乗り物速報

バイクと車のまとめ

    トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2018/07/02(月) 19:17:55.45 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は2018年7月2日、「86」に「GRスポーツ」を設定し、販売を開始した。

    今回の86 GRスポーツは、2017年秋に発表されたスポーツカーシリーズ、GRのエントリーモデルとなるもの。高度なチューニングが施された台数限定販売の「GRMN」、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデル「GR」の下に位置付けられた“気軽にスポーツを楽しめる”モデルとなっている。

    これまで86シリーズには、2016年2月に100台限定の「86 GRMN」が、2017年秋に「86 GR」が設定されている。

    86 GRスポーツには、86 GR用のスポイラーやメーターなどを装着したほか、リアのサスペンションメンバーにブレースを追加して剛性を強化。ボディーカラーは「クリスタルホワイトパール」「クリスタルブラックシリカ」「ピュアレッド」の全3色展開となる。

    86 GRスポーツの主要装備は以下の通り。

    ・専用フロントスポイラー(アンダーリップなし)+専用フロントバンパーサイドフィン
    ・ブレンボ製17インチ対向フロント4ピストン/リア2ピストンベンチレーテッドディスクブレーキ
    ・17×7 1/2J ブレンボ専用アルミホイール(ブラック塗装、215/45R17 87Wタイヤ)
    ・専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+「GR」エンブレム+スポーク部のブラック加飾)
    ・専用コンビネーションメーター(ホワイトプレートタコメーター/「GR」ロゴ付き)

    価格は6段MT車が378万円、6段AT車が384万6960円。

    また、86 GRスポーツの発売にあわせてトヨタは、86 GRおよび86 GRスポーツ用の専用装備をアフターパーツとして標準車向けに設定した「GRパーツ」も発売した(一部は2018年10月末に発売)。

    主なGRパーツは以下の通り。

    【7月2日発売】

    ・GRフロントスポイラー(アンダーリップ付き)&バンパーサイドフィン:17万8200円
    ・GRフロントスポイラー(アンダーリップなし)&バンパーサイドフィン:16万2000円
    ・GRリアスポイラー:5万8320円
    ・GR小径本革巻き3本スポークステアリングホイール:6万0480円
    ・GRスタートスイッチ:1万5120円

    【10月末発売】

    ・GRアルミホイール<鍛造軽量 RAYS製>&フロント6ピストン/リア4ピストンブレーキセット(フロント17×7 1/2J/リア17×8 1/2J[1台分]):123万8220円
    ・GRアルミホイール<鍛造軽量 RAYS製>(フロント17×7 1/2J/リア17×8 1/2J[1台分]):38万5020円
    ・GRアルミホイール<鍛造軽量 RAYS製>17×7 1/2J[1台分]>:31万5360円
    ・GRフロントステアリングラックブレース:2万0520円
    ・GRリアサスペンションメンバーブレース:4万8600円

    このほか、TOYOTA GAZOO Racingレコーダーとセットにすることで3連メーターへの表示機能の拡張やラップタイム計測などを行えるGR T-Connectナビも発売した。200台の台数限定となっており、価格は標準仕様が16万2000円、TOYOTA GAZOO Racingレコーダー付きが26万1360円。(webCG)

    2018.07.02
    http://www.webcg.net/articles/-/39053

    トヨタ86 GRスポーツ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 59コメント

    ダウンロード
    1: 2018/06/30(土) 20:19:10.88 ID:sPpqb0Cd0 

    ブリヂストンは、トヨタ自動車が6月26日に発売した、新型ハッチバック『カローラスポーツ』の新車装着タイヤとして、「ECOPIA」の納入を開始した。
    装着タイヤパタンは「ECOPIA EP150」、タイヤサイズは195/65R15 91H。

    ブリヂストンによると、ECOPIA EP150は、カローラスポーツの低燃費と操縦安定性、乗り心地の実現にあたり、重要な役割を果たしているという。

    ブリヂストンのECOPIAシリーズは、安全性能や操縦性能、乗り心地などタイヤに求められる諸性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗の低減を追求したタイヤブランドだ。

    ブリヂストン「ECOPIA」がトヨタ カローラスポーツ に新車装着
    https://response.jp/article/2018/06/30/311406.html


    【新型カローラスポーツのタイヤにBSの「ECOPIA」が採用!!スポーツ車にエコタイヤ!クソワロタwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 54コメント

    1: 2018/06/28(木) 19:52:02.16 ID:CAP_USER9

    2018年06月26日

    TOYOTA、新型車カローラ スポーツを発売
    -初代コネクティッドカーとして“新世代ベーシック”カローラ誕生-

    TOYOTAは、新型車カローラ スポーツを全国のトヨタカローラ店を通じて、6月26日に発売しました。また、8月には、インテリジェント マニュアル トランスミッション(iMT)搭載車の発売を予定しています。
    https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/23067384.html
    no title
    半クラッチやギア合わせを気にせずストレスなくマニュアル運転を楽しめる。
    no title



    半クラッチやギア合わせを気にせずストレスなくマニュアル運転を楽しめる。

    iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)国内トヨタ初*1 2018年8月発売予定
    iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)国内トヨタ初*1 2018年8月発売予定
    ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、iMTがスタンバイ状態になります。この状態でドライバーの変速動作を検出すると、コンピューター制御により、エンジン回転数をクルマが自動的に合わせ(等速シフト)て、スムーズな変速をアシストします。素早いクラッチ操作でもショックが少ないため、ワインディングや登降坂路でスポーティなドライビングが楽しめます。また、SPORTモードへの切り替えなしでも発進アシスト機能が作動。発進時のクラッチ操作を検出し、エンジン出力を最適に調整(トルクアップ)することでクラッチのみでの発進操作をよりスムーズに行えるようにしました。

    [MT車に標準装備]
    *1. 2018年6月現在。トヨタ自動車(株)調べ。
    ■写真はG“Z”(MT)。

    https://toyota.jp/corollasport/performance/?padid=ag341_from_corollasport_top_drivingfeel
    no title

    no title


    【【エンストしない】カローラ スポーツiMT車は8月発売 半クラッチ不要・自動ブリッピング機能あり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2018/06/26(火) 09:30:11.092 ID:R67FzhPR0

    no title


    絶対売れんだろ……


    【トヨタが変な車出しててワロタwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    1: 2018/06/26(火) 11:10:42.09 ID:mR8n03Np0

    トヨタ
    no title

    no title

    no title


    フォルクスワーゲン
    no title

    no title

    no title


    【【悲報】トヨタさん、デザインでドイツ車フォルクスワーゲンに負けてしまうwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