乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ハイブリッド車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 63コメント

    1: 2019/03/19(火) 17:59:56.94 ID:6ZOOG7Lo0 BE:232392284-PLT(12000)

    新型フィットに搭載確実! ホンダの本命HVはe-POWERより凄いのか!?

     いつの間にか日本の車はハイブリッドだらけになったものだが、なかでも人気を集めているのが日産のe-POWER。
     だが、実はこのe-POWER以上に凝ったシステムを持つのがホンダのハイブリッド「i-MMD」。
    新型フィットへの展開も確実視されるホンダの“本命”ハイブリッドは、何が優れているのか? e-POWERとの比較も合わせて解説したい。

     まず簡単に「i-MMD」の構造を見ていくと、エンジン、発電用と走行用のふたつのモーター、リチウムイオンバッテリー、
    制御システムで構成され、トランスミッションを持たないのが特徴だ。

     走行モードは、バッテリーからの電力供給による「EVドライブモード」と、エンジンで発電した電力供給による
    「ハイブリッドモード」を基本とし、エンジンの主な役割は発電だ。
     ここまでなら日産のe-POWER同様の“シリーズハイブリッド”となるのだが、i-MMDには、
    もうひとつの走行モード「エンジンドライブモード」が存在するのが大きな特徴となる。

     このモードでは、駆動軸とエンジンをクラッチで直結させ、エンジンが主体で走行する。状況によっては、モーターのアシストも加わるので、パラレル式ハイブリッド車に近い存在でもある。

     走行状況をシーン別に紹介すると、発進時や街中はEV走行、加速時などパワーが必要な時はハイブリッド走行、高速巡行では燃費が有利となるエンジン走行と、
    この3つのモードを巧みに使い分けることで、ハイブリッドシステムの持つ美味しいところを最大限活用しようとしているのだ。
    20190316-00010000-bestcar-002-2-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00010000-bestcar-bus_all


    【ホンダのHV技術「i-MMD」が凄すぎると話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    carlineup_aqua_grade_top_pic_01

    1: 2019/03/16(土) 17:54:29.86 ID:L1rVhXck0

    どうすりゃええねん...


    【【悲報】ワイ「車初めて買うしアクアでいいか」敵「アクアはダサい!クソ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    249580

    1: 2019/03/12(火) 12:18:20.251 ID:msjUlD7tp

    免許持ってないのかな?


    【自称車好きのプリウス嫌いは異常だよな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    carlineup_aqua_grade_top_pic_01

    1: 2019/02/23(土) 18:25:21.345 ID:F5HOEj+Kp

    燃費もいいしプリウスよりかっこいいし普通に買いたいんだが
    お前らの評価はどんな感じなの?


    【車のアクア買おうと思ってるんだがお前ら叩かない?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    TO_S225_F001_M005_1_L

    1: 2019/02/21(木) 23:17:11.74 ID:mbmO4PQ39

    秋田市の東北小水力発電㈱が豊田通商と組み、トヨタ自動車のハイブリッド「プリウス」の電源装置を再利用した、低コストで高効率な小水力発電システムを開発したと発表しました。

    同車のHVユニットを再利用しており、制御コントローラーやモーターなどを活用するもので、開発品は出力10KWで一般家庭20~23世帯の電力消費を賄えるそうです。

    直列/並列に配置することで出力を50KW未満まで増やすことも可能で、農業用水路や上下水道施設に売り込む考えのようです。

    東北小水力と豊田通商では、HVユニットの耐久性や水車の低コスト化について早稲田大学と共同研究しており、価格は従来の1/2~1/3の600万円程度を目指しているそうです。

    日経新聞によると、東北小水力では「これまで採算性が見込めず、諦めていた国内外の適地が新しい市場として創出される」と期待しているそうで、豊田通商においても「寿命を終えたプリウスの部品が小水力の発電機として蘇るため、資源循環として期待できる」としています。

    両社では350台/年の販売を目標に、今後1年以内の発売を目指している

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16051736/


    【寿命を全うしたトヨタ「プリウス」の電源装置が水力発電システムとして蘇る!】の続きを読む

    このページのトップヘ