乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スバル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2019/04/11(木) 17:49:31.52 ID:tPiLLVN/9

    産經新聞 2019.4.11 16:47

     SUBARU(スバル)は11日、乗用車「レガシィ」3万3181台(平成10年11月~13年4月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。
    速度や燃料の量を示すメーターの電気回路に問題があり、火災の恐れがある。

     国交省によると、19年8月から30年9月にかけ、千葉や静岡、高知、沖縄など12県で計17件の火災や発煙が確認された。けが人は出ていない。

     火災は湿度が高くなる夏を中心に発生。
    車内が長時間、湿気にさらされると、結露が起き回路がショートする。
    メーター付近は燃えにくい素材でできており、車全体が燃えたケースはなかった。

    subaru


    【スバル「レガシィ」3.3万台リコール 火災や発煙、17件確認】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    BRZ

    1: 2019/04/06(土) 07:46:43.37 ID:Q5MyPrcX0

    BRZか、インプレッサスポーツのアイサイト付
    悩む…


    【スバル車の中古買いたいんやが・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2019/04/03(水) 14:18:12.15 ID:CAP_USER

    no title

    スバル・フォレスター新型(米国仕様)
    その他画像は元ソースでご覧ください
    https://response.jp/article/img/2019/04/03/320895/1403500.html

    SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは4月1日、2019年第1四半期(1~3月)の新車販売の結果を発表した。総販売台数は、過去最高の15万6754台。前年同期比は4.7%増だった。

    最量販車は、『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)。第1四半期は4万1808台を販売。前年同期比は5.2%減とマイナスに転じた。セダンの『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)は、21.7%減の8219台と減少傾向にある。

    もうひとつの主力車種が、『フォレスター』。第1四半期実績は、4万0656台。新型投入の効果で、前年同期比は9.6%増と回復する。スバルの第1四半期の過去最高の販売実績の達成に貢献している。

    no title


    『クロストレック』(日本名:『XV』)は後退。第1四半期は、2万6197台を販売。前年同期比は21.7%減とマイナスに転じた。3列シートの新型SUV、『アセント』は1万9073台を売り上げる。

    『WRX』シリーズは、『WRX STI』を含めて6203台を販売。前年同期比比は13.7%減だった。『インプレッサ』(「WRX」を除く)は第1四半期、1万3779台を販売。前年同期比は16.3%減と、引き続き落ち込む。

    スバルの2018年の米国新車販売台数は、過去最高の68万0135台。前年比は5%増と、10年連続で前年実績を上回っている。

    2019年4月3日(水)13時30分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/04/03/320895.html


    【スバル米国販売が過去最高、新型フォレスターが貢献】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2019/04/01(月) 15:55:52.28 ID:gRTi2CPv0● BE:423476805-2BP(4000)

    スバルはVIZIV ADRENALINE CONCEPTをジュネーブモーターショー2019で発表した。
    トヨタ・C-HRやマツダ・CX-30の対抗となる市販モデルの導入が期待される。
    (動画はVIZIV ADRENALINE CONCEPT)
    昨年2018年7月にスバルは、新中期経営ビジョンSTEPを株主向けに発表。そのなかで、新世代デザインコンセプトのBOLDERについての言及があった。
    このBOLDERを初めて車体で表現したのが、VIZIV ADRENALINE CONCEPTである。
    XVとサイズとキャラクターが近いが、XVは2017年にフルモデルチェンジしたばかり。
    タイミング的にはXVの後継というよりも、全く別の新型車種を示唆している可能性がある。
    VIZIV ADRENALINE CONCEPTのような、フロントはちょっと腰高でゆとりがあり、リアはタイトに引き締められている。ビジュアル的にも今風のSUVをスバルもラインアップに加えたいのではないか。

    https://car-research.jp/subaru
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=kNtBU6OfVaQ


    【【画像】スバルが今風の新型SUV車種を提案、トヨタC-HR、マツダCX-30に対抗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    233947

    1: 2019/03/23(土) 20:50:15.573 ID:D7M4Plr+0

    フォレスター欲しくなったんだけど(´;ω;`)


    【車を見に行ってきたんだが……スバルってどう?】の続きを読む

    このページのトップヘ