乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スーパーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: シャム(catv?) 2013/06/08 10:36:49 ID:NrZP9q0x0
    http://dailynewsagency.com/2013/06/07/the-worlds-fastest-one-uninvited-g00/

    ほとんどレーシングカーのようなスペックをもつスーパーカー達ですが、とある条件下ではマツダのロードスターでもゼロヨンで圧倒的な勝利をおさめることが可能である……ということを証明しているマツダの公式動画です。



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ACiMZC6q-38


    【ある条件下ではスーパーカーをぶっち切れるマツダ・ロードスターの公式動画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: サビイロネコ(千葉県) 2013/06/04 07:43:27 ID:sX2ZYH6N0
    パガーニは今朝方ゾンダレボリューションを公開。
    AMG製6.0LV12エンジン800馬力、トルクは730Nm、カーボンとチタンモノコックで作られた車体はたったの1070kg、1トン辺りの重量比は748馬力、6速セミATで0.02秒とF1並の速度

    マクラーレンP1のようにDRSシステムも搭載されて2秒以上DRSを押し続ければオートで作動します。
    ブレーキはブレンボ製でCCMRディスクを採用されています
    価格は驚きの2億7000万円

    オラシオパガーニは「限界を超える為に作られた車、ニュルブルクリンクで最速だったゾンダRを超える為にデザイナー、エンジニア、協力会社みなさんのお陰で美しく最速のパガーニを創造出来ました。
    世界中のお客様に喜んで頂けると確信しています。」と発言しています。

    http://www.pagani.com/en/news/2013/pagani_zonda_revolucion_pagani_gathering.aspx
    no title

    no title

    no title

    【パガーニ・ゾンダ・レボリューションキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!値段は約3億円!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 21:56:40 ID:THUgB5UT0
    ゾクゾクしない
    no title

    【最近のフェラーリって何かダサくね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ツシマヤマネコ(千葉県) 2013/06/01 13:28:34 ID:10rS6Njz0
    ジュネーブモーターショーで公開され、話題をさらった、フェラーリのフラッグシップスーパーカー「ラ・フェラーリ」がジャパンプレミアを果たした。

    「日本は、スーパーカーにおける長い歴史と深い認識をもっています。このあたらしい『ラ フェラーリ』は、間違いなくプランシング・ホース(跳ね馬)史上もっともパワフルなスーパーカーです。
    この究極のフェラーリを、フェラーリを愛するオーナーの方々にたいして、ここ日本で披露できることを心から嬉しくおもいます」
    とフェラーリ・ジャパン プレジデント&CEOのハーバート・アプルロスはコメント。

    ジャパンプレミアでは、特別に招待された80名以上のフェラーリオーナーおよびゲストが都心にあるエクスクルーシブなロケーションに来場し、
    日本でははじめての「ラ フェラーリ」の登場を楽しんだといい、会場には、フェラーリのスーパーカーの歴史を飾る「288GTO」、「F40」、「F50」および「エンツォ」が展示されたという。

    http://openers.jp/car/exclusive_auto_collection/ferrari/news_ferrari_la_ferrari_36613.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ラ・フェラーリ日本上陸 歴代スペチアーレ「288GTO」、「F40」、「F50」、「エンツォ」も登場】の続きを読む

    このページのトップヘ