乗り物速報

バイクと車のまとめ

    コンセプトカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: キングコングニードロップ(catv?) 2014/01/01 23:32:08 ID:QxAYQqKf0
    no title


    日産、スポーツセダン コンセプトのティザー画像を公開。デトロイトオートショーで発表
    日産は、2014年1月17日から開催されるデトロイトモーターショーでワールドプレミアするコンセプトモデル、「Sport Sedan Concept(スポーツ セダン コンセプト)」のティザー画像を公開しました。

    ちなみにトップ画像は、実際に公開された画像は暗過ぎて何もわからなかったため、勝手にトーンカーブ上げて見やすく加工してみたものです。実際公開された画像は下になります。

    この日産スポーツセダン コンセプトの詳細はまだ未発表ですが、ソース元のAutoGuideでは次期型の日産 Maximaをプレビューするコンセプトモデルであると予想しています。
    Maximaは、北米、メキシコ、ドバイなどで販売。オーストラリアではティアナ、サウジアラビアやUAEでは、セフィーロをMaximaの名称で販売しています。

    http://www.j-sd.net/nissan-8/

    【【次期セフィーロ】日産、スポーツ セダン コンセプトの画像を公開。デトロイトオートショーで発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント
    1: 魔神風車固め(catv?) 2013/12/18 23:58:30 ID:3wof0nv20
    ホンダが現在開催中の第43回東京モーターショーで発表した軽自動車のオープン・スポーツカー「S660 コンセプト」。
    伊東孝伸社長の話では「2015年に量産化を目指す」という。早速開発を担当された方々にお話を聞いてみた。

    「我々はビートの後継とは言っていませんから」ホンダの方はそう仰る。

    気になるのはルーフがどうなるか、ということです。このコクピット背後のリアのスタイルはそのまま市販モデルにも残るのでしょうか?
    「出来るだけ残そうとして色々やっていますけど、軽の枠・価格帯というものがありますから、結構大変です」

    トランスミッションは? この出展車両はパドルシフト付きCVTのようですが。3ペダルのマニュアルも用意されますか?
    「他のモデルと共有できるかどうか、ということですよね。このクルマのためだけにマニュアルを開発することは難しいですから...」

    サスペンションは?
    「それもまだ未定です。軽規格サイズ、660cc、ミドシップ、オープン。決まっていることはそれだけだと思ってください」

    エクステリア・デザインを手掛けた方にお話を伺った。
    no title


    せっかくのミドシップ・スポーツカーなのに、FFハッチバックであるフィットと同じアイデンティティを"顔"に持たせなければならないということは、不満ではありませんでしたか?
    「何だってそうだと思うんですよね。制約の中でベストを尽くす。それだけです」

    ホンダとしてはビートの後継ではない、とのことですが、ビートのデザインは意識されませんでしたか?
    「まったく意識していません。ただ、ホンダのスポーツカーの作り方として、共通する部分はあると思います。例えば低く見せるためにAピラーを黒く塗るとか」

    インテリアは完全に2ペダル前提。センター・コンソールのデザインは斬新でカッコイイが、あれでは(もしMTが設定されたとしても)シフト・レバーを操作するときに
    邪魔になるだろう。ナビゲーション・システムやオーディオも、このままでは装着するスペースがない。
    市販化の際にはどれだけこのスマートなイメージが保てるか、エクステリア以上に少々心配。
    http://jp.autoblog.com/2013/11/26/honda-s660-concept-tokyo-motor-show-2013/

    【ホンダ開発陣「S660の市販デザインは当然変わる MTの開発は正直難しい 黒く塗って低く見せた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: 絶対マン(140103)φ ★ 2013/11/26 12:13:37
    開催中の東京モーターショーで、トヨタ自動車が出展した背の高い次世代タクシーの試作車が注目を集めて
    いる。

    no title

    トヨタ自動車の「JPNタクシーコンセプト」

    高齢化社会に対応するため、誰でも乗り降りがしやすいよう車高を高くしたデザインが特徴だ。米ニューヨーク
    市のタクシーに日産自動車のミニバンが採用されるなど「背高」タイプは世界的にもニーズが高まっている。

    「JPNタクシーコンセプト」と名付けられたトヨタの次世代タクシーは、5人乗りで車高は170センチ。現在国内
    のタクシーの7割を占めるトヨタの「コンフォート」よりも約17センチ高い。後部ドアは大きく開く電動スライド式を
    採用し、床も低くした。「セダンでは狭いという声もあり、誰でもすっと乗れるようにした」(粥川宏・製品企画本部
    チーフエンジニア)という。

    日産はショーに出展はしていないが、「イエローキャブ」の愛称で知られるニューヨーク市のタクシーに車高189
    センチのミニバン「NV200」が採用され、10月末に発売した。ロンドンのタクシーにも採用が決まっている。


    引用元: 読売新聞 2013/11/26
    http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20131126-OYT1T00189.htm?from=main5

    【次世代タクシーはノッポ…乗り降り楽々「JPNタクシーコンセプト」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    1: ローリングソバット(千葉県) 2013/11/23 19:16:36 ID:9srBc0c00
    ホンダは2シーターオープン『ビート』の後継モデル『S660 コンセプト』を東京モーターショーで初公開した。同社の伊東孝紳社長は「現在、2015年の市販化を目指して鋭意開発中」と同モデルの市販化を明言した。

    初公開されたS660コンセプトは、ミッドシップレイアウトの2シーターオープン『ビート』のコンセプトを踏襲、次世代軽オープンスポーツモデルとして復活することになる。

    エクステリアデザインを担当した本田技術研究所四輪R&Dセンター杉浦良研究員は「エクステリアデザインとしてはスポーツカーらしい普遍的な価値観、
    いわゆる誰が見てもどこからみても格好良いということと、ホンダの製品らしい先進的で若々しいという新しさの表現の両立を目指して開発した」と語る。

    ホンダの本格スポーツらしく、天井知らずの回転フィールを味わえるのか、パワートレーンにも期待だ。

    http://response.jp/article/2013/11/22/211443.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【東京モーターショー行ってきた!!ホンダブース混みすぎだろ、S660やばすぎる!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント
    1: 中年'sリフト(芋) 2013/11/22 20:59:54 ID:tgWzDZ9v0
    スバルは東京モーターショー2013で、コンセプトカー『クロススポーツデザイン』を世界初公開した。ヘッドライト、フロントグリル、フェンダーの意匠に『BRZ』との共通点が見られる。スバル流・都市型SUVの提案だ。

    スバルは、「軽快な走りをもたらす全長4300mmのコンパクトなボディでありながら、乗降性を高めるとともに、快適な室内空間と豊かなラゲッジスペースを確保」と説明している。

    ルックスは2ドアスポーツクーペのBRZをSUV風に仕立てたという印象。ブラックオーバーフェンダー、フロントアンダーカバー、そして荷室を大きくとったワゴンスタイルのリアセクションが特徴だ。

    展示車両のルームミラー部には2つのカメラが設置されていることを確認。アイサイトシステムを搭載することを想定しているようだ。
    no title

    no title

    no title


    http://response.jp/article/img/2013/11/21/211338/627318.html

    【スバル「BRZの車高上げるわ」トヨタ「やめろ」スバル「4WDターボでSUVにするわ」】の続きを読む

    このページのトップヘ