乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/11 21:54:25
    先週6日(米現地時間)、トヨタがフルモデルチェンジした北米仕様の新型「カローラ」を発表した。
    その翌日、同社はすかさず欧州市場向けの新型カローラの公式画像も公開。今回は、北米向けモデル
    と欧州向けの違いをご紹介しよう。

    北米向けのカローラのスタイリングは、「カムリ」と「アバロン」からヒントを得ている部分が多く、
    またスポーティーなSグレードでは、大きなホイールを装着し、フロントの黒のインテークが目立つ。
    歴代の北米仕様のカローラの中でも、最も大胆なスタイリングだ。

    一方、欧州向けは、写真を見る限り、フロントのデザインが北米向けよりもかなり地味だ。
    Autoblog編集部内で、北米向けと欧州向けのどちらが好みかと聞いて回ったが、意見は真っ二つ。
    ただ、Sグレードに関して言えば、北米向けの方が良いという意見が多かった。

    欧州向けのカローラのデザインは、プラットフォームを共有する「オーリス」(米国では未発売)と
    共通する部分が多い。エンジンなどのスペックは、まだ明らかにされていないが、こちらもオーリス
    と共通する部分が多いのではと予想されている。ただインテリアは北米向けと同じようだ。

    ●欧州向け新型『カローラ』(※ソース記事には他にも画像あり)
    no title


    ●北米向け新型『カローラ』(※ソース記事には他にも画像あり)
    no title


    ◎トヨタ自動車(7203) http://toyota.jp/

    http://jp.autoblog.com/2013/06/11/2014-toyota-corolla-shows-its-new-euro-spec-nose-w-poll/#continued

    ◎関連スレ
    【自動車】トヨタ、新型『カローラ』(北米仕様)公開--デザイン一新、全量を現地生産へ [06/07]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1370591409/

    【自動車】トヨタ「カローラ」HV 「プリウス」上回る低燃費に[13/06/11]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1370913766/

    【トヨタ、欧州向け新型『カローラ』を北米向けに続いてお披露目 どっちがいい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/07 16:50:09
    トヨタ自動車は6日、今秋発売する主力小型車の新型「カローラ」(北米仕様)を公開した。

    カローラは、47年間にわたり世界で約4000万台を売り上げたトヨタを代表する車種。
    保守的だったデザインを一新し、競争が激化している小型車市場で販売世界一の座を堅持する構えだ。

    5年ぶりの全面改良で、新型は北米では11代目となる。米国とカナダで生産。現在、日本で
    生産している北米向けカローラ年1万台余りについても全量を現地に移管、北米での生産を強化する。

    no title


    ◎トヨタ自動車(7203) http://toyota.jp/

    http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2013060700476

    ◎主な関連スレ
    【車/戦略】トヨタが仕掛ける設計革命、『TNGA』--自動車産業 系列再編の幕開け [06/07]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1370589179/

    【自動車】トヨタ、エンジン標準化--新3機種を2016年投入、工数20%削減 [06/04]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1370304000/

    【トヨタ、新型『カローラ』(北米仕様)公開--デザイン一新、全量を現地生産へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/06 22:42:17
    日本での公開が7月6日に予定されている人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』の
    シリーズ第6作、『ワイルド・スピード ユーロ・ミッション』。同作で主役のドミニクを
    演じるヴィン・ディーゼルが、インタビュー中に"シンガポールで売られているクルマの
    価格当てクイズ"に挑戦したのでご紹介しよう。

    ディーゼルは、トヨタ「プリウス」が15万4000ドル(約1540万円)と知り、「シンガポールでは
    クルマを買わないゾ!」と驚きの声を上げている。他の共演者たちも、スバル「BRZ」とホンダ
    「アコード」が各13万ドル(約1300万円)、BMW「6シリーズ・クーペ」に至っては33万ドル
    (約3300万円)という信じられない価格を聞かされ、あっけにとられていた。

    no title

    no title


    ●動画/Hollywood stars shocked by Singapore car prices (Fast & Furious 6)
    http://youtu.be/lf7A5j2QO5E



    http://jp.autoblog.com/2013/06/06/fast-and-furious-stars-shocked-by-singapore-car-prices-video/#continued

