乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 53コメント

    1: 2019/03/20(水) 20:26:06.82 ID:YYN7/RIV0● BE:423476805-2BP(4000)

    トヨタでは2019年春の正式日本発売が予告されている新型GRスープラの先行予約が始まっている。その受注状況が好調であることが発表された。
    新型GRスープラは3タイプのパワートレインが用意される。
    このうち人気となっているのが直6ターボエンジン搭載のグレードRZで、既に半数を超える販売店で、初年度分に予定していた注文予約台数に達しているとのこと。
    搭載されるパワートレインは、いずれもBMWからOEM供給されたものとなる。
    新型GRスープラはBMW Z4とプラットフォーム共用された姉妹モデルの関係にあり、どちらもMagna Steyr社のオーストリアにある工場で生産される。
    https://car-research.jp/tag/supra
    no title

    https://youtu.be/vsoWEFNU6hk


    【トヨタ新型スープラ直6エンジン搭載モデルの受注が好調、予約受付中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 61コメント

    1: 2019/03/20(水) 14:25:49.160 ID:o5OLuLbJ0

    誉めて誉めて
    no title


    【【画像】カローラスポーツって車買ったwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 126コメント

    t021_l

    1: 2019/03/18(月) 01:18:39.85 0

    おかしいと思います


    【エンジンも駆動系も足回りもBMWなのにスープラが帰って来たってドヤるトヨタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    K0001120789

    1: 2019/03/18(月) 08:16:35.21 ID:f68IIKME9

    トヨタ新型「スープラ」すでに完売!? 日本正式発売前にいったいなぜ?
    3/18(月) 7:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00010001-kurumans-bus_all

    予約開始から1週間足らずで… 受注枠が埋まってしまった
     トヨタからスポーツカーの新型「スープラ」が発売されます。以前のスープラは1986年から2002年に掛けて、日本でも販売していたので、ご存じの方も多いでしょう。17年ぶりに復活するわけです。新型スープラの正式な発売は2019年5月1日ですが、販売店では3月9日から予約受注を開始しています。ネット上では「すでに新型スープラ完売」といった声も聞かれるので、真実はどうなのか、販売店を取材しました。

     まず新型スープラのグレードと価格は以下の通りです。

    ■新型スープラのグレードと価格(すべて8速AT)
    ・RZ(直列6気筒3リッターターボ) :690万円
    ・SZ-R(直列4気筒2リッターターボ):590万円
    ・SZ(直列4気筒2リッターターボ) :490万円

     販売店によると、上記3グレードの内「RZは2019年モデルの販売を終了しました」とのことです。複数の店舗に理由を尋ねると、以下のような返答でした。

    ――すでに新型スープラが完売といわれてますが、どういうことですか。

     新型スープラは海外でも販売され、日本の割り当て台数が少ないです。そのために最上級グレードとなる3リッターターボモデルのRZは、2019年3月9日に予約受注を開始したところ、1週間足らずで2019年モデルの受注枠が埋まってしまいました。

     したがって現時点(2019年3月中旬)では受注しておりません。2リッターターボは受注できますが、2019年モデルの枠がいつ埋まるかわかりません。注文をいただいたスープラの納車は、順次行っていきますが、直近で注文を頂いた車両は、2019年10月以降になると思います。

    ――これから3リッターターボを搭載した新型スープラRZを購入したい場合は、どうすれば良いのでしょうか。

     RZは2019年の受注枠を使い切ったので、次の2020年モデルを買うことになります。2020年モデルの予約はまだできませんが、おそらく2019年10月頃には、受注を開始するでしょう。

     近所の販売店に『予約受注を開始したら、真っ先に注文を入れて欲しい』と頼んでおくのが良いと思います。ただし2020年モデルの詳細はまだ決まっていないので、正確なことはわかりません。確実なのは、RZが2019年の受注枠を使い切ったことだけです。

    ――スープラの購入に際して注意すべき点はあるのでしょうか。

     スープラの販売は、基本的にトヨタの全店が行います。しかし車検や点検などのサービスは、GRガレージの担当です。GRガレージは、各販売系列(トヨタ店/トヨペット店/トヨタカローラ店/ネッツトヨタ店)がそれぞれ運営していますが、拠点数は少ないです。1県に1店舗の地域も多いです。

     新型スープラは基本部分をBMW 新型「Z4」と共通化しており、トヨタ車としてはメカニズムや装備が特殊なので、GRガレージの専門スタッフがサービスを担当するわけです。

    以下はソース元で


    【【悲報】トヨタ新型「スープラ」すでに完売!? 予約開始から1週間足らず 日本正式発売前にいったいなぜ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2019/03/18(月) 13:40:40.58 ID:CAP_USER

    《APOLLO NEWS SERVICE》トヨタ アクア 次期型 予想CG
    no title

    その他画像は元ソースでご覧下さい
    https://response.jp/article/img/2019/03/18/320255/1396672.html

    トヨタの人気ハイブリッド・コンパクト『アクア』次期型に関する情報を入手した。日産『ノートe-POWER』にその牙城を脅かされたアクアだが、初のフルモデルチェンジでその差をつき離すことはできるのか。進化のポイントに注目だ。

    アクアは、2010年のデトロイトモーターショーで公開された『FT-CH』が起源となっている。その後2011年1月には『プリウスC コンセプト』へ進化し、2011年11月にアクアとして発表、発売された。登場以来、燃費や価格、サイズ感など優れた実用性で、新車販売が4年連続で1位に輝くなど人気モデルの地位を確立した。2014年12月、2017年6月と二度のマイナーチェンジが行われているが、デビューから7年以上が経過し、ついに第二世代へバトンタッチされる。

    次期型では、「TNGA」プラットフォームを採用し軽量化。5ナンバーのため全長は1.7mをキープするが、居住空間がアップするとみられる。エクステリアデザインは、2013年の東京モーターショーで公開された『Premiアクア』がベースと予想されており、エッジの効いたスポーティさと高級感を実現する。

    (参考画像)トヨタ自動車東日本のPremi AQUA
    no title


    次期型アクアに期待されるのはやはり燃費だろう。現行モデル同様にハイブリッド専用モデルとなり、パワーユニットには1.5リットルNR型エンジン+電気モーターを搭載。燃費は現行モデル38km/リットルはもちろん、プリウスの40.8km/リットルも超える43km/リットルから45km/リットル程度が予想される。また同ブランドの次世代4WD「E-Four」の設定が予想される。

    安全技術では、「レーントレーシングアシスト」、「アダプティブハイビームシステム」、「レーザーレーダー」「ローンサイドアシスト」など最新世代の「トヨタセーフティセンス」を装備するはずだ。

    Spyder7スクープ班では早速、次期型予想CGを制作した。トヨタのCセグの流れを汲んだデザインを盛り込み、かつサイドのキャラクターラインで立体的なシルエットを表現した。また、タイヤハウスを取り巻くラインでワイド感もアピール。フロントも大口径のグリルに存在感を持たせたシャープかつ大型二連のヘッドライトを装備。さらにコーナーエアインテークから中央につながる羽型のデザインバーもポイントだ。

    ワールドプレミアは2019年12月か。秋の東京モーターショー2019でのお披露目も期待できそうだ。

    ◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
    http://spyder7.com/

    2019年3月18日(月)08時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/03/18/320255.html


    【【画像】トヨタ アクア ついに初のフルモデルチェンジへ、新型は2019年12月デビューか】の続きを読む

    このページのトップヘ