乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 122コメント
    20130502203739_2

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/20 19:27:15 ID:5nkkU8PQ0
    所詮ミニバンだというのに・・・・・
    なにかいい証拠ないか?

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/20 19:28:06 ID:CkT8vIS90
    フェラーリかランボルギーニでも買ってそいつの前でドヤ顔してやれ

    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/20 19:30:48 ID:5nkkU8PQ0
    >>3
    そんな金ない・・・・・

    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/20 19:28:47 ID:mAD7nyrPP
    乗ればわかるだろ
    横揺れ激しくて最低な乗り心地だったわ

    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/20 19:30:48 ID:5nkkU8PQ0
    >>6
    やっぱワゴンタイプだからかな?

    8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/20 19:29:01 ID:lDiW4xxg0
    高級車のくせにトーションビームwwwww

    17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/20 19:34:59 ID:5nkkU8PQ0
    >>8
    トーションビームって言ってもわかってくれるか・・・・
    とりあえず大衆車の足回りって説明し得

    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/20 19:31:28 ID:8QuBFu1p0
    ルームミラーを指指して、「あれ、この車、自動防眩ミラーじゃないんだー」って言ってこい

    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/20 19:32:42 ID:5nkkU8PQ0
    >>12
    セル塩が確かそれだったよな
    クラウンとかもついてるの?

    【アルファードが高級車って言う友人を論破したい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    002_o

    1: トペ コンヒーロ(東日本) 2014/02/14 10:48:24 ID:X3EkzqK50
    トヨタマーケティングジャパンは、スポーツカーファンの人気投票で「No.1峠」を決定し、そこをオフ会「86S」の
    開催地とする「TOUGE SELECTION 2014」をスタートした。
    このイベントは、多くのスポーツカーファンのコミュニケーションの場となっている「86 SOCIETY」の
    人気コンテンツ「峠セレクション」が3年目を迎え、パワーアップしてスタートするもの。

    投票の対象となる峠は、「86 SOCIETY」のコンテンツ「峠ガイド」で紹介されている峠。2013年度の151峠に加え、
    掲示板推薦やBS日テレ『峠 TOUGE』で取り上げた峠など、29の峠を追加し、現在は180峠が紹介されている。
    このうち、すでに殿堂入りしている「伊吹山ドライブウェイ」「TOYO TIRESターンパイク」を除いた178峠が、
    投票の対象となるノミネート峠となっている。

    投票はパソコンのほか、スマートフォン用「86 SOCIETY公式アプリ」も利用できる。これまで要望の多かった
    旅先や峠からの直接投票も可能になった。投票受付期間は3月5日18時まで。人気No.1となった峠では、
    「86」オーナーに限らず、スポーツカーを愛するすべての人々が、走り、語り、共有できるオフ会「86S」が
    開催されるとのこと。なお、走行プログラムの有無など具体的な実施内容、場所については、開催規模、
    天候や所有者との交渉等、諸条件により決定するとされている。

    http://news.mynavi.jp/news/2014/02/14/034/
    峠ガイド
    https://toyota-86.jp/86society/touge/list.html

    【最高に楽しい「No.1峠」はどこだ!?  トヨタマーケティングジャパン オフ会「86S」を開催】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント
    img_car_top_pop02_6_1

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/12 15:48:11
    トヨタ自動車は12日、電子回路に不具合があるとして、
    ハイブリッド車の「プリウス」約99万7000台のリコール
    (回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
    海外販売分の約90万台でも同様の措置を取る。
    事故は確認されていないという。

    ソースは
    http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014021200599
    ■トヨタ自動車 http://www.toyota.co.jp/
     2月12日届出 プリウス(ZVW30)のリコールについて (2009年から2014年2月生産車の一部)
     http://toyota.jp/recall/2014/0212.html

