乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    130905_3s

    1: 頭突き(catv?) 2013/09/29 16:21:29 ID:vdmIRFhF0
     タイヤを横滑りさせて走るドリフト走行で時速217kmという世界最高速度を樹立しギネスに認定された、驚愕の走行映像が『YouTube』に掲載されている。

     今回ドリフト最速記録を樹立したのは、ORLENチームに属するポーランド人レーシングドライバーのKuba Przygonski氏。
    今月3日にポーランドのクローズドコースで217.973km/hでドリフト走行を行い、ギネス認定を受けた。

     車両は、トヨタGT86(日本名86)をベースに大掛かりな改造を加えたチューニング車で、1100馬力近い最高出力を発生するという。



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=67AQ7XBhd68


    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/191996/

    【ポーランド人レーサー、トヨタGT86でギネス記録! 世界最速ドリフトの映像】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    1: ダブルニードロップ(千葉県) 2013/09/29 13:35:05 ID:dqUfOe2H0
    ソース今月号のマグX



    当初はダイハツに作らせようとしたけど、コペンでスポーツカーは儲からないことを知っているため、ダイハツは断ったらしい
    だから、川崎重工で作るらしい

    【トヨタ、86より小さいスポーツカーは川崎重工と共同開発、大きいのはBMWと共同開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント
    1: ダイビングヘッドバット(千葉県) 2013/09/28 18:27:59 ID:USSQKzOj0
    注文受付の期間を限定しているピンクラことピンククラウンですが、いよいよ締切の9月30日が間近に近づいてきました。いったい何台注文が入っているのか、なかなか情報が出てきませんが、
    9月26日発売のスクープ専門誌「マガジンX11月号」に全国ディーラーの販売状況が掲載されていました!

    no title


    さてマガジンXでは、他にも「86より小さい平成のヨタハチ」「ガソリン車燃費No.1に躍り出るホンダTNP-K」「技のデパートNDロードスター」
    「グッバイ、レガシィワゴン ハロー!レヴォーグ」など、スクープ情報が満載!そんなマガジンX11月号の表紙は、こちらです。

    no title


    http://clicccar.com/2013/09/28/232022/

    【ピンクのクラウン、310台受注 林家パー子以外にこんな車を買う奴いるんだな・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/09/26 21:08:07
    トヨタ自動車の豊田章男社長は26日、明治大学で同大学の学生を対象とする講演会を
    開いた。豊田社長は「今日は少しでもクルマファンを増やすために来ました」と宣言。
    「若者のクルマ離れ」といわれる風潮に一石を投じようと1時間半にわたって熱弁をふるった。

    講演会は「明大生×アキオトヨダのガチトーク、ゆるトーク」と題し、学生たちと
    対談する形で進行。豊田社長は「車はコモディティー(汎用品)にしません。
    ワクワクできるエモーショナルな車をたくさん出していきます」と訴えた。

    *+*+ NIKKEI NET +*+*
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD260PG_W3A920C1TJ1000/

    【トヨタ社長「若いクルマファン増やしたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント
    prius-nhw10

    1: うっしぃじま悪い肉φ ★ 2013/09/27 08:29:33
    ★トヨタ、ホンダ意地と面子 HV(ハイブリッド)車最終戦争

     ハイブリッド車(HV)を巡るトヨタとホンダの覇権争いが熾烈になってきた。

     トヨタへのライバル心をあらわにするホンダは9月6日、6年ぶりに全面改良した
    小型車「フィット」と「フィット ハイブリッド」を販売した。
    関係者の注目を集めたのは「フィットHV」の燃費性能が、ガソリン1リットル当たり36・4キロメートルと、
    トヨタの小型HV「アクア」(35・4キロメートル)を抜き、世界のトップに躍り出たことだ。
    最低販売価格は163万5000円で、これまたアクアの169万円より安く抑え、金額と燃費性能の両面で優位性を鮮烈にアピールした格好だ。
     これを踏まえて発表会見の席で伊東孝紳社長は「燃費はまだまだ伸ばせる」と胸を張り、
    トヨタへの敵対心をむき出しに「技術で負けないのがホンダの企業文化だ」とまで言い切った。
     そんな意地の表れか、ホンダはフラッグショップモデルの「レジェンド」や、かつて一世を風靡したコンパクトハッチの「シティ」、
    さらに唯一無二のスポーツカー「NSX」までもHV車として復活させる。

     HVで先行するトヨタ追撃に、ホンダが目の色を変える理由は明白だ。
    ホンダはトヨタの「プリウス」打倒に向け、2009年に「インサイト」を投入した。
    ところが、それをいち早く察知したトヨタは、プリウスの価格を一気に40万円も引き下げたばかりか、
    HV技術の優位性をうたう戦略をとり、インサイトの出鼻をくじくことに成功した。
     緒戦での惨敗によるダメージは大きく、HVの国内市場でホンダが2割にとどまるのに対して、
    トヨタは8割近くを占めている(昨年実績)。何せ世界の累計販売台数はトヨタが500万台を突破、
    昨年1年間だけでも世界で約122万台を販売しているのとは対照的に、ホンダは累計で111万台にすぎないのだ。

     そんな現実を痛感すれば、伊東社長が“燃費世界一”のフィットを投入するに当たってトヨタへ大見得を切ったのもわからなくはない。
     とはいえ「HVの本家」を自負するトヨタも負けていない。ホンダが野心作を投入してから3日後の9月9日、
    トヨタは高級セダン「クラウン」シリーズの新型HV車「マジェスタ」を販売した。
    1991年の投入から6代目にして初のHV専用車で、同社自慢の最高級シリーズであることから価格は610万円~670万円。
    従来のガソリン車に比べて1リットル当たりの燃費は2.1倍の18.2キロメートルに伸びた。

     顧客対象が前述したホンダのフィットとは全く違うにせよ、「売られたケンカは買って出る」の姿勢が鮮明だ。
     「ホンダ以上に、トヨタは高級車に加えて量販車でも次々とHV車を投入する計画を立てています。
    フィットに燃費で出し抜かれたアクアの改良車だけでなく、カローラの投入も囁かれている。
    御曹司の豊田章男社長はHVへの思い入れが強く、燃費世界一の座を奪回すべく早々にゲキを飛ばしています」(トヨタ関係者)

     だが、HVの技術開発は自動車メーカーにとって“大いなる金食い虫”とされている。
    開発には膨大な資金が不可欠で、普及したとはいえHVの国内シェアは現在も20%弱程度にすぎず、これでは採算がとれない。
    海外展開が急務とはいえ、「まだ依然としてガソリン車の天下」(情報筋)とあっては、将来の海外戦略も描きにくい。(続く)

    リアルライブ http://npn.co.jp/article/detail/37234126/

    続きは>>2

    【 ハイブリッド車は不採算で金食い虫 トヨタとホンダの国内覇権争いを世界は「コップの中の最終戦争」と冷ややかに見ている】の続きを読む

    このページのトップヘ