乗り物速報

バイクと車のまとめ

    カワサキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2018/03/22(木) 19:21:35.94 ID:CAP_USER

    ついに、エストレヤが27年の歴史に幕
    こちら(https://www.ei-publishing.co.jp/articles/detail/riders-club-450831/)でもご報告した通り、平成28年度の排ガス規制など、バイクを取り巻く環境の変化を受けて、数多くのバイクが生産中止になる。

    カワサキ・エストレヤもそんなバイクのひとつ。250cc単気筒ながら、妥協のないクラシカルなフォルムをまとい、タタタタッと切れのいいサウンドを響かせて走るエストレヤはついに生産中止になってしまい、現在購入できるのは、販売店などにある流通在庫だけだ。27年も生産していたわけだから、「若い頃に乗っていた!」と懐かしい方も多いのではないだろうか?

    その、エストレヤのファイナルエディションに、ライダースクラブの小川勤編集長が乗った。

    今の方がエストレヤを好きになった
    小川編集長は言う。

    「僕は‘92年のデビュー時より27年経過したいまの方がエストレヤが好きだ。年齢やキャリヤを重ねるほどにその魅力が滲みてくる……そんなバイクなのだ」

    魅力の秘密はそのロングストロークエンジンにある。

    no title


    たいていの250ccのバイクは少しでもパワーを出すために、ピストンのボア(直径のこと)を大きくして、ストロークを短くしてしまう。しかし、エストレヤのボア×ストークは、66×73mmとストロークの方が長い。当然パワーは出にくいが、エンジンの鼓動が感じやすく、トコトコと走る楽しみがある。

    「2,000rpmから単気筒らしい鼓動が感じられ、4,000rpm、6,000rpmと回っていく過程も気持ちが良く、回すほどに鼓動が跳躍する。その躍動感がクラシカルな佇まいにマッチし、現代の250ccではエストレヤだけともいえるノスタルジアを感じさせてくれるのだ」と、小川編集長は言う。

    ライテクに悩まずとも思いのままに走れる軽快さ

    no title


    「前輪90サイズ、後輪110サイズのナロータイヤに走りの悩みは皆無。ハンドリングは軽快でニュートラルだ。トコトコ走るのも良いが、素早く向きを変え、立ち上がりでトルクフルなエンジンを堪能する。そんなスポーティな走りも良い」と小川編集長。

    ロングストロークのエンジンを中心に、ノスタルジックな車体構成、細いタイヤが、クラシックかつ素直で操縦しやすいハンドリングを提供してくれて、カジュアルに乗れる普段遣いのバイクとして価値ある存在だ。250ccなので、車検もなく維持費も安い。

    このエストレヤが生産中止とはなんとも残念だが、時の流れは止められない。どうしても欲しい……という人は、新車を買える今のうちに入手しておくしかないだろう。

    (まとめ村上タクタ)

    https://www.ei-publishing.co.jp/articles/detail/riders-club-461214/


    【カワサキ・エストレヤ27年の歴史に幕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    big_150798_201712251659520000001
    1: 2018/02/10(土) 05:39:29.426 ID:qeamjSyi0

    250はCBR250RRよりストレートで速い
    400は現行でライバル車がないから一強状態だし


    【新型のNINJA250も400もかなり評判良いな!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2018/02/01(木) 18:20:06.95 ID:CAP_USER9

    no title


    カワサキモータースジャパンは、レトロスポーツ『Z900RS』のバリエーションモデルとして「Z900RSカフェ」を追加、3月1日より販売を開始する。

    昨年12月に発売したZ900RSは、名車「Z1」の再来として大きな注目を集めた。そのZ900RSにカフェレーサー仕様が登場する。フロントカウルやローポジションハンドル、カフェレーサースタイルの段付きシートを採用。さらにマフラーボディーカバーやエキゾーストパイプカバー、サイレンサーをヘアライン仕上げとしたほか、短めのミラーステーなど、スタンダードモデルとは一味違った雰囲気を醸し出している。

    カラーはグレーに加え、待望のライムグリーンも用意。価格は135万円。

    2018年2月1日(木) 16時13分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2018/02/01/305549.html?from=tprt


    【カワサキ Z900RS、カフェレーサー仕様発売へ…ライムグリーンも用意 お値段135万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント

    1: 2017/12/27(水) 22:50:06.38 ID:CAP_USER9

    カワサキモータースジャパン(KMJ、兵庫県明石市、寺西猛社長、078・922・5039)は、人気の高いスーパースポーツモデルの2輪車「ニンジャ250」と「同400=写真」を2018年2月1日に発売する。

    no title


    新設計のエンジンを搭載し、強いトルクと加速を体感できる。
    両車種とも3代目となる。

    消費税込みの価格は同250が62万9640円からで、同400が69万9840円から。
    販売目標は非公表。
    同250は排気量248ccで、同400は排気量398cc。

    どちらも、高出力を生み出せるように新設計した水冷4ストローク並列2気筒エンジンを搭載した。
    直径41ミリメートルのフロントフォークや車輪ロック防止装置(ABS)、同310ミリメートルのディスクを搭載したフロントブレーキ、容量14リットルの燃料タンクなどの装備も共通化している。
    スーパーバイク選手権でジョナサン・レイ選手が3連覇を果たしたマシン「ニンジャZX―10RR」をイメージした車体色を施した「KRTエディション」も両車種に用意した。

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00455857?twinews=20171227


    【「ニンジャ250」「ニンジャ400」、2月発売 新設計エンジン搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/11/10(金) 19:18:51.24 ID:S42LLDx40● 

    オートバイのパワー・ウェイト・レシオは、クルマとはまったく別次元の話だ。クルマで200馬力といえば、まあまあ速いという認識だが(例えば、ホンダ「シビック Si」 など)、
    オートバイで200馬力といったら狂気的な速さになる。今回、カワサキは最高出力200psを発生する新開発の998?水冷並列4気筒バランス型スーパーチャージド・エンジンを
    搭載した新型車「Ninja H2 SX」を発表。車重は256kgということだから、パワー・ウェイト・レシオは1.28kg/psになる。ブガッティ「シロン」でさえ1.33kg/psということを考えれば、その凄さが分かるだろう。
    no title

    http://jp.autoblog.com/2017/11/10/2018-kawasaki-ninja-h2-sx-201-hp-supercharged-motorcycle/


    【カワサキ、200馬力のバイク 忍者を発売】の続きを読む

    このページのトップヘ