乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スーパーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    1: 2018/02/05(月) 16:13:27.30 ID:hG+VdW5u0 

    イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリは、2017年の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は、過去最高の8398台。前年比は4.8%増だった。

    車種別の2017年の販売実績では、V型12気筒ガソリンエンジン搭載車が、前年比25.1%増と牽引。これは、『GTC4ルッソ』と『812スーパーファスト』投入の効果が大きい。

    『488GTB』や『488スパイダー』など、V型8気筒ガソリンエンジンを積むモデルは、前年並みの販売実績。
    これは、『カリフォルニアT』の生産が終了し、後継車の『ポルトフィーノ』の納車開始が、2018年第2四半期(4~6月)に控えているため。

    市場別の2017年の販売実績では、欧州や中東、アフリカが、前年比4%増。中でも、イタリアやフランス、英国は2桁の伸び。ドイツは、前年比がひと桁台にとどまる。

    南北アメリカは、前年比4.6%増。中国は、ほぼ前年並み。中国を除いたアジア太平洋地域は、前年比12.3%増と2桁の伸びを達成している。

    フェラーリ世界販売、4.8%増で過去最高に…V12搭載車が牽引 2017年
    https://response.jp/article/2018/02/05/305675.html
    no title


    【フェラーリの販売台数が過去最高を更新!日本での爆売れが要因か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/02/04(日) 15:08:04.31 ID:CAP_USER9

    雪のランボルギーニ
    no title


    北海道函館市にある商業施設のスペースで、北大生らが1月28日、イタリアの高級車「ランボルギーニ」の雪像をつくりあげた。ツイッターでは、この「雪のランボルギーニ」の画像が拡散されて、話題になっている。中心となったメンバーは「一生忘れられない思い出だ」と話す。(弁護士ドットコムニュース編集部・山下真史)

    ●商業施設側から制作オファーがあった

    「今年はシエスタハコダテ前にランボルギーニ無断駐車してやった」

    この投稿は、2000回数以上リツイートされた。画像との組み合わせで、ランボルギーニの雪像を、商業施設の前に「無断設置」したように読みとれる。弁護士ドットコムニュースの記者が「これは…もしかして違法!?」などと調べはじめたところすぐ、実は商業施設側からの依頼で制作されたものだったことがわかった。

    中心メンバーの1人、北大水産学部・井口陸弥さん(23歳)さんによると、オファーのきっかけは、2016年12月、北大・函館キャンパス内の駐車場にランボルギーニ・アヴェンタドールの雪像をつくったことだ。「もともと自動車が好きで、ランボルギーニを雪でつくってみたかったんです」(井口さん)。その際、地元紙にもとりあげられて、大きな反響があった。

    この冬も、何かの雪像をつくろうと考えていたところ、2017年4月にオープンしたばかりの大型商業施設「シエスタハコダテ」の関係者から12月ごろ、「大通りの活性化のために、人に喜んでもらえるような雪像をつくってみないか」という話があったという。その後、トントン拍子に企画がすすんだ。

    ●雪が溶けはじめているため「撤去」が検討されている

    函館市は例年1月に最低気温を記録する。井口さんたちは、雪が溶けにくくなるタイミングを待って、1月27日から作業をはじめた。商業施設の周辺のビルや家に声をかけて、軒先にあつめられた雪をもらった。「除雪になるので、みんな快くくれました。勝手にもってきたんじゃないですよ(笑)」(井口さん)。運搬には、軽トラックと4トントラックを利用した。

    井口さんによると、一番大変だったのは、雪をかためて一つの立方体をつくる作業。そこから、綿密な設計図をもとに、雪専用のノコギリをつかって、往年の名車「ランボルギーニ・カウンタック」を切り出した。井口さんの友人と商業施設側があつめた計14人による作業は約20時間。「完成したとき、疲れきったメンバーみんな、生き生きした表情でした。一生忘れられません」(井口さん)

    シエスタハコダテ前は、地元の人だけでなく、五稜郭公園に歩く観光客も多い。道行く人びとは、できあがったランボルギーニを目にすると、スマホを取り出して、写真を撮っていたという。シエスタハコダテの担当者は「みんなにすごく喜ばれていた」とコメントした。

