乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スーパーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント

    1: 2020/05/09(土) 23:47:40.20 ID:ZxT2h+gs9

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2005/09/news036.html
     運送会社でドライバーとして働いていた男が、大型トラックで上司のフェラーリを破壊したというニュースが海外で話題になっていました。
    事件現場の写真がネット上に拡散されています。

    事件は米イリノイ州シカゴにある運送会社で起きました。
    事件が起きた直後に撮影された写真が、関係者の友人を名乗る人物を通してネット上にアップされ、海外掲示板「Reddit」などに転載され拡散しています。
    写真を見ると、そこには大型トラックに押しつぶされているフェラーリの姿が映し出されています。
    海外メディアによると、破壊されたクルマは「フェラーリGTC4Lusso」と伝えられています。

    いったいなぜこのような事件が起きたのか。きっかけはドライバーに貸与されたトラックにあったそうです。
    海外メディアによると、事件を起こしたドライバーが雇われたのは事件から4日前のことで、当初は「2020年モデルのトラック」を与えるという話だったそうです。
    しかし、会社はドライバーが「仕事に適していない」と判断して、実際に与えられたのは5万マイルを走行した「2019年モデルのトラック」だったそうです。
    これにドライバーが「約束と違う!」と反論し、会社とドライバーの間で何度か議論が交わされたものの交渉は決裂。
    その後、ドライバーの男が会社の敷地から出ていくときに、敷地内に停められていたトラックに乗り込んで、上司の物と確認したフェラーリに向かって走り出したそうです。

    トラックはフェラーリに何度も衝突を繰り返し、最終的に乗り上げた状態で止まりました。
    その後、ドライバーの男は駆けつけたシカゴ警察によって拘束されました。すでに起訴されており、裁判に向けて調査が進められています。

    no title

    no title


    【【画像】ブチギレ運送ドライバー、上司のフェラーリを大型トラックで破壊wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2020/05/06(水) 17:32:27.057 ID:IIrEiuwV0

    no title


    【【画像】この車なぁんだ 見た瞬間で答えろwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 59コメント

    1: 2020/05/02(土) 21:42:32.88 ID:jiPcMD669

    ホンダF1の黄金時代に「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」という願いから、1990年に誕生したのが、ホンダのフラッグシップスーパーカーNSXだ。世界初のオールアルミニウムボディを採用し、車両重量はわずか1350kg(MT仕様)。開発には、伝説のF1ドライバー アイルトン・セナや中島悟も携わっている。

    ■デビューと「タイプR誕生」の1型

    全長4,430mm、全幅1,810mm、全高1,170mmの低くワイドなボディ、V6 3000cc DOHC VTECエンジンをミッドシップに搭載してデビューしたホンダ NSX。サイズだけ見ると現在のCセグメントモデルと同じだが、全高が低くボンネットの位置がタイヤハウス分ほどしかないためにサイズ以上にワイドに見える。また、リトラクタブルヘッドライトを採用していることもデビュー当時の特徴だ。

    デビューから2年後の1992年には、エンジンの精度を高め、約120kgの軽量化をした「タイプR」がデビュー。ホンダとして初めての「タイプR」誕生とタイプR専用の赤エンブレムが装着された。

    1994年にマイナーチェンジが実施され、アクセルの開度を電気信号で伝えるドライブ・バイ・ワイヤーを搭載。AT車にステアリングコラム脇のシフトスイッチで変速できる「Fマチック」を採用。さらにボディ剛性を大幅に強化も行われ、オープンモデルの「タイプT」を追加した。

    ■MT車にV6 3200ccエンジンを搭載した2型

    1997年のマイナーチェンジにより、MT車に大きな変更が加わった。V6 3200cc DOHC VTECエンジンが搭載され、トランスミッションが6速となった。また、1992年から1995年までの生産に終わった「タイプR」に代わるスポーツグレード「タイプS」が追加。一方AT車は、V6 3000ccエンジン、4速のままだった。

    ■リトラクタブルヘッドライトの廃止と「NSX-R」の3型

    2001年、衝突安全性が求められ、リトラクタブルヘッドライトから固定式のヘッドライトへ変更された。ヘッドライトのみならず、ボンネットやフェンダーなどの改良も合わせて実施。

    2001年のマイナーチェンジから半年後、赤エンブレムを装着した「NSX-R」が登場。大型スポイラーの装着やバンパーまわりの変更、フラットボトム化することで空力性能を向上、カーボンを使用した軽量化も徹底されている。エンジンは、1型の「タイプR」と同様に精度の向上とバランス調整が施される。

    2005年に最後の特別仕様車となる「NSX-R GT」を5台限定で発売。スーパー GT GT500クラスのホモロゲーションモデルとして販売されたが、価格はなんと5000万円と当時としても非常に高価で、実際にナンバーを取得したのはたったの1台だった。

    ■スペックや価格

    ◇サイズ:全長×全幅×全高=4,430mm×1,810mm×1,170mm(タイプR/タイプSは1,160mm)

    ◇エンジン

    ・C30A型 水冷V型6気筒DOHC横置き 3,000cc(MT仕様 280馬力/31.0kgm)
    ・C32B型 水冷V型6気筒DOHC VTEC横置き 3,200cc(280馬力/31.0kgm)

    ◇車両重量:1350kg(標準MT車)/1390kg(標準AT車)

    ◇駆動方式:MR

    ◇トランスミッション:4速AT/5MT(1型)/6MT(2型、3型)

    ◇生産台数:7394台

    ◇販売期間:1990年~2005年

    ◇価格:800万円~

    2020/05/02
    https://autoc-one.jp/honda/nsx/special-5007094/

    NSX
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【みんなの憧れ! 世界初のオールアルミニウム国産スーパーカー ホンダ NSX】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    180402_lfa-price1

    1: 2020/04/30(木) 13:58:04.59 ID:EE80p7G30

    何でや?
    800馬力4000万!みたいな車作ってもええやろ


    【車大国日本からスーパーカーが作られない理由wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 58コメント

    1: 2020/04/30(木) 00:48:18.39 ID:d3MVLL3e0

    no title

    no title

    no title


    【【画像】スーパーカー史上最高のデザインが45年も前に発売された車】の続きを読む

    このページのトップヘ