乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スーパーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2018/12/14(金) 02:54:36.893 ID:ODzWebW80

    no title

    好き


    【【画像】ランボルギーニ ウラカンとかいうクソカッコいい車wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント

    1: 2018/12/12(水) 19:09:36.40 ID:CAP_USER9

    英マクラーレン・オートモーティブは、2018年12月8日(現地時間)、マクラーレン・スーパーシリーズのニューモデル「720Sスパイダー」を発表した。カーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップ(RHT)を採用し、11秒で開閉それぞれのアクションが完了する。

    今回発表された720Sスパイダーは、「650S」の後継モデルとして2017年3月のジュネーブモーターショーで発表された「720S」がベースとなる。車名の由来ともなった、最高出力720ps、最大トルク770Nmの4リッターV8ツインターボをリアミドに搭載する。

    720Sスパイダーの車重は、オープンボディーを採用するにもかかわらず、クーペの720S比わずか49kgの重量増に抑えられている。パフォーマンスは0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度341km/hと、クーペと同じ実力を持つと発表されている。ただし、オープン時の最高速度は325km/hとなる。

    RHTはカーボン製ルーフのほかに、半透明から透明へと素早く切り替えが可能な「エレクトロミックガラス」も用意されている。11秒で作動が完了するRHTは、50km/hまでであれば走行中も開閉が行える。先代モデルといえる650Sスパイダーの場合、ルーフ作動時間が15秒、走行中の開閉が30km/hまでだったことを考えると、RHTのシステムそのものが大きく進化したといえるだろう。

    欧州でのデリバリー開始は、2019年3月を予定している。(webCG)

    2018.12.11
    https://www.webcg.net/articles/-/39996

    720S スパイダー
    no title

    no title

    no title

    no title


    【11秒でオープンに 「マクラーレン720Sスパイダー」登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2018/12/11(火) 15:57:54.78 ID:CAP_USER

    英国スポーツカーブランドの老舗ロータスに、初のEV開発のうわさがあがっています。しかもそれは、出力が1013bhp(1027ps)、価格約2百万ポンド(約2億8000万円)の"ハイパーカー"と呼ばれる高級スポーツカーになる見込み。

    このクラスといえばマクラーレンP1を飛び越え、ブガッティ・シロンやケーニグセグ・アゲーラRSRといったマシンが雅を競う価格帯であり、現ロータス最上位モデルのエヴォーラでも子供用のペダルカーぐらいに思えてしまうかもしれません。
    この話題を最初に報じたAutocarの情報からは、この車の詳細はほとんどわかりません。このハイパーEVは独自設計の駆動系を搭載する予定であり、それを搭載する車は「これから10年以内の早い時期」に発売されると伝えられています。

    ロータスというスポーツカーメーカーは、もともとライトウェイトスポーツを得意とするメーカーであり、軽量マシンならではのコーナリング特性、低出力でもそれを補って余りある足回りの出来の良さが、走りを純粋に楽しみたいドライバーたちに支持されてきた歴史を持っています。

    そのロータスが、重厚長大・高出力なハイパーカーを作ろうなどと本当に考えているのであれば、それは驚きというほかありません。創業者コリン・チャップマンがレースに出たいがために1928年型オーチス7をレース仕様に改造したことが歴史の根っこにあるロータスの作品たちは、ハイテク・ハイパワーを目指しがちなスポーツカーのなかで、常に"ライトウェイト"を武器に勝負をしてきました(ボンドカーにもなったエスプリを除いては)。

    1982年のチャップマン死去後、オーナー企業が転々と変わるさなかも、ロータスは軽量化思想に則った製品ラインナップを維持しています。しかし、2017年にロータスを買収した中国・吉利汽車は、ロータスの看板をグループの技術力と高性能さを誇示するために使うことを強く望んでいると言われています。

    ロータスもいずれEVをラインナップに加えるであろうことは時代の流れとしても、"ハイパーカー"と呼ばれる車を、あのロータスに望む人々が世界にどれほどいるのかは気になるところです。ロータスをよく知らない世代の目を惹き、そのうえで手の届くスポーツカーとしてエリーゼを売るのには貢献するかもしれません。

    ちなみに、テスラは2代目ロードスターにハイパーカー相当の走行性能を与えつつ、25万ドル(約2800万円)という価格で発売する予定です。思えば、初代テスラ・ロードスターのプロトタイプはロータス・エリーゼをベースとしていました。
    dims

    12月11日14時30分
    Engadget 日本版
    https://japanese.engadget.com/2018/12/11/ev-1000-2-8000/


    【ロータス初のEVは1000馬力超のハイパーカー?価格は約2億8000万円とのうわさ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    img_d33483b0ddd59e5914d41a857ae3f27d1126910

    1: 2018/12/11(火) 09:03:42.93 ID:CAP_USER9

    女優の土屋太鳳(23歳)が、12月10日に放送されたバラエティ番組「有吉ゼミ」(日本テレビ系)に出演。“フェラーリ好き”であることを明かした。

    この日、タレント・東MAXの「家を建てる」企画で訪れた参考物件は、1300万円のプールや1000万円のソファとダイニングセットなどを備えた豪華な別荘。だが、土屋はガレージにあった5台のフェラーリが気に入ったようで、「フェラーリ格好いいなって」と感想を述べる。

    スタジオから「意外とフェラーリ好きなの?」と驚きの声が上がると、土屋は笑いながら「好きです」と答えていた。

    https://www.narinari.com/smart/news/2018/12/52394/


    【土屋太鳳「フェラーリが大好き」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2018/12/04(火) 19:10:11.021 ID:gzwzN0jn0

    俺「お待たせー」
    no title


    【【画像】俺「俺の車ランボルギーニだよ」女「キャー素敵!乗せて!」】の続きを読む

    このページのトップヘ