乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スクープ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/07/19 12:39:11
    ホンダは19日、燃費性能がガソリン1リットル当たり36・4キロと
    世界最高水準を達成したハイブリッド車(HV)の新型「フィット(FIT3)」を
    9月上旬に発売すると発表した。
    競合車種となるトヨタ自動車のHV「アクア」の燃費を1キロ上回る。

    排気量は1300ccと1500ccで構成し、ガソリン車も用意するが、
    主力はアクアと同じ1500ccのHVとする。
    価格は最終調整中だが、HVは競合するアクア(169万円から)並みに
    抑える見込み。
    2代目の現行車種は初代のデザインを踏襲したが、
    3代目となる新型フィットは外装、内装とも大幅刷新した。

    ホンダは1999年にHV「インサイト」を発売以来、HVの販売を
    続けてきたが、今年3月末時点の世界販売累計台数は108万台と、
    トヨタの512万5千台に大きく水をあけられている。

    ホンダは、今回のフィットHVの発売で、6月に販売を開始した
    燃費性能30キロの「アコードHV」(排気量2000cc)と合わせ、
    HV市場で独走状態だったトヨタを追撃する。
    ホンダの開発担当者は、新型フィットについて、
    「形を変えるなどすれば、燃費40キロは達成できたが、バランスを
    考えた」と話している。

    ホンダ独自のハイブリッドシステムを刷新。「燃費も走行性能も大幅に
    進化させた」(ホンダ)自信作で“打倒トヨタ”を目指す。
    バッテリーには高性能リチウムイオン電池を採用し、モーターの出力も
    高めるなど、現フィットの一部車種に採用しているHVシステムとは
    抜本的に刷新。燃費は現行車種比で38%向上させた。

    ソースは
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130719/bsa1307191100002-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130719/bsa1307191100002-n2.htm
    ホンダの新型「フィット」
    no title

    no title

    ■ホンダ http://www.honda.co.jp/
     2013年7月19日 新型フィット ハイブリッドが国内ハイブリッドモデルとして最高燃費36.4km/Lを達成
     http://www.honda.co.jp/news/2013/4130719a.html
     株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7267

    【ホンダ、世界最高燃費のHV「新型フィット(FIT3)」発表 打倒アクアへ36.4キロ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/07/18 16:48:30
    [北京 18日 ロイター] - ホンダは18日、中国の広州汽車集団と
    高級車ブランド「アキュラ」を同国で共同生産することで合意したと発表した。
    2016年の開始を目指す。
    ホンダは生産能力や生産されるモデルなどの詳細を明らかにしていないが、
    北京の広報担当者は、現在はまだ販売されていない新型のスポーツ用多目的車
    (SUV)が生産されることになる公算が大きいと述べた。

    ホンダの伊東孝紳社長は4月の上海モーターショーで、「アキュラ」の中国での
    生産を3年以内に開始すると述べている。

    ホンダ以外のメーカーも高級車を中国市場に投入しているが、輸入車にかかる
    高関税を考えると、現地生産をしない限り大量に販売することは難しい。
    米ゼネラル・モーターズ(GM)は最近「キャデラック」を中国で生産し始めた。
    日産自動車は高級ブランド「インフィニティ」の生産のために大連市で工場を建設中だ。
    中国での高級車需要は2020年までに年間270万台に達し、米国を追い抜き
    世界最大の高級車市場になるとみられている。

    ソースは
    http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE96H05P20130718
    写真はアキュラNSXコンセプト車
    no title

    ■ホンダ http://www.honda.co.jp/
     2013年7月18日 広州汽車集団股份有限公司とHondaが中国でのアキュラ事業に関して基本合意
     http://www.honda.co.jp/news/2013/c130718.html
     株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7267

    【ホンダ、2016年から中国で「アキュラ」生産へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ハバナブラウン(千葉県) 2013/07/17 20:14:37 ID:8onVXRA70
    no title


    スバル レガシィ 次期型、開発テストをスクープ

    スバル(富士重工)の主力車種のひとつ、『レガシィ』。その次期モデルの姿が、海外の自動車メディアによって捉えられた。

    これは7月8日、米国の自動車メディア、『MOTOR AUTHORITY』が伝えたもの。同メディアの契約カメラマンが、次期レガシィの開発テスト車の撮影に成功。その写真を読者に公開している。

