乗り物速報

バイクと車のまとめ

    エンジン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント

    mechanics-424130_640
    1: 2017/02/21(火) 20:25:19.575 ID:zucVK5jR0

    走行距離9万キロの車に乗ってるけどディーラーに行く度に乗り換え勧められて面倒くさい。
    営業マンも技術マンも口を揃えて、
    「10万キロも近いので・・」
    ばっかり


    スポンサーリンク

    【自動車って本当は20万キロくらい余裕で走れるんだろ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    turbo-866776_640
    1: 2017/02/04(土) 13:35:50.13 0

    その遺言に従った方がいいかな


    スポンサーリンク

    【ターボ車は走った後すぐにエンジン止めたらタービンが焼き付くってじっちゃんが言ってたんだけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 78コメント

    114306
    1: 2017/02/03(金) 16:22:20.541 ID:VkO0kzGSx

    多少高くてもいいから


    スポンサーリンク

    【2リッター直列4気筒DOHCターボ400ps←こういう車ってないの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 75コメント

    crsm0000000000
    1: 2017/01/26(木) 12:27:48.854 ID:jSoOYAEN6

    もうちょっと出るだろ

    その分余裕があって壊れないってんなら納得もするけど


    スポンサーリンク

    【3.5Lもあって280馬力しか出ないエンジンってなんなんだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    supercar-1674913_640

    1: 2017/01/12(木) 08:10:40.55 ID:azV37D5D0

    警告灯、ついてからでは遅すぎる
    クルマのエンジンオイルは、ガソリンスタンドで給油をした
    際に、「オイル交換、いかがですか」などとすすめられた際か、
    ディーラーから「オイル交換のお知らせ」のはがきが届くといったとき以外、
    あまり意識しないかもしれません。ですが、クルマにとってはとても大切なものです。

    エンジン内部の部品は、主に金属でできています。それらが
    動くときに摩耗しないよう、エンジンオイルはあいだに入って
    スムーズに動かす役割をします。また、熱が上がりすぎないように
    するための冷却作用や、動力となる爆発のパワーが逃れるのを防ぐ
    働きもあります。そうして働いているあいだに出るスス、ゴミ、水分などが
    混ざることでオイルは汚れていくのですが、その水分が直接金属について
    錆びるのを防ぐ役割もしています。
    そのエンジンオイルに不具合が生じた場合、警告灯が知らせてくれるわけですが、
    これが点灯するのは、オイルレベルが下がっている場合と、油圧が下がっている
    場合が考えられます。
    「オイルレベル」とはオイルの量を知らせるものなので、調べてみて足りなければ
    補充するだけのお話ですが、問題は「油圧」の方です。原因としては、油路のつまりによる
    油圧低下か、ポンプなど部品が故障したケースのどちらかが考えられます。
    いずれにせよオイルの警告灯が点灯した時点で、自走はおすすめできない状態です。
    エンジンが焼き付き、走行中いきなり動かなくなることもあるからです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00010003-norimono-bus_all


    スポンサーリンク

    【エンジンオイルって何キロごとに、どんな種類を交換すればいいの?】の続きを読む

    このページのトップヘ