乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ドイツ車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    1: 2020/01/13(月) 16:22:42.06 0

    no title

    no title

    no title


    【【画像】最近のベンツがカッコよすぎる件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    img

    1: 2019/12/26(木) 16:41:06.28 0

    特に際立った個性のようなものは感じない
    大衆車のイメージだが
    日本車とは異なる何かがあるのだろうか


    【【疑問】街歩いてると新車らしきフォルクスワーゲン結構見かけるんだが どういう人達が買ってるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    1: 2019/12/20(金) 11:04:06.97 ID:bmbsCkPF0 BE:993788992-PLT(13001)

    日本でドイツ車が大人気の理由とは
    2019年12月19日 18時0分 WEB CARTOP

    日本を走る輸入車の3台に2台以上はドイツ車!
    いま日本における輸入車市場は年間30万台規模となっています。
    具体的にJAIA(日本自動車輸入組合)の発表しているデータを記せば、2019年1月~11月までの輸入車総計は
    31万5439台、そのうち国産ブランドを除いた海外ブランドの乗用車は26万8418台です。

    日本に正規輸入されている海外ブランドは、
    生産国ではなく各ブランドの本社所在地によってユーザーは「ドイツ車」であるとか「フランス車」や「イタリア車」といった具合に
    認識している傾向が強いといえます。
    そのなかでは「ドイツ車」が圧倒的なシェアを占めているのはご存じのとおりです。

    同じくJAIAのデータを見ると、2019年1月~11月の期間においてもっとも新車が売れたブランドは「メルセデス・ベンツ」で、
    その台数は5万8882台。2位はフォルクスワーゲン、3位はBMWで、BMW MINI、アウディと続きます。
    MINIはイギリスの伝統的なブランドですが、BMWの一員ですから、ほぼドイツ車といっていいでしょう。
    とにかくドイツ車が人気なのです。

    このトップ5を合計すると18万7133台(うち乗用車は18万7106台)となります。
    つまり、輸入車の乗用車においてトップ5のドイツ車が占める割合は69.7%になります。
    日本で走っている輸入車の3台に2台以上はドイツ勢というわけです。
    このように評価されている理由を突き詰めると「ドイツ車であるから」ということに行きつくのではないでしょうか。
    日本のみならず世界的にドイツ車には圧倒的な信頼感があります。
    世界でも唯一といえる速度無制限のハイウェイ「アウトバーン」は、環境対応が重視される時代には逆行する存在ですが、
    それでもアウトバーンを持つ国という点でドイツ車全般のブランド性にプラスに働いています。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17550650/


    【中国人「ドイツ車は日本車と比較にならないほど良い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    image.MQ6.12.20181129101939

    1: 2019/12/01(日) 01:24:57.676 ID:BnrDRA3O0

    Aクラスとかも含めて高くて品質も高いだろ?
    結局本国の大衆車ってなんだろうな?


    【【疑問】ベンツは本国では大衆車とか言う奴いるけどやっぱ高級車だよね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    produktion-kompakt563x317

    1: 2019/11/27(水) 08:50:44.04 ID:CAP_USER

    ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンの傘下にあるアウディは、2025年までに9500人の人員削減を行うと発表しました。日本円でおよそ7200億円のコストを削減し、持続可能な成長に向けて構造改革を進めるとしています。

    アウディは26日、2025年までにドイツ国内のおよそ6万人の従業員のうち、9500人を削減をすると発表しました。

    これによって、今後10年間で60億ユーロ、日本円でおよそ7200億円のコスト削減が可能になるとしています。

    一方で、電気自動車の生産やIT化に対応するため、新たに最大2000人分の雇用を生み出すとしています。

    アウディは排ガス規制を逃れるため、ディーゼル車に不正なソフトウエアを搭載していた問題が発覚して以降、ダイムラーやBMWなどの競合他社との競争で苦戦を強いられてきました。

    今回、発表された人員削減の計画について、アウディは持続可能な成長を目指すための構造改革の一環だとしています。

    ドイツの自動車業界では、今月14日にもダイムラーで管理職の10%を削減するなどの人員削減の計画が発表されていました。
    2019年11月27日 7時51分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191127/k10012192531000.html


    【【悲報】ドイツ アウディが従業員9500人削減へ】の続きを読む

    このページのトップヘ