乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スバル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2018/06/29(金) 04:02:18.30 ID:cWMM6sgj0

    どうなんや?
    no title

    no title

    no title
     


    【スバルのインプレッサって車買うか迷うんやが…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    photo
    1: 2018/06/24(日) 22:16:59.823 ID:dsnDU7T+0

    外車以外でなんかあったら教えてちょ


    【2000cc以下で速いセダンってスバルしかないんか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    a408f079ca2c66e81f6d91ca602ad1fe-618x366

    1: 2018/06/22(金) 07:37:53.22 ID:/CdEaO+kd

    でも買えない


    【【悲報】ワイ貧乏人、スバルのXVが欲しくて咽び泣く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    subaru_20180420183211367

    1: 2018/06/19(火) 00:50:22.61 ID:CAP_USER9

    6/16(土) 5:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000017-asahi-bus_all

     出荷前の自動車の排ガスや燃費の測定をめぐり、国が定める基準を逸脱した検査をしていたスバルは15日、国内向けに生産している乗用車全9車種の検査で不正があった疑いがあることを明らかにした。20人以上の社員が不正に関与したとみられるという。

     不正な検査があったのは群馬製作所(群馬県太田市)の2工場。排ガスや燃費のデータを測定する際、道路運送車両法の保安基準が定める速度を逸脱しても測定をやり直さず、測定値を書き換えたり有効なデータとして処理したりしていた。測定する部屋の湿度が基準を外れても、有効な測定値としていた。3月に公表した排ガス・燃費の測定値改ざんとは別の不正で、今月5日に発表した。

     スバルは同日の記者会見で、不正があった車種は「調査中」としていた。排ガス・燃費の測定値の改ざんは乗用車全9車種に及ぶと4月に明らかにしているが、新たな不正も全車種に及ぶ疑いが強まった。傷ついたブランド力の回復が遠のくおそれもある。


    【スバル、全9車種で不正検査の疑い 社員20人超関与か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    1: 2018/06/14(木) 20:24:04.58 ID:dq+XXCxU0 

    SUBARU(スバル)は14日、走行中にエンジンが止まる恐れがあるとして、「レガシィ」「インプレッサ」の2車種計23万2708台(平成16年4月~21年9月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

    国交省によると、電気配線の被覆の材質が不適切で、ガソリンをエンジンに送るためのポンプにつなぐコネクターの接触が悪くなることがある。
    このため、ポンプが動かなくなってガソリンが供給されず、エンジンが停止したり始動しなかったりする可能性がある。

    高速道路で走行中にエンジンが止まるなどの不具合が57件報告されたが、事故になったケースは確認されていない。

    http://www.sankei.com/affairs/news/180614/afr1806140027-n1.html

    燃料ポンプにおいて、ポンプにつながるワイヤハーネスの材質が不適切なため、車両使用過程の動きでコネクタ端子の接触状態が悪化し、導通不良となることがある。
    そのため、ポンプが作動せず、走行中のエンジン停止や始動不良が発生するおそれがある。

    改 善 措 置 の 内 容

    全車両、燃料ポンプのコネクタ部につながるワイヤハーネスを対策品に交換する。更に、燃料ポンプ側のコネクタ、車両側ハーネスのコネクタを点検し、変色や溶損などの損傷が認められる場合には、ポンプフランジ、車両側ハーネスを交換する。

    https://www.subaru.co.jp/press/recall/2018_06_14_5953/
    no title


    【スバルがインプレッサやレガシイなどリコール エンストやエンジン始動しなくなる恐れ】の続きを読む

    このページのトップヘ