    ただ、完成から5日経った2月2日段階で、ランボルギーニの車体が溶けはじめている。北大生たちの力作は「無断駐車」ではなかったわけだが、そろそろ「撤去」(片付け)が検討されているという。法律問題として調べはじめたところ、雪が溶けるほど心あたたまる話だった。

    2018年02月03日 08時32分
    (弁護士ドットコムニュース)
    https://www.bengo4.com/internet/n_7376/


    【20時間の力作「雪のランボルギーニ」、無断駐車じゃなかったが「そろそろ溶けそう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    cars-classic-pictures-16988123-l
    1: 2018/01/21(日) 00:53:39.425 ID:FJjIKsIu0

    ポルシェとかフェラーリみたいな技術力が凄いとことか値段も高額だが…


    【お前らがお金持ちだったら高級外車買ってる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2018/01/17(水) 17:29:14.80 ID:CAP_USER9

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00458208

     イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリはバッテリー駆動のスーパーカーを製造し、高級電気自動車の分野で米テスラに挑む。最高経営責任者(CEO)のセルジオ・マルキオンネ氏が明らかにした。

     フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)からスピンオフされたフェラーリは、イタリアのデザインと超高速ロードスターを特徴とする他社を寄せ付けないブランド力を損なうことなく、ラインアップを拡充し、販売台数を伸ばしてきた。

     両社を率いるマルキオンネ氏は16日、デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで記者団に対し、フェラーリが同社初のスポーツタイプ多目的車(SUV)を2019年の遅い時期か20年に投入する計画も明らかにした。「市場で最速」のSUVとなるという。

     マルキオンネ氏は「電気スーパーカーが製造されるとすれば、フェラーリが一番乗りになる」と言明。「人々はテスラがスーパーカーで成し遂げたことに驚いている。私はイーロン氏がやったことを軽んじるつもりはないが、それは私たち皆ができることだと考える」と語った。

     フェラーリがバッテリー駆動のスーパーカーを投入すれば、イーロン・マスク氏率いるテスラから販売と注目を奪う機会となり得る。テスラは「ロードスター」「モデルS」によってライバル各社よりも先に高級電気自動車市場の定義を確立させた。(ブルームバーグ)

    no title

    no title


    【フェラーリ、EVスーパーカー投入へ テスラ「ロードスター」に対抗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2017/12/11(月) 07:42:17.21 ID:CAP_USER9

    https://s.response.jp/article/2017/12/11/303545.html

    英国のマクラーレンオートモーティブは12月10日、マクラーレン『セナ』を発表した。伝説のF1ドライバー、故アイルトン・セナの名前を冠した新型スーパーカーとなる。

    マクラーレン・セナは、マクラーレンオートモーティブの「アルティメットシリーズ」の最新作。中核モデルの「スーパーシリーズ」(『720S』)の上に位置するアルティメットシリーズ最新作は、生産を終了したマクラーレン『P1』の後継車として登場した。公道とサーキットの両方で、優れたパフォーマンスを発揮することを目指す。

    マクラーレン・セナは、ミッドシップに4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最大出力800ps、最大トルク81.6kgmを発生する。このスペックは、マクラーレンの市販車としては、史上最強となる。トランスミッションは7速デュアルクラッチ。

    また、第3世代の「カーボンファイバーモノケージ」の採用をはじめ、すべてのボディパネルをカーボンファイバー化。これにより、車両重量は『マクラーレンF1』(1993~1998年)以来、最も軽量な1198kgとした。パワーウェイトレシオは、およそ1.49kg/ps。

    なお、現時点では、加速性能や最高速などのデータは公表されていない。マクラーレン・セナは、世界限定500台を生産する計画。英国での価格は、75万ポンド(約1億1385万円)と発表されている。 
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【名前は『セナ』…マクラーレンの新型スーパーカーは史上最強の800ps、価格は1億1385万円】の続きを読む

    このページのトップヘ