乗り物速報

バイクと車のまとめ

    テスラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2019/05/19(日) 01:35:17.07 ID:MLO8Ocol9

    正式発売前のテスラ「モデル 3」に試乗してみた(ただし助手席で)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000002-impress-ind
    2019/5/15(水) 0:00配信,YAHOO!JAPAN NEWS,Impress Watch

    写真:Impress Watch
    no title


     現在、日本でも予約受付が行なわれているテスラ「モデル 3」に試乗することができたのでレポートしよう。
     この試乗会は、テスラサービスセンター東京ベイオープンの取材の中で行なわれたため限られた時間で、また米国仕様の研究テスト車両への同乗走行であったことをお断りしておく。

     ■より多くのユーザーが対象に

     テスラでは、大型サルーン「モデル S」とSUV「モデル X」がラインアップされる。そこにモデル Sよりふたまわりほど小型のセダンが追加された。それがモデル 3だ。

     5月の時点では前述のとおり予約受付中で、その予約対象者に対して近々コンフィギュレーターを公開し、好みの仕様やモーターの出力などを決定できるようになるという。
     納車は夏過ぎが予定されている。現時点で日本仕様の詳細は正式決定していないが、関係者によると0-60mph(約100km/h)加速は3.2秒(パフォーマンスモデル)を誇るとのことなので、
     本田技研工業「NSX」並みの加速性能と言えそうだ。

     モデル 3の米国モデルでは仕様が3つあり、「スタンダードレンジ プラス」(後輪駆動)、「ロングレンジ」(4輪駆動)、そして「パフォーマンス」(4輪駆動)となる。
     航続可能距離はスタンダードレンジ プラスが約384km、ロングレンジおよびパフォーマンスが約498kmで、
     アメリカでの価格はそれぞれ3万9500ドル(約438万円)、4万9500ドル(約549万円)、5万9500ドル(約660万円)と発表されている。
     ロングレンジとパフォーマンスの違いはバッテリー性能の差で、パフォーマンスの方がロングレンジよりも加速性能が0-60mphで1.2秒速いデータとなっている。

     北米仕様のボディサイズは4694×1849×1443mm(全長×全幅×全高)で、日本でも比較的使いやすいサイズだ。

     一方、インテリアはさっぱりしており、中央部に大型のスクリーンがある以外、目立った装備は見当たらない。
     ドライバー側のステアリングを除けば左右対称の光景が広がる。
     もともとテスラのインテリアはミニマリズムを追及しており、モデル 3のそれはある意味“究極”と言っていいだろう。

     ただし、使いやすさにおいては少々難があるかもしれない。
     例えば、室内温度を調整したい場合にはスクリーンをタッチしながらいくつかのステップを踏んで画面を変えて調整しなければならないからだ。

     テスラモーターズ ジャパン マーケティングマネージャーの前田謙一郎氏は、モデル 3について「より一般的なEVです」と位置付けるとともに、
     「基本的な構造はモデル Sやモデル Xと共通なので乗り味は一緒です。
     低重心でスポーツカー的なフィーリングもありながら、室内は広く、セダンとしても十分活用できます」という。

     また、想定購入ユーザー層について前田氏は、「これまでは(高価格帯の)モデル Sとモデル Xでしたから、
     どちらかというとアーリーアダプターの中のさらにアーリーな人たちが多かったのですが、今後はもっとその裾野が広がっていくでしょう」と話す。
     そして、「よりデザインにこだわり、かつ走りにもこだわっている方に乗ってもらいたいですね。
     一方、航続距離が400kmを超えていますので、普通のクルマとして乗りたい方にもかなりおススメです。
     予想ですが、モデル 3はテスラのラインアップの中で半分以上の販売台数を占めるようになるでしょう」と語っている。

     なお、テスラモデルの特徴として、3GとLTEが搭載されていて常にテスラのサーバーとつながっている点が挙げられる。
     つまり、ソフトウェアのアップデートがあった場合には即対応が可能ということだ。
     そのソフトウェアは単にナビゲーションなどに限らず、例えばオートパイロットと呼ばれる運転支援システムなども含まれ、
     ハードウェアであるカメラやレーダー、その処理を実施する半導体チップはそのままに、さまざまなアップデートが行なわれているのだ。
     テスラの関係者によると、現在のハードウェアであれば未来に全自動運転の時代が来たときにはワイヤレスアップデートで完全自動運転ができるようになるという。

     ■同乗して感じた剛性の高いボディと低重心の魅力

    (中略、続きはwebで)

     Car Watch,内田俊一,Photo:中野英幸


    【正式発売前のテスラ「モデル 3」に試乗してみた(ただし助手席で)←研究テスト車両,剛性の高いボディと低重心の魅力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2019/05/01(水) 09:17:37.23 ID:D7ttfD9E9

    「平成」の怪物、HVのトヨタ・プリウス! 「令和」の希望、EVのテスラ?
    2019年5月1日 08:56
    https://www.zaikei.co.jp/photo/508755.html

    no title

    トヨタ・プリウス(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

     「平成」が終わって「令和」の時代がやってきた。実感はないが、「区切り」を付けて考えるには良いのかもしれない。すると平成の「ビッグワン」と思われるクルマがあることに気付くことになる。それは、『トヨタ・プリウス』だ。これは比較する車がないと言い切れるのかもしれない。国産車の中には、平成の年代に登場して優れた車と言われるものもあるが、「自動車」として、プリウスほど世界の方向性を変えてしまったものはない。平成の怪物プリウスと言えるだろう。

