乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2017/11/01(水) 18:41:08.63 ID:CAP_USER9

    no title


    サポカー特別仕様車と期間限定販売のプリウス誕生20周年記念特別仕様車を設定

    トヨタは、プリウスを一部改良するとともに、特別仕様車のS“Safety Plus”と“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”の2モデルを設定し11月1日より順次発売(>>>1)する。なお、特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”は、期間限定(>>>2)で注文を受け付ける。

    価格(消費税込)は、S“Safety Plus”が260万7120円~280万1520円、S“Safety Plus・Two Tone”が273万3480円~292万7880円、Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”が385万円~404万4400円。

    プリウスの特別仕様車を写真でチェック!
    http://autoc-one.jp/news/5000630/photo/0002.html

    >>>1 特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”は、11月15日発売

    >>>2 受注期間は、12月下旬まで(販売店により異なる)

    ■S“Safety Plus”、S“Safety Plus・Two Tone”

    no title


    今回の特別仕様車S“Safety Plus”、S“Safety Plus・Two Tone”は、標準グレードSをベースに、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能インテリジェントクリアランスソナーを特別装備したほか、衝突回避支援パッケージのToyota Safety Sense P、シンプルインテリジェントパーキングアシスト、LEDフロントフォグランプなどを特別装備し、安全装備を充実した。

    これらの搭載車は、経済産業省、国土交通省など政府が官民連携で推奨する安全運転サポート車のうち、高齢運転者に特に推奨するセーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)のワイドに相当する。

    さらに、好評のナビレディセットを特別装備したほか、S“Safety Plus・Two Tone”は、内外装の随所にブラック加飾を施し、より魅力的な仕様とした。

    外板色は、S“Safety Plus”には、スティールブロンドメタリックを含む全4色、S“Safety Plus・Two Tone”には、ツートーンボディカラーとして、ルーフ色アティチュードブラックマイカとボディ色ホワイトパールクリスタルシャイン(特別設定色・オプション)の組み合わせなど、全3色の組み合わせを設定した。

    ■Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”

    no title


    今回、1997年に誕生し、『ハイブリッド車』という新しいジャンルを牽引してきたプリウスの誕生20周年を記念し、特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”を設定。

    これは、上級グレードのAプレミアムをベースに、215/45R17のタイヤ&アルミホイールなど“ツーリングセレクション”の装備に加え、外板色には、特別設定色ツートーンボディカラーとして、ルーフ色アティチュードブラックマイカとボディ色ホワイトパールクリスタルシャインの組み合わせ、ボディ色エモーショナルレッド(オプション)の組み合わせの全2色の組み合わせを設定。

    エクステリアは、ブラックスパッタリング塗装を施したアルミホイールなど、随所にブラックを配色し、外板色とのコントラストを際立たせている。

    インテリアは、シート表皮に、ホワイトのプレミアムナッパ本革を採用。また、随所にブラック加飾を施し、フロントコンソールトレイにおいては、ピアノブラック加飾に艶と輝きを保つ自己治癒クリヤーを採用。さらに、アクセントに専用レッド加飾を施したサイドレジスターなどを採用し、上質な室内空間を演出している。

    また、11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステムを特別装備したほか、オリジナル加飾を施した専用スマートキー、専用車検証入れ(プレミアムナッパ本革仕様)を設定し、特別感を高め、20周年記念ならではのプレミアムな限定車としている。

    ■プリウス一部改良

    一部改良では、ピアノブラック加飾のフロントコンソールトレイを採用。また、11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステムを設定し…

    全文はソース先をお読み下さい

    配信2017/11/1 15:33
    オートックワン
    http://autoc-one.jp/news/5000630/


    【トヨタ、プリウス誕生20周年記念 特別仕様車を発売 お値段385万円~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    carlineup_mirai_grade_grade1_01_pc
    1: 2017/10/31(火) 21:06:20.72 ID:CAP_USER

    [東京 31日 ロイター] - 自動車業界で将来、電気自動車が支配的な地位を占めようとする中、トヨタ自動車(7203.T)は、電動化の一つの選択肢である燃料電池車(FCV)技術の普及に向けた取り組みを加速させている。

    トヨタはこれまで水素技術の開発に巨額を投資してきた。同技術を巡っては、米電気自動車テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が「非常に愚か」と指摘しているものの、トヨタはガソリン車の代替には、テスラの「モデルX」のような全電気自動車と、自社の水素FCVの両方の技術が必要だと考えている。

    トヨタの内山田竹志会長は、東京モーターショー開幕前にロイターに対し、EVと水素FCVの間には、一方が利益を得ればもう一方が損失を受けるといった「ゼロサム」的な敵対関係はないとみているとし、「FCVについて手を緩めるつもりは全くない」と述べた。

