乗り物速報

バイクと車のまとめ

    コンセプトカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2017/10/06(金) 19:45:03.56 ID:CAP_USER

    no title


    「DN compagno」

     ダイハツ工業は、10月25日~11月5日(プレスデー:10月25日~26日、一般公開日:10月27日~11月5日)に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催される「第45回東京モーターショー2017」の出展概要を発表した。

     出展テーマに、2017年3月の創立110周年を期に刷新したグループスローガン「Light you up ~らしく、ともに、軽やかに~」を掲げ、ダイハツならではの視点から「軽やかに輝いた暮らし」を提案。同社のモノづくりの技術やアイデアを発展進化させた未来のラインアップを想起させる軽自動車「DN ProCargo(ディーエヌ プロカーゴ)」「DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)」のほか、コンパクトカー「DN compagno(ディーエヌ コンパーノ)」「DN TREC(ディーエヌ トレック)」「DN MultiSix(ディーエヌ マルチシックス)」といったコンセプトカーを出展。

     また、コンセプトカー以外にも衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を搭載する「ハイゼット カーゴ」の市販予定車や、東京モーターショー特別色を設定した小型車の「ブーン シルク」「トール カスタム」を含む市販されている小型車4台、軽自動車5台、軽福祉車両1台も出展する。

    DN ProCargo(世界初出展、参考出品車)

    no title


    「DN ProCargo」

     1957年に発売した「ミゼット」の使い勝手のよさと拡張性を継承して、軽自動車が持つ便利さを追求した商用EVモデル。乗り降りしやすい低床フラットフロアを採用したほか、ウォークスルーや車いすを2台搭載できる室内高1600mmの広い室内空間と、ユニットを乗せ替えることで用途に合わせて変化する荷室を実現。荷物を運ぶためだけのクルマではなく、デスクユニットなどを用いてモバイルオフィスのように使用することもできるとしている。駆動方式は2WD(FF)で、ボディサイズは3395×1475×1995mm(全長×全幅×全高)。

    つづき
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1083910.html


    【ダイハツ、コンパーノの思想を受け継ぐコンパクト4ドアクーペ「DN コンパーノ」など東京モーターショー出展概要】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 43コメント

    1: 2017/10/06(金) 17:31:17.36 ID:fbi/AVlk0 

    トヨタの新型ハイブリッドスポーツ
    トヨタは2017年10月6日(木)、スポーツコンセプト「GR HV SPORTS concept」を、10月25日(水)から開催される
    「東京モーターショー2017」で世界初披露すると発表しました。

    トヨタは「GR HV SPORTS concept」のおもな特徴として、以下のポイントを挙げています。

    ●TOYOTA GAZOO Racingが世界耐久選手権(WEC)で戦うハイブリッドレーシングマシン「TS050 HYBRID」を想起させるデザイン。
    ●トヨタ伝統のオープンスポーツ「トヨタスポーツ800」(通称・ヨタハチ)や、「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイル。
    ●「TS050 HYBRID」で鍛えたハイブリッド技術「THS-R(トヨタハイブリッドシステム レーシング)」を搭載。

    <操る楽しさ>
    ・「THS-R」によるピュアスポーツカーとしての走りと、エアロトップによるオープンエアの開放感を同時に満喫。
    ・ボタンひとつでマニュアルモードへの切り替えが可能で、オートマチック車でありながら6速マニュアル車のような操作を楽しめるHパターンシフトを採用
    ・ハイブリッドバッテリーを車両中央付近に搭載。重量物である駆動用のバッテリーを中央に搭載することで、スポーツカーとして走りの性能向上にも貢献。

    なお「GR HV SPORTS concept」の主要諸元として、全長4395mm、全幅1805mm、全高1280mm、駆動方式FR、定員2名と発表されています。

    トヨタは「GR HV SPORTS concept」について「スポーツカーと環境技術を融合した新たなクルマの楽しさを提案するコンセプトカー」としています。

    https://trafficnews.jp/post/78732
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタ HVスポーツ「GR HV SPORTS concept」発表 定員2名】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2017/10/06(金) 18:54:47.56 ID:NlMhl2Ckd

    若者のクルマ離れが言われて久しいけれど、こんなクルマはどうでしょう(?)というトヨタの提案が
    「Tj CRUISER(ティージェイ クルーザー)」。
    道具感にあふれたコンセプトは、今年4月に開催されたニューヨークショーで公開された「TOYOTA FT-4X」に通じるものがある。

    車名の「T」はTOOL-BOXから、「j」はクルマとさまざまな場世に出かけるJOYから。
    VANの積載性と、SUVの力強さを兼ね備えた新ジャンルのクロスオーバーコンセプトだ。

