乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スバル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2019/11/08(金) 21:11:54.02 ID:ufRyu6pf9

    スバルは2019年11月7日、スポーツワゴン「レヴォーグ」に特別仕様車「2.0GT EyeSight Vスポーツ」を設定し、2020年1月23日に発売すると発表した。

    今回の特別仕様車は、最高出力300PSの2リッターDITエンジンを搭載し、ビルシュタイン製ダンパー(フロント倒立式)やフロント17インチ2ポットベンチレーテッドディスクブレーキなどが採用された「2.0GT-S EyeSight」グレードがベース。通常はオプションとなるハイビームアシスト(自動防げんルームミラー付き)や「スバルリアビークルディテクション(後側方警戒支援システム)」などが盛り込まれた「アイサイトセイフティプラス」を標準装備するとともに、スポーティーな仕様の足まわりや内外装を取り入れたモデルとなっている。

    主な特別装備は以下の通り。

    ・アイサイトセイフティプラス
    ・18インチアルミホイール(ブラック塗装)
    ・「LEVORG」リアオーナメント(ラスターブラック)
    ・「シンメトリカルAWD」リアオーナメント(ラスターブラック)
    ・ブラックカラードドアミラー
    ・本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
    ・シフトブーツ(シルバーステッチ)
    ・インパネセンターバイザー(レザー調素材巻き)
    ・インパネ加飾パネル(ピアノブラック調+クロームメッキ)
    ・フロントスポーツシート(ファブリック/トリコットシート<シルバーステッチ>)

    ボディーカラーは、「クリスタルホワイトパール」「アイスシルバーメタリック」「クリスタルブラックシリカ」「WRブルーパール」「クールグレーカーキ」の全5色。価格はベース車よりも22万円安い346万5000円。(webCG)

    2019.11.07
    https://www.webcg.net/articles/-/41886

    レヴォーグ2.0GT EyeSight Vスポーツ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【スバルが「レヴォーグ」にスポーティーな特別仕様車「2.0GT EyeSight Vスポーツ」を設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 75コメント

    1: 2019/11/02(土) 19:31:37.78 ID:vqKcQySL0● BE:842343564-2BP(2000)

    急発進の車 歩道に突っ込む 70代運転手 車の操作誤ったか

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191102-00426610-fnn-soci

    東京・大田区の住宅街で、高齢者が運転する車が歩道に突っ込む事故があり、2人が病院に搬送された。

    閑静な住宅街に大きな衝撃音が響き渡った。

    目撃した女性は、「ドリルみたいな、すごい音がした」と話した。

    青い乗用車が縁石を乗り越え、歩道に突っ込んでいた。

    2日午後0時45分すぎ、大田区南馬込の住宅街で70代の男性が運転する車が、駐車場から急発進して縁石を乗り越え、歩道のベンチをなぎ倒す事故があった。

    事故現場は、ベビーカーを押す母親の姿も見られるなど、住宅街の人通りの多い場所だった。

    事故の衝撃でベンチの背もたれが壊れ、エンジンオイルも漏れ出し、現場は一時騒然とした。

    目撃した男性は、「いつも年配の方が午前中に座っている。いなかったのが不幸中の幸い」と話した。

    歩行者にけがはなく、運転していた男性ら2人が病院に搬送された。

    警視庁は、高齢ドライバーが車の操作を誤った可能性があるとみて、くわしく調べている。

    no title


    【【アイサイトVer3】爺が運転するスバルインプレッサG4が暴走。縁石破壊し歩道に乗り上げる。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント

    img_8699

    1: 2019/11/03(日) 21:27:57.68 ID:WxhF1O/j0

    ワイちゃん楽しみ🥺


    【【朗報】スバルフォレスター明日納車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2019/11/01(金) 19:23:29.179 ID:z7bMXy7Ka

    うまくはれた

    no title


    【【画像】車のステッカー買ったwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 62コメント

    1: 2019/10/24(木) 00:15:06.67 ID:+hmSL4uJ0

    新型レヴォーグ降臨! スバルがレヴォーグ・プロトタイプを発表【東京モーターショー2019】

    走る愉しさをさらに追求した新型レヴォーグ。今回発表されたのは2020年後半にデビュー予定モデルのプロトタイプ。
    「誰もが自分の意思で、運転をどこまでも愉しめる未来」を追求。現代は自動運転化に進んでいるのだが、その中にあってもこれまで同様に「安心と愉しさ」をコンセプトに開発が続けられる。
    高剛性化を図るべく、プラットフォームは第5世代のインプレッサ(2016年)から継承されたSUBARU GLOBAL PLATFORMを用い、さらにフルインナーフレーム構造を採用している。
    そして新開発の1.8?水平対向4気筒ターボエンジンは希薄燃焼システムを採用し、燃費性能を高めている。
    新しいデザインコンセプトは「BOLDER」(bold : 大胆な、果敢な)で、「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」や「今までに経験したことのないアクティビティに向かってやチャレンジしてほしい」という思いを込めたという。
    通常、デザインコンセプトとは造形を示すことばとなるのだが、スバルは新型レヴォーグに対して、使う人に対する思いとしてのコンセプトを立ち上げた点が、極めて面白い。
    先代に対する特徴は、デザイン手法の点からも小さく、コンパクトに見せることに意が払われている。
    またアイサイトも新設計となり、新開発のステレオカメラに加えて、360度のセンシングを実現するべく、4つのレーダーを装備する。
    これによって、プリクラッシュブレーキの作動範囲を、見通しの悪い交差点での出会い頭や、右左折時にまで拡大することができたという。
    さらにGPSに加えて、準天頂衛星「みちびき」を介して自車位置を正確に特定、高速道路上での道路形状を把握し、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援などを実現している。
    さらにスバルで初採用となるコネクティッド技術として、大きな事故ではクルマから自動警察や消防署に自動通報を行なう。また、ドライバーが体調不良になった時などには、ボタン一つでコールセンターに連絡する機能も備えた。
    no title

    no title

    no title

    https://motor-fan.jp/article/10012029


    【【朗報】新型レヴォーグ、カッコよすぎる(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