乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ダイハツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2017/07/10(月) 18:08:57.78 ID:CAP_USER9

    ダイハツ、ハイブリッドセダン「アルティス」をフルモデルチェンジ - Car Watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1019480.html
    2017年7月10日 発売
    349万9200円

     ダイハツ工業は7月10日、ハイブリッドセダン「アルティス」をフルモデルチェンジして発売した。価格は349万9200円。

    モデル ハイブリッドシステム 駆動方式 価格
    G 直列4気筒 2.5リッターエンジン+リダクション機構付のTHSⅡ 2WD(FF) 3,499,200円
     アルティスは、トヨタ自動車からのOEM供給を受けて発売するハイブリッドモデルで1グレード展開。

     今回のモデルチェンジでは、新開発の2.5リッターエンジンを搭載したハイブリッドシステムにより燃費を向上させ、JC08モード燃費は28.4km/Lを実現。さらに基本性能についても上質な乗り味を実現すべく、NV性能、操縦安定性、乗り心地を向上させたとしている。

     エクステリアは低重心フォルムとワイドなスタンスを取り入れたデザインを採用。インテリアは上質感を向上させて広がり感のある空間を実現させるとともに、ドライビングポジションの最適化による視認性を向上させた。ハイブリッドシステム用のバッテリーをリアシート下に配置したことでラゲッジ容量を拡大させている。

     安全装備では、「Toyota Safety Sense P」を採用するとともに、JNCAP 5相当の衝突性能を目標に開発した。
    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【ダイハツ、ハイブリッドセダン「アルティス」をフルモデルチェンジ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    1: 2017/05/09(火) 20:50:15.85 ID:fUcnTVB+

    ダイハツ工業は9日、同社の主力モデルである軽自動車「ミライース(Mira e:S)」を6年ぶりにフルモデルチェンジし発売開始した。販売価格(消費税込)は、84万2400円~133万9200円。
    c07d2e0541af02efb1c4b58a20427214

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00010007-autoconen-ind


    スポンサーリンク

    【ダイハツ ミライースが6年ぶりにフルモデルチェンジ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2017/04/22(土) 09:31:33.60 ID:gzm603Sy0 

    朝ツイートしてけっこう「いいね」があったクルマ屋さん
    また帰りに通り掛かったら、これまたキレイ。
    一見の価値あり…です。
    no title

    no title

    no title

    https://twitter.com/nyato_saiba_a/status/855350131578642432

    ダイハツ、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーに
    http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1055343.html


    スポンサーリンク

    【意識高いダイハツwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    no title
    1: 2017/04/13(木) 22:51:51.43 ID:CAP_USER9

    ダイハツ工業は13日、ブレーキランプがつかなくなる恐れがあるとして軽乗用車「コペン」1万9512台(2014年5月~17年1月生産)のリコールを国土交通省に届けた。同省によると、後部トランク中央にあるブレーキランプの構造が不適切で、雨水などがたまって点灯しなくなる恐れがある。〔共同〕

    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG13H3U_T10C17A4CR8000/


    スポンサーリンク

    【ダイハツ「コペン」1.9万台リコール=ランプ不具合】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    l_ys_170113daihatsu_04

    1: 2017/01/22(日) 16:58:51.85 ID:5GJNRsi90 

    ダイハツ工業は、「東京オートサロン2017」(2017年1月13~15日、幕張メッセ)において、ホットハッチ「シャレード デ トマソ」や「TR-XX」の要素を取り入れたデザインのカスタマイズモデルを紹介した。

     展示した車両のベースは「ブーン シルク」「トール」「ムーヴ キャンバス」「コペン」の4台。ダイハツ工業 コーポレート企画部 ブランド・DNA室 室長の藤下修氏に、カスタマイズに往年のホットハッチのモデル名を出した狙いを聞いた。

     シャレード デ トマソは、1984年にデビュー。イタリアのヌオバ・イノセンティの代表であるデ・トマソ氏がデザインに参加した。ダイハツ工業の「シャレード」のターボモデルをベースにエアロチューニングを施し、
    機能性を重視した内外装部品でドレスアップした。TR-XXは軽自動車「ミラ」のスポーツ仕様。1983年に「ミラ ターボ」が登場し、1985年に「ミラ ターボ TR-XX」が発売された。
    http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1701/16/news038.html


    スポンサーリンク

    【「シャレード デ トマソ」のDNAは途切れない? ダイハツがホットハッチに前向き】の続きを読む

    このページのトップヘ