乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スポーツカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2017/10/06(金) 20:38:54.58 ID:iWF4EQc90 

    no title


     大胆にも「クリミア」と命名された、ピカピカの新型コンバーチブルは、見た目は、ポルシェ・ボクスターやロータスに
    似ているが、お値段はお笑いの、たった約120万円。実は、これはロシア国産車「ラーダ」をベースにしているのだが、
    誰も決してそうは思うまい。

     この車のデザインは大胆だ。コンパクトで、光沢のあるオレンジと黒のコンバーチブル、スポーティーなスタイル。
    エンジンは後部に配置されている。その思い切った外観からして、ベースがロシア車「ラーダ・カリーナ」だとは、
    よもや誰にも分かるまい。ところが実は、新型スポーツカーのコンポーネントの70%は、ラーダのそれなのだ。

     この誇らしげに「クリミア」と命名された新スポーツカーが、ありふれた大衆車「ラーダ・カリーナ」に基づいているとは、
    誰も思うまい。その華麗なデザインには、ロシア人が国産車の名をふつう連想するようなものは皆無だ。

     とはいえ、この車のエンジニアによれば、このモデルは、ラーダの生産ラインから事実上独立しているという。
    いざというときは、これと同じ車が、エンジニアの要求に合いさえすればだが、ほかのどんなプラットフォームでも
    組み立てられる。

     このロシア国産コンバーチブルには、VIP、平均、エコノミーの、3つの異なる価格帯がある。外国の類似のモデルとは
    違って、価格のカテゴリーごとに、基本デザインのバリエーションの範囲を越えた、機能的な差異がある。例えば、
    VIPモデルは、より重くて、より強力なエンジンを備えている。

     とはいえ、「より強力なエンジン」という売り言葉は、あまり真に受けないほうがいいかも。マスコミ報道によれば、
    この新型車の排気量1.6Lのエンジンは、ささやかな106馬力しかない。車の軽量さ(900kg未満)が、馬力不足を補いは
    するものの、この“スポーツカー”が100 km/hに達するまでには、8.5秒もかかる。

     で、今のところ、エンジニアたちは、このスポーツカーの需要を把握し、それに応じて価格帯とデザインを調整しよう
    としているが、マスコミのほうは、新型車の価格を11000㌦(約120万円)と見積もっている。

    https://jp.rbth.com/science/79203-sportcar-crimea


    【ロシア車メーカー、120万円の「スポーツカー」発売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 67コメント

    crsm0000000000
    1: 2017/09/28(木) 22:42:37.315 ID:turVmW2qa

    ダメなの?


    【スポーツカーなのにATの方買っちゃう奴wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    33426
    1: 2017/09/28(木) 00:40:02.925 ID:08e05f6d0

    しかもそんなに外見カッコよくないよな
    むちゃくちゃ高い訳でもないんだろ?


    【なんで海外でスカイラインとか言う車が人気あるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2017/09/22(金) 20:59:29.274 ID:0eTIv2oA0

    no title

    しかもトリプルスーパーチャージャーとかやべえ…… 
    no title

    【【朗報】マツダの新型車RX-9、エグい格好良さwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント

    1: 2017/09/25(月) 12:16:48.76 ID:CAP_USER9

    かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして、10月の東京モーターショーに出展される可能性が浮上した。

    シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。1979年に登場した3代目を筆頭に、デートカーとしての地位を築いた。惜しまれながらも2002年に生産終了したシルビアだが、レースやスポーツ走行のベース車として今も人気の高いモデルとなっている。

    そんなシルビアが、生産終了から15年の時を経て、2018年にシルビアとして復活、発売される可能性があるという。そのお披露目の舞台が、東京モーターショーというわけだ。今回独自に入手した情報をもとに、レスポンスの兄弟サイトSpyder7では、シルビア次期型の予想CGを作成した。

    スポーティ&スペシャリティをコンセプトに、直線と曲面を融合させたデザインを特徴とし、日産Vモーショングリルを大型化、スカート部にはカーボンを使用している想定とした。コンセプ
    トカーらしく屋根は大胆な全面グラスルーフとし、フェンダーやフロント吸気口もワイドに迫力感を出した。ヘッドライトは、「S15型」最終モデルからインスピレーションを得た薄くシャープなデザインとしている。

    「S16型」(仮)となる次期型パワーユニットは、日産の高級車ブランド「インフィニティ」が2016年のパリモーターショーで公開した、世界初の次世代量産型可変圧縮比エンジン「VC-T」
    が有力だ。2018年から量産車へ搭載していくとされ、インフィニティのクロスオーバーSUV『QX50』新型へ採用されると見られている。

    2リットル直列4気筒ガソリンターボであるこの新エンジンは、大パワー&高トルクとともに低燃費も実現。環境にも特化した高性能エンジンだ。まさに次世代のシルビアにうってつけの
    エンジンといえるだろう。
    no title

    no title

    http://response.jp/article/2017/09/25/300180.html


    【日産 シルビア 15年振り復活へ…次世代「VC-T」エンジン搭載】の続きを読む

    このページのトップヘ