時化、普通列車の見直しを行ない、固定費を含む経費削減を図りたいとしている。

    このうち、普通列車については、札幌圏で10本程度の本数見直しや土休日運休の検討を行なうとしており、札幌圏以外の函館本線滝川~旭川間、留萌本線(深川~留萌)、石北本線(新旭川~網走)、宗谷本線旭川~名寄間、根室本線帯広以東で利用が少ない列車の見直しを検討するとしている。

    都市間を結ぶ特急については、札幌~函館間『北斗』の定期24本中、利用が少ない夜間の2本を減便。2本を年間30日程度の運休とした上で臨時化することを検討。

    札幌~旭川間の『カムイ』『ライラック』の定期48本は、4本を年間230日程度の運休とした上で臨時化し、土休日や繁忙期のみの運行を検討。

    (中略)

    このほか、極端に利用が少ない駅の見直しも検討され、現在、36駅については廃止または自治体による管理へ移行するための協議を関係自治体と行なっており、このうち18駅程度を2021年春に廃止する方向で協議しているという。

    JR北海道ではこれらの措置により、年間で5億5000万円程度の経費節減を見込んでいる。
    1569347

    https://response.jp/article/2020/10/14/339365.html



    【【悲報】JR北海道、利用者が少ない列車を減便、さらに駅も廃止へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2020/10/07(水) 20:28:27.14 ID:dqx7HdFq9

    川崎市の「開かずの踏切」で、遮断機が下りた後に横断しようとした高齢の男性が電車にはねられ、死亡しました。

    JR東日本などによりますと、6日午後3時すぎ、川崎市中原区のJR南武線向河原駅前踏切で70代の男性が電車にはねられ、病院に運ばれましたが死亡しました。

    警察によりますと、目撃証言や電車の車載カメラから男性は自転車を押しながら遮断機の下りた踏切に入っていったということです。電車は遮断機が下りてから35秒後に踏切に差し掛かっていました。

    川崎市によりますと、向河原駅前踏切は、ピーク時に1時間あたり遮断機が下りている時間が合わせて40分以上に及ぶ、開かずの踏切でした。市は去年6月、踏切から約370メートル離れた場所にアンダーパスを利用した迂回(うかい)路を整備していました。

    2020年10月7日 7時43分 テレ朝news
    https://news.livedoor.com/article/detail/19015770/
    no title



    【「開かずの踏切」で遮断機くぐった高齢男性、電車にはねられ死亡…ピーク時40分/1時間 昨年370m先に迂回路整備】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2020/10/06(火) 14:51:35.52 ID:mHWZLexh9

    https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1281099.html

    no title

    各区間の最高速度

    JR東日本は、新幹線の速度向上による所要時間の短縮に取り組みについて、
    東北新幹線線盛岡~新青森間の速度向上の計画概要をまとめるとともに、
    上野~大宮間の埼玉県内での最高速度を引き上げることを発表した。

    盛岡~新青森間については最高速度を、現行の時速260kmから320kmに向上。
    所要時間は最大5分程度の短縮になるという。

    速度向上に向け、10月より騒音対策など必要な設備整備の工事に着手。
    計約1.3kmの吸音板の設置、計約3.6kmの防音壁のかさ上げなど、
    計約24カ所のトンネル緩衝工の延伸などを進める。

    工事期間は7年程度を予定。速度向上開始時期は未定。

    no title

    工事イメージ。吸音板の設置、防音壁のかさ上げなどやトンネル緩衝工の延伸

    上野~大宮間については、速度向上に必要な騒音対策などの地上設備工事が完了することから、
    同区間の埼玉県内での最高速度を、現行の時速110kmから130kmに引き上げる。
    所要時間は最大1分程度の短縮になるという。

    最高速度引き上げによるダイヤの変更については、2021年春を予定している。



    【東北新幹線の最高速度、現在の時速260kmから320kmに向上。盛岡~新青森】の続きを読む

    このページのトップヘ