乗り物速報

バイクと車のまとめ

    テスラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    20170731-20103299-carview-000-10-view

    1: 2019/01/03(木) 06:00:27.55 ID:CAP_USER

    【シリコンバレー=白石武志】米テスラは2日、2018年10~12月期の販売台数が9万700台だったと発表した。18年7~9月期を8%上回り四半期として過去最高を更新したものの、市場予想には届かなかった。19年から米政府によるエコカー普及促進のための減税措置が縮小されたのに伴い、米国で全3車種を一律2000ドル(約21万円)値下げしたことも明らかにした。

    米調査会社ファクトセットによると、18年10~12月期のテスラの販売台数の市場予想値は9万1310台。会社側が発表した実績値は市場予想を1%下回った。テスラが社運を賭ける量産車「モデル3」の伸び悩みが主な要因で、18年10~12月の販売台数は6万3150台と市場予想(6万5300台)を3%下回った。

    モデル3の販売伸び悩みの理由について、テスラは現状では納車可能な地域が北米地域に限られ、中価格帯以上のグレードの車種を現金かローンでしか扱っていない点をあげた。19年2月から欧州や中国市場での納車を始めるほか、低価格グレードを追加しリース販売にも乗り出すことで「販売を拡大し続ける大きなチャンスが残っている」と説明した。

    18年にテスラの米国市場での累計販売台数が20万台に達したことで、最大7500ドルだったテスラ車の購入者に対する米政府の税控除額が19年1月から3750ドルに半減した。テスラでは販売への影響を抑えるために2日から米国での販売価格を全3車種一律2000ドル下げた。

    テスラでは難航していたモデル3の量産が軌道に乗ったことで、18年7~9月期の最終損益が8四半期ぶりに黒字に転換したばかり。モデル3の販売が市場の期待ほどには伸びず、値下げによって収益が悪化するとの懸念も広がり、2日の米株式市場でテスラ株は一時前営業日比10%安を付けた。
    2019/1/3 5:52
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39606080T00C19A1TJC000/


    【米テスラの販売台数に減速感、減税縮小で値下げも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    SSSS1

    1: 2018/10/26(金) 01:41:32.22 ID:CAP_USER9

    https://jp.reuters.com/article/autos-reliability-idJPKCN1MZ0BC

    ビジネス
    2018年10月25日 / 06:23 / 12時間前更新
    テスラ「モデルS」、米誌の信頼性調査で最下位寸前に転落 
    [デトロイト 24日 ロイター] - 米消費者向け情報誌「コンシューマー・リポート」が24日発表した今年の自動車信頼性調査で、米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)の高級セダン「モデルS」順位が昨年から6ランク下がって27位となった。 

    同誌は50万台以上の新車を対象にデータを収集し、米国市場における29ブランドについて信頼性を調査している。

    1位はトヨタ自動車(7203.T)の高級車ブランド「レクサス」、2位が「トヨタ」だった。両ブランドは6年連続で上位にを占めている。

    モデルSの評価は、昨年の「平均以上」から「平均以下」に引き下げられ、総合評価で「推奨」ブランドの地位を失った。初めて対象に加わった「モデル3」は「平均並み」となった。

    米国勢では、フォード・モーター(F.N)の「フォード」と「リンカーン」がそれぞれ18位と20位、ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)の「ビュイック」、「シボレー」、「GMC」がそれぞれ19位、23位、25位だった。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCHA.MI)の「ドッジ」、「ジープ」、「クライスラー」、「ラム」はそれぞれ21位、22位、24位と26位。

    一方、3位にマツダ(7261.T)、4位にスバル (7270.T)、5位に韓国現代自動車(005380.KS)傘下の「起亜」ブランドがそれぞれ入った。


    【【テスラ】「モデルS」、米誌の信頼性調査で最下位寸前に転落 1位は「レクサス」2位「トヨタ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    tesla

    1: 2018/10/25(木) 09:29:22.77 ID:CAP_USER

    アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、ことし9月までの3か月間の決算を発表し、ほかの車種よりも割安な新型車「モデル3」の生産拡大を受けて、最終的な損益は2年ぶりに黒字を確保しました。

    テスラが24日発表した、ことし7月から9月までの3か月間の決算によりますと、売り上げは電気自動車の販売台数が伸びたことから68億2400万ドル、日本円でおよそ7600億円となり、前の年の同じ時期の2倍以上に増えました。

    また、最終的な損益は3億1100万ドル、日本円で340億円余りの黒字となり、2016年の同じ時期以来、2年ぶりに利益を確保しました。

    テスラは去年7月、ほかの車種よりも割安な新型車「モデル3」の納車を始めたものの量産が遅れ、開発や生産にかかるコストが膨らんだことから赤字決算が続いていました。

    ただ、この3か月で新型車を5万6000台余り納車し、生産についても順調に拡大したことで、黒字に転換したとしています。

    イーロン・マスクCEOは「この3か月は、テスラにとって本当に歴史的な期間だった」とコメントしています。
    2018年10月25日 7時53分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181025/k10011684861000.html


    【アメリカ電気自動車メーカー テスラ 2年ぶりに黒字確保】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/10/23(火) 08:23:15.40 ID:ZdQv6N1O0

    こないだからTwitterでアニメが好きとか言いまくってる模様

    no title


    【【悲報】イーロンマスクさん、ついに頭がおかしくなる・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    20170731-20103299-carview-000-10-view

    1: 2018/10/05(金) 11:37:07.404 ID:hNfsaWQD0

    400万ちゃりーん^_^
    これ発売されたら日本のEV市場はオワコンになるよ!


    【【朗報】テスラのモデル3予約したったwwwwwwこれでガソリン価格に右往左往されなくて済むわww】の続きを読む

    このページのトップヘ