乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ヒュンダイ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    Genesis-G90-2017-exterior

    1: 2018/12/05(水) 20:51:50.15 ID:CAP_USER

    現代車ブランドが世界のメディアから相次いで絶賛を受けている。欧州でも自動車大国と呼ばれる国の主要メディアの賞に選ばれている。 

      英BBCの自動車メディア『トップ・ギア』マガジンは4日、「2018トップ・ギア・アワード」の「今年の自動車メーカー」に現代車を選定した。今回の評価はグローバル市場で変化している現代車の地位を見せている。現代車は2013年に「コストパフォーマンスが良い車」に選ばれた。数年前までコストで勝負していた現代車が、今では有数のグローバルブランドに劣らないという評価を受け始めたのだ。 

      今回の評価で『トップ・ギア』は「現代車は最も多彩なモデルを出すブランド」とし「自動車業界の嫉妬を一身に受けている」と評価した。 

      先月30日にはドイツ自動車専門マガジン『オートツァイトゥング』が「オートトロフィー2018」で「最も革新的なブランド」に現代車を選定した。『オートツァイトゥング』は昨年も小型車評価で現代車の欧州戦略型ハッチバック「i20」を1位と評価した。 

      『オートツァイトゥング』は「現代車はセダンはもちろん、プラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車、水素電気車まですべてのパワートレインを生産する珍しい自動車メーカー」とし、「革新的なブランド」に挙げた理由を説明した。 

      先月22日にも現代車は英国グリーンフリートアワーズで「今年の電気自動車メーカー」に選ばれた。現代車はアイオニックEV、コナEVなどを通じて電気自動車の走行距離・価格などで技術力が認められた。 

      現代車の代表モデルは年末年始の主要授賞式でも注目を浴びる。「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」で起亜シードは最終候補7モデルの一つだ。「北米カー・オブ・ザ・イヤー」でも同じだ。乗用車部門でジェネシスG70が、ユーティリティ部門で現代コナがそれぞれ最終候補に入っている。北米カー・オブ・ザ・イヤーの部門別競争率はそれぞれ3倍。 

      3日にも『モータートレンド』が「2019カー・オブ・ザ・イヤー」にジェネシスG70を選定した。 

      このように好評が続いているが、販売は振るわない。11月の現代車(40万3381台)と起亜車(24万7115台)の販売台数は前年同月比でそれぞれ4.2%減、3.8%減となった。 

      その間、国内販売が不振の海外実績を支えていたが、起亜車(4万8700台)は11月の国内販売実績も減少した(-0.7%)。輸出市場での不振も相変わらずだ。現代車の販売台数(33万9250台)は前年同月比5%減、起亜車(19万8415台)も4.6%減だった。 

      ただ、米国市場での反騰が慰めだ。米国市場で現代車(5万7082台)は販売台数が3%増え、起亜車(4万5101台)も小幅増加(1.8%増)した。

    https://japanese.joins.com/article/789/247789.html
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2018年12月05日 09時36分


    【高評価でも売れない…現代・起亜車実績ミステリー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    140121_Hyundai_logo_640x400

    1: 2018/11/24(土) 10:36:05.04 ID:6FoIJCqid

    現代自動車どう思う?


    【現代自動車って知ってるか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2018/11/10(土) 01:43:55.61 ID:CAP_USER

    https://jp.reuters.com/article/hyundai-motor-mojo-idJPKCN1NE08K

    トップニュース
    2018年11月9日 / 04:11 / 8時間前更新
    焦点:かつての新星、韓国現代自動車はなぜ輝きを失ったか
    [ソウル/デトロイト/重慶 5日 ロイター] - 中国重慶にある人影まばらな韓国の現代(ヒュンダイ)自動車販売店では、大型でより安価なスポーツタイプ多目的車(SUV)といった世界最大の同国市場で人気の車種がなく、客足が遠のいている、と店長が嘆いていた。

    たとえ最大25%値引きしても、月間販売台数は100台程度にすぎないと、リーと名乗るこの店長はこぼす。近くにある日産自動車(7201.T)の販売店では、月間販売台数が400台程度だという。

    「単純に売り上げが悪い。隣の日産を見てくれ。何十人も客が来ているのに、うちの店には2人しかいない」と、リー店長は愚痴った。

    現代自動車(005380.KS)は、ここから車で1時間の場所に総工費10億ドル(1130億円)の巨大製造工場を構えている。年間生産台数30万台を目標に、昨年稼動が始まった。

    だが、販売の伸び悩みに、中国市場の急減速が重なり、同工場の稼働率は3割程度にとどまっている。事情に詳しい関係者2人がロイターに明かした。

    業界で世界5位の現代自動車は、重慶工場の稼働状況や販売店の売り上げについては触れなかったが、中国事業の回復に向けて、提携先の北京汽車(BAIC)(1958.HK)と「緊密に協力」しているとコメントした。BAICはコメントの要請に応じなかった。

    この苦境は、急拡大する市場に素早く安価な人気モデルを投入することで現代自動車が中国進出当初に収めた成功からの劇的な凋落ぶりを物語っている。

    2009年には、中国市場における現代自動車と傘下の起亜自動車の合計販売台数は、米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)と独フォルクスワーゲン(VOWG_p.DE)に続く、第3位につけていた。

