乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 76コメント

    20131126214805143
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/09/24(木) 21:39:18.19 ID:CpQIzhJt0.n

    外見変えただけ?
    スポーツタイプとか謳ってるけどオートマでスポーティって何だよGTRかよ


    【トヨタ車のG'zとかいうシリーズなんなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 254コメント

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/08(木) 14:31:24.11 ID:FfF4DtJq0.n

    よくね?
    no title

    no title

    no title


    【トヨタから5ナンバーサイズの6MT、FRのツードアクーペの「S-FR」が電撃発表www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    carlineup_aqua_top_07_pc
    1: ミドルキック(catv?)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 07:10:18.87 ID:DMNryR5T0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

    日本自動車販売協会連合会などが6日発表した2015年度上半期(4~9月)の車名別
    新車販売台数は、トヨタ自動車の小型ハイブリッド車「アクア」が約9万7000台でトップだった。

    前年同期に比べ7・5%減少したが、燃費の良さが引き続き評価されている。

    2位はホンダの軽自動車「エヌボックス」で、0・8%減の約7万7000台。3位はダイハツ工業の
    軽ワゴン「タント」が38・8%減の約6万7000台だった。

    軽は上位10車種のうち、6車種を占めた。ただ、今年4月の軽自動車税引き上げの影響で、
    いずれも前年水準を下回った。

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151006-OYT1T50076.html


    【おまえらが軽をバカにするから…「アクア」が15年度上半期の新車販売トップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: えりにゃん ★ 投稿日:2015/10/07(水) 11:41:36.97

    ISISがトヨタ車利用、米財務省が情報提供求める
    CNN.co.jp 10月7日(水)10時26分配信

    アトランタ(CNN) 過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が
    トヨタ製のトラックを入手していることが宣伝ビデオで明らかになり、
    米財務省が7日までに、トヨタ自動車に対してISISに車が渡った経緯について
    情報提供を求めた。

    トヨタ広報はCNNの取材に対し、中東への物資や資金の流れに関する
    財務省の調査に協力していることを確認。「営業拠点を置く各国や地域で
    法令順守に努めており、ディーラーや代理店にも同じことを求めている」と強調した。

    ただ、車の悪用や盗難、第三者による転売を自動車メーカーが完全に
    統制することは不可能だと指摘。「トヨタは厳格な規定に基づき、
    武装勢力やテロリストの活動に利用される可能性がある場合は
    車を販売していない。手順や契約にも軍事目的の転用防止措置を
    盛り込んでいる」と説明している。

    財務省の調査については、供給網にかかわる金融機関やメーカー、
    エネルギー会社など広範に及んでいるとの認識を示した。

    財務省は情報提供を求めた企業名を明らかにしていない。ただ、
    各国の関係者と連携してISISの資金の流れを調べていることを確認した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151007-35071565-cnn-int
    ISISが公開したプロパガンダ写真。米財務省はISISがトヨタ製のトラックを入手しているとして情報提供を求めた
    no title


    【「イスラム国(ISIS)」がトヨタ車利用、米財務省が情報提供求める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/10/06(火) 18:46:03.03

    http://response.jp/article/2015/10/06/261498.html
    no title


    トヨタ自動車は、2020年頃の実用化をめざし開発中の自動運転実験車「Highway Teammate」を使い、
    首都高速道路での合流、車線維持、レーンチェンジ、分流を自動運転で行うデモ走行を実施した。

    「Highway Teammate」は、レクサス『GS』をベースに改造した自動運転実験車。ETCゲート通過後、
    スイッチ操作で自動運転に切り替え、自動走行を開始する。車載システムは、高精度地図情報との
    照合により自車両の位置を高い精度で把握。また、周辺障害物や周辺車両の状況を、車両の各所に搭載した
    複数のセンサーにより認識し、目的地に応じたルート選択やレーン選択を行う。

    これらの入力情報に基づき、「Highway Teammate」は、あたかも人が運転するかのように、
    走行ラインと目標速度を生成した上で、ハンドル、アクセル、ブレーキを自動で操作。これにより自動車専用道路での
    ジャンクションの分流、その後の合流、出口に向けたレーンチェンジ、車線・車間維持などを安全かつ、スムースに実現する。

    「Highway Teammate」は自動運転における、3つの重要なプロセスである、認知・判断・操作を高い次元で行うことで、
    安全かつ、スムースな自動運転を実現。トヨタは、すべての人に安全でスムース、自由な移動を提供するため、
    「Highway Teammate」を2020年頃に実用化することを目標に、自動運転の研究開発を加速する。

    また、トヨタはこれまで取り組んできた自動運転の考え方を「Mobility Teammate Concept」と命名し、今後広く使用していく。
    「Mobility Teammate Concept」とは、人とクルマが同じ目的で、ある時は見守り、ある時は助け合う、
    気持ちが通った仲間(パートナー)のような関係を築くトヨタ独自の自動運転の考え方。
    今回公開した「Highway Teammate」は、このコンセプトの具現化の第1弾となる。


    【トヨタ、首都高で自動運転デモ走行を実施…合流、車線維持、レーンチェンジなどを披露】の続きを読む

    このページのトップヘ