    ◎関連スレ
    【調査】世界各国の車にかかるお金ランキング--1時間当たりの平均駐車料金が2800円の国も! [06/03]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1370222780/

    【驚愕のシンガポールのクルマ事情--トヨタ『プリウス』が1540万円、ホンダ『アコード』は1300万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: サイベリアン(catv?) 2013/06/06 22:00:38 ID:AtyKrkBP0
    トヨタ自動車が6月6日(日本時間6月7日)、米国で発表する北米向け新型『カローラ』。同車の姿と思われる画像が、ひと足早く海外の自動車メディアに掲載された。

    これは6月6日、チェコの自動車メディア、『autoweb.cz』が掲載したもの。同メディアによると、これが新型カローラの真横から見た姿だという。

    北米向けのカローラは、日本仕様とは異なる海外専用車。トヨタは2013年1月、デトロイトモーターショー13に、コンセプトカーの『カローラ フーリア』(Furia)を出品。このコンセプトカーのデザインが、新型カローラに反映される。

    同メディアが掲載した画像からは、新型カローラの伸びやかなフォルムが見て取れる。

    http://response.jp/article/2013/06/06/199562.html

    【北米向け トヨタ 新型カローラ、画像が流出か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/05(水) 18:13:32.63 ID:???
    おしゃれなインテリア用品「Francfranc(フランフラン)」、便利グッズの開発を得意とする
    「BELLE MAISON(ベル・メゾン)」、ドイツの老舗ペット用品「HUNTER(ハンター)」――。
    いずれも女性に人気の高いグッズを展開するブランドだ。ここに、トヨタ自動車が目を付けた。

    トヨタは5月31日、「Francfranc」「BELLE MAISON」などと組んで設計したシートカバーや
    ハンドルカバー、各種小物類などのカー用品の販売に乗り出すと発表した。いずれも“女性目線”の
    商品で、ユーザーの裾野を広げる狙いである。

    今回の商品はトヨタの純正品でもなく、一般的なカー用品店やホームセンターなどで売られている
    市販品でもないという位置づけだ。価格についても、純正品と市販品の中間程度という。

    「純正品は新車購入と同時に装着される重要な事業だが、ご購入後に乗っていただいているお客様に
    もっとエンジョイしてもらえる商品も開発しようと考えた」と、トヨタの佐藤康彦常務は言う。
    純正品や市販品を見渡したところ、「男性の視点で開発した商品が多かった」(佐藤氏)が、
    女性の視点で商品を作れないかという発想で、社内各部署の女性社員から意見を募った。

    ■女性は車内空間を自分の家のようにとらえる

    「女性は自分のクルマのどこを自慢するのか?」。

    アンケートで質問してみると、「いちばん多い回答は広さ。次いでシートカバー、小物類という
    順序」(木村俊一バリューチェーン事業部長)。つまり、女性はクルマの居住空間を自分の家の
    ようにとらえている、というのが木村氏の見立てだ。既存のカー用品に満足できず、雑貨ショップ
    で商品購入して車内を飾るという傾向もある。

    こんな観点から商品コンセプトを考えていくうちに、「デザイン性の高い商品」「困りごとを
    解消する便利グッズ」「ペットとのドライブが楽しくなるカー用品」といった3つのジャンルが
    浮かび上がり、「Francfranc」「BELLE MAISON」などに協力を依頼する格好となった。
    ハンドルカバーやシートカバーなどの内装品は、自動車内装品メーカーが製造・販売するため、
    安全性などの品質に問題はないという。(※続く)

    no title


    http://toyokeizai.net/articles/-/14166

    【トヨタが“女性目線”のカー用品を売る狙い】の続きを読む

    このページのトップヘ