乗り物速報

バイクと車のまとめ

    テスラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    Retail Indoor_2
    1: 2017/06/02(金) 14:48:24.73 ID:CAP_USER

    電気自動車(EV)のテスラモーターズジャパン(東京・港)は2日、名古屋市千種区に3日開く直営店「テスラ名古屋」の報道向け内覧会を開催した。東京や大阪などに続く日本で6つ目の販売拠点で、中部では初の店舗。愛知は言わずと知れたトヨタ自動車のお膝元で、販売網はまさに強固の一言だ。テスラが“敵地”で顧客を獲得できるか注目を集めそうだ。

     「名古屋の人は自動車そのものへの関心が高く、最先端のテスラ車に興味を…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD01H32_S7A600C1000000/


    スポンサーリンク

    【テスラが挑むトヨタの牙城 名古屋に直営店】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    tesla-motors-and-toyota-logos_100312872_m
    1: 2017/06/03(土) 10:54:07.47 ID:CAP_USER

    トヨタ自動車が、米国の電気自動車(EV)メーカー、テスラとの提携を解消していたことが分かった。一時3・15%保有していたテスラ株をすべて売却。EVの共同開発もすでに終えた。トヨタは量産EVの自前での開発に乗り出しており、両社の関係は協力から競争に変わっていた。

     トヨタは2010年5月、スポーツカーの高級EVを手がけるベンチャーとして注目されていたテスラとの包括提携を発表した。トヨタ広報によると、5千万ドル(当時の約45億円)を出資し、テスラ株の3・15%を取得した。

     当時のトヨタは、米ゼネラル・モーターズ(GM)と米カリフォルニア州で共同運営していた工場「NUMMI(ヌーミー)」を閉めた直後。テスラはこれを買い取り、EV工場に転用した。
    http://www.asahi.com/articles/ASK625TRTK62OIPE022.html


    スポンサーリンク

    【トヨタ、テスラと提携解消 株売却、EV共同開発も終了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    Tesla-Motors-Logo
    1: 2017/05/04(木) 13:56:43.34 ID:CAP_USER

    【NQNニューヨーク=神能淳志】電気自動車(EV)メーカーのテスラが3日夕に発表した2017年1~3月期決算は売上高が前年同期の2.3倍に膨らんだ。急成長を市場も評価し、株式時価総額は4月下旬にゼネラル・モーターズ(GM)を上回った。だが、1株当たりの赤字幅が市場予想より拡大するなど、今回の決算では不安な一面ものぞかせた。7月にも価格の安い量産車種を投入するが、既存車種の需要を食うリスクが浮上して…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL04H3K_U7A500C1000000/


    スポンサーリンク

    【米テスラ、赤字幅が拡大 株価「過大評価」の声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    The-35000-Tesla-Motors-Car-Will-Be-Named-the-Model-3
    1: 2017/04/11(火) 14:13:05.56 ID:CAP_USER9

    Share on Facebook
    Share on Twitter
    米電気自動車メーカー、テスラ・モーターズが時価総額でゼネラル・モーターズ(GM)を抜き、同ベースで全米首位の自動車メーカーとなった。
      テスラ株は10日の米株式市場での早い時間の取引で一時3.7%高となり、これにより時価総額は510億ドル(約5兆7000億円)に膨らんだ。同社の時価総額はニューヨーク時間午前9時35分時点でGMを約17億ドル上回った。
    その後は、両社が時価総額の首位争いを展開している。
      今回の動きは、ゆくゆくは電気自動車が業界で中心的な存在になるとのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の考えを市場が支持していることを示している。テスラは年内に新型セダン「モデル3」の投入を予定。
    一方でGMは価格などが同様の「シボレー・ボルト」をモデル3に先駆けて投入しており、その面ではGMはテスラに勝っているが、GMよりずっと規模が小さく黒字になることもめったにないテスラが高めた市場の熱気には対抗できていない。
      パイパー・ジャフレーのアナリスト、アレクサンダー・ポッター氏は「テスラは楽観や自由、挑戦などさまざまな多くの感情を喚起させる。当社の見解では、それは他社にはまねできないことだ」と指摘。
    「競合他社がテスラに追いつこうと躍起になっても、捨て鉢にしか見えないだろう」と続けた。
    原題:Tesla Tops GM’s Market Value as Investors See Musk as Future (1)(抜粋)

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-10/OO755I6VDKHT01


    スポンサーリンク

    【【時価総額】テスラ、GMを抜き全米首位の自動車メーカーに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    Tesla-Motors-Logo

    1: 2017/03/29(水) 09:35:40.00 ID:CAP_USER

    http://businessnewsline.com/news/201703280625530000.html

    27日のNasdaq市場で、Tesla (NASDAQ:TSLA) の終値換算の時価総額が457億7000万ドルとなり、
    Ford (NYSE:F) の453億5000万ドルを突破し、時価総額の上からはGMの (NYSE:GM) の524.5億ドルに次いで自動車第2位に付けた。

    これにより、米自動車メーカーの時価総額の順列は、1位がGM、2位がTesla、3位がFord、
    4位がFiat Chrysler (NYSE:FCAU) の165.2億ドルとなった。

    Teslaは年央にも待望の大衆車となるModel 3の納車開始を予定しており、価格帯的には、
    もっとも売れ筋の3万ドル台の乗用車が加わることにより、電気自動車普及に拍車がかかることが見込まれている。
    Teslaはまた、太陽光発電大手のSolarCityを26億ドルで買収することで、全米最大規模の太陽光発電事業者ともなっており、
    太陽光発電によるクリーンエネルギーの供給、メガファクトリーによるリチウムイオンバッテリーの供給、
    そして、それらを使った電気自動車による移動手段の提供と、クリーンエネルギーの分野では、
    発電、蓄電、消費の全過程を垂直管理できる初の体制構築もなし得ている。

    GMやFordといった既存の大手自動車メーカーに関しては、電気自動車や燃料電池車といった次世代車の開発で出遅れ感を強めており、
    今後、時価総額で2位に進出したTeslaと最大手のGMとの格差は縮小していく可能性も生じている。


    スポンサーリンク

    【テスラ、時価総額でフォードを抜いて米自動車メーカー2位に浮上】の続きを読む

    このページのトップヘ