乗り物速報

バイクと車のまとめ

    エンジン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    388c7a60c7129d3fbf4985e41a089c83_s

    1: 2018/11/15(木) 20:06:09.327 ID:heURCE1fp

    (一番普通なやつ)
    ブルルルルルルル……

    (最近急に見かけるやつ)
    ………・・・・・・ひぃぃぃ…じぃぃ……いぃぃ……

    (稀にあるやつ(実はオヤジの車がこれ))
    ガルンガルンガルンガルン……

    どう違う?


    【【疑問】車のエンジン音って色々あるけどどう違うの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    K0000286973
    1: 2018/11/11(日) 07:52:09.267 ID:bxP4It3W0

    V6が普通であって


    【車でV6やV8の音がいいというよりは直4の音が情けない気がする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    pwk0001043-1

    1: 2018/11/09(金) 19:17:26.580 ID:AQe8V7k7r

    回転数上がるってことは使ってるってこと?🤔


    【【疑問】エンジンブレーキにガソリンって使うの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント

    MAZDA_Rotary_Engene_01-20171107163532-900x507

    1: 2018/10/21(日) 10:00:19.91 ID:kAmHAk1H0

    マツダ流EV車の勝算 ロータリーエンジン技術への期待

    マツダが2020年に電気自動車(EV)を発売する。いまさらEVは珍しくもないが、
    マツダの売りは独自のロータリーエンジン(RE)技術を補助用発電に使い、航続距離を
    2倍にするというものだ。これまで開発については各所から情報が出ていたが、ようやく公式アナウンスされた。

    「マツダにしかない技術を最大限活用し、走る喜びを体現したEVを実現していく」。
    18年10月2日に東京都内であった説明会で、マツダの丸本明社長は、こう強調した。マツダのEVは、
    電池が少なくなっても搭載した発電機の力で走る「レンジエクステンダー(航続距離延長装置)」の車だ。


    かつて一世を風靡
    マツダと言えばRE。通常のエンジンがピストンの往復運動で動力を生み出すのに対し、
    REはローターの回転運動で動力を生み出すので、理論的には効率がよく、小型・軽量で、しかも静か。
    1967年、「コスモスポーツ」で、REを量産車種に世界で初めて搭載して以降、「RX-7」などの名車を生み、
    一世を風靡した。しかし、REは燃費が悪いという弱点があり、2012年に「RX-8」の生産を終了した。
    このガソリン車で培ったRE技術を使った発電機でモーターを回して走行を持続させるというのが
    マツダのEVだ。限定的とはいえ、REの復活として、話題になっている。

    https://www.j-cast.com/2018/10/20341201.html?p=all


    【「ロータリーエンジンは効率が良いが、燃費が悪いのが弱点」 は?じゃあ効率悪いんじゃんwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    no title

    1: 2018/10/19(金) 18:29:27.83 ID:fjQUhHr20 

    https://www.hondarandd.jp/point.php?pid=1285&lang=jp

    副室ジェット燃焼を採用した単気筒ガソリンエンジンで,過去に研究された正味熱効率45%エンジンに対して2ポイントの正味熱効率向上を達成した.達
    成手法は機械圧縮比16とし,副室設計の最適化と副室内壁への断熱材のコーティングを実施し,圧縮比設定を含めた燃焼室形状の最適化をおこなった.
    その結果,同時にSULEV20エミッション規制対応のためNOX排出量は30 ppmと炭化水素排出量は2000 ppmを達成した.
    また,燃焼安定性はCPmi 3%以下と筒内圧力上昇率は300 kPa/deg以下とし,実車の振動騒音要求を満足する数値を達成した.


    【ホンダが発表した新エンジンの論文がやばすぎる 平成のCVCCか!】の続きを読む

    このページのトップヘ