乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スポーツカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2018/07/06(金) 21:48:03.85 ID:CAP_USER9

    「NASCAR エクスフィニティ スープラ」
    no title


     トヨタ自動車は7月6日、現在参戦している「カムリ」に代わり、2019年からスポーツカー「スープラ」でNASCAR エクスフィニティ・シリーズへの参戦を開始すると発表した。なお、スープラの市販車は2019年前半より順次、世界各国での発売を予定している。

     フラグシップスポーツカーとして親しまれてきたスープラは2002年に生産を中止。3月に開催されたジュネーブ国際自動車ショーで「GR Supra Racing Concept」として復活し、市販モデルに関しても近い将来の復活を示唆していた

     NASCAR仕様のスープラは、米国のモータースポーツ活動拠点である米国トヨタ・レーシング・デベロップメント(TRD)と、南カリフォルニアに拠点を置くCalty Design Research, Inc.が開発とデザインを担当。エクスフィニティ・シリーズへの参戦は、2019年シーズンの開幕戦となる2月のデイトナビーチを計画している。

     トヨタは2004年より「タンドラ」で、2007年よりカムリでNASCARに参戦しており、2019年はスープラを投入することで、3つのシリーズに異なる車種(カムリでモンスターエナジーシリーズ、スープラでエクスフィニティ・シリーズ、タンドラでキャンピングワールドシリーズ)で参戦することになる。

    画像
    no title

    no title

    動画
    Toyota Xfinity Sizzle
    http://www.youtube.com/watch?v=ThqeksS7ek0


    2018年7月6日 13:29
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1131572.html


    【トヨタ、新型「スープラ」を2019年前半販売開始 スープラでNASCAR参戦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    1: 2018/06/28(木) 22:49:24.131 ID:iyxI5ftkF

    お前らが見たらどう思うか知りたい
    no title

    no title


    【ER34乗ってる者だが、どんな印象もつ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    1: 2018/07/04(水) 16:41:41.56 ID:6CD76ZVS0

    異論はないよな?

    no title

    no title


    【RX-7FD3Sという日本車で最もカッコいいクルマwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2018/07/04(水) 14:01:20.47 ID:2euADAeM0 

    2015年に初めてその姿をスクープされた、ポルシェ『911』次期型(992型)開発車両は、3年の年月をかけついに最終形へ。
    カモフラージュが限りなく剥がされた状態のプロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを行った。

    パワートレインは、最高出力390psを発揮する3リットル水平対向6気筒ターボエンジンを搭載する他、2021年には、最高出力420ps程度を
    発揮する初のPHEVモデルも投入することが確実視されている。キャビンには、12.3インチディスプレイを備える「アドバンスコックピット」を搭載、
    タコメーター以外は全てデジタル化される。

    ワールドプレミアは、11月のロサンゼルスモーターショーが最有力とされているが、この最終プロトタイプを見る限り、発表の準備は万端のようだ。

    https://response.jp/article/2018/07/02/311439.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ポルシェ 新型911(992) ついに最終形へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2018/07/02(月) 19:17:55.45 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は2018年7月2日、「86」に「GRスポーツ」を設定し、販売を開始した。

    今回の86 GRスポーツは、2017年秋に発表されたスポーツカーシリーズ、GRのエントリーモデルとなるもの。高度なチューニングが施された台数限定販売の「GRMN」、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデル「GR」の下に位置付けられた“気軽にスポーツを楽しめる”モデルとなっている。

    これまで86シリーズには、2016年2月に100台限定の「86 GRMN」が、2017年秋に「86 GR」が設定されている。

    86 GRスポーツには、86 GR用のスポイラーやメーターなどを装着したほか、リアのサスペンションメンバーにブレースを追加して剛性を強化。ボディーカラーは「クリスタルホワイトパール」「クリスタルブラックシリカ」「ピュアレッド」の全3色展開となる。

    86 GRスポーツの主要装備は以下の通り。

    ・専用フロントスポイラー(アンダーリップなし)+専用フロントバンパーサイドフィン
    ・ブレンボ製17インチ対向フロント4ピストン/リア2ピストンベンチレーテッドディスクブレーキ
    ・17×7 1/2J ブレンボ専用アルミホイール(ブラック塗装、215/45R17 87Wタイヤ)
    ・専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+「GR」エンブレム+スポーク部のブラック加飾)
    ・専用コンビネーションメーター(ホワイトプレートタコメーター/「GR」ロゴ付き)

    価格は6段MT車が378万円、6段AT車が384万6960円。

    また、86 GRスポーツの発売にあわせてトヨタは、86 GRおよび86 GRスポーツ用の専用装備をアフターパーツとして標準車向けに設定した「GRパーツ」も発売した(一部は2018年10月末に発売)。

    主なGRパーツは以下の通り。

    【7月2日発売】

    ・GRフロントスポイラー(アンダーリップ付き)&バンパーサイドフィン:17万8200円
    ・GRフロントスポイラー(アンダーリップなし)&バンパーサイドフィン:16万2000円
    ・GRリアスポイラー:5万8320円
    ・GR小径本革巻き3本スポークステアリングホイール:6万0480円
    ・GRスタートスイッチ:1万5120円

    【10月末発売】

    ・GRアルミホイール<鍛造軽量 RAYS製>&フロント6ピストン/リア4ピストンブレーキセット(フロント17×7 1/2J/リア17×8 1/2J[1台分]):123万8220円
    ・GRアルミホイール<鍛造軽量 RAYS製>(フロント17×7 1/2J/リア17×8 1/2J[1台分]):38万5020円
    ・GRアルミホイール<鍛造軽量 RAYS製>17×7 1/2J[1台分]>:31万5360円
    ・GRフロントステアリングラックブレース:2万0520円
    ・GRリアサスペンションメンバーブレース:4万8600円

    このほか、TOYOTA GAZOO Racingレコーダーとセットにすることで3連メーターへの表示機能の拡張やラップタイム計測などを行えるGR T-Connectナビも発売した。200台の台数限定となっており、価格は標準仕様が16万2000円、TOYOTA GAZOO Racingレコーダー付きが26万1360円。(webCG)

    2018.07.02
    http://www.webcg.net/articles/-/39053

    トヨタ86 GRスポーツ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場】の続きを読む

    このページのトップヘ