乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スーパーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2019/09/12(木) 18:16:34.67 0

    新生紅旗ブランド「Sファミリー」の最初の製品となるS9は、
    カーボンファイバー製のボディに、紅旗製「V8Tエンジン」と電動システムを組み合わせるハイブリッドプラットフォームを採用。
    総出力は1400馬力以上で最高速は400km/hを超え、0-100km加速は1.9秒を実現する。

    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/frankfurt2019/1206841.html


    【【画像】中国のハイブリッドスーパーカーが歴代の日本車全てを超えてる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/09/11(水) 21:08:06.06 ID:ggWZmrLq9

    伊アウトモビリ・ランボルギーニは2019年9月10日(現地時間)、第68回フランクフルト国際モーターショー(開催期間:2019年9月10日~9月22日)で限定モデル「シアンFKP 37」を発表した。

    同モデルは、これまで「シアン」という車名で情報が公開されていたが、過日逝去したフォルクスワーゲングループ元会長のフェルディナント・カール・ピエヒ氏に敬意を示し、ピエヒ氏の名前の頭文字と生まれ年(1937年)の下2桁を加えた、シアンFKP 37を正式名称とした。

    パワープラントはV型12気筒エンジンにハイブリッド機構を組み合わせたもので、市販車として初めて蓄電機構にスーパーキャパシタを採用。システム最高出力は819PS、0-100km/h加速は2.8秒、最高速は350km/h以上とアナウンスされている。価格は税抜きで200万ユーロ(約2億4000万円)。生産台数は63台のみで、すでに完売しているという。

    ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOはシアンFKP 37について「ピエヒ氏の存在とフォルクスワーゲン・グループが果てしてくれた役割を再認識するとともに、ランボルギーニの未来に通じる革新的な道筋を示すモデル」とコメントしている。(webCG)

    2019.09.11
    https://www.webcg.net/articles/-/41483

    ランボルギーニ シアンFKP 37
    no title

    no title

    no title

    no title


    【ランボルギーニが「シアンFKP 37」を世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2019/09/04(水) 11:08:53.11 ID:0SXwjlYu0● BE:632443795-2BP(10000)

    ブガッティ シロン、最高速490.48km/hを計測…ハイパーカー初の300マイル/h超え[動画]

    ブガッティは9月2日、『シロン』(Bugatti Chiron)のプロトタイプが最高速計測を行い、ハイパーカーとして初めて300マイル/h(およそ483km/h)の壁を上回る490.48km/hを計測した、と発表した。

    シロンは『ヴェイロン』の後継車として、2016年春にデビューした。ヴェイロン同様、世界で最もパワフル、最速、最もラグジュアリーかつエクスクルーシブな量産ハイパーカーを目指して、開発された。


    ミッドシップに搭載される新開発の8.0リットルW16気筒+4ターボは、2ステージターボ化され、最大出力1500hp/6700rpm、最大トルク163kgm/2000-6000rpmを引き出す。ヴェイロンの最大出力1200hp、最大トルク153kgmに対して、300hp、10kgm強化された。

    トランスミッションは7速デュアルクラッチ「DSG」で、駆動方式は4WDだ。シロンは、0~100km/h加速2.5秒、最高速420km/h(リミッター作動時)という世界最高峰の性能を実現する。

    ブガッティは、このシロンのさらなる高性能モデル、『シロン・スポーツ』のプロトタイプをフォルクスワーゲングループのドイツのエーラ・レッシエンのテストコースに持ち込み、最高速計測を実施した。ブガッティのチーフテストドライバー、アンディ・ウォレス氏が担当した。

    そして、シロンは最高速490.48km/hを計測し、この速度が、ドイツのTUVによって公認された。スウェーデンのケーニグセグ社が2017年、『アゲーラRS』で打ち立てた447km/hを超えて、シロンがハイパーカーとして初めて、300マイル/h(およそ483km/h)の壁を上回ったことになる。
    https://response.jp/article/2019/09/03/326061.html
    1449375
    1449376

    https://youtu.be/FuS_bXJNync


    【ブガッティ「シロン・スポーツ」のプロトタイプが490km/hを記録】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/09/04(水) 15:00:49.92 ID:CAP_USER

    no title

    no title

    no title

    no title

    ランボルギーニ・シアン
    (その他画像は元ソースでご覧ください)
    https://response.jp/article/img/2019/09/04/326099/1449650.html

