乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ハイブリッド車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2018/10/16(火) 21:01:33.76 ID:fiSzf22q0

    現行型プリウス(ZVW50、ZVW51、ZVW55)発売から早くも3年が経過するタイミングとなっている。
    2018年12月17日には、ビッグマイナーモデルチェンジに相当する改良モデルの導入が計画されており、これによりプリウスは後期型へ移行する。
    Sグレードに設定されていたニッケル水素バッテリー搭載モデルは廃止となり、後期型プリウスは全車リチウムイオンバッテリーが採用される見込みとなっている。
    フェイスリフトも実施され、プリウスPHVの影響を受けたスポーティな顔つきとなる。

    https://car-research.jp/tag/prius
    (写真は現行プリウス)
    no title


    【トヨタ・プリウス後期型はニッケル水素バッテリー廃止へ、12月マイチェン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2018/10/04(木) 19:10:56.55 ID:sWptR5dC0 

    ホンダは10月4日、2018年冬に発売予定の新型ハイブリッド車『インサイト』をホームページで先行公開した。

    3代目となる新型インサイトは、クルマとしての基本価値を磨き、走り、デザイン、安全性能、すべてにおいて上質を追求したミドルセダンとして登場する。
    パワートレーンは、コンパクトながら2モーターならではの力強く滑らかな加速を実現するハイブリッドシステム
    「スポーツハイブリッド i-MMD」を1.5リットル DOHC i-VTECエンジンと組み合わせ、上質な走りと燃費性能を両立。
    また安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプで標準装備する。

    日本仕様の装備としては、フロントグリルを専用デザインとしたほか、トランクスポイラーを追加。
    走りの面でも独自のチューニングを施し、国内ユーザーのニーズに応える仕上がりを目指したという。

    ホンダでは今後、ホームページで新型インサイトに関する情報を順次公開していく。

    https://response.jp/article/2018/10/04/314699.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダ 新型インサイトを先行公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2018/09/16(日) 01:00:20.41 ID:aH2rTQZt0● BE:423476805-2BP(4000)

    プリウスは2015年12月に発売された4代目モデル。販売3年となる2018年12月を機にマイナーモデルチェンジを受けて、後期型にシフトする。
    既にMC前の現行モデルの値引きセールがスタートしており、販売現場では新型プリウス導入に向けての準備が進められている。現行タイプの生産は10月にも終了する見込み。
    新型プリウスは、フロントデザイン、リアデザインともにリフレッシュされ、PHV風エクステリアの採用が予想される。
    それでも全くPHVと同じというわけではない。フロントのヘッドランプユニットは3連LED式となり、PHV風というよりも最近のトヨタ車らしい眼つきとなる。

    https://car-research.jp/tag/prius
    no title


    【【朗報】プリウス12月に後期型へマイナーモデルチェンジ、PHV風フェイスに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2018/09/12(水) 12:55:08.78 ID:BrLK9MAg0● 

    スバルXVにハイブリッドモデル、「Advance」が2018年10月に発売される。
    スバルの新世代ハイブリッドシステムは、今夏発売されたフォレスターで導入済み。
    FB20型、2.0L水平対向4気筒エンジンにアシストモーターを1機備えた、いわゆるマイルドハイブリッド方式となっており、e-BOXERと名付けられた。
    フォレスターに続きXVシリーズにも導入されることになる。
    XV AdvanceのJC08モード燃費は19.2km/L、WLTCモード燃費は15.0km/Lとなる。

    https://car-research.jp/tag/xv
    no title


    【スバルXV Advance先行予約受付中、2.0Lハイブリッド e-BOXER搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    grade_20s_1612.ts.1612210441469470

    1: 2018/09/12(水) 13:04:33.89 ID:CAP_USER9

     マツダは同社初となるディーゼルエンジンをベースとしたハイブリッド車(HV)を投入する方針を固めた。2020年をメドに欧州と日本で発売し、米国などにも投入を検討する。独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正や環境規制強化でディーゼル車には逆風が吹く。日本勢でも開発縮小や撤退の動きが広がるなか、ディーゼルに賭けるマツダの勝算はどこにあるのか。

    ■主力SUV「CX-5」で

     まず主力SUV(多目的スポーツ…

    ※全文は会員登録をしてお読みいただけます

    2018/9/12 8:01日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35254980S8A910C1000000/


    【マツダ、初のディーゼルHVを投入 電動化で燃費2割向上 主力SUV「CX-5」で】の続きを読む

    このページのトップヘ