乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/11/04 09:29:15
    2009年5月に発売された3代目プリウスは今年9月末までに国内で約130万台を販売。

    また「アクア」はプリウスのマイナーチェンジとほぼ同時期の2011年12月に発売されて以降、
    快走を続けており、その後プリウスと販売台数で抜きつ抜かれつの首位争いを繰り返している
    のはご存知のとおり。

    「アクア」はデビュー後、今年9月末までに国内で累計約48万台を販売しており、同期間に
    於けるプリウスの累計販売台数が約52万台である事を考えると、「アクア」が如何にプリウスに
    迫っているかが判ります。

    アクアはこれまでプリウスの32.6km/Lを上回る「35.4km/L」の超低燃費をウリにコンパクト
    カー市場を席捲して来た訳ですが、今年9月6日にホンダ「フィットHV」が同排気量で「36.4km/L」
    (廉価グレード)の燃費を達成したことから、「燃費マシン」としての立場が脅かされている状況。

    しかしトヨタが黙って見過ごすはずも無く、新聞報道によるとアクアが年内ににマイナーチェンジを
    予定している模様。

    HV制御の見直しで燃費が37km/L台となるようで、僅か3ヶ月後にアクアがフィットから燃費トップ
    の座を奪還することになりそう。

    外観にはほぼ変更が無く、若干の価格アップと値引き減が伴うようで、ホンダ同様、廉価グレードを
    燃費スペシャルモデルに仕立てる可能性が高いとの予想。

    Web情報では東京モーターショーが開催中の11月25日発売の線が濃厚のようです。

    一方、アクアに関連する情報としてはプリウス「G’s」に続くHVスポーツの第2弾として今年1月の
    東京オートサロンで話題になった、アクア「G’s」がマイチェンと同時に発表される模様。

    HVでも走りを楽しみたいユーザー向けのモデルで、「G’s」一連の外観やボディ剛性アップ、専用
    スポーツサスペンションなどにより、「G’s」ならではのリニアなハンドリングが実現されている
    そうなのでこちらも期待出来そうです。

    ●東京オートサロンで話題になった、アクア「G’s」
    no title


    ◎トヨタ自動車(7203) http://toyota.jp/

    http://clicccar.com/2013/11/04/234832/

    ◎主な関連スレ
    【自動車】ホンダ『フィット』、10月新車販売台数で2年半ぶりの「首位」--トヨタ『アクア』上回る [11/01]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1383293579/

    【トヨタ『アクア』、マイナーチェンジで『フィット』超えの燃費「37km/L」に!?--『G's』も同時発表か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: ブラディサンデー(千葉県) 2013/11/03 09:49:32 ID:GbwHKCMu0
    以前、トヨタがスポーツクーペ"Toyota 86"のメカニズムを流用した4ドアセダンバージョンを開発しているという噂についてお伝えした、
    その86ベースのセダンバージョンが11月5日アラブ首長国連邦ドバイで開幕する2013 ドバイ国際モーターショー(Dubai International Motor Show 2013)で披露される可能性が浮上してきた。

    これは2013年11月2日、ドバイ国際モーターショーのFacebookの公式アカウントに、上の86風の4ドアモデルのフォトショップ画像と共に
    「Toyota UAE sets to impress the UAE market with new Sedan! The all new "wave design" Toyota stand will witness the regional unveil of Sedan FT 86 at the Motor Show…Don’t miss it!」
    という惹句が投稿されたことから発覚したものあるが、、そこには明確にトヨタ UAEが「Sedan FT 86」のお披露目することが示唆されている。

    http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51812249.html
    no title


    公式
    https://www.facebook.com/DubaiMotorShow

    【ドバイモーターショー公式サイトでトヨタ86セダンの画像が公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: ファイナルカット(芋) 2013/11/02 07:30:45 ID:heMrvtKb0
    トヨタ自動車の米国市場における主力モデル、『カムリ』。同車の珍しいワンオフモデルが、オークションに出品されている。

    これは10月29日、米国の自動車競売大手、RKモーターズ・コレクター・カー・オークションが明らかにしたもの。「トヨタ『カムリNASCARエディション』をオークションに出品する」と発表している。