    ボンネットとルーフ、フェンダーには傷や汚れが付きにくいケアフリー素材(特殊塗装)を採用しており、
    無骨でありながらも遊びの相棒として重宝しそう。
    アウトドアが若者に人気だが、こんなクルマが発売されたらちょっとしたブームになりそうだ。
    https://lrnc.cc/_ct/17122701
    no title

    no title

    no title


    【【朗報】トヨタが若者向けコンセプトカーを発表 カッコ良すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2017/09/29(金) 17:44:04.45 ID:CAP_USER9

    本田技研工業は、10月25日~11月5日(プレスデー:10月25日~26日、一般公開日:10月27日~11月5日)に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催される「第45回東京モーターショー2017」の出展概要を発表した。

    「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をブースコンセプトに展開されるホンダブースでは、4輪の「Honda Sports EV Concept」「Honda ロボキャス Concept」「S660 β特別仕様車 コモレビ エディション」、2輪の「Honda Riding Assist-e」「スーパーカブ110 1億台記念車」「スーパーカブ C125」「モンキー 125」「クロスカブ 110」を世界初公開するほか、日本初公開モデルとして「Honda Urban EV Concept」「Honda NeuV」「クラリティ PHEV」「CRF250 RALLY」などを展示。さらに市販予定モデルの「CR-V」「レジェンド」「オデッセイ」や2・4輪のレースマシンなど数多くの車両を展示する。

    ホンダブース以外でも、東京モーターショー主催者テーマ展示の「TOKYO CONNECTED LAB 2017」で、“もっと、家族と一緒にいよう。”をコンセプトに「Honda 家モビConcept」「Honda ふれモビConcept」「Honda チェアモビConcept」「Honda Ai-Miimo Concept」の展示を実施する。

    なお、今後の情報発信を「Honda 東京モーターショー 2017 特設サイト」や各ソーシャルメディアで実施するとしている。

    ■「Honda Sports EV Concept」(参考出品モデル 世界初公開)

    2017年9月29日 発表 Honda Sports EV Concept
    no title


    フランクフルトショー 2017で世界初公開された「Honda Urban EV Concept」とプラットフォームを共有するコンパクトEV(電気自動車)である「Honda Sports EV Concept」。電気で走るEV性能とAI(人工知能)を組み合わせ、“人とクルマがひとつになったような運転感覚を体験できるモデル”を目指して開発された。「ひと目で心に残り、多彩なライフスタイルに自然と溶け込む親しみやすいデザイン」が与えられ、所有する喜びと愛着が感じられる、次世代のスポーツカーを目指しているという。

    ■「Honda Riding Assist-e」(参考出品モデル 世界初公開)

    Honda Riding Assist-e
    no title


    1月に米ラスベガスで開催された「CES2017」で“自立するバイク”として注目を集めた「Honda Riding Assist」をベースに、パワートレーンに地球環境に優しい電動モーターの「e-Drive」を採用した「Honda Riding Assist-e」。「ASIMO」などのヒューマノイドロボット研究で培ったバランス制御技術を応用し、渋滞や信号での発信&停止といった極低速走行時にロボティクス技術を活用したアシスト機構でマシン自体がバランスを保つ機能を搭載。ホンダが掲げる2030年ビジョン「自由で楽しい移動の喜び」「カーボンフリー社会の実現」を具現化し、バイクの新たな楽しさを提案するコンセプトモデルとなっている。

    ■「S660 β特別仕様車 コモレビ エディション」(市販予定モデル 世界初公開)

    S660 β特別仕様車 コモレビ エディション
    no title


    ボディカラーに専用色「ヒダマリアイボリー・パール」など3色を設定し、専用となるブラウンのルーフトップを組み合わせる「S660 β特別仕様車 コモレビ エディション」。インテリアでもシート、インパネソフトパッドに専用色のライトタンを採用。センターコンソールに専用アルミ製プレートを装着して、内外装の各所で軽やかなセンスを演出。トランスミッションにはCVTを設定し、S660に気軽ながら上質でおしゃれなイメージを与えている。

    4月のオート上海2017で世界初公開されたCR-V ハイブリッド(日本初公開)
    no title

    市販予定モデルのレジェンド(日本初公開)
    no title

    11月にマイナーモデルチェンジを予定している「オデッセイ」(日本初公開)
    no title

    市販予定モデルのSuper Cub 50
    no title

    市販予定モデルのSuper Cub 110
    no title


    CarWatch 2017年9月29日
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1083537.html


    【ホンダ、AIを持つ次世代スポーツEV「Sports EV Concept」東京モーターショー2017で世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2017/09/22(金) 20:59:29.274 ID:0eTIv2oA0

    no title

    しかもトリプルスーパーチャージャーとかやべえ…… 
    no title

    【【朗報】マツダの新型車RX-9、エグい格好良さwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