乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2019/06/30(日) 15:43:03.50 ID:ngY+f7ky9

    2019-06-30 15:12
    http://news.searchina.net/id/1680215?page=1
    1680215

     中国の自動車市場は昨年から不調が続いているが、日系車だけはプラス成長を続けている。2019年に入ってからの5カ月間の乗用車販売台数は、4.41%のプラス成長で、5月の新車販売台数では、トヨタとホンダが販売台数を伸ばしている。中国メディアの今日頭条は27日、「なぜ車に詳しい人ほど、トヨタ車に乗っているのか」と題する記事を掲載した。

     記事はまず、トヨタ車の歴史を紹介。紡織から始まった企業ながら、2008年以降は米国フォルクスワーゲンに代わる世界最大の自動車メーカーになっているとその発展を指摘。中国では反日感情もあるのに、なぜ中国で支持を得て、しかも、「車に詳しい人ほど、トヨタ車に乗っている」とまで言われるのだろうか。

     記事は、トヨタは「日本を代表するメーカーの1つ」として、消費者に与える影響は非常に大きいと分析。その影響とは、燃費の良さ、コストパフォーマンスの高さ、実用的で、耐久性に優れ、故障も少ないことから、良い印象を持たれていると紹介している

    以下ソースで


    【なぜ中国では「車に詳しい人ほど、トヨタ車に乗っているのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2019/06/28(金) 22:02:47.10 ID:vOP2cHUX0

    TOYOTAの本気

    no title


    【新型カローラフィールダー、覚醒する】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 2019/06/26(水) 17:08:30.45 ID:CAP_USER

    no title

    トヨタ シエンタ ハイブリッド(2015年)
    no title

    トヨタ シエンタ ハイブリッド(2015年)改善箇所

    トヨタ自動車は6月26日、『シエンタ』ハイブリッド車のエンジンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2015年5月7日~2018年9月3日に製造された13万7016台。

    エンジンルーム後部に取付けているカウルルーバの防水構造が不適切なため、集中豪雨など多量の雨水がかかった場合、水がエンジン上部に滴下して、インジェクタ取付け部から燃焼室に浸入することがある。そのため、コンロッドが変形して異音が発生し、最悪の場合、エンジンが破損するおそれがある。

    改善措置として、全車両、カウルルーバの仕様に応じてシール材を貼り付けるとともに、全車両、エンジンに防水カバーを追加。また、エンジンの燃焼室を点検し、異常がある場合はエンジンを新品に交換する。

    不具合は152件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

    関連ページ
    トヨタ リコール等情報 | 2019年 | シエンタ ハイブリッド車のリコール
    https://toyota.jp/recall/2019/0626_2.html
    報道発表資料:リコールの届出について(トヨタ シエンタ) - 国土交通省
    http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_003411.html

    2019年6月26日(水)15時23分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/06/26/323826.html


    【トヨタ、シエンタ ハイブリッド 13万7000台をリコール エンジン破損のおそれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 48コメント

    image

    1: 2019/06/25(火) 19:44:37.553 ID:cQ0dLPxj0

    マツダ車と三菱車は30年前のでもエンブレム無くてもわかる
    トヨタ車はエンブレムが無いとどこのメーカーなのかどこの国の車かさえわからない


    【トヨタという創業以来デザインにこだわりゼロの自動車メーカー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 134コメント

    1: 2019/06/24(月) 04:04:00.69 ID:96Da51v80

    【カローラスポーツ】
    1.2Lターボ(CVT、iMT) \2,106,000~2,386,800

    1.8Lハイブリッド(CVT) \2,419,200~2,689,200
    no title

    no title

    no title


    【マツダ3】
    1.5Lマイルドハイブリッド(AT、MT) \2,181,000~2,506,080

    1.8Lディーゼル(AT、MT) \2,740,000~3,091,000

    no title

    no title

    no title


    【【悲報】マツダ3さん、トヨタのカローラスポーツとか言う車より優れてるのに売れない】の続きを読む

    このページのトップヘ