乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ダイハツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    1: 2017/05/09(火) 20:50:15.85 ID:fUcnTVB+

    ダイハツ工業は9日、同社の主力モデルである軽自動車「ミライース(Mira e:S)」を6年ぶりにフルモデルチェンジし発売開始した。販売価格(消費税込)は、84万2400円~133万9200円。
    c07d2e0541af02efb1c4b58a20427214

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00010007-autoconen-ind


    スポンサーリンク

    【ダイハツ ミライースが6年ぶりにフルモデルチェンジ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2017/04/22(土) 09:31:33.60 ID:gzm603Sy0 

    朝ツイートしてけっこう「いいね」があったクルマ屋さん
    また帰りに通り掛かったら、これまたキレイ。
    一見の価値あり…です。
    no title

    no title

    no title

    https://twitter.com/nyato_saiba_a/status/855350131578642432

    ダイハツ、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーに
    http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1055343.html


    スポンサーリンク

    【意識高いダイハツwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    no title
    1: 2017/04/13(木) 22:51:51.43 ID:CAP_USER9

    ダイハツ工業は13日、ブレーキランプがつかなくなる恐れがあるとして軽乗用車「コペン」1万9512台(2014年5月~17年1月生産)のリコールを国土交通省に届けた。同省によると、後部トランク中央にあるブレーキランプの構造が不適切で、雨水などがたまって点灯しなくなる恐れがある。〔共同〕

    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG13H3U_T10C17A4CR8000/


    スポンサーリンク

    【ダイハツ「コペン」1.9万台リコール=ランプ不具合】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    l_ys_170113daihatsu_04

    1: 2017/01/22(日) 16:58:51.85 ID:5GJNRsi90 

    ダイハツ工業は、「東京オートサロン2017」(2017年1月13~15日、幕張メッセ)において、ホットハッチ「シャレード デ トマソ」や「TR-XX」の要素を取り入れたデザインのカスタマイズモデルを紹介した。

     展示した車両のベースは「ブーン シルク」「トール」「ムーヴ キャンバス」「コペン」の4台。ダイハツ工業 コーポレート企画部 ブランド・DNA室 室長の藤下修氏に、カスタマイズに往年のホットハッチのモデル名を出した狙いを聞いた。

     シャレード デ トマソは、1984年にデビュー。イタリアのヌオバ・イノセンティの代表であるデ・トマソ氏がデザインに参加した。ダイハツ工業の「シャレード」のターボモデルをベースにエアロチューニングを施し、
    機能性を重視した内外装部品でドレスアップした。TR-XXは軽自動車「ミラ」のスポーツ仕様。1983年に「ミラ ターボ」が登場し、1985年に「ミラ ターボ TR-XX」が発売された。
    http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1701/16/news038.html


    スポンサーリンク

    【「シャレード デ トマソ」のDNAは途切れない? ダイハツがホットハッチに前向き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2017/01/08(日) 13:31:03.54 ID:ntSTMoWe0 

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ダイハツ工業は、東京オートサロン2017(開催期間:1月13日~15日)への出展概要を発表した。

     ダイハツブースは、「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、4つのカテゴリーでコンセプトカーを出展する。

     カテゴリーの1つ目は「SPORZA(スポルザ)」。ダイハツ往年のホットハッチ「シャレード デトマソ」や「TR-XX」の要素を、現代仕様として復活させた。
    赤×黒の専用ボディーカラーにゴールドのアルミホイールを組み合わせ、上質なスポーツテイストが演出されており、個性で際立つ、
    ダイハツスポーツラインナップの再始動を想起させるコンセプトカーだという。
    http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2017010462171.html


    スポンサーリンク

    【ダイハツ、東京オートサロンに11台を出展 かっけえ!】の続きを読む

    このページのトップヘ