乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ガソリン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2016/12/31(土) 11:52:56.58 ID:CAP_USER9

    自動車の運転中にガソリン補給の警告が出た時点で、必ず燃料を補給しなければいけないのは言うまでもありません。
    が、もし補給できる状況ではなかった場合、残り少ない燃料で車はどのくらい走ることができるのでしょうか?
    その走行距離を一目で確認できる表があります。

    no title


    「YourMechanic」が紹介したチャートには、すべての車種が掲載されているわけではありませんが、2015年にもっともよく購入された車種が載っています。
    もしあなたの愛車がリストになければチャート内の類似の車種を参考にしてみてください。
    走行距離は車種によって幅がありますが、一般的なセダンから大型のSUV、大きいタンクを搭載したクロスオーバーでも、だいたい48km前後は走れるようです。

    だから、燃料が空になりそうでもそのまま走って大丈夫?
    もちろんそんなことはありません。
    この図はあくまでも、見知らぬ土地でいつ燃料補給できるかわからない状況に陥ってしまった場合に知っておくと便利な情報です。
    もしそういう状況になったら、すぐにガソリンスタンドを探して燃料補給をしてください。
    そして、2度とそのような緊急事態に陥らないように準備を心がけましょう。

    また、燃料が空のまま車を走らせることは車に大きなダメージを与えます。
    ときには不可抗力的に緊急事態に陥ってしまうこともあるかもしれませんが、私はいつも自分が渋滞に巻き込まれて何時間も車に閉じ込められる状況を想定します。
    あと少し燃料があれば渋滞を突破できたのに、燃料不足がゆえに車を置いていかなければならない...といった状況は避けたいです。

    表の車種は特定の順番で掲載されているわけではないですが、「YourMechanic」によれば警告がでるまでの燃料残量がN/Aとされている車種について以下のように書いています。
    この図は燃料が空の場合どのくらい走行できるかと同時に、燃料補給の警告が出る残量も示しています。
    取り上げた車種はアメリカでもっとも売れている50の車種を掲載しています。

    注:N/Aと記されている車種は、警告ライトは残りの走行距離に比例して発動する仕様です。
    今回紹介した図の信憑性や、燃料が空になったときに知っておくと便利なほかのアドバイスについて詳しく知りたい方は「Your Machanic」のサイトを確認してみてください。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12483930/


    【燃料がほとんど空になったクルマはどこまで走れるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    petrol-996617_640
    1: 2016/12/04(日) 16:50:29.34 ID:CAP_USER

    http://trafficnews.jp/post/60352/

    ディーゼル車の燃料である軽油には、実は複数の種類が存在。地域や季節によ
    スタンドで扱う軽油は異なります。それぞれの地域、季節で「適切な軽油」があるためです。
    「不適切な軽油」を使うと、エンジン停止の可能性もあるといいます。

    その地域で給油をしておかないと…
     ディーゼル車の燃料である軽油は、北海道から沖縄まで日本各地で入手できますが、
    地域や季節によって実は内容が違っています。「合わない軽油」を使うと命取りになる可能性もゼロではないため、注意が必要です。

    石油の業界団体である石油連盟は、「寒冷地域に入ったら、極力、現地で販売されている軽油を給油すべきです」と話します。
    「冬場の関東で入れた軽油で北海道へスキーに行き、1泊したのちクルマのエンジンをかけてみると、かからなかったり、
    始動しても途中で停止したりすることがあります」(石油連盟)

     軽油には5種類があり、おもな違いは、その流動性が保たれる最低温度「流動点」。流動性が確保されなくなると、
    油のワックス成分が固まってきて、目詰まりしやすくなります。そのため、流動点が高い順から
    「特1号」「1号」「2号」「3号」「特3号」という5種類の軽油がJIS規格で定められており、
    「特1号」は流動点が摂氏5度で、「特3号」は摂氏-30度。使用のガイドラインによると、
    温暖な沖縄では年間を通じて「特1号」ですが、関東では夏(6~9月)が「特1号」、冬(12~3月)が「2号」、それ以外の時期が「1号」です。

    「『3号』『特3号』が寒冷地用の軽油です。『3号』は中部の山岳部や東北以北の冬に、『特3号』は
    道南を除く北海道の1~3月にのみ適用されています」(石油連盟)

     関東の冬に販売されている「2号」の流動点は摂氏-7.5度ですが、これでも、寒冷地では問題に
    なることがあるのです。ましてや、沖縄で販売されている氷点下を想定していない「特1号」を真冬の北海道で使うことは、難しいといえます。

    では、冬の北海道で入れた軽油で、暖かい地域を走るとどうなるのでしょうか。
    「軽油の種類の違いは、着火性能にもあります。寒冷地の軽油は低い温度でも着火しやすくつくられているので、
    気温の高いところで使うと、不必要に揮発して、環境に悪影響を与えます」(石油連盟)