    【プリウス99万台リコール 海外でも90万台--トヨタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント
    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/12 13:07:38
    狭い道路が多い国内で運転しやすいように、従来モデルより一回り小さくした新型車の発売が
    相次いでいる。
    自動車各社は、大きめの車が喜ばれる米国など海外市場での販売を増やすために、
    全面改良のたびに車体の大型化を進めてきたが、日本では「大きすぎる」との指摘も出ていた。

    富士重工業が5月に発売する新型のスポーツワゴン車「レヴォーグ」は2014年内に
    廃止する主力車「レガシィ・ツーリングワゴン」の後継モデルだ。レガシィより長さを
    10センチ短くして「日本専用に開発した」(吉永泰之社長)という。
    発売前なので試乗もできないが、1月4日から始めた先行予約では1か月で4000台を
    超えた。このペースでいけば3月末までに1万台以上の受注を抱える計算で、発売時点で
    数か月の納車待ちが予想される。
    レガシィはもともと5ナンバーサイズの小型車だったが、代を重ねるごとに大型化、
    現行モデルは3ナンバーの普通車となった。米国での販売を強化するため、09年の
    全面改良で長さや幅を大きくした。米国では人気車になったが、12年度の日本での
    販売台数は2万4207台とピーク時(96年度)の3分の1以下に落ち込んでおり、
    小型化で巻き返しを図る。

    トヨタ自動車は昨年12月にスポーツ用多目的車(SUV)「ハリアー」を全面改良し、
    車体を小さくした「日本専用モデル」として発売した。
    排気量も従来の2・4~3・5リットルから2~2・5リットルに小さくした。
    発売後1か月間の受注は計画の約8倍の2万台となった。
    ホンダが12月に発売した小型のSUV「ヴェゼル」も主力のSUV「CR―V」を一回り
    小さくしたモデルだ。

    ソースは
    http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20140212-OYT1T00281.htm?from=main2
    トヨタの「ハリアー」
    no title

    富士重工の「レヴォーグ」
    no title

    【「チョイ小型」車人気…数か月納車待ちも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント
    1: ナガタロックII(catv?) 2014/02/10 19:54:24 ID:l5TgzMXG0
    no title


    次期スープラは、FT-1で確定!?2.5リッターV6ハイブリッド搭載か
    先日行われたデトロイトモーターショーでサプライズ発表された、トヨタの新型スポーツクーペコンセプト TOYOTA FT-1 concept。このキャルティデザインスタジオの
    40周年を祝うために作成されたと述べていた”FT-1″が次期スープラ、もしくはスープラ後継車種になるのではと予想されています。

    今回自動車メディアのmotoringの取材で、トヨタは市場で需要があるのならば、このFT-1ないしは次期スープラがラインナップに追加するとリポートしています。
    このスープラ後継車車種になるであろう”FT-1″は、おそらく400馬力以上の2.5リッターV6ハイブリッドのパワートレインを積むことになり、駆動方式はFRになるであろうともリポートされています。

    デザインについては、今回発表されたFT-1とはかなり違うものになるのではと予測されており[参照:トヨタ次期スープラか!? トヨタFT-1コンセプトをデトロイトで発表!
    no title

    2016年にリリースされる頃にはデザインはかなり違うものになるともリポートされています。レクサスLFAのトランスアクスルを採用するとも噂されており、
    価格は10万ドル(日本円約1000万円)未満に抑えて売りたいと言う考えのようです。

    86より小さいコンパクトFRクーペ?
    更にこうリポートされています。トヨタ 86よりも下のエントリーレベルの1万6000ドル(日本円約160万円)の1.5リッターハイブリッド
    (もしくはレクサス NXと同じ2.0リッターターボチャージャー)のスポーツクーペが2017年には登場するかもしれないと。

    http://www.j-sd.net/toyota-10/

    【( ^ν^) 顔の次期スープラは2016年確定!?400馬力の2.5リッターV6HV搭載か 1.5LHVスポーツも開発中】の続きを読む

    このページのトップヘ