乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    dims

    1: 2019/03/16(土) 07:00:52.46 ID:5KxxQGA99

     TOYOTA GAZOO Racingは3月15日、発売中のプレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』内でシリーズ初のグローバルワンメイクレースを開催すると発表した。また、FIA公認の『FIAグランツーリスモ・チャンピオンシップ』のオフィシャルパートナーに就任して、eスポーツに本格参入する。

     ゲームを使ったスポーツ競技のeスポーツは、海外ではプロ選手が存在するなど、スポーツとしての立場を確立しており、日本でもテレビなどで取り上げられたこともあり、認知度、競技人口が拡大しつつある。

     トヨタはレースゲームを使ったeスポーツ、“eモータースポーツ”をTGRが展開するモータースポーツ活動の柱に加えることで、モータースポーツやスポーツカーを「より身近に、世代を超えて世界中で楽しんでいただけるもの」にし、「将来的には、eモータースポーツを通じて得られる様々な知見を、我々の『もっといいクルマづくり』に繋げていきたいと考えております」という。

     その取り組みのひとつとして、グランツーリスモSPORT内でGRスープラによるワンメイクレース『GR Supra GT Cup』を2019年4月から世界規模で開催すると発表した。グランツーリスモ内でグローバルなワンメイクレースが開催されるのは、今回が初めてだ。

     GRスープラGTカップは、全13ラウンドの予選と決勝1試合で争われる。予選はオンライン上でグローバルに行われ、そこを勝ち抜いたドライバーたちは2019年10月に行われる東京モーターショーで実施される決勝リアルイベントへ臨むこととなる。

     エントリー方法や予選ラウンドで使用されるサーキットの情報などは、特設サイトで随時公開するとのこと。また、トヨタはグランツーリスモSPORT内で開催されるFIA公認の選手権、FIAグランツーリスモ・チャンピオンシップにオフィシャルパートナーとして参加することも、あわせて発表している。


    3/16(土) 3:04配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00462517-rcg-moto


    【トヨタがeスポーツに本格参入。グランツーリスモSPORT内でグローバルレースを開催】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    carlineup_aqua_grade_top_pic_01

    1: 2019/03/16(土) 17:54:29.86 ID:L1rVhXck0

    どうすりゃええねん...


    【【悲報】ワイ「車初めて買うしアクアでいいか」敵「アクアはダサい!クソ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2019/03/15(金) 15:26:35.17 ID:CAP_USER

    no title

    トヨタMR2(1984)
    no title

    日産フェアレディZ(1989)
    no title

    ホンダ・シティ・カブリオレ(1984)
    no title

    スバル・アルシオーネ(1989)
    no title

    スバル・レガシィ・ツーリングワゴン(1990)
    no title

    トヨタ・カリーナED(1985)
    no title

    レクサスLS400(1990)(日本ではセルシオとして販売)

    トヨタ、日産、ホンダ、SUBARU(スバル)の4社は、4月5日から7日の3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2019」にて、「百花繚乱80's」をテーマとした共同展示を行うと発表した。

    1980年代は、日本メーカーの独創性と品質への情熱が欧米メーカーに追いつき、さまざまな技術や新車型が開花していった極めて重要な時期。「百花繚乱80's」のテーマの元、その時代を彩った、各社の代表的なクルマ7台を展示する。

    トヨタは、「ピラーレス4ドアハードトップ」と低い車高によるスポーティかつクリーンなスタイルで4ドアの新しい市場を開拓した『カリーナED』、国産初の量産ミッドシップ『MR2』、優れた走行性能と圧倒的な静粛性でその後の高級車開発にも大きな影響を与えたレクサス『LS400』を展示する。

    スバルは、世界トップレベルの空力性能を誇った水平対向6気筒搭載の高速AWDツアラー『アルシオーネ』、セダン同様の運動性能とワゴンの実用性を兼ね備え、ワゴンブームのきっかけとなった『レガシィ・ツーリングワゴン』を出展する。

    日産は、Zの伝統と革新を体現し、当時の最新技術を数多く搭載した『フェアレディZ(Z32型)』を、ホンダは、「トールボーイスタイル」の先駆けとなった『シティ』のオープンモデル「シティ・カブリオレ」を展示する。

    20192019年3月15日(金)14時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/03/15/320181.html


    【「百花繚乱80's」トヨタ・日産・ホンダ・スバルが共同展示へ…オートモビルカウンシル2019】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 75コメント

    20190114_02_11-1280x854

    1: 2019/03/15(金) 08:08:05.151 ID:5dIIqKTC0

    だせや


    【【悲報】新型スープラにMTないとか・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2019/03/14(木) 14:07:03.21 ID:qIpKLNZy9

     いよいよ、この4月1日から東京のトヨタ系列の販売店4つが一つに統合される。いったい、東京のトヨタ販売は、これからどう変わるのか?

