乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スポーツカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 97コメント

    1: 2019/01/16(水) 20:41:04.40 ID:4zlsGbsz0 

    2Lは400万円台から!? 思ったよりも安そうだ!! 新型スープラのいまわかってること
    no title


    ■”スープラ”に込めた豊田社長の強い思い
     スープラは「A90」と名乗り世界中でカムフラージュされたテストカーを露出させ、かなり大掛かりなPRを続けてきた。
     トヨタのスポーツカーイメージをけん引してきたスープラだけに、その動向については世界が注目していたともいえる。
     2018年12月にはメディア向けに国内でプロトタイプ試乗会を実施。
     ベストカーWebで試乗した荒聖治選手は、ボディ剛性の高さ、ブレーキやエンジンの完成度の高さを評価しつつも、ピーキーな特性を持ったマシンという総評をしていた。
     それから約一カ月が経過した2019年1月14日のデトロイトショーにおいて、いよいよ市販バージョンのスープラが登場となった。
     カンファレンスでトヨタの豊田章男社長はこう語った。
    no title


    「ずいぶん昔ですが……私はマスタードライバーになるための運転訓練で、中古のスープラと、数えきれない程多くの時間を過ごしました。
    他のメーカーが美しく新しいプロトタイプで走行しているなか、私に向けられた視線や冷やかしは、想像できるでしょう。
    私は、スヌーピーに出てくるチャリーブラウンのクリスマスツリーの様に、何の飾りっけのないクルマを走らせていたわけです。
    スープラは素晴らしいクルマでしたが、でも、やっぱりね……。
    ですから、トヨタは新しいスープラをつくる計画はありませんでしたが、世界中の多くの熱狂的なスープラファンの皆さんと同様、私は密かに、
    このクルマを復活させたい、と願っていました」
     「スープラ」への思いの強さはきっと人一倍強かったであろう豊田社長。80スープラのように現代でもまた誇りに思えるスープラを作りたいという思いが伝わってくる。
    https://www.bestcarweb.jp/news/newcar/55805


    【豊田社長 もっと若者にスポーツカーを乗ってほしい 新型スープラ2Lは400万円台とリーズナブル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    honda_nsx_1990_1

    1: 2019/01/16(水) 22:53:07.64 0

    フェアレディZ
    ポルシェ
    ランボルギーニ
    NSX
    GTR
    RX7
    スープラ


    当時この辺が人気だったな


    【俺らの子供の頃はスポーツカーに乗るのが夢だったよな・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    TO_S027_F001_M003_1_L

    1: 2019/01/18(金) 16:40:17.517 ID:hvz3rHCHp

    どう?


    【MR-Sって車を買いたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 82コメント

    20190114Toyota-Supra_001-20190115005351

    1: 2019/01/16(水) 15:32:36.162 ID:edSwmmZf0

    そんなにあかんの?


    【スープラ乗りの車に詳しい知人が新型スープラをボロクソに叩いてたんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 64コメント

    20190114Toyota-Supra_001-20190115005351

    1: 2019/01/15(火) 17:23:32.16 ID:3CJIvpl40 

    新型「スープラ」の生産委託先が象徴する、トヨタの経営戦略

     トヨタ自動車が2019年前半に発売するスポーツ車「スープラ」の生産全量を、オーストリアのマグナ・シュタイヤーに委託する方針であることが分かった。
    生産台数は年数千台程度とみられる。マグナにとって日系メーカーの車両生産は初めて。自動運転や電気自動車(EV)といった次世代車の開発競争が激化しており、
    トヨタは経営効率の向上をテーマに掲げる。外部生産委託の拡大もその一環となる。

     17年ぶりに市販される新型スープラは、独BMWとの共同開発。BMWのスポーツ車「Z4」と車台を共用するほか、パワートレーンなどでBMW製の部品を採用する。
    マグナはグラーツ工場(グラーツ)で18年からZ4の生産を手がけており、生産効率の面からも同拠点への生産委託を決めたとみられる。19年前半にも生産を始める。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15862768/


    【トヨタはなぜ儲からないスポーツカーを外部に丸投げするのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