乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スズキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    K0000287068

    1: 2022/11/29(火) 22:03:31.96 ID:8Q2Y8/1V0NIKU

    スズキしか乗らんから



    【スズキの高級車ってなにがある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    01

    1: 2022/11/22(火) 07:16:53.93 ID:WkXiXap/9

    2022.11.19

    著者:
    ENCOUNT編集部

    お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が、愛車のスズキ初代「カルタス 1300GT-i」で「スピードワゴン」の井戸田潤とドライブする様子を自身のYouTubeチャンネルで公開している。



    今後もさまざまな旧車を乗り継ぐ予定の亮

     お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が、愛車のスズキ初代「カルタス 1300GT-i」で「スピードワゴン」の井戸田潤とドライブする様子を自身のYouTubeチャンネルで公開している。

     亮の愛車は1987年の「カルタス」。「かわいいでしょ!」と魅力を井戸田に熱弁。そして、井戸田を助手席に乗せてドライブへと出掛けた。
     その後、井戸田が運転することに。初めて乗る車の運転席に「やばっ! こわっ!」と不安な表情を浮かべた。エンジンをかけるのにも一苦労。ようやく走り出したカルタスのハンドルを握り、強張った表情を浮かべている。

     亮はカルタスの走りの特徴を説明。井戸田も「ぶん回すのにはちょうどいいですね。走りも良い」と満足げな表情を浮かべた。
     亮は今後もさまざまな旧車を乗り継ぐ予定。「次回、また買い替えたら乗ってね」と井戸田へ提案した。
    https://encount.press/archives/384186/

    次のページへ (2/2)
    【動画】「かわいいでしょ!」と魅力熱弁…田村亮の愛車「カルタス」
    https://encount.press/archives/384186/2/



    【田村亮、スズキ名車「カルタス」の魅力を熱弁 35年前の貴重な愛車に井戸田潤も興奮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    productdetailimg_gsx250frlm1_top01

    1: 2022/11/21(月) 15:27:26.09 ID:xE6Avj6+M

    基本的にはユーザーフレンドリーなのにたまに尖っちゃうお茶目さもすき



    【スズキバイク←言うほど最近は結構デザイン悪くない、圧倒的な高コスパ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 86コメント

    1: 2022/11/09(水) 06:33:57.60 ID:Z1n/GidOM

    「本当にお金をかけても欲しい、必要な装備なのか」
    スズキの鈴木俊宏社長は8日の決算会見で、自動車の価格と装備について、こんな問題提起をした。

    鈴木社長は「値上げ、値上げとラッシュになっていることで、(軽自動車のような)我々の商品の購買層
    の皆さんの財布の状況は、大変厳しい」と指摘する。

    原材料の高騰もあって「(自動車も)値上げをしたいという思いはある」ものの「懐具合を考えるとそうもい
    かない」と述べた。

    そこで、提案するのが装備の見直しだ。

    自動車は近年、安全性や快適性を高めるための装備がどんどん追加されている。鈴木社長は「メーカー
    としてもやらなきゃいけないが、ユーザーの皆さんにも考えて頂きたい。無くてもいいよね、というものがな
    いか。何でも付いているということが、本当に自分の車に必要なのか」と述べた。

    装備を減らすことで価格を抑えてはどうか――。スズキ社長の問いかけだ。
    8457a_1509_cb983594_03414f07

    https://news.livedoor.com/article/detail/23165524/



    【スズキ社長「車作るんやが無くてもいい装備教えろ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2022/10/19(水) 10:49:58.70 ID:hVNdOhVJd

    なんやこれ…
    no title



    【スズキ、また変なバイクを発売する】の続きを読む

    このページのトップヘ