乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ダイハツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2018/06/15(金) 14:59:16.50 ID:KagB4jPg0● 

    ダイハツは東京モーターショー2017で小型クロスオーバーSUVのデザインスタディモデル、DN TRECを発表していた。
    開発中のモデルはDN TRECの市販型と考えられ、2016年まで販売されたビーゴ(姉妹車トヨタ・ラッシュ)を実質的に後継するモデルとなる。
    ビーゴはFRプラットフォームが採用されていたが、DN TREC市販型は販売中のトール(姉妹車トヨタ・ルーミー / スバル・タンク)からプラットフォームが流用され、FFベースとなる。
    パワートレインは直列3気筒 1.0Lターボ、駆動方式はFFと4WD、トランスミッションはCVTの採用が予想され、やはりトールからの流用となる。

    https://car-research.jp/tag/be-go
    no title


    【ダイハツDN TREC市販型を開発中、ビーゴ後継モデル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    111_o
    1: 2018/06/03(日) 20:38:28.98 ID:Z2w2tyaY

    やっぱスズキ?


    【スズキとダイハツどっちがいいの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/05/10(木) 10:55:34.55 ID:BWkANsGT0● 

    ダイハツはミラトコットを2018年6月25日に発表する見込み。
    昨年2017年にベーシック軽自動車のミライースをフルモデルチェンジさせたが、これに採用されたDNGAプラットフォームを他モデルへ展開させる段階にある。
    今夏はミラココアの実質的な後継車となる新型ミラトコットへ採用していく。
    新型ミラトコットはミラココアに比べて大幅な軽量化と燃費性能の向上が期待される。

    https://car-research.jp/tag/mira-cocoa
    no title


    【ミラトコット発売予定、ダイハツからミラココア後継の新型軽自動車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2018/04/24(火) 10:47:14.94 ID:b2GeRaHO0● 

    ダイハツの主力モデル、タントが2019年後半にもフルモデルチェンジを受ける見込み。
    ライバルでは、ホンダが助手席側センターピラーレス構造を採用した軽商用バンのN-VANをまもなく発売予定で、これをベースにした乗用タイプを短期間で仕上げることのできる状況にある。
    同クラスで唯一のセンターピラーレス採用というタントの優位性は崩されるかもしれない。

    https://car-research.jp/tag/tanto
    no title


    【ダイハツ・タントのフルモデルチェンジ2019年後半予想、DNGA採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    m-203533_motorshow_171006019
    1: 2018/03/24(土) 21:24:10.07 ID:CAP_USER9

    カロッツェリアに依頼

    マイカー時代の幕開けとなった1960年代、三輪トラックメーカーだったダイハツは時代に乗り遅れまいと、乗用車への参入を画策していた。

    61年秋のモーターショーに700ccの試作車を出品したものの、予想外に不評だった。原因はデザイン。小型車には不似合いな大型のフロントマスクが洗練さを欠いた。デザインの重要性を痛感したダイハツは、洗練されたスタイルを求めてイタリアのカロッツェリア(車両デザイン工房)の門を叩いた。

    当時、日本ではカーデザインの手法が確立されていなかったため、各メーカーはカロッツェリアにデザインを依頼していた。プリンス「スカイラインスポーツ」はミケロッティ、日産「ブルーバード」はピニンファリーナ、マツダ「ルーチェ」はベルトーネが手がけた。

    ダイハツが白羽の矢を立てたのは「ビニアーレ」。フェラーリやマセラティを代表作に持つ名門だ。

    ダイハツの乗用車第1号は「コンパーノ」と名付けられ、63年6月にワゴン、翌64年2月には独立したトランクを持つセダン「コンパーノ・ベルリーナ」が登場した。

    モーターショーで復活

    小さなボディのコンパーノはバランスのとれたモダンなデザインが特徴。当時のカタログには「美しいイタリアン・スタイル」と謳われた。内装もイタリアンムード満載。木目張りのダッシュボードに黒い4眼メーター、3本スポークの細いウッド調ハンドルはスポーツ心をくすぐる。

    ただし、中身が旧態依然なのは否めない。フレームはトラックと同じハシゴ型、800ccエンジンは41馬力足らず。

    ダイハツは性能の低さと販売力の弱さを補うため、派生モデルを次々と繰り出す。とくにオープンカーの「スパイダー」は美しく、当時の国産車

    中でも印象深い一台だ。

    それでもコンパーノは販売面で苦戦を強いられ、6年間の生産台数は約12万台止まり。69年4月には提携先のトヨタとの兄弟車「コンソルテ」にバトンタッチして、一代限りで姿を消す。

    登場から半世紀、もはや過去のクルマとなったコンパーノだったが、昨年の東京モーターショーに突如、コンセプトモデルとして“復活”した。4ドアクーペの流麗なスタイルは未来的で、イタリアデザインから出発したダイハツ乗用車のDNAが息づいていた。(中村正純)

    ※コンパーノはイタリア語で「仲間」、ベルリーナは「セダン」の意味 


    【データ】コンパーノ・ベルリーナ800デラックス

    水冷直列4気筒OHV797cc 41馬力

    全長3800ミリ×全幅1445ミリ×全高1410ミリ

    車両重量755キロ

    最高速度110キロ

    乗車定員5人


    産経WEST 2018.3.24 10:55
    http://www.sankei.com/west/news/180324/wst1803240034-n1.html


    【ダイハツ乗用車第1号は美しきイタリアン 1964年発売「コンパーノ」】の続きを読む

    このページのトップヘ