乗り物速報

バイクと車のまとめ

    カワサキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    53155841_2024982594246857_8147799564649234432_o-w1280

    1: 2019/03/11(月) 10:23:06.18 ID:qP80WDRX

    近年、クルマの世界では過去の名車のパーツ再生産や、公式リビルド・レストアの文化が開花していますが、バイクの世界にもそのビッグウェーブがやってくるのかも。
    この秋からカワサキは、Z1/Z2用シリンダーヘッド(エンジンのパーツの1つ)の受注を開始するというのですから。

    当時の金型をそのまま使うのかなと思いきや、図面を元に現代的な製造技術・製造法を用いて作るのだそうな。も、もしかして...アルミ製?

    まずは1000個をめどとして再生産に取り組み、反響次第では増産もありえるとか。また他の車種のパーツ再生産の可能性もあるみたいですよ。

    https://www.gizmodo.jp/2019/03/kawasaki-z1-z2-cylinder-heads-reproduction.html


    【カワサキの名車Z1/Z2のシリンダーヘッドが再生産 まずは1000台分】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    80s_078-081_ninja03

    1: 2019/03/04(月) 12:26:43.251 ID:cRS0hp/e0

    デザインのヤマハとは何だったのか?


    【カワサキのバイクが一番カッコいい説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2019/02/25(月) 14:06:52.05 ID:oIFFIvr70 

    オールラウンンダーNinja vs ガチレーサーZXR
    カワサキ400タイムスリップバトル〈後編〉’18ニンジャ400 vs ’94ZXR400
    2019/2/18

    no title

    no title

    (中略)
    no title

    no title


    2気筒のニンジャは市街地走行を中心とした日常的なところを目指しているのは一目瞭然。
    極低速域からリニアなアウトプット特性が素晴らしく、パワーカーブの途中に目立つ谷もない。
    トルクも下から十分に発生しており、これなら確かに発進もラクだ。
    これは24年前のZXRには実現できなかった脅威的な部分で、ZXRの方は6000rpm以下では
    何もパフォーマンスを見せてくれない。一概に2気筒は4気筒よりパワーがないと言われているが、
    それは上まで回したときの話であって、下ではニンジャの方が勝っているのだ。
    0→100km/h加速では互角の勝負となっているが、これはこの手のテストの常で
    ロケットスタートを決めるためエンジン回転を上げてからクラッチをつないでいるためであって、
    スロットル全閉状態からのスタートでは、また違った結果になることだろう。

    ただ、低中回転で負けていたZXRは8000rpmから集合マフラーが目覚めたような爆音を奏で、
    1万1000rpmからは文字通り炸裂するようなパワー感。製造から24年経った今でも
    当時と変わらぬ最高出力を叩き出すのは素晴らしい。下は厳しいが上はすごいという
    この極端な特性から市街地走行はまったくもって不利だが、ことサーキットにおいては、
    これが最高でパーフェクト。まさに当時のレースで勝つために作られたZXRの
    存在理由そのものを表していると言えよう。

    ニンジャとZXR、この2台はどちらも川崎重工で生産され約400㏄のエンジンを搭載している……、
    類似点はそれだけだった。ニンジャは合理的な設計と快適性で、ユーザーとメーカーの
    価格対性能比が有利に作られているのだが、ZXRはそれらを考慮せずやりたいように構築されていた。

    (後略)
    https://young-machine.com/2019/02/18/26075/


    【【悲報】カワサキNinja400('18)、25年前のZRX400に加速性能でボロ負け】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2019/02/23(土) 08:52:46.80 ID:Ie4Fptyf0 

