乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ドイツ車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2018/03/09(金) 02:22:26.542 ID:kZjioj1n0

    高過ぎるぞ…無理ぞ…


    【俺「ドイツ車がいい」 嫁「SUVがいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    4120c255273b37897a0067246993e8e1_s
    1: 2018/02/28(水) 05:36:13.20 ID:CAP_USER9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011345711000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

    2月28日 4時59分
    ドイツの連邦行政裁判所は、大気汚染対策としてディーゼル車の市街地への乗り入れの禁止を容認する判断を示し、ドイツの自動車業界にとって大きな打撃になりそうです。

    ドイツでは2015年にフォルクスワーゲンのディーゼル車の排ガスをめぐる不正が発覚したのを受けて、環境団体が大気汚染が深刻な2つの都市に対し、ディーゼル車の乗り入れ禁止を求めて地方裁判所に提訴して勝訴しましたが、自治体側が判決を不服として上訴していました。

    東部ライプチヒにある連邦行政裁判所は27日、大気汚染対策として、最も厳しい排ガス基準を満たすディーゼル車を除いてディーゼル車の市街地への乗り入れの禁止を容認する判断を示しました。

    実際に禁止するかどうかは、自治体の判断に委ねられますが、ドイツでは大気汚染が基準値を超える地域が少なくないため、判決を受けて乗り入れ禁止に踏み切る自治体が広がるものとみられます。

    また、対象となるディーゼル車は1000万台以上に上るとみられ、自動車メーカーは、排ガスを浄化する機能の改修を迫られる可能性もあり、業界にとって大きな打撃となりそうです。

    判決を受けてヘンドリクス環境相は会見で「乗り入れの禁止措置にはこれまでも反対してきたし、今も反対だ。別の方法で大気汚染を軽減できる」と述べて、政府として電気自動車の普及などを後押ししていく考えを強調しました。


    【【ドイツ】 ディーゼル車の市街地乗り入れ禁止を裁判所が容認】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2018/02/26(月) 20:07:29.18 ID:byUrWEFb0 

    自動車メーカー「ポルシェ」の日本法人、「ポルシェ ジャパン」はインターネットでカタログを請求した顧客など、2万8000件を超えるメールアドレスが不正アクセスで流出したほか、氏名や住所、それに年収などの個人情報も流出した可能性があると発表しました。

    「ポルシェ ジャパン」の発表によりますと、流出したのは2000年から2009年の間に、インターネットでカタログを請求した顧客の2万3151件のメールアドレスです。

    また、顧客が入力した氏名や住所、電話番号、それに年収などの個人情報も流出した可能性があるということです。

    このほか、2015年7月に行ったキャンペーンに応募した顧客のメールアドレスも流出し、合わせて2万8722件の個人情報が流出したということです。

    会社によりますと、先月下旬から今月上旬にかけて、顧客の情報の管理を委託しているサーバー会社のデータベースに複数回にわたって不正アクセスがあったということです。

    情報にはクレジットカードの番号などは含まれず、悪用され、被害を受けたという連絡は入っていないということですが、会社では詳しい調査を急ぐとしています。

    「ポルシェ ジャパン」は「お客様にご心配とご迷惑をおかけし、おわび申し上げます。今回の事態を厳粛に受け止め、顧客情報を預かる体制の総点検と再発防止に取り組みます」とコメントしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180226/k10011343801000.html
    no title

    no title


    【ポルシェ日本法人から顧客の氏名住所、年収など個人情報2万件以上が流出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    vwlogo

    1: 2018/02/24(土) 07:14:07.50 ID:CAP_USER

    ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンは去年1年間の決算を発表し、中国や北米市場での販売が好調だったことなどから、売上高、営業利益ともに過去最高を記録しました。

    ドイツのフォルクスワーゲンは23日、去年1年間のグループ全体の決算を発表しました。それによりますと、売上高は前の年より6.2%多い2306億8200万ユーロ(およそ30兆2100億円)と過去最高になりました。これは、中国や北米市場での販売が好調でグループ全体の世界での販売台数も2年連続で首位だったためです。

    また、ディーゼル車に不正なソフトウェアを搭載していた問題への対策費も大幅に縮小し、本業のもうけを示す営業利益は前の年より94.5%増えて138億1800万ユーロ(1兆8100億円)と過去最高となりました。

    一方、ダイムラーも高級車メルセデス・ベンツなどの販売が好調で、売上高が1643億3000万ユーロ(21兆5200億円)、営業利益が146億8200万ユーロ(1兆9200億円)と、いずれも過去最高を記録しました。
    2月24日 6時22分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180224/k10011341291000.html


    【フォルクスワーゲン 過去最高の売上高と営業利益】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    71054da3bcc9247ae050048e55f44696-bpfull

    1: 2018/02/24(土) 07:54:07.72 ID:0m9dgSlb0 

    中国自動車大手の浙江吉利控股集団が、高級車「メルセデス・ベンツ」を展開するドイツ大手ダイムラーの発行済み株式総数の9.69%を取得し、筆頭株主になったことが23日、分かった。
    時価総額から換算すると、所得額は約90億ドル(約9600億円)。欧米メディアが伝えた。

    吉利は昨年12月、スウェーデンの商用車大手ボルボの株も買い取ることで合意。欧州主要企業の経営への影響力が増すことになる。

    吉利はダイムラーが力を入れている環境対応の電気自動車(EV)の技術を取り込む狙いがあるとみられる。(共同)

    https://mainichi.jp/articles/20180224/k00/00e/020/239000c


    【中国自動車大手、ベンツ展開する独ダイムラーの筆頭株主に】の続きを読む

    このページのトップヘ