乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スバル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント
    1: ラ ケブラーダ(千葉県) 2013/11/15 10:19:43 ID:kOY+UkyH0
    スバル(富士重工)は11月14日、米国で11月19日に開幕するロサンゼルスモーターショー13において、『レガシィ コンセプト』を初公開すると発表した。

    同車は、2014年にレガシィ誕生25周年を迎えるにあたり、次期『レガシィ』のデザインの方向性を表現したミッドサイズセダンコンセプトカー。
    スバルブランドを通じて顧客に提供する価値、安心と愉しさを実現するシンメトリカルAWDの安心・信頼の走りと、乗員全員の快適な空間を、ダイナミックかつソリッドなスタイリングで具現化した。

    ボディサイズは、全長4930×全幅1940×全高1500mm、ホイールベース2880mm。現行『レガシィB4』(全長4745×全幅1780×全高1505 mm、ホイールベース2750mm)に対して、185mm長く、160mmワイド、5mm背が低い。ホイールベースは130mm延びた。

    外観は、シンメトリカルAWDの安定感とパフォーマンスを表現する大径タイヤをはじめ、力強いフェンダーフレア、高い安全性とダイナミックな走りを想起させる立体的なボディ形状、
    豊かな空間を確保しながら伸びやかなラインを描くキャビン形状などが、たくましさと俊敏な走りの両面を表現。

    室内も外観同様、ダイナミックかつソリッドなボリューム表現に加え、大人4人がくつろげるキャビンに高い機能性を誇る空間をデザイン。
    ブラウンを基調にした上質なレザーに鮮やかなブルーをアクセントとして加え、大人が楽しめる上質でスポーティな空間を目指した。

    また、正面のダッシュボードは、横広がり基調で太い幹の通った表情豊かな造形とし、乗員に安心と信頼を感じさせるデザイン。
    センターコンソールには、スマートフォンやタブレット型端末と同様の感覚でタッチ操作が可能なマルチインフォメーションディスプレイを採用する。
    室内中央を貫く大型フロアコンソールにも、後席乗員向けのタッチパネル式マルチインフォメーションディスプレイを装備し、快適な移動をサポートしている。

    http://response.jp/article/2013/11/15/210744.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【次期レガシィが完全にアメ車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント
    1: ミラノ作 どどんスズスロウン(千葉県) 2013/11/12 21:04:43 ID:8vPJNcA10
    no title


    新型"Subaru WRX"について、現時点でスバルによる正式発表はまだであるが、日本の"Subaru BRZ"ファンクラブ"Clubrz"が同クラブのFacebookのページでWRXの画像を早くも公開。それにより、その姿が明らかになっている。 
    http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51813897.html

    【スバル、新型WRXを公開 シンメトリカルAWDを大幅変更し、オーバーハングが短くなる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/31 09:50:15
    富士重工業は主力乗用車「レガシィ」のうち、ワゴン車の「ツーリングワゴン」を
    2014年内に廃止する。

    1989年の登場以来、アウトドア向けの「RVブーム」を先導してきたが、
    最近はワゴン車の人気低迷などで販売が落ち込んでいた。

    セダン「B4」と、車高の高いスポーツ用多目的車(SUV)「アウトバック」は
    存続させる。富士重工は14年内に、レガシィより一回り小さい新型ワゴン車
    「レヴォーグ」を発売し、新たな需要を掘り起こす考えだ。

    レガシィは、独自の水平対向エンジンと四輪駆動を採用し、96年度には国内販売が
    年9万台を超えたが、2012年度は2万4207台に落ち込んでいる。

    ●2014年に廃止されるレガシィ「ツーリングワゴン」
    no title


    ◎富士重工業(7270) http://www.fhi.co.jp/

    http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20131031-OYT1T00214.htm?from=main5

    ◎関連スレ
    【車/戦略】富士重工業(スバル)、新型スポーツワゴン『レヴォーグ』を2014年投入--『東京モーターショー』で試作車公開 [10/30]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1383132731/

    【富士重工業(スバル)、『レガシィ ツーリングワゴン』を2014年で「廃止」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/30 20:32:11
    富士重工業は30日、2014年に新型のスポーツワゴン車を市場投入すると発表した。

    車名は「LEVORG(レヴォーグ)」で国内向けに開発。米国市場に合わせて
    大型仕様で販売している主力車「レガシィ」などより小型にし、運転支援技術
    「次世代アイサイト」も採用する。「東京モーターショー2013」で試作車を展示する。

    レヴォーグはスポーツ車仕様の5人乗りワゴン車。レガシィなどに搭載する2リットル型の
    「水平対向直噴ターボエンジン」の技術をベースに、1.6リットル型を新たに開発した。

    コンセプト車の発売はトヨタ自動車と共同開発したスポーツ車「SUBARU BRZ」以来、
    2年ぶりとなる。

    富士重はこれまで米国向けにレガシィなど基幹車種のサイズを大きくして販売してきたが、
    新型車は日本市場でニーズの高いサイズで設計。当面は国内で販売するが海外向けも
    視野に入れる。

    東京モーターショーではレヴォーグのほか、ステレオカメラなどを使った自動運転技術を
    搭載した試作車も展示する。

    ●画像(※別ソースより)
    no title

    no title

    no title


    ◎富士重工業(7270)のリリース
    http://www.fhi.co.jp/contents/pdf_92359.pdf

    ◎ソース http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD300AC_Q3A031C1TJ2000/

    ◎別ソース 【スバルの新型車、レヴォーグが世界初公開へ】
    http://carview.yahoo.co.jp/article/photo/101827/

    ◎関連スレ
    【輸送用機器】富士重工業、中間利益が1千億円に迫る--北米販売好調で増額修正、過去最高を上積み [10/25]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1382686539/

    【富士重工業(スバル)、新型スポーツワゴン『レヴォーグ』を2014年投入--『東京モーターショー』で試作車公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント
    EXP13531130771

    1: 32文ロケット砲(芋) 2013/10/02 20:41:37 ID:OSJKNT4F0
    富士重工が安全運転支援システム「アイサイト」を進化
    2013.10.2 18:21 (1/2ページ)
     富士重工業は2日、安全運転支援システム「アイサイト」の次世代モデルを発表した。前方の動きを色識別できる技術を初めて導入し、
    ブレーキランプの点灯や赤信号を認識して衝突の回避を図るほか、自動運転で高速道路の走行車線からはみ出すのを防ぐなどの新機能を加えた。2014年に国内で発売する新型車に搭載する予定だ。

     次世代モデルは富士重が主力車種に搭載している「アイサイト2」の後継機。ルームミラーの脇に取り付けた「ステレオカメラ」と呼ばれる
    2台のカメラで前方の車や歩行者などを認識し、衝突の恐れがある場合は自動ブレーキをかける。価格は未定だが、税抜き10万円の現行モデルと同水準になる見通し。

     カメラの性能向上でより素早くブレーキを作動できるようにした結果、衝突を回避できる速度差を従来の時速30キロ以下から同50キロ以下にまで高めた。
    また、高速道路では走行車線の外側にある白線をカメラでとらえ、はみ出しそうになると車線内に戻るようハンドルに力を加える。バックする際はアクセルを急に踏み込まないよう警報音や表示で注意を促す。
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131002/biz13100218240018-n1.htm

    【スバル車に煽られた場合、軽くブレーキを踏んでランプ付けただけで勝手に減速する事が判明】の続きを読む

    このページのトップヘ