    スーパーチャージで231ps!圧巻のハイパワースーパースポーツ、カワサキ「Ninja H2 CARBON」【バイク図鑑】

    no title


    カワサキ『Ninja H2 CARBON』356万4000円

    no title


    231psもの圧倒的ハイパワーを叩き出すのは、スーパーチャージドエンジン。カワサキがガスタービンや航空宇宙など各事業の技術を惜しみなく
    投入して自社開発したスーパーチャージャーにより、全域で強烈な加速を見せる。トラクションコントロール、ローンチコントロール、
    エンジンブレーキコントロール、インテリジェントABS、クイックシフターなどの電子制御を搭載し、ハイパワーをさまざまな走行シーンでも扱いやすくしつけている。

    no title


    翼断面形状のミラーステーはハイスピードマシンの証。アッパーカウルは軽量高剛性なカーボンファイバー製。フルカラーTFT液晶スクリーン、
    走行ログを記録・閲覧できるスマホ接続機能、全灯LEDなどギミックも豊富だ。

    https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninjah2carbon/

    https://dime.jp/genre/661423/

    動画
    https://youtu.be/SbpM0fnW0vg


    【【動画】カワサキ「Ninja H2 CARBON」 231馬力を買うやつはいないか?日産GTRとタイマンはれるぞ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/02/06(水) 12:40:05.00 ID:CAP_USER

    no title


    カワサキモータースジャパンは、「W800 STREET」「W800 CAFE」を3月1日に発売する。

    50年にわたる「W」ブランドの血脈を受け継ぐ最新進化形となる、「W800 STREET」と「W800 CAFE」。当時、「W1」が背負った使命を「Ninja」「Z」に引き継いだ今、「W1」がもっていた「ビッグバイクらしさ」すなわち「操る悦び」「所有する悦び」「愛でる悦び」を純粋培養し、心を豊かにする“らしさ”にこだわった。

    厳しい排出ガス規制に適合した、美しい外観を持つ空冷バーチカルツインエンジンのほか、360°クランクの特性を活かした鼓動感のあるエキゾーストサウンドなど、「W」オリジナルの雰囲気を損なわないように配慮しながらも現代的で信頼性の高いパフォーマンスを実現した。

    「W800 STREET」は、シンプルでブラックアウトされたデザイン。クラシックなアップライトスタイルのハンドルバー、ロープロファイルシートを備え、現代のモーターサイクルでは見つけることが難しい真のクオリティと時代を超越した美しさを持ち合わせている。

    「W800 CAFE」は、クラブマンスタイルのハンドルバーとカフェシートによる適度な前傾姿勢が、ライダーのスポーツマインドを刺激。また専用フロントカウルを装備し、クラシカルかつスポーティなカフェレーサースタイルモデル。

    W800 STREET
    メーカー希望小売価格:993,600円

    メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレー

    no title


    ■主な特長
    ・前後に長く足つき性の良いタックロールシート
    ・シルバーアルマイト仕上げを施し、アルミリムを備えた軽量スポークホイール

    W800 CAFE
    メーカー希望小売価格 1,112,400円

    メタリックマグネシウムグレー×ギャラクシーシルバー

    no title


    ■主な特長
    ・快適性とスポーティなルックスを重視したカフェシート
    ・ブラックアルマイト仕上げを施し、アルミリムを備えた軽量スポークホイール
    ・標準装備されたグリップヒーター

    W800 STREET/CAFE 共通の特徴
    ・心地良い鼓動感、クラシカルな造形美を感じさせる空冷バーチカルツインエンジン
    ・完全リニューアルされ剛性を高めたダブルクレードルフレーム
    ・スロットルをひねるたびに力強いサウンドを放つ2本出しマフラー
    ・明るい白色光が、夜間走行時の視認性を高める大径丸形LEDヘッドライト
    ・硬めのスプリングと剛性を高めたアンダーブラケットを持つ大口径フロントフォーク
    ・クラシカルな外観と滑らかなライディングを実現するツインリヤショック
    ・クラシカルなスタイルの大径丸形ウインカー
    ・クラシカルなスタイルとスポーティなハンドリングに貢献した、前後18インチホイール
    ・バックトルクを制限するとともに、より軽いクラッチレバーの操作を実現するアシスト&スリッパークラッチ
    ・高い制動力を発揮する、前後ディスクブレーキ
    ・標準装備されたETC2.0車載器キット

    https://news.webike.net/2019/02/05/150425/


    【カワサキ、「W800 STREET/CAFE」を3/1に発売 】の続きを読む

    このページのトップヘ