乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    1430114905

    1: 2017/02/06(月) 12:44:19.69 ID:TL6jBGLN0 

    ■2017年1月の新車ランキング(◎は軽)

    (1)N-BOX◎[ホンダ]
    (2)ノート[日産]
    (3)タント◎[ダイハツ] 
    (4)ムーヴ◎[ダイハツ]
    (5)デイズ◎[日産]
    (6)セレナ[日産]
    (7)プリウス[トヨタ]
    (8)C-HR[トヨタ]
    (9)シエンタ[トヨタ]
    (10)フリード[ホンダ]

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170206/bsa1702061130004-n2.htm


    スポンサーリンク

    【トヨタの凋落が止まらない 1月新車販売で最高7位超絶販売不振どうしてこうなった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント

    1: 2017/02/05(日) 19:38:29.96 ID:uqFZK7Je0 

    トヨタがBMWと共同開発を進める「スープラ」次期型が厳冬のスカンジナビアに降臨した。
    「86」の兄貴分として、フラッグシップ・スポーツという位置づけでデビューが予定されている次世代型。
    パワートレインには、エントリーモデルにBMW製2リットル直列4気筒ターボエンジン、ハイエンドモデルには最高馬力340psを発揮する、BMW製3リットル直列6気筒ターボエンジンがラインナップされるという。
    ヘッドライトは未だダミーだが、2014年に公開された「FT-1」のデザインからインスピレーションを得た、フロントバンパーの大口エアダクトやルーフラインが確認出来る。
    ワールドプレミアは2017年東京モーターショーが有力だ。
    http://response.jp/article/2017/02/03/290047.html

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【トヨタ 新型スープラをひっそり公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    20161013113127772

    1: 2017/02/05(日) 10:09:06.50 ID:3V3NNlZ40 

     トヨタ自動車とスズキが、先進技術の開発を中心とする幅広い分野での包括提携に大筋合意したことが4日、分かった。今後、具体的な協力分野を策定するための詰めの協議に入る。6日にも発表する見通しだ。

     株の持ち合いなど資本提携についても引き続き検討していく。両社は2016年10月、提携に向けた協議を始めると発表していた。

    http://mainichi.jp/articles/20170205/ddm/008/020/058000c

    これでトヨタ連合は
    トヨタ、スバル、ダイハツ、マツダ、スズキ、日野か
    怖くないなw


    スポンサーリンク

    【トヨタがスズキと業務提携 これS-FR=カプチーノの生産きそうじゃね 俺鋭いな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    carlineup_hiacevan_top_2_02_pc

    1: 2017/02/04(土) 00:41:10.24 ID:CAP_USER9

     1日、去年9月、千葉県野田市で中古販売店から車を盗んだとして男3人が逮捕された。鍵穴をドライバーで壊すなどした疑いが持たれている。
    警察によると、関東や東北の7県で同様の手口で車が盗まれる被害が相次いでいて、男たちは84件について関与を認めているという。
    被害総額はおよそ2億4000万円にのぼる。

     また、去年11月には茨城県や栃木県などで260台もの車を盗んだとみられる大型窃盗団が摘発されている。被害総額は6億円近くにのぼり、解体したうえで海外に転売していたという。

     相次ぐ車の窃盗。中でも商用車の「ハイエース」が人気だ。

     一体なぜ、「ハイエース」ばかりが狙われてしまうのか。自動車ジャーナリストの小沢コージ氏は「ハイエースは誰もが知っていて、換金率が高い」と話す。
    現在、180カ国ほどで売られており、特に新興国では移送手段として需要が高いという。
    小沢氏は「お金が走っているようなもの」と揶揄する。
    また、フェラーリやベンツのような高級車と比べても、はるかに多くの台数が売られているため、盗難しても足がつきにくく、それもハイエースが狙われる理由の一つだという。

     しかし、ハイエースのような大型車が盗難されるとは、にわかに信じがたい。小沢コージ氏によると「中国やロシアには、窃盗のマフィアような集団がいて、すぐに(盗難防止策への)対抗策を講じる」。
    自動車盗難防止策として電子的なキーの照合システムであるイモビライザーを導入したことで、盗難件数はわずかに減ったというが、すぐに対抗策を講じられるため、いたちごっこの状態だ。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12627897/


    スポンサーリンク

    【盗難相次ぐ「ハイエース」 専門家「お金が走っているようなもの」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    no title
    1: 2017/02/02(木) 19:36:58.61 ID:CAP_USER9

    レクサスは2月2日、2016年(1~12月)の世界販売実績が前年比4%増の67万7615台となり、
    4年連続で過去最高を更新したと発表した。

    レクサスは2016年、デトロイトモータショーで新型クーペ『LC』を発表。
    また、映画制作会社EuropaCorpとのクリエイティブパートナーシップによるプロダクトプレイスメントを発表したほか、
    ミラノサローネにおいてインスタレーションを出展するなど、クルマだけに留まらないラグジュアリーライフスタイルブランド
    としての取り組みも積極的に実施してきた。

    販売面では、『NX』や2015年後半に投入した新型『RX』などのクロスオーバーSUVが牽引。
    3月にハイブリッドモデルのグローバル累計販売実績100万台を達成したほか、
    日本、欧州、中国および東アジア・オセアニアでそれぞれ過去最高の販売台数を記録。
    年間の販売実績が日本では5万台、中国では10万台を初めて超えるなど、着実に販売を伸ばしている。

    地域別の販売実績は北米が同4%減の35万4813台、中国(香港含む)が同25%増の11万0239台
    、欧州が同17%増の7万4316台、日本が同8%増の5万2149台、中東が同11%減の3万9581台、
    東アジア&オセアニアが同18%増の3万5900台、その他が同13%増の1万0617台だった。 

    http://news.livedoor.com/article/detail/12621447/


    スポンサーリンク

    【レクサスの世界販売が4年連続で過去最高を更新、前年比4%増の67万7615台】の続きを読む

    このページのトップヘ