乗り物速報

バイクと車のまとめ

    コンセプトカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2018/08/11(土) 08:21:37.990 ID:W3hdHeyD0

    先代
    no title

    no title




    新型
    no title


    【【画像】トヨタの新型FJクルーザーがとんでもなくカッコいいwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    1: 2018/04/20(金) 21:40:56.54 ID:15yNL3w00 

    ホンダは4月19日、ジャカルタで開幕したインドネシア国際モーターショー2018において、『スモールRSコンセプト』を初公開した。

    スモールRSコンセプトは、ホンダらしいスポーティな走りが楽しめ、高い安全性も備えたコンパクトカーを提案した1台。
    「RS」は、ホンダの市販車のラインナップでは、『フィット』などに設定されている。

    スモールRSコンセプトの設計は、ホンダのアジア太平洋の研究開発チームが担当。
    ホンダのDNAを反映させたスポーティなルックスを追求。ホンダ最小の「タイプR」と表現できそうなフォルムに仕上げられた。

    オレンジのボディカラーで塗装されたスモールRSコンセプトは、フロントリップスポイラー、サイドスカート、ルーフスポイラーなどのエアロパーツを装着。
    足元は、ブラック仕上げのアルミホイールで引き締められている。

    なお、スモールRSコンセプトに関しては、現時点で市販に関するアナウンスはない。
    しかし、その完成度の高さから、現地向けの新型コンパクトカーとして、登場する可能性もありそうだ。

    https://response.jp/article/2018/04/20/308815.html
    no title

    no title

    no title


    【ホンダ 「スモールRSコンセプト」を公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2018/04/04(水) 21:04:48.09 ID:CAP_USER

    ◆おぉぉ想像以上にかっこいい ヒュンダイがEVスポーツカー「Essentia Concept」を初公開
     ~ガラス張りで開放感がすごそうです

    現代自動車(ヒュンダイ)は3月28日、同社の高級車ブランド ジェネシスを関したコンセプトカー「Essentia Concept」を初披露しました。

    Essentia Conceptは2シータークーペ型のフルEV(電気自動車)です。
    ボディーは軽量なカーボンファイバー製、ルーフは大半をガラス張りとした開放感のあるデザインとなっています。

    上に向かって開く構造のバタフライドアは、Bピラーに内蔵したセンサーを用いた指紋認証と顔認証で開閉するというハイテク装備を実装。
    EVで多くのスペースを必要とする走行用のバッテリーは、一般的なEVで用いられる乗員スペースの下ではなく、運転席と助手席の間のセンタートンネルに収め、グッと車高が低いスポーツカー風のスタイリングと車内空間の広さを両立したとしています。

    内装は温かみのあるコニャックレザーを用いて高級感を演出。
    運転席から助手席にかけて、ダッシュボードを横切るように大型のディスプレイを配置し、ドライバーの好みに沿ってルートなどを提案するAI機能を用いたナビゲーション機能が備わります。
    シートポジション、動力性能、オーディオの設定なども路面の状態やドライバーの好みに応じて自動調整するそうです。

    ■写真
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ねとらぼ 2018年04月04日 10時00分
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/news039.html
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/news039_2.html


    【ヒュンダイがEVスポーツカー「Essentia Concept」を初公開…ガラス張りで開放感がすごそうwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2018/03/08(木) 13:22:52.80 ID:CAP_USER9

    日産自動車は3月6日、クロスオーバーEVの「ニッサン IMx KURO」をジュネーブショーで公開した。ベースは東京モーターショーで世界初公開された「IMx」。今回の「IMx KURO」では、SUVテイストを際立たせるデザインにお色直しするとともに、脳波測定によるユニークな運転支援技術「ブレイン トゥ ビークル(B2V)」を搭載している。

    まずデザインでは、タフさや力強さを与えるべくボンネットと連続するグリルレスのフロントフェイスを採用。さらにホイールとトリムをブラック仕上げとし、それに合わせてボディカラーをパールホワイトから深みのあるダークスモーキーグレーに変更している。

    CES2018で発表された「B2V」は、まるでSFのような未来の運転支援技術だ。B2Vではヘッドセットを着用したドライバーの脳波をシステムが解析・判断し車両を制御することによって、よりスムーズでストレスのない思い通りの移動をサポートする。

    たとえばレベル5の完全自動運転下(ステアリングは格納、シートは深くリクライニング)では、脳波からドライバーの違和感を検出した場合、その違和感を消しさる自然な制御の自動運転へとカスタマイズされる。一方、ドライバーが操作するマニュアル運転下では、ドライバーの意思を先回りし、ドライバーが操作を行う0.2秒~0.5秒前にシステムが制御を開始する。もちろん制御はごく自然に行われ、ドライバーがシステムからサポートを受けていることを意識することはないという。

    高出力モーター2基を前後に搭載したツインモーター4WDなどのパワートレインは「IMx」と同様。最高出力320kW(435ps)と最大トルク700Nmを発生し、一充電あたりの走行距離は600km以上を可能にしている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2018.3.7
    carview
    https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20180307-20103683-carview/1/


    【「ニッサンIMx KURO」が搭載する、未来の運転支援技術はまるでSF】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2018/03/10(土) 11:10:55.67 ID:dHl+RTzQ0 

    ホンダ・アーバンEV ほぼコンセプトどおりで2019年に発売へ

    好評をもって迎えられたホンダ・アーバンEVは来年予約受付が開始され、その生産は2019年後半からとなる。
    今回のジュネーブでも展示されているコンセプト・バージョンが、量産モデルのスタイリングのヒントだ
    。最終的な量産モデルは来年のジュネーブ・モーターショーで発表される。

    コンセプトモデルが好評だったことで、量産モデルのデザインもほぼそのままとなるだろう。
    英国での受付開始について語ったさい、英国ホンダのトップであるデイブ・ホジェッツはこの小型EVのセールスが「素晴らしいものになるだろう」と話している。
    さらに、そのスタイルを越えて、このクルマに対する「ひとびとの本当の評価を示すことになる」とも付け加えている。

    しかし、現時点では量産モデルの詳細についてはほとんど明らかにされておらず、ホジェッツは、このモデルに興味を持つひとびとが、
    どんなクルマにお金を払おうとしているのかを知ることができるよう、「具体的な情報を得ようと必死です」と話している。

    このクルマは欧州市場におけるホンダ初のEVであり、新たなEV専用プラットフォームを与えられることになる。
    そして、今後のホンダ製EVの「テクノロジーとデザインの方向性を示す」モデルでもある。

    アーバンEVのロー&ワイドなプロポーションは、ジャズ(日本名:フィット)よりも100mm短く、その全長は3895mmとなる。
    そして、発売後も他のモデルからセールスを奪うことはないだろうとホンダの内部筋は話す。

    コンセプトモデルでは乗車定員は4人だったが、量産モデルでは5人乗りとなるだろう。

    https://www.autocar.jp/news/2018/03/08/274947/
    no title

    no title

    no title


    【市販決定したホンダEVのデザインがすっばらしすぎる件wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