    このカムリNASCARエディション、TRDとRKモーターズが共同開発したワンオフモデルとして2010年秋、SEMAショー10で初公開。先代カムリがベースで、ボディは2ドアクーペに変更されており、ホワイト&レッドのツートン塗装が目を引く。

    ハイライトはパワートレイン。NASCARエディションの名前の通り、ボンネットにはNASCARのレーシングカー譲りのTRD製5.9リットルV型8気筒ガソリンエンジンを移植した。

    その最大出力は680ps/8500rpmと非常にパワフル。トランスミッションは6速MT。ベース車両のカムリは駆動方式がFFだが、NASCARエディションではレクサス『SC430』のディファレンシャルを移植し、後輪駆動に変更している。

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://carview.yahoo.co.jp/news/event/194059/

    【トヨタ カムリ、NASCAR 仕様がオークションに…5.9リットルV8は680ps】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント
    1: フェイスロック(千葉県) 2013/10/31 22:35:42 ID:M3KBSRsr0
    「うちはあんな車は作らない!」 日産の副社長が「BRZ」と「86」をこき下ろす

    日産が、11月23日~12月1日に開催される東京モーターショーで、サイオン「FR-S」(日本名:トヨタ「86」)やスバル「BRZ」のような後輪駆動のクーペを発表すると、同社の副社長アンディ・パーマー氏がほのめかした。

    米自動車業界誌『Motor Trend』のインタビューで同氏は、「(後輪駆動の小型クーペのジャンルで)我々に対抗馬がいますか?
    スバル(BRZ)のことなら、あれは、ミッドライフクライシス(中年の危機)を迎えた50代の人のためにデザインされたクルマです。
    我々はそんなものは作りません」と、海外では「トヨバル」の愛称で人気のBRZと「FR-S」(日本名:86)をこき下ろした。

    ところがこの後、聞き捨てならない発言が。「東京モーターショーで、中年の危機に対する答えが見つかりますよ。ただし、中年のためのものでは決してありません」と続けたのだ。
    つまり、FR-SやBRZを打ち負かすようなクルマを、日産はすでに開発しているというのだ。

    同誌によれば、その答えとは、「370Z」(日本名:「フェアレディZ」)の3.7リッターV型6気筒「VQ37VHR」をデチューンしたモデルと、ターボチャージャー付き2.5リッター4気筒エンジンを搭載した後輪駆動の新型クーペのようだ。

    東京モーターショーでのお披露目に期待が高まる。

    http://jp.autoblog.com/2013/10/30/nissan-rear-wheel-drive-sports-car-brz-frs-competitor/

    【日産「うちは86/BRZのような中年向けの車は作らない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/30 16:47:34
    タクシーやハイヤーに使われることの多いトヨタのクラウンセダン、クラウンコンフォート、
    そしてコンフォート・コンフォート教習車がマイナーチェンジを受けました。

    1995年デビューのコンフォート系はトヨタのラインナップでも長寿シリーズですが、
    今回の小変更では全車に車両安定装置であるVSCとTRCを標準装備しています。
    そのほか、メーター照度コントロール機能を追加したスピードメーター&タコメーター
    となりました。

    VSCの標準装備化は、国土交通省により横滑り防止装置(ESC)を継続生産車において
    2014年10月1日から装備義務化になることに対応したものといえます。

    エンジンは教習車以外はLPG仕様の2.0リッター4気筒、教習車にはガソリン2.0リッターが
    用意されています。いずれも駆動方式はFRで、基本となる変速機は4速AT。コンフォート、
    コンフォート教習車には5MTが用意されます。

    メーカー希望小売価格は、次のようになっています。

    コンフォート:1,801,800円~2,326,800円
    コンフォート教習車:1,738,800円~2,064,300円
    クラウンコンフォート:2,211,300円~2,442,300円
    クラウンセダン:2,690,100円~2,973,600円

    ●画像
    no title

    no title

    no title

    no title


    ◎トヨタ自動車(7203)のリリース
    http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/10/nt13_060.html

    http://clicccar.com/2013/10/30/234454/

    【タクシーや教習車にも「スピン防止装置」--トヨタ、クラウンセダンとコンフォート系をマイナーチェンジ】の続きを読む

    このページのトップヘ