乗り物速報

バイクと車のまとめ

    コンセプトカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2017/09/13(水) 06:27:17.51 ID:CAP_USER9

    ホンダは9月12日、『アーバンEVコンセプト』を発表した。実車は9月12日夜、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開される。

    アーバンEVコンセプトは、2019年に市販するホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカー。新開発のプラットフォームをベースにし、将来のホンダの市販EVの技術と設計を盛り込む。

    全長は、『フィット』よりも約100mm短い。車のフロントには、あいさつや他のドライバーへのアドバイス、充電状況など、多言語でメッセージを表示することができる。

    インテリアは、細いAピラーと、フロント全体を覆うワイドなフロントガラスが特徴。後部ヒンジ式のコーチドアから乗降する。室内には、異なる素材で仕上げられたベンチシートが2脚配置され、乗車定員は4名。ダッシュボードのメイン画面には、バッテリーの残量を含むさまざまな車両情報が表示される。

    http://response.jp/article/2017/09/12/299681.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダ アーバンEVコンセプト 発表…2019年の市販EV示唆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2017/09/10(日) 17:22:30.95 ID:CAP_USER9

    no title


    メルセデス・ベンツは、12日から開催されるフランクフルト国際モーターショーで数多くのクルマを展示する。その目玉の1つが、電動車に特化した同社のサブブランド「EQ」を象徴する新しい電気自動車だ。「コンセプト EQ A」と呼ばれる同車については、既に1枚のティーザー画像が発表されているが、フロント・フェイシアが光を放っているだけで、その他の部分は暗くてよく分からなかった。それから数日が経ち、今度は車両の全体が描かれているスケッチが公開された。
    これを見ると、コンセプト EQ Aというクルマがスポーティな3ドア・ハッチバックであることが判明した。コンパクトなボディは大径のホイールに支えられており、リアのオーバーハングが極端に短い。グリルの底辺から伸びたラインがボディの両サイドにおよび、ドアの後方でアーチを描いて印象的なブーメランの形を作り出しているのが確認できる。サイド・ミラーは控え目に描かれているが、それはスケッチだからなのか、それとも実際のコンセプトカーに小型のカメラが採用されているのか、今はまだ分からない。

    このコンセプト EQ Aについて他に分かっていることは、2020年以降に市販化されるということだ。量産に向けて最終的にこのデザインがトーンダウンするまで、このコンセプトが進化する時間はまだ十分にある。

    2017年09月10日 17時00分
    http://jp.autoblog.com/2017/09/10/mercedes-teases-concept-eq-a-electric-car-frankfurt-908134/#


    【メルセデス・ベンツ、コンパクトな電気自動車「コンセプト EQ A」のスケッチを公開!2020年以降に市販化予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 60コメント

    1: 2017/02/15(水) 07:29:04.14 ID:2Vy1E+O30 

    ホンダアクセス「T880」(コンセプトトラック/サーキット試乗)

     コンセプトカーが走った! 東京オートサロン2017に展示された「N Lab.(エヌラボ)」製作の働くクルマ「T880」である。コンセプトカーは走らないと相場が決まっているが、T880は結構マジで走ったのだ。

     T880はホンダアクセスの有志約15名が1年をかけて作り上げたもの。

     ところで軽トラを運転したことのあるドライバーなら、使い勝手のよさとタフさ、そしてクルマを動かす面白さに気が付いているはずだ。軽トラの楽しさに加えて、我慢の部分を切り取れば、もっともっと楽しいトラックができるはずだ。これがT880のコンセプトとなる。

     ベースとなったのは「アクティ」。ミッドシップレイアウトでトラックらしく後輪荷重を稼ぎ、合わせてスペースを有効に活かした根強いファンがいるホンダの軽トラだ。フレーム付きのために架装にも何かと便利だ。

    エンジンとして選定されたのは660ccの「バモス」のターボエンジンで、ベース出力は64PS。
    使われたトランスミッションはなんと「ビート」の5速MT。これならギヤ比も高く、クロスしているので伸びのある加速ができる。
    4輪ディスク化し、特にフロントには対向4ピストンを詰め込んだ。リアは「S660」用のシングルピストンとなる。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1043990.html
    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=R9sHdcOhfCk


    【NSXでもS660でもない!ホンダが謎の新型2シーターミドシップをサーキットで走行させる!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2017/01/22(日) 17:47:23.90 ID:bJ1QseEf0 

    2017年1月13日から15日まで幕張メッセにて開催された『東京オートサロン 2017』。

    この展示で発表されたホンダのコンセプトカーが「こんなの欲しかった!」と話題となっています。
    その車とは「働く車はカッコいい」をコンセプトに作られた『T880』。

    no title


    軽トラとは思えないその姿、畑だけ走るのはもったいないくらいのカッコよさです!
    実用性は従来の軽トラには劣るかもしれませんが、少しくらい不便でもこんな軽トラが欲しいと思う方は多いのでは?
    実際の車の様子をモーターマガジンMovieさんが動画で公開されていたので、ご紹介します。

    https://youtu.be/XeoAzMpoYa4



    http://news.livedoor.com/article/detail/12573623/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    そんなことより、880ってことは軽自動車の新規格で880ccになるのか?


    【ホンダが作った新しい軽トラ!女性からおじさんまでカッコイイ、カワイイと大人気!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2017/01/12(木) 19:28:34.35 ID:uv531YnN0 

    ホンタ゛アクセスは、13日から15日まて゛開催される「東京オートサロン 2017」に、ホンタ゛アクセス従業員が製作したカスタマイス゛モテ゛ルを「N Lab.(エヌラホ゛)」として出展する。
    「N Lab.(エヌラホ゛)」はホンタ゛アクセス従業員の有志による自発的な活動て゛、参加従業員の業務領域にとと゛まらす゛、 テ゛サ゛インやモテ゛ル制作に参加し、
    モノつ゛くりに対する理解を深め、東京オートサロンへ出展、展示を行い、今後のモノつ゛くりへのモチヘ゛ーションを高めることを狙いとしている。

    出展車両は、「働く車はカッコいい」をコンセフ゜トに、アクティトラックをヘ゛ースに働くトラックの力強さを表現した 「T880」。

    SUVとしての圧倒的な存在感と使い込んた゛頼れる道具をイメーシ゛した「VEZEL GEAR」の2台を展示。

    昨年の東京カスタムカーコンテスト 2016にてク゛ランフ゜リを獲得した「S660 Neo Classic Concept」の車体サイス゛や架装内容なと゛、
    量産検討を行うためのモテ゛ル「S660 Neo Classic Prototype」をチューニンク゛カーミーティンク゛フ゛ースに展示する。

    http://jp.autoblog.com/2017/01/12/2017-n-lab/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダがオートサロンでカスタムコンセプト「N Lab.」を出展】の続きを読む

    このページのトップヘ