    ランボルギーニは9月3日、ドイツで9月10日に開幕するフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、ブランド初のハイブリッドスーパーカーの『シアン』(Lamborghini Sian)を初公開すると発表した。

    車名のシアンとは、イタリアのボロネーゼ地方の方言で、閃光または稲妻を意味する。シアンは、ランボルギーニの市販車で、最初の電動モデルであることを示唆している。

    □ランボルギーニ史上最強の819hp
    シアンのミッドシップには、『アヴェンタドールSVJ』用の6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンをチューニングして搭載する。チタン製吸気バルブを採用するなどして、最大出力は785hp/8500rpmに引き上げられた。

    48Vのモーターは、ギアボックスに組み込まれ、最大出力34hpを発生する。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、ランボルギーニの市販車として、史上最強の819hpのパワーを引き出す。これにより、0~100km/h加速は、史上最速のランボルギーニとなる2.8秒以下、最高速は350km/h以上のパフォーマンスを可能にする。

    no title


    電気エネルギーの蓄電には、リチウムイオン電池ではなく、スーパーキャパシタを使用する。『アヴェンタドール』で最初に実用化されたスーパーキャパシタだが、シアンでは10倍の電力を蓄電できる設計とした。ランボルギーニによると、同じ重量のバッテリーよりも出力は3倍強力で、同じ電力を生成するバッテリーよりも3倍軽量という。スーパーキャパシタは、コックピットとエンジンの間の隔壁に配置され、前後の重量配分に配慮している。

    シアンには、高度な回生ブレーキシステムが搭載されている。車両がブレーキをかけるたびに、スーパーキャパシタにエネルギーが蓄電される。蓄えられたエネルギーは、すぐに利用可能なパワーブーストとなり、ドライバーは130km/h以下の領域において、加速時にトルクを増加させることができる。ランボルギーニによると、加速は10%以上速くなるという。具体的には、30~60km/hの加速は、アヴェンタドールSVJ に対して0.2秒短縮。70~120km/hの加速は、アヴェンタドールSVJ に対して1.2秒短縮している。

    □名車カウンタックに触発されたデザイン
    外観は、優れた空力ソリューションと組み合わせた未来的なデザインを追求した。名車『カウンタック』からインスピレーションを得た「ガンディーニライン」を採用する。シルエットには、特長的なエアロウィングなどの新機能を導入した。ドアに設けられた「NACA」吸気口には、ランボルギーニの「Y」デザインを表現する。エンジンカバーは、ガラス製だ。カーボンファイバー製リップスポイラーを備えたフロントには、2017年に発表されたEVコンセプトカー、『テルツォミッレニオ』用に設計されたY字型ヘッドライトが装備される。

    リアには、カウンタックに触発されたテールライトをはじめ、六角形デザインを取り入れている。リアウィングは格納されており、パフォーマンスを向上させるために、走行中にのみポップアップする。

    no title


    □限定63台はすでに完売
    シアンには、ランボルギーニの新素材開発における最新の成果を反映した。リアのアクティブ冷却ベーンは、ランボルギーニの特許技術だ。ランボルギーニによると、冷却ベーンは排気システムの熱に反応して回転し、軽量な冷却ソリューションを可能にするという。

    インテリアは、ポルトローナ・フラウのレザーに、3Dプリントされたパーツを世界で初めて組み込んだ。ランボルギーニのカスタマイズプログラムの「Ad Personam」によって、顧客の個性を反映させるパーソナライズが可能だ。

    シアンは、ランボルギーニが創業した1963年にちなんで、限定63台を生産する予定だ。すでに完売している。

    2019年9月4日(水)12時30分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/09/04/326099.html


