乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スーパーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2017/09/17(日) 21:05:42.316 ID:uUSxUnUz0

    no title

    国産スポーツカ-見た方がテンション上がる車好きが多いイメージ


    【車好きならランボルギ-二見かけたらテンション上がる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2017/09/12(火) 20:08:13.99 ID:vX9/PSCM0 

    この特別な1台は、フェラーリの70周年を記念したイベントにおけるオークションに出展された。2017年9月9日、フェラーリ本社のある中部イタリアはマラネロでのことだ。

    まだ実車がないためオークション会場には画像のみでの出展。
    それに830万ユーロ(約10 億7700万円)の値がついたのである。

    「この取引価格は、21世紀に製造された自動車のオークション最高額記録を塗り替えるものです」とするのは、フェラーリ・ジャパンが用意したプレスリリースだ。

    それまでの最高額はおなじくラ・フェラーリでも、クーペモデルのものだった。イタリア中部地震復興のために行ったチャリティオークションに出展し、700万ドル(約7億5000万円)で落札されている。

    今回の売上金は、恵まれない子供たちの支援を目的に世界120カ国以上で活動している国際機関「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付されるそうだ。

    フェラーリの販売が好調という日本。そのなかでもファンの見果てぬ夢ともいえるのが、限定で発売されて即完売したハイブリッドのスーパースポーツ、ラ・フェラーリである。

    ラ・フェラーリは6262ccのV型12気筒エンジンに、F1式のハイブリッドシステムを組み合わせた963馬力。スペシャルなフェラーリのなかでも、とりわけスペシャル度が高い1台である。

    http://www.sankei.com/gqjapan/news/170912/gqj1709120001-n1.html
    no title

    続きます


    【世界で1台のフェラーリ、オークションで10億7700万円の値がつく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2017/09/11(月) 18:36:20.86 ID:CAP_USER9

    日本の納屋で発見されたフェラーリ「365 GTB/4」
    no title


     伊フェラーリは9月9日(現地時間)、同社70周年記念式典の会場で開催されたオークション「RM-Sotheby's オークション」の落札金額を公表。同オークションでは、日本の納屋で発見された「365 GTB/4」に180万ユーロ(約2億3300万円)の値がつくなど、貴重なフェラーリの取り引きが展開された。

     同オークションにおける最高金額は、「ラ フェラーリ Aperta」の830万ユーロ(約10億7700万円)。この車両の売上金については、世界120カ国以上で活動している国際機関「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付され、今回の義援金はアジアやアフリカ地域の教育プロジェクトに当てられる予定。

    フェラーリがチャリティのために出品した「ラ フェラーリ Aperta」に830万ユーロ(約10億7700万円)の値がついた
    no title


    そのほかにも、同オークションでは「California 250 GT SWB」が790万ユーロ(約10億2500万円)、1958年型「250 GT Cabriolet Series I」が470万ユーロ(約6億1000万円)など、貴重な車両が取引された。

    フィオラーノ・サーキットで開催された70周年記念式典
    no title


    配信2017年9月11日 18:19
    car.watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1080210.html

    関連スレ
    【イタリア】 フェラーリ創立70周年、記念イベントに500台集結
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505002035/


    【日本の納屋で発見されたフェラーリ「365 GTB/4」、オークションで180万ユーロ(約2億3300万円)で落札】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2017/09/10(日) 09:07:15.20 ID:CAP_USER9

    http://www.afpbb.com/articles/-/3142314?cx_position=13

    【9月9日 AFP】イタリアで8日、同国の高級スポーツ車メーカー、フェラーリ(Ferrari)の創立70周年を記念するイベントが行われ、500台の車が参加した。(c)AFP

    2017年9月9日 17:28 発信地:ミラノ/イタリア

    伊ミラノのコルソセンピオーネ通りで、高級スポーツ車メーカー、フェラーリの創立70周年を記念するイベントで、同社の本拠地マラネロへの走行を前に展示されたフェラーリ車(2017年9月8日撮影)。(c)AFP/MIGUEL MEDINA
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【フェラーリ創立70周年、記念イベントに500台集結】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2017/09/09(土) 06:44:53.42 ID:CAP_USER9

    ランボルギーニは、9月12日に開幕する「フランクフルトモーターショー」でスーパースポーツカー『アヴェンタドールSロードスター』を初公開する。

    アヴェンタドール S ロードスターは、昨年末、初の大幅改良を受けた『アヴェンタドールS』のオープンエアモデル。車体後部はクーペとは異なるラインで、ロードスターならではのエアロダイナミクスを発揮する。リアウィンドウから車体後部へと流れるエンジンブリッジは、ボディカラーとマットブラック仕上げのカーボンファイバー製エンジンボンネットブレードのバイカラー。V12エンジンをそのまま見せるトランスペアレントオプションも用意する。

    着脱可能な流線型のハードトップパネルは、重さ6kg弱。外側に膨らんだ形状で、広い車内空間を確保する。標準ではマットブラック仕上げのカーボンファイバーだが、オプションでハイグロスブラックや光沢仕上げの剥き出しカーボンファイバーも用意する。またルーフパネルは素早く外してフロントトランクに収納することもできる。

    パワートレインはクーペ同様、最大出力740hp、最大トルク690Nmを発生する6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンと、50ミリ秒以内のギアシフトを実現する7速軽量ISRトランスミッションの組み合わせ。0-100km/h加速3.0秒、最高速350km/hという世界屈指のパフォーマンスを発揮する。また四輪駆動と新アクティブサスペンション、新四輪ステアリングシステム、EGOドライビングモードを採用。さらにサスペンションと電子制御システムを全面的に再開発するなど、トータルな制御コンセプトにより、優れたドライビング、乗り心地を実現する。

    アヴェンタドール Sロードスターは、2018年2月より納車開始を予定している。

    http://s.response.jp/article/2017/09/08/299560.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【ランボルギーニ、アヴェンタドールSロードスター 初公開へ】の続きを読む

    このページのトップヘ