乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    f3d3cbc5ecae91a85ff15cabcb53cac3
    1: 2018/07/08(日) 12:12:51.58 ID:HSXir+Za0

    なんでトヨタじゃいかんの?


    【「トヨタの高級車買うならベンツ、BMW、アウディ買えよ」←これwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2018/07/07(土) 21:23:54.99 ID:iyZdEWyc00707

    理想
    no title


    現実
    no title


    【【悲報】ワイ貧乏人、ランクル欲しいけど軽自動車ジムニーで我慢するwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2018/07/08(日) 01:37:08.04 ID:jbQeljne0

    先代
    no title

    no title
     
    no title


    新型
    no title

    no title

    no title

    no title


    【【悲報】トヨタの高級車の新型クラウンさん、先代より安っぽくなるwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2018/07/06(金) 11:48:32.68 ID:CAP_USER

    【7月5日 CNS】
    中国の自動車業界メディア関係者が、ソーシャルメディア(SNS)の微博(ウェイボー、Weibo)に、
    一汽豊田(FAW TOYOTA Motor Sales)の「クラウン」が2019年2月以降中国市場から撤退すると書き込んだ。

     同社の公式ウェブサイトを見てみると、
    レイツ(Reiz)とランドクルーザー(Land Cruiser)の2車種はすでに表示されておらず、
    クラウン(Crown)は「2.0Tタイプ」のみ販売しているようだ。
    同社カスタマー・センターは、クラウンが撤退するという情報はまだ入ってきていないとしている。

     自動車業界のアナリスト鐘師氏は、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)やBMW、
    アウディ(Audi)、キャデラック(Cadillac)、ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rove)といった
    高級車が続々と中国市場に参入している中、存続が厳しくなったクラウンが生産中止になるのは自然なことだと分析している。

     実際に、クラウンの中国での生産中止は一汽豊田内部でも大きなニュースではないようだ。
    今年4月に一汽豊田の田青久(Tian Qingjiu)総経理は北京で行われた自動車展示会でメディアのインタビューを受けた際、
    「一汽豊田は調整期に入っており、今年は4車種の撤退を考えている」と話していた。

     中国が進めている、自動車企業へ一定の新エネルギー車の生産を義務付ける「双積分」政策の影響を指摘するアナリストもいる。

     歴史の長い日系高級車のクラウンだが、鐘氏は、
    「実際は時代遅れになりつつある。品質はもちろん申し分ないが、デザインや外観、内装など、どうしても古臭く感じる。
    高級さとおしゃれを両立するのは難しい」と話す。

     業界関係者は、「伝統的な日本の高級車は材料や技術、乗車スタイルまでとことん追求してきた。
    しかし現在は、中心となる消費者はみな若者だ」と指摘する。

     6月26日に15代目クラウンが日本で発表されたが、
    高コストが足かせとなって日本から脱出できないだろうとみる向きもある。
    鐘氏は、「クラウンは日本では高級車としての需要があるため、少量は残るだろう」と話した。(c)CNS

    no title


    http://www.afpbb.com/articles/-/3181377


    【トヨタのクラウン、中国市場から撤退? 「デザイン古い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2018/07/06(金) 21:48:03.85 ID:CAP_USER9

    「NASCAR エクスフィニティ スープラ」
    no title


     トヨタ自動車は7月6日、現在参戦している「カムリ」に代わり、2019年からスポーツカー「スープラ」でNASCAR エクスフィニティ・シリーズへの参戦を開始すると発表した。なお、スープラの市販車は2019年前半より順次、世界各国での発売を予定している。

     フラグシップスポーツカーとして親しまれてきたスープラは2002年に生産を中止。3月に開催されたジュネーブ国際自動車ショーで「GR Supra Racing Concept」として復活し、市販モデルに関しても近い将来の復活を示唆していた

     NASCAR仕様のスープラは、米国のモータースポーツ活動拠点である米国トヨタ・レーシング・デベロップメント(TRD)と、南カリフォルニアに拠点を置くCalty Design Research, Inc.が開発とデザインを担当。エクスフィニティ・シリーズへの参戦は、2019年シーズンの開幕戦となる2月のデイトナビーチを計画している。

     トヨタは2004年より「タンドラ」で、2007年よりカムリでNASCARに参戦しており、2019年はスープラを投入することで、3つのシリーズに異なる車種(カムリでモンスターエナジーシリーズ、スープラでエクスフィニティ・シリーズ、タンドラでキャンピングワールドシリーズ)で参戦することになる。

    画像
    no title

    no title

    動画
    Toyota Xfinity Sizzle
    http://www.youtube.com/watch?v=ThqeksS7ek0


    2018年7月6日 13:29
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1131572.html


    【トヨタ、新型「スープラ」を2019年前半販売開始 スープラでNASCAR参戦】の続きを読む

    このページのトップヘ