    【ランボルギーニ初のハイブリッド、『シアン』…フランクフルトモーターショー2019で発表へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2019/09/02(月) 19:33:15.82 ID:Wj5HAZXv0 BE:961799614-PLT(13001)

    ガルウイングやターボに熱狂! 昭和の少年たちがスーパーカーの虜になったワケ
    9/2(月) 18:40配信 Auto Messe Web

    憧れのすべてが1台に詰まっていた

     世間はお盆休みが終わり慌ただしい中、20代の編集部員から1本の電話があった。「今週の原稿も首を
    長くしてお待ちしていますね。ところで、先ほど会社の目の前をロータス・ヨーロッパが走り去っていたので
    すが、1970年代の小学生がスーパーカーの虜になった理由はなぜでしょう」と聞いてきた。いくらクルマ
    好きとはいえ、20代の彼はスーパーカーブームをリアルに体験していないのは当然だが、“なぜ“と
    言われても……。

    スーパーカーブームのピークは1970年後半
     あの頃、小学生だったスーパーカーエイジの同級生の家にあったクルマは、日産サニー(B110型)とか、
    2代目もしくは3代目カローラだった。クルマは小さいし、武骨だし、エンジンだって1.2リッターのOHVが
    当たり前。単純なハナシ、子供の目には外車だったらなんでもカッコよく見えたのも事実。

     折しも日本には漫画が大流行。1975年から週刊少年ジャンプで連載された「サーキットの狼」をきっかけ
    に、格段にカッコいいスーパーカーを知ってしまった以上、コンピュータゲームやスマホを知らない当時の
    子どもたちが夢中にならない理由がない。

     1964年に東海道新幹線が開通し、1969年にアポロ11号が月面着陸。速い乗り物、流線形のカタチに
    物心ついたときから魅せられていた70年代の少年たちが、希求し憧れたものが全部、スーパーカーには
    詰まっていたのだ。とくにインパクトが強かったのは、ポルシェ930ターボとランボルギーニ・カウンタックの
    2台だろう。
    20190902-00010004-amweb-001-1-view

    >つづきは2以降
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190902-00010004-amweb-bus_all


    5: 2019/09/02(月) 19:34:47.37 ID:Wj5HAZXv0 BE:961799614-PLT(13001)

    >>1からの続き

    ガキンチョを心酔させたスーパーカー

    親に泣き付いて連れていってもらったデパートの駐車場で行われたスーパーカーショーで、
    実車のカウンタックを見たときの衝撃は今でも覚えている。なんといっても、*ガルウイング
    のドア(シザーズドアと呼ばれているが、当時はガルウイングドアが定番の呼び方)が
    開いただけでも大歓声が巻き起こったのだから凄い。エンジンキーがひねられ、V12気筒
    エンジンが気難しそうにまわりはじめて目覚めたときには、悪ガキたちだって泣きそうな
    顔をしながら拍手をしていたのだ。

    子供時代に、モノにこれだけ感動する経験をした世代というのはなかなかないのでは? 
    他にもランボルギーニ・ミウラ、ロータス・ヨーロッパ、ランチャ・ストラトスなども
    人気があったモデル。ポルシェは別として、2シーターで背が低くてミッドシップならば
    何でもスーパーカーに見えたし、クルマの中を覗き込んで、スピードメーターに240km/h、
    250km/h、300km/hといった数字が刻まれていたら、それだけで「すげぇ~」となった
    ものだ。

     そんなブームもあって数多くのプラモデルが発売されていたので、お気に入りの1台を
    作って細部を眺められたのもよかった。とくにリトラクタブルを採用した格別なクルマも
    あり、あの頃のガキンチョの目には、スーパーカーのリトラクタブルライトは、グラビアの
    セクシーモデルのウインクのように写っていたのかもしれない。


    【おっさんどもの夢 ポルシェ930ターボ、ランボルギーニ・カウンタック、ランチャ・ストラトス】の続きを読む

    このページのトップヘ