乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トップギア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2017/11/30(木) 21:54:50.91 ID:woeUPteL0 

    Honda Civic Type Rは、BBC TopGear誌のCar of the Yearで、
    ハットトリックの優勝を飾った。
    内訳は、
    ホット・ハッチオブ・ザ・イヤー、
    インターナショナル・エディターズ・オブ・ザ・イヤー、
    そして最高賞であるカー・オブ・ザ・イヤー。

    BBC TopGear誌は、
    「Civic Type Rは今年のベスト・ホット・ハッチではなく、今年のベスト・カーだ」と語った。

    https://youtu.be/1O9zwSRcA50


    no title


    【ホンダシビックタイプR トップギアでカーオブザイヤー独占の快挙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 62コメント

    tg_-line-up_maincloser_af1
    1: 2017/09/11(月) 22:01:27.86 ID:ZUsytXFR

    たしかに車を発明したのはヨーロッパで
    車を量産したのはアメリカだけど
    日本の車にも良い点はある。
    それを女が乗る車扱いして馬鹿にしやがって
    お前だよ、トップギア、はよ番組終われ。


    【イギリス人てほんと日本車バカにするよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    135
    1: 2017/04/15(土) 22:03:27.642 ID:ljDjXoLZr

    日本もトップギアみたいな番組作れよ


    【日本って自動車大国なのに車番組少ないよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 65コメント

    1: 2017/02/05(日) 12:35:34.44 ID:3V3NNlZ40 

    長い年月が経過し、私は随分と年をとってしまった。せっかくフェラーリ・488スパイダーに乗る機会を貰えたにもかかわらず(言い訳をさせてもらうと、その日はとても寒かった)、
    少し運転しただけで車を停めてルーフを上げたくなってしまった。
    ジェームズ・メイはなんて甘ったれた奴なんだと怒りに打ち震える人がいても驚かない。私が乗ったのはV8ミッドシップのイタリアンスーパーカーだし、ちゃんとしたヒーターだって付いていた。
    にもかかわらず、私はルーフを下げて走りたいという衝動に駆られなくなってしまった。

    488スパイダーの試乗はとても楽しかった。ターボチャージャーのせいで魅力が薄れたという批判もあるが、私はそれに同意しない。
    ターボチャージャーは高回転域で効きにくくなるため、高回転域に悪魔が潜んでいたかつてのV8の魅力は幾分か失われてしまったし、演技がかった感じもある。

    しかし、代わりに中回転域が見事になった。応答性は非常に高く、繊細なトルクカーブや不可思議なギア比のおかげで、ラ フェラーリを彷彿とさせる情熱に溢れた走りを見せてくれる。とてつもなく楽しい。この車には特別感がある。

    KERSを搭載するラ フェラーリに言及したので、さらに話を広げることにしよう。私は先日、ハイブリッドシステムを載せる新型ホンダ・NSXに試乗した。
    NSXなら街中を電気だけで走ることもできる。NSXは非常に先進的な4WDシステムを搭載したハイブリッドスーパーカーなのだが、その真価が発揮されるのは本気で走らせたときだけだ。
    普段は488と同じ、ミッドシップの楽しい車でしかない。しかも、488よりも約6万ポンド安い。

    NSXに比べれば、私のフェラーリもこの488スパイダーも含め、あらゆるミッドシップスポーツカーが古臭く見えてしまう。

    https://www.driving.co.uk/car-reviews/james-may-review-ferrari-488-spider/
    no title


    【トップギアのジェームズ・メイ「新型NSXが最高すぎる、NSXに比べたら全ての車は古い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: ちくわ部φ ★ 2015/03/21(土) 13:54:43.25 *.net

    英BBC放送が「けんか騒ぎ」のため出演停止とした人気自動車番組「Top Gear(トップ・
    ギア)」の司会者ジェレミー・クラークソン氏の復帰を求めるインターネット上の嘆願書への署名が
    20日、100万件に達した。

     嘆願書は、「クラークソンを復帰させよ」との横断幕が掲げられた戦車を使い、ロンドン中心部に
    あるBBC本社に届けられた。

     トップ・ギアは、世界各国で計3億5000万人が視聴しているとされるBBCの稼ぎ頭の一つ。
    プロデューサーとの間で起きたけんか騒ぎは、番組撮影後に温かい食事が出なかったことが原因だった
    と伝えられる。

    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015032100049
    no title


    【【トップギア】「司会者を復帰させろ」ファンらが嘆願書100万件を戦車で届ける】の続きを読む

    このページのトップヘ