乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ハイブリッド車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    24_9_7_1_030

    1: 2019/04/05(金) 03:51:51.81 ID:qImnX0S29

    https://jp.reuters.com/article/bv-column-toyota-idJPKCN1RG0QV

    2019年4月4日 / 09:56 / 11時間前更新
    快走プリウスに「終止符」、トヨタの賢く大きな賭け
    Katrina Hamlin
    [香港 4日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トヨタ自動車(7203.T)は人気車種「プリウス」を、眺めの良いルートを通って行き止まりに連れて行こうとしている。

    時価総額約22兆円のトヨタは3日、ハイブリッド車(HV)の関連技術特許約2万4000件を競合他社に無償提供すると発表した。各国政府はよりエコな自動車の普及を推進しており、ハイブリッド技術は陳腐化するかもしれない。それでも当面は、電気自動車(EV)への曲がりくねった道が多少なりとも進みやすくなるはずだ。

    内燃機関と電動モーターを組み合わせ、トヨタはより環境に優しい自動車開発の先駆けとなった。昨年は世界で販売されたハイブリッド車の半数以上をトヨタが生産した。

    とりわけ成功を収めたのは欧州だ。燃費や排ガス規則が一段と厳しい欧州は、ハイブリッドのような車を好む。マッコリー証券のアナリストによると、欧州では2018年までの4年間、ハイブリッド車の販売が年37%のペースで増加した。

    プリウスの発売から20年以上を経て、トヨタは「他社への供給者」になろうとしている。それは保有する数多くの知的財産を2030年まで無償で提供するだけでなく、同社の専門技術を活用したい他の自動車メーカーにサービスを売ることを意味する。
    (リンク先に続きあり)


    【【トヨタ】快走プリウスに「終止符」、賢く大きな賭け】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 98コメント

    249580

    1: 2019/04/03(水) 14:10:46.34 ID:G/YDGO0w0 BE:439992976-PLT(15000)

    トヨタ、HV特許を無償開放 午後に副社長が会見

    トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)について、年内にも自社の関連技術の特許を使用する権利を無償開放する方針を固めた。
    世界的な燃費規制の強化を追い風に、競合他社に技術を無償提供してHVの市場拡大を目指す。
    関連部品の外販で需要が増えればHVのコストが下がり、主要部品が共通する電気自動車(EV)の競争力強化にもつながる。

    トヨタ自動車は3日朝、同日の午後1時半に名古屋市で記者会見を開くと発表した。寺師…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43264070T00C19A4MM8000/


    【トヨタ「HV特許を無償開放する。2018年燃費No.1のプリウスを超えるHV車を造ってみたまえ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 71コメント

    1: 2019/03/19(火) 17:59:56.94 ID:6ZOOG7Lo0 BE:232392284-PLT(12000)

    新型フィットに搭載確実! ホンダの本命HVはe-POWERより凄いのか!?

     いつの間にか日本の車はハイブリッドだらけになったものだが、なかでも人気を集めているのが日産のe-POWER。
     だが、実はこのe-POWER以上に凝ったシステムを持つのがホンダのハイブリッド「i-MMD」。
    新型フィットへの展開も確実視されるホンダの“本命”ハイブリッドは、何が優れているのか? e-POWERとの比較も合わせて解説したい。

     まず簡単に「i-MMD」の構造を見ていくと、エンジン、発電用と走行用のふたつのモーター、リチウムイオンバッテリー、
    制御システムで構成され、トランスミッションを持たないのが特徴だ。

     走行モードは、バッテリーからの電力供給による「EVドライブモード」と、エンジンで発電した電力供給による
    「ハイブリッドモード」を基本とし、エンジンの主な役割は発電だ。
     ここまでなら日産のe-POWER同様の“シリーズハイブリッド”となるのだが、i-MMDには、
    もうひとつの走行モード「エンジンドライブモード」が存在するのが大きな特徴となる。

     このモードでは、駆動軸とエンジンをクラッチで直結させ、エンジンが主体で走行する。状況によっては、モーターのアシストも加わるので、パラレル式ハイブリッド車に近い存在でもある。

     走行状況をシーン別に紹介すると、発進時や街中はEV走行、加速時などパワーが必要な時はハイブリッド走行、高速巡行では燃費が有利となるエンジン走行と、
    この3つのモードを巧みに使い分けることで、ハイブリッドシステムの持つ美味しいところを最大限活用しようとしているのだ。
    20190316-00010000-bestcar-002-2-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00010000-bestcar-bus_all


    【ホンダのHV技術「i-MMD」が凄すぎると話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    carlineup_aqua_grade_top_pic_01

    1: 2019/03/16(土) 17:54:29.86 ID:L1rVhXck0

    どうすりゃええねん...


    【【悲報】ワイ「車初めて買うしアクアでいいか」敵「アクアはダサい!クソ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    249580

    1: 2019/03/12(火) 12:18:20.251 ID:msjUlD7tp

    免許持ってないのかな?


    【自称車好きのプリウス嫌いは異常だよな?】の続きを読む

    このページのトップヘ