     また地域のほか、季節によっても異なる軽油の種類。「季節の変わり目」になると、販売店は使用のガイドラインへ従って、
    一斉に軽油の種類を入れ替えるのでしょうか。
    「ガイドラインはあくまで目安なので、厳密に何月何日から一斉に種類を替えるということはありません。在庫の状況と、
    供給する側との調整で入れ替わっていきます。異なる種類を混ぜてはいけないことはないので、
    入れ替えの時期は性能が段階的に変わっていくのが実情でしょう」(石油連盟)
     普段は気づかないかもしれませんが、販売店でその地域の気候に合った軽油を提供しているからこそ、安心なドライブができるのです。


    【「合わない軽油」命取りに? ディーゼル車、冬のドライブは要注意】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    flow05img

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/03/22(火) 19:29:52.66 ID:CAP

    http://response.jp/article/2016/03/22/271990.html


    JAF(日本自動車連盟)は3月22日、油種誤認によるトラブル防止を目的に、燃料の給油間違いによるJAFへの救援依頼件数を発表した。

    それによると、2015年12月の1か月間に、ドライバーから寄せられた救援依頼のうち、「燃料を入れ間違えた」
    と申出があったものが全国で269件あった。実際には、ドライバーが入れ間違いに気付かず、走行不能などの
    トラブルとして救援依頼したケースも考えられるため、さらに多いことが予想される。

    入れ間違いの原因としては、「うっかりしていた」「普段乗らない車だった」「軽自動車は軽油と思った」といったものが多く、
    ドライバーの認識不足や勘違いがトラブルに繋がっているようだ。JAFでは、燃料の給油間違いによるトラブルの注意を呼びかけている。


    【「軽自動車には軽油?」油種間違いによるトラブルが1か月で269件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    fuel-1024x786
    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/15(月) 19:20:38.49

    おれ半分切ると不安になって入れちゃう


    【車のガソリンってどれっくらいで入れてる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 野良ハムスター ★ 投稿日:2016/01/14(木) 18:08:06.62 ID:CAP

    原油価格の下落の影響で下がり続けているガソリンの小売価格。14日午後に発表された
    12日時点の価格はレギュラーガソリン1リットル当たり全国平均で118.9円。
    11週連続の値下がりで、およそ6年8か月ぶりの水準まで低下しています。
    ガソリンスタンドの中には100円を切る価格で販売するところも出ていて、ここ数日、
    インターネット上では店頭でのガソリン価格の下落を歓迎する書き込みも目立っています。

    ■どこまで下がる ネットでは歓迎の声

    ここ数日、インターネット上では「近所のスタンドでついに90円台」「水より安いよ」
    「何年ぶりに2ケタを見ただろう。しばらく続くことを切望」など、店頭でのガソリン価格の下落を
    歓迎する書き込みが目立っています。
    石油情報センターによりますと、12日時点のレギュラーガソリンの小売価格は
    1リットル当たりの全国平均で118.9円と先週より1.5円値下がりました。
    ガソリン価格の値下がりはこれで11週連続、
    平成21年5月以来、およそ6年8か月ぶりの水準まで低下しています。
    また、灯油の店頭価格も▽1リットル当たりの全国平均で1.7円値下がりして66.5円、
    ▽18リットル当たりでは1197円となり、26週連続で値下がりしました。
    先月、OPEC=石油輸出国機構が原油の減産を見送ったことに加え、中国経済の減速で需要が
    低迷するという見方から原油価格の下落が続いていることを受け、石油元売り各社がガソリンや灯油の
    卸売価格を引き下げたことが原因です。
    石油情報センターでは「今後、イランが経済制裁を解除されれば原油の輸出を大幅に増やし、
    それが原油価格のさらなる下落につながるという見方も出てています。
    ガソリン価格の値下がりはしばらく続きそうだ」と話しています。

    ■店頭価格 “2ケタ”突入も

    競争が激しい地域ではガソリン価格の値下がりに拍車がかかっています。
    インターネットの投稿の情報から独自に小売り価格の比較をしているWEBサイトでは、
    沖縄県で97円、愛知県で98円など、レギュラーガソリン、1リットルの価格が
    100円を切る店が複数掲載されています。
    神奈川県の厚木市のガソリンスタンドを取材したところ、レギュラーガソリン
    1リットル当たり99円の看板が掲げられていました。
    スタンドには乗用車やトラックが相次いで訪れ、給油していました。
    このスタンドの運営会社は、「半年ほど前は130円台だったが、徐々に値段を下げ、
    1週間ほど前からは99円で販売を始めた。表示価格が100円を超えている店舗でも、
    会員になれば割り引きを行い、実質100円以下で販売しているところもある」と話しています。

    no title

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160114/k10010370781000.html


    【ガソリン値下がり、2ケタ突入 ネット「水より安い」と歓迎の声】の続きを読む

    このページのトップヘ