乗り物速報

バイクと車のまとめ

    スーパーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 2020/12/08(火) 14:05:12.20 ID:wMZYKYOS9

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2012/08/news068.html
    2020年12月08日 12時00分 公開
    [春山優花里,ねとらぼ]

     前澤友作さんが、自身のYouTubeチャンネルを更新。所有するスーパーカーコレクションの1台、ブガッティ「シロン」を自ら運転して、時速300キロの世界に挑戦しました。

    no title

    前澤友作が時速300キロに挑戦!ブガッティ「シロン」を自ら運転(画像はYouTubeより)

    http://www.youtube.com/watch?v=G60ptKeS43M

    前澤友作さんのチャンネルに投稿されたシロン時速300キロチャレンジのVLOG

     挑戦が行われたのは「富士スピードウェイ」。毎年数多くのレースが行われている国内サーキットを貸し切って、世界最高峰のスーパーカーとして名高いブガッティ「シロン」を自ら運転して、時速300キロの世界を体験してみようという企画です。

     クリスチャン・ディオールのつなぎに身を包んで、サーキットを訪れた前澤さん。まずは自身が主導する「スーパーカープロジェクト」のメンバーとしても活動している、レーシングドライバー・横溝直輝さんにレクチャーを受けます。インナーマスクなど、装備を確認しながら身につけていき、黒をベースにしたレーシングスーツに着替えたら準備完了です。

     いよいよ、時速300キロの世界を自ら体験するチャレンジが始まります。

    no title

    ディオールのつなぎに身を包んで企画について話す前澤さん(画像はYouTubeより)

    no title

    レーシングスーツに着替えた前澤さん(画像はYouTubeより)

    no title

    横溝さんからレクチャーを受けながら準備が進みます(画像はYouTubeより)

     愛車「シロン」に乗り込んだ前澤さんは、「じゃぁねぇ~」と手を振りながらいつもの軽いノリで走り出しました。スローペースでまったりとサーキットを流しながら、時速300キロに挑戦するホームストレートを目指します。

    no title

    シロンに乗り込んでいよいよチャレンジ(画像はYouTubeより)

     いくつかのコーナーをクリアして、いよいよホームストレート。チャレンジ開始と同時にフルスロットルで加速していきます。シロンのエンジンが唸りを上げて、世界トップクラスの加速力で一気に時速200キロオーバー!

    no title

    軽いノリで走り出す前澤さん(画像はYouTubeより)

    no title

    ストレートに入ってフル加速! あっという間に時速200キロ(画像はYouTubeより)

    no title

    そのまま時速300キロに到達(画像はYouTubeより)

     勢いそのままに軽々と時速300キロを達成しました。やっぱりシロンすげぇわ。

     シロンは、8リッターW16気筒4ターボエンジンを搭載しており、最高出力は1500馬力。公表されている市販モデルのスペックでは、最高速度は420キロとなっていますが、理論上はそれを遥かに上回る速度が発揮できると言われており、2019年に特別に調整されたプロトタイプで時速490キロを記録。「世界最速の市販車」として話題になりました。

    no title

    企画の成功を喜び合う前澤さんと横溝さん(画像はYouTubeより)

     今回のシロン時速300キロチャレンジの様子は、Yusaku Maezawaチャンネルに投稿された動画のほか、スーパーカープロジェクトの公式チャンネル「MZ SUPERCAR Channel」でも別アングルから捉えた映像で紹介されています。

    http://www.youtube.com/watch?v=8OprAC6e-2c

    MZ SUPERCAR Channelに投稿されたシロン時速300キロチャレンジ



    【前澤友作、時速300キロの世界に挑戦 愛車「ブガッティ・シロン」で貸し切りの富士スピードウェイを爆走】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2020/12/01(火) 13:10:08.06 ID:5aws4UOG0● BE:644423549-2BP(5500)

    焼きいも屋の火を燃やしながらの走行は違反?
     寒くなってくると、あったかくてホクホクの焼きいもが食べたくなってきます。
     
     一般的に、移動式の焼きいも屋は軽トラックなどを使用して運行することが多いですが、SNSでは「すーぱーかーやきいも」なるものが目撃されています。一体どういったものなのでしょうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2c3fc4a49345504c2efffa1091a71a53a5a9c005
    no title



    【なぜ軽トラじゃない? 「フェラーリ焼きいも屋」が話題 高級車で焼きいも屋を始めた理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2020/11/11(水) 23:59:42.75 ID:SaNhn/br9

    計約500キロの距離を2時間余りで到着。冷蔵スペースを備えた特別仕様車だ。
    2020年11月11日 11時32分 JST
    濵田理央(Rio Hamada)

    USA TODAY USPW / REUTERS
    no title

    ランボルギーニのパトカー(写真は2019年6月)
    日本や海外の警察が、高級車やスポーツカーをパトカーとして使用するのはそう珍しくないが、それ相応の理由があった。

    イタリアの州警察は、ランボルギーニのパトカーで、腎臓を運搬するという緊急ミッションを遂行した。

    その様子を、11月5日にTwitterに投稿している。

    豪快なエンジン音をたてながら、高速道路を疾走するランボルギーニのパトカー。病院から託されたボックスに保管された腎臓を、別の病院へと送り届けるまでの一部始終が収められている。

    Hotcarsによると、10月20日に行う手術のために必要な腎臓を早急に運ぶ必要があった。

    ランボルギーニのパトカーは、腎臓の受け取りと運搬で、イタリア北部のパドバから中部ローマへと大移動。計約500キロの距離を、平均時速約230キロで疾走し、2時間余りで到着したという。

    Irish Timesによると、地元自治体から「臓器を時間内に届けることができない」と要請があったという。

    警察車両として使用されているランボルギーニウラカンは、3.2秒で時速100キロに到達し、最高時速は325キロに到達する。車両前部に冷蔵スペースを備えた特別仕様車で、臓器などの緊急運搬車両としても使用されているという。

    https://m.huffingtonpost.jp/amp/entry/story_jp_5fab3a2ec5b68707d1fa2fba/



    【【パトカー】ランボルギーニで腎臓を緊急運搬 イタリア警察、500kmの距離を平均時速230km/hで走る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2020/11/08(日) 05:19:17.90 ID:zqcAk+MB9

    5日朝、大阪市都島区の繁華街の路上で、高級車のフェラーリが、突然、炎上しました。けが人はいません。

    5日午前9時半ごろ、大阪市都島区にあるJR京橋駅から約300メートル離れた路上で「車が燃えています」と119番通報がありました。警察や消防によりますと、フェラーリが走行中に、車体の後方にあるエンジンルーム付近から突然火が出て、運転手の男性が緊急停車させました。男性にけがはありません。車は激しく燃え上がりましたが約1時間後に消し止められ、延焼はありませんでした。警察は、今後、車を検証し出火原因を調べる方針です。

    11/5(木) 18:38 ABCニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/04187cd2bb40c366ff00ae4a4cb1c50f15213a4e
    no title



    【高級車のフェラーリが走行中に突然炎上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2020/10/29(木) 19:46:44.64 0


    no title

    no title


    no title

    no title

    no title



    【【画像】昔のフェラーリがダサすぎるwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