乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ドイツ車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    bmw-7er-rt-2015-0023
    1: 2017/08/10(木) 09:22:10.728 ID:h6pb3FkE0

    同じ値段出すならキャデラック乗るわ


    スポンサーリンク

    【BMWって値段の割りに高級感なくね??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2017/07/30(日) 22:12:10.83 ID:CAP_USER9

    ■輸入車、業界団体は強気の販売予想もダイムラーの疑惑どこまで影響? クリーンディーゼル車の人気高まる中、水を差すリコール

    16年度のブランド別輸入車販売トップ10
    no title


    日本自動車輸入組合(JAIA)のペーター・クロンシュナーブル理事長(ビー・エム・ダブリュー社長)は27日、東京都内で会見を開き、2017年の外国メーカー車の輸入車販売台数について「30万台を維持する」との方針を示した。
    17年上期(1―6月)の外国メーカー車の販売は前年同期比3・8%増の15万997台で、上期としては過去3番目の規模。下期(7―12月)も「各社のニューモデルの拡充などで、市場はさらに成長する」と述べた。

    輸入車の新車販売は16年4月から17年6月まで15カ月連続で前年同月を上回っている。
    特に外国メーカー車に占めるクリーンディーゼル車の比率は、17年上期に21・5%と半期で初めて2割を超えた。クロンシュナーブル理事長は「クリーンディーゼル車への顧客ニーズの増加傾向を反映している」と評価した。

    欧州を中心に広がっている電動車両化の日本への影響については「かなり先の話」としながらも「自動車産業界は将来の技術に対する作業を始めている。(外国メーカー車は)最新の技術を常に日本に供給する」と話した。

    ■VWと同様の疑惑浮上

    ドイツ自動車大手ダイムラーは18日、欧州で販売した300万台超のディーゼル車のリコール(回収・無償修理)を実施すると発表した。
    同社をめぐっては、独フォルクスワーゲン(VW)と同様の排ガス不正疑惑が浮上しており、独検察当局が捜査に乗り出している。

    リコールの目的は、窒素酸化物(NOx)排出に関する技術的な改善で、ダイムラーは実施中の措置の大幅な拡大だと説明。
    費用として2億2000万ユーロ(約280億円)を新たに投じる。ダイムラーは声明で「ディーゼルエンジンをめぐる世論により、当社の顧客にも不安が生じている」とし、リコールがあくまで自発的な措置であることを強調した。

    一方、メルセデス・ベンツ日本(東京)は21日、親会社のドイツ自動車大手ダイムラーが欧州で実施するディーゼル車300万台以上の無償修理について、日本でも同様に対応すると発表した。
    「日本は対象外」との方針を20日に公表していたが、その後、ダイムラーからの指示を受け、一転して無償修理の実施を決めた。日本で対象となる車種は「詳細が判明次第、情報提供する」と説明している。

    ディーゼルも設定した新型「GLCクーペ」とメルセデス・ベンツ日本の上野社長
    no title


    配信 2017年07月30日
    日刊工業新聞 ニュースイッチ
    http://newswitch.jp/p/9871

    関連過去スレ
    【国際】欧州で300万台超リコール=排ガス不正疑惑のダイムラー
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500446257/


    スポンサーリンク

    【好調「輸入車」に影を落とすダイムラーの不正疑惑 リコールどこまで影響?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント

    stance-1713593_640
    1: 2017/07/25(火) 08:22:09.849 ID:iGc1kTt0a

    今まで二回買ったことあるけどどれも5年以内に壊れるし、地雷でしかないよな


    スポンサーリンク

    【外車の中古って壊れすぎじゃね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 43コメント

    thegermanones

    1: 2017/07/22(土) 15:31:25.13 ID:GYgWwpo60 

     【フランクフルト=深尾幸生】独誌「シュピーゲル」(電子版)は21日、フォルクスワーゲン(VW)など独自動車大手5社が1990年代からカルテルを
    結んでいたと報じた。対象は技術や部品調達など広範囲に及び、ディーゼル車の排ガス関連も含まれている。カルテル行為がVWに続き、
    独ダイムラーなどでも疑われる排ガス不正の背景となった可能性がある。

     ドイツ史上最大のカルテル事件に発展する可能性もある。報道によると、VWがドイツ連邦カルテル庁に、処罰の軽減を求めて資料を提出した。
    カルテルに加わったとされるのはVWやBMW、ダイムラー、アウディ、ポルシェの計5社。ドイツの自動車メーカーの大半を占める。90年代から
    200人以上の従業員が60回以上会合を重ねているという。

     カルテルが疑われている対象は部品メーカーの選定や購入価格の決定、技術の仕様など多岐にわたる。ディーゼル車の排ガスを浄化する
    ための尿素タンクの価格を抑えるために容量の小さいものを採用することで合意。後に排ガス不正につながったとしている。

     当局は2016年夏に鋼板価格について談合した疑いでVWを調査していた。調査の2週間後にVWはカルテル庁に自己申告し、ダイムラーも
    同様の書類を提出したという。

     ディーゼル車の排ガス不正では15年夏にVWが1100万台で違法ソフトを使っていたことが発覚した。検察はダイムラーやアウディ、ポルシェも
    不正の疑いで捜査している。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC21H37_R20C17A7EA6000/


    スポンサーリンク

    【ドイツ車メーカー5社に重大疑惑! カルテルを結んで排ガス不正していた疑い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    auto-2374719_640
    1: 2017/07/22(土) 10:23:20.52 ID:CAP_USER9

    メルセデス・ベンツ日本(東京)は21日、親会社のドイツ自動車大手ダイムラーが実施する高級車「メルセデス・ベンツ」のディーゼルエンジン車のリコール(無料の回収・修理)について、日本に輸入された車も対象となると明らかにした。
    これまでは欧州での販売車と仕様が異なるため、リコールの対象外と説明していたが、本社からの通知で説明を一転した。

    関係者によると、対象車は数万台になるとみられる。

    ベンツ日本は「本社から欧州と同様の対応を取ると説明を受けた」と表明。

    配信 2017/7/22 01:21
    共同通信
    https://this.kiji.is/261151929299910665?c=39546741839462401

    関連スレ
    【社会】ベンツ「日本販売分はリコール対象外」 排ガス不正疑惑★2
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500626843/


    【ベンツ、日本でも一転リコール】の続きを読む

    このページのトップヘ