乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    ishi_stone

    1: 2018/10/14(日) 17:47:52.08 ID:gCvpnvQ+0

    14日午前10時45分ごろ、兵庫県明石市魚住町中尾新田のJR山陽線大久保-魚住間の踏切で、走行中の野洲発姫路行快速電車(12両編成)の運転士が異常音に気づいて緊急停止。

    線路上に石が砕けた痕を確認した。乗客約300人にけがはなかった。快速電車は約26分後に運転を再開したが、一部区間で運転を見合わせたことから約3300人に影響が出た。

    兵庫県警明石署などによると、電車が踏切を通過後、近くに停車していた車のドライブレコーダーに小学生の男児とみられる2人が立ち去る姿が映っていたといい、同署が電汽車往来危険容疑で捜査している

    http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/15442991/


    【【悲報】小学生の糞ガキ、JR山陽線の踏切に置き石をして逃亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2018/10/11(木) 22:24:30.34 ID:CAP_USER9

     世界最速の時速360キロ運転をめざす新幹線試験車両「ALFA―X(アルファエックス)」の開発状況を、JR東日本が発表した。10両編成のうち7両の外形ができあがり、来年5月には完成予定という。

     騒音問題を解決するため、鼻の長さを変えた2種類の先頭車を製作。現行の主力車両「E5系」の15メートルより長く、一方(1号車)は16メートル、もう一方(10号車)は22メートルだ。色はメタリックを基調とし、グリーンの帯をあしらっている。

     実験走行は東北新幹線で行う予定。通常ブレーキに加えて空気抵抗を利用する空力ブレーキの実用化や、将来の自動運転化に必要な車両制御技術の開発をめざすという。(細沢礼輝)

    no title

    no title

    no title


    2018年10月11日17時11分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASLB3524PLB3UTIL02B.html


    【時速360キロ、次世代新幹線がこちら(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2018/10/05(金) 11:04:34.03 ID:JfrLAd4E0● 

    夢の交通手段と呼ばれる高速真空管列車「ハイパーループ」の実物大の試作品が世界初公開された。

    アメリカのハイパーループ開発会社である「ハイパーループトランスポーテーション・テクノロジー(HTT)」は
    2日にスペインのエル・プエルト・デ・サンタ・マリアにて試作品「キンテロ・ワン(Quintero One)」と公開。

    実際に人が乗ることが可能な試作品で、ハイパーループの会長は「2019年実際に人を乗せる準備を終える」と明らかにした。

    この日HTTが公開したプロトタイプは長さ32メートル、重量5トン、耐久性が非常に高い二層構造の複合材料で作られたもの。
    乗客は28名から最大40名まで乗ることが可能。

    もしこれが実現すれば、理論上は東京から名古屋まで16分で走破することが可能となる(助走やブレーキなどは考慮なし)。

    http://gogotsu.com/archives/43638
    no title

    no title


    【東京から名古屋を16分で繋ぐ時速1200kmの高速真空管列車を世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2018/09/19(水) 02:49:15.20 ID:CAP_USER9

    https://jp.sputniknews.com/science/201809195351785/

    ドイツ、世界初の水素燃料電池列車の運行を開始
    テック&サイエンス
    2018年09月19日 01:09

    ドイツ北西部で、世界初の水素燃料電池で走る列車の運行が開始された。ガーディアン紙が報じた。
    スプートニク日本

    ガーディアン紙によると、列車は、ニーダーザクセン州のブレーマーフェルデ、クックスハーフェン、ブレーマーハーフェン、ブクステフーデを経由するルートを走行した。

    先にテスト運行が行われ、ニーダーザクセン州の経済相兼運輸相のベルント・アルトフスマン氏が視察した。

    列車の最高速度は時速140キロで、連続走行距離は約1000キロ。

    列車の屋根の上には水素燃料の入ったタンクと、水素エネルギーを動力となる電流に変換する燃料電池が設置されている。

    水素燃料電池で走る列車は、大気に有害物質を排出せず、走行中もいたって静かだという。

    開発したのは、仏アルストム社。

    2021年から、ブクステフーデとクックスハーフェンを結ぶ路線に14車両の水素燃料電池列車が運行される見込み。

    no title


    【【ドイツ】世界初の水素燃料電池列車の運行を開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2018/09/18(火) 10:52:05.33 ID:CAP_USER9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180918/k10011633991000.html

    アメリカの宇宙開発のベンチャー企業、「スペースX」は17日、民間人を宇宙船に乗せて月を周回する
    計画について発表し、最初の搭乗者が衣料品通販サイト、「ZOZOTOWN」の運営会社社長 前澤友作さんになると明らかにしました。

    人を乗せた宇宙船が月を周回するのは、1960年代から70年代にかけてNASA=アメリカ航空宇宙局が進めた
    アポロ計画以来で、民間企業としては初めての試みとなります。


    no title


    【「ZOZOTOWN」の前澤社長、月へ。米「スペースX」宇宙船で】の続きを読む

    このページのトップヘ