    現行レガシィは5代目で、2009年に発表。とくに米国市場において、大きな成功を収めている。同メディアによると、次期レガシィの開発プロトタイプ車は、米国ミシガン州でテスト走行を行っていたという。

    開発プロトタイプ車には厳重な擬装が施されており、その表情などを窺うことはできない。ただし、スバルは2013年3月、ニューヨークモーターショー13に、『WRXコンセプト』を出品。
    次期『インプレッサWRX』のデザインの方向性を示唆したコンセプトカーだが、同車のルーフ形状などのモチーフが、次期レガシィにも反映されるもよう。

    なお、同メディアは、次期レガシィの米国デビュー時期について、「2015年モデルとして、2014年に発表されるだろう」とレポートしている。

    http://response.jp/article/2013/07/17/202333.html

    【スバル・次期、新型レガシィが流出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: スフィンクス(千葉県) 2013/03/30 23:24:51 ID:yOkUwUoi0
    新しいルノーのコンセプト・モデルがマドリードでスクープされた。

    その写真からはミドシップ・エンジンのRWDモデルのスーパーミニのように見える。モデル名はツインランあるいはツインファンというネーミングになりそうだ。

    そのレイアウトは、古典的なルノー5ターボやクリオV6と同じだ。このツインラン/ツインファンが生産されるとすれば、おそらく次のトゥインゴのRWDアルピーヌ・バージョンとしてだろう。

    http://www.autocar.jp/news/2013/03/29/31242/
    no title

    no title

    5: ヒマラヤン(滋賀県) 2013/03/30 23:26:57 ID:8/NgW1+lP
    安く出して欲しいなあ

    【ルノーがミドシップ・リア駆動の小型スポーツカーを開発 こういう車が欲しいんだよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: スノーシュー(千葉県) 2013/03/29 11:25:00 ID:+ndPsCOh0
    富士重工業は28日、アメリカで開催中のニューヨーク国際オートショーにおいて、水平対向ターボ・エンジンを搭載するAWD(全輪駆動)パフォーマンス・モデルのコンセプトカー「スバル WRX コンセプト」を世界初公開した。

    ラリーや耐久レースにおける活躍で世界的にファンが多いスバルの「WRX」といえば、歴代「インプレッサ」をベースに高い戦闘力が与えられたハイパフォーマンス・モデル。

    今回コンセプトカーという形で初めて公開された新型WRXは、ブレスリリースによれば「次期インプレッサWRXシリーズをイメージしたデザインコンセプトカー」であるとのこと。
    クーペのような傾斜したリア・ウインドウは、4ドア・インプレッサからの決別と、まったく新たなスポーツ・サルーンの登場を予感させ、期待が高まる。

    公表されているボディ・サイズは、全長4,520mm × 全幅1,890mm × 全高1,390mm。インプレッサ G4に比べると60mm短く、150mm幅広く、75mm低い。

    スバルの文字通り「顔」でもあるヘキサゴン・グリルは装飾が取り払われ、立体的なメッシュが張られている。フロント・バンパーの大きな開口部とボンネットの
    スクープ、フロント・フェンダーに開けられたダクトは「ターボエンジンによるパフォーマンスを予感させます」とスバルは言う。

    ボディ・カラーは「WRブルー・パールIII」。スバルのイメージカラーである、あの明るいブルーは日本では「WRブルー・マイカ」と呼ばれるが、あちらでは「BRZ」も「WRX」も「WRブルー・パール」というカラー名称が使われている。
    ただし「III」と付くからには新色ということになるのだろう。写真で見るとラメの粒子が粗く派手な装いだ。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    動画
    http://youtu.be/w5x-AHlXkWs



    http://jp.autoblog.com/2013/03/28/subaru-wrx-concept-world-premiere-at-new-york/

    2: ギコ(公衆) 2013/03/29 11:26:13 ID:b4j54/W+0
    おおかっけえ
    これは欲しいかも

    【スバルが次期WRXを発表!何かかっこいい、下品な羽と金ホイールにして、ちゃんとキモヲタブルーにしろ】の続きを読む

    このページのトップヘ