乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    K0001004218
    1: 2018/11/20(火) 17:40:51.64 ID:CAP_USER9

     政府は20日、来春の皇位継承に関する式典委員会(委員長・安倍晋三首相)の第2回会合を首相官邸で開き、皇太子さまの新天皇即位を披露する祝宴「饗宴の儀」を2019年10月に計4回開くことを決めた。

     招待者は前回から800人絞り込み、回数も前回の7回から減らして簡素化する。新天皇が祝賀パレードで使用する自動車は、国産オープンカーを新規購入する。発注先はトヨタ自動車とする方向で調整に入った。

     新天皇即位を公に示す「即位礼正殿の儀」(19年10月22日)の参列者数は、前回と同規模の2500人程度とした。政府は式典関連費用を19年度予算案に盛り込む。

     饗宴の儀は19年10月22日と同25日に着席形式、同29、31両日に立食形式でそれぞれ開く。

     平成の代替わりに伴う前回の饗宴の儀は、1990年11月に4日連続で計7回、全て着席形式で行われた。今回の参列者は即位礼正殿の儀の参列者2500人に、外国の駐日大使の配偶者ら約100人を加えるにとどめる。 

    2018年11月20日 17時30分
    時事通信社
    http://news.livedoor.com/article/detail/15623395/

    関連スレ
    【皇室】政府、新天皇即位パレードで使う国産車発注へ・・・今まで使用していた英国車「ロールス・ロイス」が走行不能の為★4
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542639352/


    【新天皇即位パレードで使う国産車、トヨタ自動車になる模様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1776629_3L1

    1: 2018/11/20(火)12:27:09 ID:7CT

    トッモ「よっしゃ俺のシビックで試すぜワイ手伝え!」

    ワイ「任せろ! こんなこともあろうかとアルミテープ買ってあるぜ!!」

    トッモ「でかしたとりあえず貼りまくれ! 」ペタペタ

    ワイ「よっしゃ!できたぜ!」

    トッモ「さっそくテストドライブや! ワイ乗れ!日がくれちまうぞ!」ブィィィィィ

    30分後

    ワイ・トッモ「……変わんなくね?」

    ?


    【トヨタ「アルミテープ貼ると性能あがるで」 ワイ・トッモ「マ? ま?!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    akio_toyoda_kv_w610

    1: 2018/11/19(月) 19:54:39.76 ID:GXgUGvyU0

    トヨタの格差すくなすぎわろた


    【豊田章男の給料→3.8億、トヨタ社員年収→831万、ゴーン給料→7.3億、日産社員年収→818万】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2018/11/19(月) 16:28:45.03 ID:CAP_USER9

    トヨタは2018年11月19日、商用バン「プロボックス」「サクシード」を一部改良し、新たにハイブリッドモデルを追加した。また衝突回避支援システムをこれまでの「Toyota Safety Sense C」から、昼間の歩行者検知機能を追加したプリクラッシュセーフティを備える「Toyota Safety Sense」に進化させた。プロボックスは全国のトヨタカローラ店、サクシードは全国のトヨタ店ならびにトヨペット店にて2018年12月3日より発売する。

    今回新たに設定された新型プロボックス ハイブリッド/サクシード ハイブリッドは、1NZ-FXE型1.5リッターガソリンエンジンにTHS IIハイブリッドシステムを組み合わせ、JC08モード燃費27.8km/Lを実現。新しいWLTCモード燃費では22.6km/Lを達成した。なおWLTCモード燃費の各モードについては、市街地モード21.8km/L、郊外モード23.7km/L、高速道路モード22.3km/Lとなっている。

    「平成27年度燃費基準+25%」達成と「平成30年排出ガス基準75%低減レベル」認定によりエコカー減税の対象となる。ハイブリッドシステムならではのモーター駆動によるスムーズな発進と加速、あわせて高い静粛性を実現させた。

    このほかハイブリッドモデルでは、オートエアコンやシートヒーター(運転席にオプション)、運転席横のスペースにセンターコンソール小物入れを設定するなど、快適で便利な仕様とした。

    一部改良では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」に昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ」を全車に標準装備させた。さらに盗難防止用イモビライザーを新たに標準設定するなど、優れた安全・防犯機能を確保した。

    このほか装備面では、USBポートの標準装備化や、マルチホルダーのサイズを拡大しスマートフォンやメモ帳などが楽に置けるよう改善するなど、プロボックス/サクシードを利用するユーザーがより使いやすい運転席周りとした。

    トヨタ 新型プロボックスの価格は1,373,760円~1,965,600円。うちハイブリッドモデルは1,819,800円~1,965,600円となっている。新型サクシードの価格は1,549,800円~1,965,600円。うちハイブリッドモデルはプロボックスと同様に1,819,800円~1,965,600円となっている。[価格は全て消費税込み]

    no title

    https://autoc-one.jp/news/5003213/


    【トヨタ、商用バン「プロボックス」「サクシード」にハイブリッド追加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント

    TOYOTA_YARIS_WRC_01-20180113190523-900x507

    1: 2018/11/19(月) 00:31:12.92 ID:XyldDWi70

    ルマン優勝、WRCメイクスタイトル獲得、国内でも強い


    【【悲報】車オタが嫌うトヨタさん、レース界で日本勢唯一の希望となってしまう・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