    トヨタは2014年にセダン型量産車「ミライ」を724万円の価格で発表し、ガソリン車に代わる主な車として燃料電池車普及への取り組みを開始。その後、米国など世界でもミライを発売した。しかし中国や欧州を含む主要市場が電気自動車への傾倒を加速するのに伴い、燃料電池車を巡る当初の興奮は薄れてきた。

    これまでに販売されたミライは4300台。一方、大ヒット車種となるハイブリッド車(HV)「プリウス」の販売台数は約400万台に上る。

    「プリウスの父」として知られる内山田氏は、トヨタは「反EV」ではなく、全固体リチウムイオン電池などの技術開発に大規模な投資を行っていると話す。

    ただ同社は水素カーにも強みがあるとみている。こうした自動車は、燃料電池に水素と空気中の酸素を取り込み、化学反応させて電気を作り、動力にする。

    EVが直面する大きな問題の一つは充電時間の長さで、中には最大18時間というケースもある。自動車メーカーが走行距離を長くするためより多くの電池を搭載しようとする中、この問題は増幅している。

    ミライの開発責任者、田中義和氏は、急速充電の技術は問題解決につながっているものの、大半の一般ドライバーにとっては30─40分の待機時間は依然として長過ぎると述べた。また、何度も急速充電をすればバッテリーの寿命が大幅に短縮されると、同氏や他のエンジニアは指摘している。

    水素を燃料として走るFCVの場合、水素補給にかかる時間は5分以下と短い一方、技術のコスト高や水素ステーションの不足が課題となっている。

    トヨタは、日産自動車(7201.T)とホンダ(7267.T)のほか、JXTGエネルギーなどのエネルギー企業と共に水素ステーションの整備に向けて提携。水素ステーションは現時点で91カ所に設置されている。

    田中氏は、水素ステーション不足の問題を補うため、走行距離を大幅に伸ばすことも目指している。

    まだ構想段階ではあるものの、田中氏はミライの「実用的な」走行距離を現行の350─400キロメートルから500キロ程度に伸ばしたい考え。エアコンや不要なアクセルの使用などにより、FCVの実際の走行距離は通常、発表されている距離(650キロ)の65─70%となる。

    田中氏は、燃料電池システムの効率化を進め、水素を駆動力に変換するその効率の拡大が鍵になると指摘。また、より大きな燃料タンクの設置スペースを確保するため車体のデザインの効率性も高めたいとしている。

    中略
    前出の田中氏は、水素から発電するのではなく「ダイレクトに電気を使える」という利点を認め、「イーロン・マスク氏は正しい。電気自動車を直接プラグに差し込んで充電する方がいい」と指摘した。ただその上で、水素技術にはガソリンに対する実現可能な代替手段としての大きな可能性があると述べた。
    https://jp.reuters.com/article/autoshow-tokyo-hydrogen-idJPKBN1D00QD


    【【FCV】トヨタ、水素燃料車普及へ加速 貯蔵・輸送などで強み】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2017/10/31(火) 12:03:51.21 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は10月27日、英国で新型『ハイラックス』の「ブルーザー」(BRUISER)を発表した。

    同車は2017年9月、日本市場にも13年ぶりに復活導入されたピックアップトラック、新型ハイラックスがベース。ブルーザーとは1980年代に、タミヤ(当時:田宮模型)が発売してヒットしたハイラックスのラジコンカーに由来する。

    淡いブルーのボディカラーをはじめ、キャブ後方のホワイト塗装は当時のラジコンのイメージ。ただし、ルーフ付きのリアウィンドウは、実際のガラスを装備することが困難だったため、2カ所のプリントで再現された。

    ホイールもラジコンカーに合わせてクロームメッキ仕上げを施す。デカール類は、ハンドメイドのデジタル加工で製作し、3色のストライプも忠実に再現している。また、フロント正面のガードバーやロックスライダーはステンレス製の排気管で製作。ラジコンカーのプラスチック部品に見えるように、あえて白いビニールでラッピングした。

    パワートレインは、4気筒ターボディーゼルエンジンで最大出力は148hp。トランスミッションは6速MT、駆動方式は4WD。トヨタは、「ハイラックスには、ドライバーの顔に笑顔をもたらす遊び心がある。今、トヨタは、このミニチュアヒーローであるハイラックス ブルーザーのカスタムレプリカを製作し、当時のラジコンカーへの賞賛のお返しとしたい」と、その狙いを語っている。

    https://s.response.jp/article/2017/10/30/301856.html
    no title

    no title

    no title


    【トヨタ ハイラックス 新型、1980年代のラジコンカーを実車で復活】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2017/10/26(木) 17:46:41.57 ID:CAP_USER9

