乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スズキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/08/26(水) 14:34:39.57

    http://autoc-one.jp/news/2318682/
    スズキは、小型乗用車「ソリオ」、「ソリオ バンディット」を全面改良し、8月26日より発売開始した。
    no title

    「ソリオ」、「ソリオ バンディット」は、街中での取り回しに優れたコンパクトなボディーに、
    広い室内空間を備えたパッケージングをはじめ、使い勝手の良い後席両側スライドドアや優れた燃費性能などを特長とするコンパクトハイトワゴンである。
    今回の全面改良では、軽量で高剛性の新開発プラットフォームを小型乗用車に初めて採用。コンパクトなボディーサイズはそのままに、室内空間を大幅に拡大した。

    さらに、燃費を向上させながら低回転域でのトルクを高めた新開発のK12C型デュアルジェットエンジンとマイルドハイブリッドの搭載に加え
    徹底した軽量化の取り組みにより100kgの軽量化を達成し、クラストップの低燃費27.8km/Lと力強い走りを両立した。

    乗降性を高めた後席両側スライドドアや利便性が向上したリアシートをはじめ、広い荷室と豊富な収納スペース、
    全方位モニター付メモリーナビゲーションの設定など、使い勝手や快適性も向上させている。

    また、デュアルカメラブレーキサポートをはじめとする先進の安全技術を搭載して安全装備を充実させるなど、
    「取り回しやすさと広さ」、「燃費性能と走り」、「使い勝手と快適性」、「安全性能」を追求し、さらに進化したコンパクトハイトワゴンとした。

    消費税込み価格は「ソリオ」が1,454,760円~1,967,760円、「ソリオ バンディット」が1,825,200円~1,951,560円としている。


    【スズキ、ハイブリッド搭載の小型乗用車「ソリオ」を発売 燃費を1割改善 先進安全装備も搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 発毛たけし ★ 投稿日:2015/08/21(金) 12:27:51.40

    スズキは、小型車の本格ハイブリッド車(HV)を発売する準備に入った。早ければ年内にも出す構えで、スズキが本格HVの車を出すのは軽自動車も含めて初めて。
    燃費はトヨタ自動車の看板HVプリウス並みの、ガソリン1リットルあたり30キロ台前半になる見通しだ。消費者に人気のHVの投入で競争力を高める。

     加速時のエンジンをモーターで助ける簡易HVではなく、スズキ車で初めてモーターだけで自走する機能を持たせる。26日に約4年半ぶりに全面改良し、
    簡易HVを載せて発売する小型車「ソリオ」の追加モデルとして、早ければ12月にも売り出す。


    ソース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000013-asahi-bus_all


    【スズキ、本格ハイブリッド車発売へ 燃費はプリウス並み】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    930677
    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/08/18(火) 19:52:37.20

    http://response.jp/article/2015/08/18/258143.html
    スズキは、軽乗用車『ワゴンR』『ワゴンRスティングレー』の「エネチャージ」
    「S-エネチャージ」搭載車の燃費を向上するとともに、ターボ車にも「S-エネチャージ」を搭載して8月18日より発売する。

    今回、S-エネチャージ搭載車(ワゴンR FZ、スティングレーX)は、モーターアシストの時間と頻度を増やすとともに、
    燃焼効率を高めるなどの改良を施したR06A型エンジンを組み合わせ、33.0km/リットル(JC08モード)と軽ワゴントップレベルの優れた燃費性能を実現した。

    また、ターボ車(ワゴンRスティングレー T)にもS-エネチャージを採用して、軽ワゴンターボ車トップレベルの低燃費28.0km/リットル(JC08モード)を達成。
    そのほか、エネチャージ搭載のNA車(ワゴンR FX CVT車、昇降シート車)に改良型のR06A型エンジンを搭載し、
    ワゴンRシリーズのエネチャージ、S-エネチャージ搭載車の燃費を向上させた。
    ワゴンR/ワゴンRスティングレーのエネチャージ/S-エネチャージ搭載車の価格は114万4800円から173万5560円。


    【スズキ、軽自動車「ワゴンR」を改良 33.0km/Lと軽ワゴントップレベルの低燃費を実現】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    930045
    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/08/17(月) 19:19:16.30

    http://response.jp/article/2015/08/17/258004.html
    スズキの英国法人は8月10日、JDパワーの「2015英国自動車信頼性調査」において、『アルト』が最も信頼できるシティカーに選出された、と発表した。

    この調査は、新車購入から1‐3年が経過した顧客を対象に実施。購入から1年経った時点で、愛車の信頼性について質問している。

    結果は、100台当たりの不具合件数を示す「PP」という単位を使用。アルトはシティカーの部門において、最も信頼できる車と評価された。

    また、ブランド別のランキングでも、スズキは3位につけた。100台当たりの不具合件数が、全体平均で114PPのところ、スズキは86PP。

    スズキUKのアフターセールス担当、デニス・ヒューストン氏は、「JDパワーの最新結果には、元気づけられる。スズキの信頼性を示す結果」と述べている。


    【スズキ・アルト、英国で最も信頼できるシティカーに選ばれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント

    1: ランサルセ(長野県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/08(土) 06:25:17.84 ID:KqA2UG0J0.n

    スズキは、2015年9月15日から開催されるフランクフルトモーターショー2015で、新型コンパクトカー「Baleno(バレーノ)」を世界初公開する。

    「Baleno」は、2015年3月に開催されたジュネーブモーターショーに出品したコンセプトカー「iK-2(アイケイツー)」をベースとした量産モデル。
    スタイリッシュなデザイン、広い室内空間、新技術を調和させた、スズキが現在考える理想のコンパクトカーとなる。

    スズキは、9月15日に開催されるフランクフルトモーターショー2015の記者発表会において、「Baleno」の詳細を発表する。

    次期スイフトか!?スズキが新型コンパクトカー「Baleno」をフランクフルトショーで初公開
    http://autoc-one.jp/news/2296329/
    no title

    no title

    no title

    no title


    【次期「スイフト」キタ―――――(゚∀゚)―――――!!】の続きを読む

    このページのトップヘ