乗り物速報

バイクと車のまとめ

    アウディ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    0126Audi_logo

    1: 2018/10/16(火) 23:13:44.82 ID:CAP_USER9

    ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は16日、ドイツ検察当局がディーゼルエンジン車の排ガス規制逃れ問題を巡り、傘下の高級車メーカー、アウディに罰金8億ユーロ(約1040億円)を科したと発表した。
    アウディは罰金を支払う考えを表明した。

    検察当局は、アウディが製造したディーゼルエンジン車の一部に関して規制を逸脱した行為があったため、罰金を科したという。
    今年6月には規制逃れ問題に絡んでVWに10億ユーロの罰金を科しており、VWは業績への影響を懸念。
    今回のアウディへの罰金についても2018年12月期決算での減益につながると説明している。

    https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/720271


    【ドイツ検察、排ガス問題でアウディに罰金1千億円 VWは業績懸念】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    0126Audi_logo
    1: 2018/09/28(金) 17:05:42.13 ID:CAP_USER9

    2018年9月28日 16時55分

    アウディによりますと、ドイツにある3つの工場で行っている燃費や排ガスの検査で、国土交通省が定めた速度などの条件を満たしていないにもかかわらず、有効なデータとして記録していたことが社内の調査でわかったということです。

    調査した4年間で、不適切な処理を行っていたのは検査を行った車全体の5%にあたる37台でこうした調査結果を28日、国土交通省に報告したということです。

    会社では、検査の担当者が無効なデータを誤って有効だと記録していたことが原因だとして、今後、検査の条件を満たしているかを自動で判定したり、記録したりするシステムを導入するなど、再発防止に取り組むことにしています。

    燃費や排ガスの検査をめぐっては日産自動車やSUBARU、スズキなどで相次いで不正が明らかになっていますが、海外メーカーで問題が明らかになったのは初めてです。

    燃費や排ガスの検査で不適切な処理を行っていたことについて「アウディ ジャパン」のフィリップ・ノアック社長が記者会見し、「社内の調査で排ガス性能や燃費に影響はないと判明した。すでに再発防止に取り組んでいるが、お客さまをはじめ関係者に心配をかけたことをおわびします」と陳謝しました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180928/k10011648071000.html


    【【悲報】アウディでも燃費や排ガスの不適切検査・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/09/27(木) 18:49:21.48 ID:CAP_USER9

    2018年9月27日 8時33分
    フォルクスワーゲングループ内で、現在アウディ傘下となっているランボルギーニですが、2019年1月からポルシェ傘下へ入ることが確定したようです。

    これは、米Automobile Magazineが報じているもので、間違いないようです。VWはグループ内の「アウディ」「ブガッティ」「ランボルギーニ」などスーパーカーを全てポルシェ製プラットフォームが担い、コストダウンを図るべきだと語っており、その第一歩として新タッグが実現しそうなのです。

    現在ランボルギーニは、プラットフォームを始め多くのコンポーネントをアウディと共有しています。同ブランド最新のクロスオーバーSUV、「ウルス」ではアウディ「Q7」から「MLB Evo」プラットフォームが流用されています。

    今後注目したいのは、2022年に登場が噂される「アヴェンタドール」次期型です。フロントアクスルに2基のモーター、センターにバッテリー、ゲトラグ製トランスミッションに第三のモーターを搭載し、最高出力1000psを叩き出すハイブリッド・スーパーカーが予想されています。「ポルシェ」×「ランボルギーニ」は、最強のスーパーカーブランドとなりそうです。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15363218/
    no title

    no title


    【アウディと決別し、ランボルギーニがポルシェ傘下へ。2019年1月から最強ブランドを結成?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    1: 2018/09/05(水) 19:39:05.68 ID:CAP_USER

    no title

    no title

    no title

    アウディ ジャパンは2018年9月5日、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表した。同年10月15日に販売を開始する。

    アウディの技術の粋を集めたフラッグシップモデル「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」をスローガンに掲げるアウディが最新技術を注ぎ込み、常に新しいラグジュアリーサルーン像を提案してきたのが、フラッグシップセダンのA8である。例えば1994年に登場した初代モデルは、量産車として初めてオールアルミボディーの「ASF(アウディスペースフレーム)」を採用。その後も、インフォテインメントシステムの「MMI」や「マトリクスLEDヘッドライト」といった、さまざまな新技術を搭載してきた。

    そのA8が8年ぶりにフルモデルチェンジされ、4代目に生まれ変わった。新型は、アウディの新しいデザインアプローチによってエクステリアを一新するとともに、48V電源とマイルドハイブリッドを用いたパワートレイン、レーザースキャナーを搭載して精度を高めた運転支援システムなどにより、大きな進化を遂げている。

    ボディーサイズは、先代よりも全長が25mm、全高が5mm拡大して、それぞれ5170mm、1470mmとなる一方、全幅は5mm狭い1945mmに。ホイールベースは10mm拡大された3000mmで、ロングホイールベース版の「A8 L」では、全長、ホイールベースとも130mm長くなる。この余裕あるサイズのボディーを軽量化するため、新型にもASFを採用。アルミに加えてカーボンファイバーやマグネシウム、スチールを組み合わせることで標準ホイールベースの「A8 55 TFSIクワトロ」では車両重量を2040kgに抑えるとともに、先代に比べて24%のねじり剛性アップを実現した。

    エクステリアデザインは、2014年に発表されたコンセプトカーの「Audi prologue」に倣い、張りのある大きな面とシャープなエッジ、幅広く直立した新デザインのシングルフレームグリル、シャープな形状のヘッドライトなどによって特徴づけられる。一方、インテリアは水平基調のクリーンなデザインに加えて、スイッチ類を大幅に減らし、上下2つのタッチパネルによってシンプルなデザインと直感的な操作を可能とする「MMIタッチレスポンス」や、フルデジタルメーターの「アウディバーチャルコックピット」を採用することで、先進的なイメージを強めている。

    パワーユニットは、最高出力340ps、最大トルク500Nmの3リッターV6直噴ターボと、同460ps、同660Nmの4リッターV8直噴ツインターボを用意。トランスミッションはいずれも8段ATが組み合わされ、クワトロによって4輪を駆動する。さらに、リチウムイオンバッテリーを用いた48V電源システムと、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)を用いたマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載。減速時のエネルギー回生能力が高まるほか、55~150km/hで走行時にアクセルペダルをオフにするとエンジンを停止してコースティング走行が可能となるなど、燃費向上に寄与する。

    ラインナップと価格は以下の通り。「55」には3リッターV6エンジンが、「60」には4リッターV8エンジンが搭載される。
    A8 55 TFSIクワトロ:1140万円
    A8 60 TFSIクワトロ:1510万円
    A8 L 60 TFSIクワトロ:1640万円
    https://www.webcg.net/articles/-/39403


    【アウディ、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    rs7_sb_pf_top_usp_01

    1: 2018/08/29(水) 11:12:40.208 ID:22w2SRQXp

    頑張ってBMW将来乗れるといいね 
    20歳女子大生でした


    【アウディってBMW乗れない貧乏人が乗るんでしょ?wwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