     いっぽう、ユーザーの立場から見ると、何がどう変わるのか? メリット、デメリットはどうなのか? 新車ディーラーの取材を得意とする、ジャーナリストの遠藤徹氏が徹底取材した。

    ■4月1日から東京地区のトヨタ系列店が統合、一つの会社に

     この4月1日から東京地区のトヨタ系列店が統合し、一つの会社が発足する。その名は「トヨタモビリティ東京」」だ。

     これまでは「東京トヨタ」、「東京トヨペット」、「トヨタ東京カローラ」、「ネッツトヨタ東京」など別法人で、それぞれ取り扱う車種は専売、併売モデルと分けて販売していた。

    それが4月1日からは全店併売となる。正確にはこの他東京地区には地場資本の「西東京カローラ」、「ネッツトヨタ多摩」、「ネッツトヨタ東都」があり、このうち西東京カローラは全車種扱いだが、他の2社は取り扱い車種の変更はない。

     従来の専売モデルはトヨタ店がランドクルーザー、センチュリー、アリオン、トヨペット店はハリアー、ハイエース、アルファード、プレミオ、カローラ店はカローラ、ノア、パッソ、ネッツ店はヴィッツ、ヴェルファイア、ヴォクシーなどだった。

     ただ東京地区は全国の他地域ディーラーとは多少取り扱い車種が異なる。全国だとトヨタ店はクラウン、トヨペット店はマークXがそれぞれ専売だが、東京地区はどちらも両系列店の併売となっている。

     これが4月1日から全店舗で全トヨタ車を扱うようになる。併売車は複数系列店と全系列店扱いの両方があり、2系列店の併売車は全系列店扱いになる。

     つまり専売車と2系列店併売車は全系列店扱いに切り替わることでセールスパワーがアップするので、そのぶん販売台数は5%程度増えることになりそうだ。

    ■販売店側のメリット、デメリット

     販売店サイドから見るとメリットとデメリットの両方がある。今回、統合1か月を切った3月初旬に、現場の営業マンから聞いた話は以下の通り。

    ●「ハリアー、アルファード/ヴェルファイアなど人気収益車が扱えるようになるので助かる」(トヨタ店)
    ●「ランドクルーザー、カローラ、ヴィッツなどが扱えるのは嬉しい。これまでは他系列店の取り扱い車種の購入希望ユーザーが来店すると紹介するだけだったが、これからは堂々と売れるようになるので嬉しい」(トヨペット店)
    ●「クラウン、ハリアー、アルファード/ヴェルファイアが扱えるので収益があがるし、ノルマが達成しやすくなる。」(カローラ店)
    ●「クラウンを扱えるのが楽しみ。クラウン1台の利益は専売モデルであるヴィッツの10台分に相当するのでかなり儲けられるようになる」(ネッツ店)

     と、一様に歓迎一色のコメントだ。半面デメリットもある。「各店舗間の競争が激化、販売テリトリーも重なるので収益の悪い店舗は整理、統合されてしまうのではないか。」(各系列店店長)と不安の色も隠さない。

    ■値引額が減るなどユーザーのデメリットのほうが大きくなりそう

    ●ユーザーのメリット
    ・どこのディーラーにいってもトヨタ全車種が買える
    ・全車種扱いになったことで購入するディーラーを自由にユーザーが選べる
    ●ユーザーのデメリット
    ・販社が一つに統合されたことで情報がオンラインで共有化されるため、店同士の競合がなくなり、値引額が大幅減
    ・競合させるためには埼玉や神奈川、千葉など東京近郊の販社まで足を運ばなければいけない

     ユーザーにとってはデメリットのほうが大きくなりそうだ。というのは、どこの店舗でも全トヨタ車を購入できるようになるのはいいが、トヨタ車同士で競合させて大幅値引きをゲットするような購入作戦を組めなくなるからだ。

    「ひとつの店舗でお目当てのクルマの購入交渉を始めると、同じ会社になると、その情報がコンピュータでオンラインされ、直ちに他店舗に伝わる仕組みになる」(トヨペット店)と打ち明ける。

     したがってトヨタ車同士の競合は東京都内では不可能に

    以下ソース先で

    ■その後60車種を30車種程度まで減らす方針

    3/14(木) 13:02
    ベストカーWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190314-00010002-bestcar-bus_all&p=1
    no title


    【4月1日から東京のトヨタ系列の販売店4つが一つに統合 値引額が減る?ユーザーのメリット、デメリットとは】の続きを読む

    このページのトップヘ