乗り物速報

バイクと車のまとめ

    コンセプトカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 54コメント

    1: 2017/02/15(水) 07:29:04.14 ID:2Vy1E+O30 

    ホンダアクセス「T880」(コンセプトトラック/サーキット試乗)

     コンセプトカーが走った! 東京オートサロン2017に展示された「N Lab.(エヌラボ)」製作の働くクルマ「T880」である。コンセプトカーは走らないと相場が決まっているが、T880は結構マジで走ったのだ。

     T880はホンダアクセスの有志約15名が1年をかけて作り上げたもの。

     ところで軽トラを運転したことのあるドライバーなら、使い勝手のよさとタフさ、そしてクルマを動かす面白さに気が付いているはずだ。軽トラの楽しさに加えて、我慢の部分を切り取れば、もっともっと楽しいトラックができるはずだ。これがT880のコンセプトとなる。

     ベースとなったのは「アクティ」。ミッドシップレイアウトでトラックらしく後輪荷重を稼ぎ、合わせてスペースを有効に活かした根強いファンがいるホンダの軽トラだ。フレーム付きのために架装にも何かと便利だ。

    エンジンとして選定されたのは660ccの「バモス」のターボエンジンで、ベース出力は64PS。
    使われたトランスミッションはなんと「ビート」の5速MT。これならギヤ比も高く、クロスしているので伸びのある加速ができる。
    4輪ディスク化し、特にフロントには対向4ピストンを詰め込んだ。リアは「S660」用のシングルピストンとなる。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1043990.html
    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=R9sHdcOhfCk


    スポンサーリンク

    【NSXでもS660でもない!ホンダが謎の新型2シーターミドシップをサーキットで走行させる!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2017/01/22(日) 17:47:23.90 ID:bJ1QseEf0 

    2017年1月13日から15日まで幕張メッセにて開催された『東京オートサロン 2017』。

    この展示で発表されたホンダのコンセプトカーが「こんなの欲しかった!」と話題となっています。
    その車とは「働く車はカッコいい」をコンセプトに作られた『T880』。

    no title


    軽トラとは思えないその姿、畑だけ走るのはもったいないくらいのカッコよさです!
    実用性は従来の軽トラには劣るかもしれませんが、少しくらい不便でもこんな軽トラが欲しいと思う方は多いのでは?
    実際の車の様子をモーターマガジンMovieさんが動画で公開されていたので、ご紹介します。

    https://youtu.be/XeoAzMpoYa4



    http://news.livedoor.com/article/detail/12573623/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    そんなことより、880ってことは軽自動車の新規格で880ccになるのか?


    スポンサーリンク

    【ホンダが作った新しい軽トラ!女性からおじさんまでカッコイイ、カワイイと大人気!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2017/01/12(木) 19:28:34.35 ID:uv531YnN0 

    ホンタ゛アクセスは、13日から15日まて゛開催される「東京オートサロン 2017」に、ホンタ゛アクセス従業員が製作したカスタマイス゛モテ゛ルを「N Lab.(エヌラホ゛)」として出展する。
    「N Lab.(エヌラホ゛)」はホンタ゛アクセス従業員の有志による自発的な活動て゛、参加従業員の業務領域にとと゛まらす゛、 テ゛サ゛インやモテ゛ル制作に参加し、
    モノつ゛くりに対する理解を深め、東京オートサロンへ出展、展示を行い、今後のモノつ゛くりへのモチヘ゛ーションを高めることを狙いとしている。

    出展車両は、「働く車はカッコいい」をコンセフ゜トに、アクティトラックをヘ゛ースに働くトラックの力強さを表現した 「T880」。

    SUVとしての圧倒的な存在感と使い込んた゛頼れる道具をイメーシ゛した「VEZEL GEAR」の2台を展示。

    昨年の東京カスタムカーコンテスト 2016にてク゛ランフ゜リを獲得した「S660 Neo Classic Concept」の車体サイス゛や架装内容なと゛、
    量産検討を行うためのモテ゛ル「S660 Neo Classic Prototype」をチューニンク゛カーミーティンク゛フ゛ースに展示する。

    http://jp.autoblog.com/2017/01/12/2017-n-lab/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【ホンダがオートサロンでカスタムコンセプト「N Lab.」を出展】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2017/01/05(木) 12:42:59.46 ID:CAP_USER

    トヨタ自動車は1月4日、米国ラスベガスで開幕したCES 2017において、
    未来のモビリティを具体化したコンセプトカー、『コンセプト-愛i』を初公開した。

    コンセプト-愛iは、人工知能により人を理解し、ともに成長するパートナーとして、
    人とクルマの新たな関係を創造することを狙ったコンセプトカー。感情認識や嗜好性蓄積といった
    「人を理解する」技術を、自動運転やエージェント技術と組み合わせることで、ドライバーに対して、
    安全・安心と移動の楽しさを充実させる新たな体験を提供する。

    車両のデザインは、トヨタの米国のデザイン拠点Caltyが担当。車体外装にまでインパネ意匠が
    連続するシームレスなスタイリングが特徴。ドライバーのユーザーエクスペリエンスの中核となるエージェントも、
    車両の内装だけでなく外装、さらにはクルマから離れネットワーク上の端末などに登場。
    人を理解するエージェントが長期にわたり共にいることで、人との距離が近づき、
    従来の人とクルマの関係を超えたパートナーのような関係の構築を目指す。

    パワートレインに関しては、ゼロエミッションを想定。なおトヨタは、一部機能を搭載した車両で、
    日本での公道実証実験を数年内に開始する予定。

    トヨタは、「安全・安心、環境、新たな感動(ワクドキ)の提供を通じて、
    豊かな社会づくりに貢献することを念頭に事業活動を行っている。コンセプト-愛iは、
    この考えを実現する一つの具体的な、未来のモビリティ社会に向けた提案であり、実用化に向けた取り組みを続けていく」と語っている

    http://www.rbbtoday.com/article/2017/01/05/148384.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【トヨタが『コンセプト-愛i 』初公開…人工知能で人を理解】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    1: 2016/11/02(水) 22:09:55.97 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2016/11/02/284750.html
    no title

    no title

    no title



    マツダの米国法人、北米マツダは11月1日(日本時間11月2日未明)、米国ラスベガスで開幕した
    SEMAショー16において、新型『ロードスター』の「スピードスター エボリューション」を初公開した。

    北米マツダは1年前のSEMAショー15において、新型ロードスターの「スピードスター コンセプト」を初公開。
    フロントのウインドスクリーンをなくしたスピードスターを提案した。今回のスピードスター エボリューションは、その進化版。

    ハイライトは、さらなる軽量化の推進。ブレンボ製の軽量ブレーキの採用やバッテリーをリチウムイオンに変更するなどして、
    昨年のスピードスター コンセプトに対して、およそ45kgの軽量化を果たす。車両重量は900kgを切り、898kgとした。

    ボディカラーは、ブルーエーテルからホワイトエーテルに変更。調整式サスペンションとBFグッドリッチ製のスリックタイヤは、
    レーシングカーの「MX-5グローバルカップ」譲り。

    室内は、ドライバー正面のメーターを、レーシングカーと同じデジタルディスプレイに変更。
    北米マツダのKen Sawardデザインマネージャーは、
    「マツダの目標は、ロードスターが27年に渡って表現してきた軽量エンジニアリングとピュアな走る喜びという本質を、さらに追求すること」と語っている。


    スポンサーリンク

    【マツダ、新型ロードスター「スピードスター エボリューション」を初公開 重量わずか898Kgと軽量化】の続きを読む

    このページのトップヘ