    タクシー業界が新型のタクシー専用車両の登場に沸いている。圧倒的なシェアを持つトヨタ自動車が22年ぶりに投入した新車両は、訪日客やシニアが乗りやすく、乗務員にとっても快適な空間を追求した。東京五輪が開かれる2020年には都内の3台に1台は新型タクシーに切り替えたい考え。新たな「街の顔」としての期待もふくらむ車両の乗り心地を記者が試してみた。

    24日の昼過ぎ、東京・大手町で新しい「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」に乗り込んだ。スライドドアを開けるとまず、入り口の広さに驚く。縦幅は130センチメートル。やや小柄な記者は少し腰をかがめるだけで簡単に乗り込めた。床の高さも32センチメートルと低く抑えられ、しっかりとした手すりが付いている。これならシニアでも体に負担をかけずに乗れそうだ。

     車内空間は広々としており、体格の良い欧米人でもゆったりと過ごせると感じた。シートは厚みがあってしっかりとした感触だ。ドアの近くには電車のつり革のような手すりがあり、体格に合わせてちょうど良い位置で体を支えられる。

    車が加速したり曲がったりしてもあまり揺れずに安定していた。車内でパソコンなどを使うビジネスパーソンも乗りやすそうだ。

     車内にはこれ以外にも随所に「おもてなし」のこだわりが感じられた。シートは自分でスイッチを操作して温かくでき、エアコンの風量も自分で調整できる。窓は広めに設けられ、外の景色を眺めやすい。時計やタクシーメーターなどは後部座席から見やすい位置にある。吸音材や遮音材を使っているためか静かな印象だった。

     乗務員が働きやすい環境も整えたという。タクシー乗務員は乗客から見える位置に私物を置くことができず収納に困っていた。新車両は運転席の近くに日報やペットボトルの飲み物を入れるスペースを設けた。配車システムや空調など車内機器も操作しやすい位置にある。我々のタクシーを運転してくれた三浦正広さん(49)も「乗務員目線の工夫があって運転しやすくなった」と満足そうだった。

     ただ、少し不安な点もあった。これまでの取材でも訪日客から「ドアが自動で開くのがすごい」と言われることが多かったが、実際は乗務員がレバーで操作していた。

    新型車両は乗務員がスイッチを押してスライドドアを操作するが、開閉にやや時間がかかる。ドアが完全に閉まるまで走り出せないため、信号待ちの時に乗り込むなどすると後続車を待たせることになるかもしれない。

     新型車両の価格は1台300万円を超える。現在普及している一般的なトヨタ製車両よりも100万円程度高い。経営状況が厳しい中小タクシー事業者などにとって買い替えの負担は決して小さくない。

     タクシー業界を取り巻く環境は厳しい。国土交通省によると、全国の法人タクシーの輸送人員は10年間で3割近く減少している。乗務員の高齢化と人手不足も深刻だ。

     それだけに、全国ハイヤー・タクシー連合会(東京・千代田)の川鍋一朗会長は「(新型タクシーの普及などを通じて)日本の新しい公共交通の姿を作っていきたい」と意気込む。

     一方、米ウーバーテクノロジーズに代表されるライドシェアの規制が緩和されれば、タクシー事業そのものが根底から揺さぶられる可能性もある。新型タクシーが走る道は決して平たんとばかりは言えなさそうだ。

    (企業報道部 清水孝輔)


    2017/10/26 6:30 日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22689730V21C17A0XM1000/

    no title

    ドアの開閉にかかる時間はやや長く感じた

    no title


    【22年ぶりの乗り心地、トヨタ新型タクシーを体験 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2017/10/25(水) 11:39:09.06 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車「レクサス」の試作車「LS+ Concept」=25日午前
    no title


    トヨタ自動車は25日、報道陣に先行公開された東京モーターショーで、高度な自動運転技術の実用化を見据えた高級ブランド「レクサス」の試作車「LS+ Concept(エルエス・プラス・コンセプト)」を世界で初めて公開した。

     自動運転のレベルの定義は1~5の5段階ある。試作車は全ての操作をシステムが担うレベル4以上の技術を搭載することを想定。システムが走行中の合流や追い越しを運転者に提案するなどし、快適で安全な走行につながるとしている。

     2020年に高速道路で実現し、20年代前半には一般道でも活用できるよう開発を加速させる。

    配信2017/10/25 11:21
    共同通信
    https://this.kiji.is/295743487314166881


    【トヨタ、高度な自動運転のレクサス「LS+Concept」 世界初公開】の続きを読む

    このページのトップヘ