     こう言うと、いやいや日産・R32スカイラインGT-Rだってあるではないか?と言われてしまいそうだ。また、トヨタ・エスティマ、ユーノス・ロードスターなどなど、それぞれの分野でエポックメイキングな車は確かにある。しかし世界的視野で見れば、自動車の歴史の方向性を変えてしまった存在は他にない。HVの普及はこれからでもあるが、平成の終わりにトヨタがHV特許を公開した意味は大きいのだろう。


     細かく見ていくと、トヨタ方式HVシステムは、その「トルクミックスシステム」が実にシンプルなのだ。これは世界に誇ってよい発明だ。なのにトヨタ販売店の営業マンで、「電気式CVT」を説明できる人に出会っていない。これはなんとしたことであろうか。企業イメージとしても、最も良い方向に引っ張る材料ではないかと思っていたのだが、あまりにも知られていない。ユーザーが関心を抱かないと、世紀の発明品も「商品価値」を持たないこととなってしまう。現在の「電気式CVT」の商品価値は、実力をはるかに下回っているのであろう。

     通常、エンジン式自動車では、クラッチとミッションが必要だ。また変速段数は、多いほうがエンジン効率を高められるので良い。現在のATでは7~10段が常識となっている。ATでは、ロスをなくすロックアップが常識で、クラッチ式のDCTも段数が多くなっている。

     またベルト式、チェーン式CVTなどでは「ラバーフィーリング」などが伴うが、電気式CVTにはないのが特徴だ。だがプリウスの、モーターに電荷をかけることにより無段階に変速させるアイディアは、燃費性能でも有利だ。低速から高速まで自然にエンジンを効率の良い回転数で使うことが出来、モーターのパワーを有効に使っており、バッテリーの効率が上がらない現代の状況下では、最も燃費が良いシステムを構成している。

     そして、EVの先頭に立つテスラは、これから「令和」の時代に希望となれるのであろうか?バッテリー性能が低い中でありながら、これほどEVを意識させ、体験させた功績はある。しかし金融知識の中での幻想に近い商品価値であって、これから真の完成を目指していくものであろう。

     株価で注目され、予約金で車両価格全額を収めるなど、異常なブームと言うべき状態を作り出してきた。これからバッテリーの効率が上がってくれば、いよいよEVが普及し始めるのであろう。が、その時は、群雄割拠で競争がし烈となる。そうなればごくありふれた製造物の分類に入ると見られ、いよいよ「量産技術」が必要とされてくる。「EV」であるだけでは商品価値とならない時代がやってくるのだ。

     この点を投資家がどのように評価するのか?楽しみでもある。なんでも「EVありき」と主張していた人々も、これからはEVも多くの選択肢の一つとなる現実の世界を見せられることとなる。「テスラは令和の希望」となれるのであろうか?(記事:kenzoogata)


    【「平成」の怪物はHVのトヨタ・プリウス 「令和」の希望はEVのテスラ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    supercharger

    1: 2019/04/27(土) 10:42:47.488 ID:C6ioNg+i0

    これじゃ出先で充電できないじゃん


    【【疑問】なんで日本で電気自動車流行らないの? テスラ欲しいのに充電スポット少なすぎ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2019/04/22(月) 13:25:45.06 ID:CAP_USER

    [上海 22日 ロイター] - 米電気自動車メーカーのテスラ(TSLA.O)は22日、上海で停車中のテスラ車が爆発する様子を捉えた動画が中国のソーシャルメディアに投稿されたことを受け、調査チームを派遣したことを明らかにした。

    動画は中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」上で共有され、「Tesla self-ignites(自然発火するテスラ車)」というハッシュタグは閲覧件数が500万回を超えている。

    テスラは微博の公式アカウントで、「この件を知り、直ちに現場にチームを派遣した。現在、関係部署に状況を確認している。現時点の情報によると、けが人は出ていない」と説明した。

    動画では、「モデルS」のボンネットから煙が出た後に爆発して炎上し、周辺の車にも被害が出る様子が映されている。動画のタイムスタンプによると、21日夜に起きたとみられる。

    ロイターは現時点で動画の発表元を確認できていない。微博のユーザーらは上海で撮影されたとしている。

    微博の動画が貼られたコメント
    https://www.weibo.com/6069454448/HqI5yo6p9?type=comment
    tesla

    2019年4月22日 / 10:34
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/tesla-china-idJPKCN1RY030


    【米テスラ、上海での車両爆発の動画投稿受け調査チーム派遣】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    modelX_supercharger_@1x_1020px

    1: 2019/04/11(木) 22:16:46.73 ID:CAP_USER

    米電気自動車(EV)メーカーのテスラとパナソニックは米国で共同運営するEV向けの車載用電池工場の生産能力を高めるための投資を凍結する。2020年をめどに生産能力を5割増やす計画だったが、足元のEVの販売台数が想定を下回り、数千億円規模の先行投資はリスクが大きいと判断した。量産車メーカーに転じたいテスラの年産100万台という目標は遠のく。

    増産投資を凍結するのは米ネバダ州にある世界最大のEV用電池…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    2019/4/11 18:00
    日本経済新聞 電子版
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43625640R10C19A4MM8000/


    【【悲報】テスラ、米EV電池工場の増産投資凍結】の続きを読む

    このページのトップヘ