乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スバル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2022/05/18(水) 08:59:15.28 ID:1hVOTDeK9

    スバル新型SUV「ソルテラ」一部仕様が“年度内分完売”!? 早くも受注終了!
    ソーラールーフ装着車が受注終了
     スバルは、2022年5月12日に受注を開始した新型EV「ソルテラ」について、ソーラールーフ装着車(2022年度生産分)の受注を終了したと、公式サイトで明らかにしました。
    img

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d2d7061283297d72d81c200ea350e0b0fbe11cd


    【スバル新型SUV「ソルテラ」一部仕様が“年度内分完売”!? 早くも受注終了!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 2022/05/13(金) 16:15:53.37 0

    SUBARU(スバル)の米国部門は5月12日、改良新型『レガシィ』を発表した。
    日本では2020年6月、受注を終了した『レガシィB4』のモデルチェンジ版が、初の大幅改良を受けている。
    改良新型では、フロントマスクを大幅に変更した。グリルを大型化し、新デザインのバンパーやLEDヘッドライト、フォグランプを採用した。
    この表情は、改良新型『アウトバック』(日本名:『レガシィアウトバック』に相当)に準じたものだ。
    一部グレードに、「アイサイト」の認識能力を強化する広角単眼カメラを採用した。
    新採用の広角単眼カメラは、アイサイトのステレオカメラに加わるもう一つの眼として機能し、ステレオカメラよりもさらに広い範囲を認識できるという。
    これにより、歩行者や自転車の認識性能を高めるとともに、認識した情報をアイサイトのシステムと連携して処理することで、低速で交差点に進入する際の自転車や歩行者との衝突回避や、万一の衝突の際の被害軽減を支援する、としている。
    no title

    no title

    no title



    【スバル レガシィ、大型グリルで表情一新…改良新型を米国発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 104コメント

    subaru_levorg_2gen_2020_front_side-1000x667
    1: 2022/05/03(火) 16:23:10.528 ID:8J0ASYkm0

    走りがいいの?



    【【疑問】スバル車ってどこがいいの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    K0001281697

    1: 2022/04/20(水) 23:28:56.51 ID:6ApDZSYI0

    どうしてや🥺



    【ワイ「スバルっていいよな」敵「スバル好きな奴はキモオタ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2022/03/17(木) 20:46:23.23 ID:IgkBRsg50● BE:423476805-2BP(4000)

    スバル オブ アメリカは、新型WRX STIの生産を行わないことを発表した。
    no title

    先代型WRX STI(VA型)は、搭載されるEJ20型エンジンの生産終了とともに、2019年12月にオーダー受付を終了させていた。

    一方でスバルでは、2016年発売のインプレッサを皮切りに、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用するラインアップの一新を進めてきた。
    昨年2021年11月には、WRX(日本名:WRX S4)が、SGP採用のフルモデルチェンジを果たしており、残すは高性能スポーツモデルのWRX STIのみという段階であった。

    その新型WRX STIの発表時期としては、2022年春頃が期待されていたが、ここに来て状況は一変している。

    ■日本向け新型WRX STIは、発売の可能性が残されるが
    まず、現段階で確定しているのは、内燃機関を搭載する新型WRXをベースとした、新型WRX STIの米国仕様は発売されないということ。
    日本など他市場向けは発売される可能性が残されているが、主力の米国仕様無しにWRX STIを発売させるのは容易ではないだろう。

    また、米国向けWRX STIの生産を断念するに至った理由として、温室効果ガス(GHG)規制、CAFE規制、ゼロエミッション車(ZEV)の要求が挙げられている。
    さらに、自動車市場が電動化に向かうなかで市場のニーズが変化しているとも述べられており、内燃機関搭載のWRX STIでは、高性能スポーツカーのジャンルでは戦えないという判断も含まれていそうだ。
    つまりWRX STIを後継するモデルが将来リリースされるとするなら、それはBEVである可能性が高い。
    ただし、その具体的な内容については、言及されておらず、実現したとしてもかなり先となりそう。

    ■WRX STI EJ20 Final Edition 画像
    (続きあり)
    https://car-research.jp/wrx/subaru-7.html



    【新型WRX STIの発売は無し?米国スバルが生産断念を発表、日本仕様はどうなる】の続きを読む

    このページのトップヘ