    だが昨年、現代と起亜の合計販売台数は9位に沈み、中国での市場シェアも2010年代初めの10%超から4%へ、半分以下に落ち込んだ。

    かつて現代自動車が誇っていた低価格帯モデルにおける市場優位を、吉利汽車(ジーリー)(0175.HK)や比亜迪(BYD)(1211.HK)など急成長する中国メーカーに譲ってしまった、と業界幹部や専門家は指摘する。

    一方、海外のライバルメーカーは、高価格帯モデルで優勢を守っただけでなく、大衆市場向けに価格競争力のある自動車を投入し続けることで、現代自動車の「買いやすい外車」という地位を揺るがした。

    世界第2位の自動車市場である米国においても、現代自動車のシェアは昨年4%に低下し、この10年で最低水準となっている。

    中国や米国で同社が苦境に陥った理由は似ている。それは、SUV人気の高まりなど消費者の嗜好が変化していることに気づかず、ブランドイメージにそぐわない高価格車を追求してしまったことだ、と中国のディーラー4人と現職も含めた米国ディーラー6人、そして業界幹部や従業員は、そう口をそろえる。

    現代自動車は、デザインの一新や新型SUV投入、そして地元の嗜好に合った自動車を素早く開発できるよう現地での裁量を拡大するなど、米国と中国という重要市場における問題改善に取り組んでいる、とロイターに文書で回答した。
    (リンク先に続きあり)


    【【悲報】かつての新星、韓国現代自動車はなぜ輝きを失ったか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    Genesis-G90-2017-exterior

    1: 2018/10/29(月) 19:29:33.91 ID:CAP_USER9

    ☆ たまたまスレです

    中央日報が28日、新韓金融投資と共同で10大グローバル自動車企業の営業利益率を比較した結果、現代車グループは主要自動車企業のうち最も低かった。現代車グループの今年の実績は8年ぶりの最低水準だ。

    営業利益率は売上高に対する営業利益を意味する。自動車を販売して得た金額から費用などを除いて実際に稼いだ金額の比率だ。昨年、現代車グループの営業利益率(4.7%)はグローバル10大自動車企業のうち7番目だった。しかし今年は現代車(1.2%)・起亜車(0.8%、ともに7-9月期基準)より営業利益率が低い自動車企業はない。

    BMW(11.0%)・トヨタ(9.3%)は現代車グループより営業利益率が10倍ほど高い。3000万ウォン(約295万円)の乗用車1台を売る場合、現代車は36万ウォンを稼ぐとすれば、トヨタは279万ウォンも稼ぐということだ。販売台数を見ると、現代車グループが他社に比べて売れていないわけではない。現代車の7-9月期の販売台数(112万1228台)は世界で6番目に多い。起亜車(68万5396台)を加えると現代車グループは世界4大自動車企業となる。しかし内容が薄い。トヨタは3カ月間(今年4-6月期基準)で6兆9600億ウォン(6826億円、営業利益)を稼いだが、現代・起亜車が稼いだ金額(4662億ウォン、7-9月期基準)はトヨタの6.7%にすぎない。

    現代車グループの営業利益率は2013年の9.2%から2016年には5.5%、今年上半期には3.5%、今年7-9月期には1.05%まで落ちた。いくつか要因がある。2012年に10.5%だった中国市場のシェアは昨年5.0%に、同じ期間に米国市場のシェアは8.7%から7.4%に落ちた。

    中国では消費者に「国産ブランドより高いが、日本・欧州ブランドほど魅力的でない車」と見なされている。SUVの人気が高まった米国市場ではセダンに固執したのが敗着となった。最大市場の米中市場で不振から抜け出すためにインセンティブ(ディーラーに支払う販売促進費)が増えた。それだけ利益が減った。

    慢性的な高コスト構造も足かせとなった。韓国自動車産業の平均賃金(2017年)は9072万ウォンと、日本のトヨタ(8344万ウォン)、独フォルクスワーゲン(8487万ウォン)より多い。売上高に対する賃金の比率は12.29%と、トヨタ(5.85%)やフォルクスワーゲン(9.95%)を大きく上回る。現代車グループ専属会社(系列会社)中心の部品供給網もコスト増加の原因だ。2010年に大規模リコール事態を経験したトヨタが部品会社との共同研究開発(R&D)を通じて20%以上のコスト削減に成功したのと比較される。自動車内の電装部品の増加で調達コストは上昇する傾向だ。

    専門家は現代車グループの「逆走行」について最近始まったことではないと分析している。世界800万台(2014-15年)販売で規模を拡大したが、数年前から鳴っている「警告音」を無視したのが競争力低下につながったという指摘だ。

    中国では高高度防衛ミサイル(THAAD)報復の余波で決定的な打撃を受けたりしたが、それ以前から兆候は表れていた。

    3年連続(2012-14年)2けただった現代車グループの中国市場シェアは2015年に8.9%に落ちた。しかし現代車グループは昨年まで中国内の生産施設を270万台に増やした。販売が急減し、工場の稼働率は70%を割った。

    規模の経済に執着したのも原因の一つに挙げられる。いわゆる2010年のトヨタリコール事態、2015年のフォルクスワーゲンディーゼルゲートなどでライバルがふらつく間、「グローバル1000万台」を達成しようという意図のため、自動車業界の市場版図を正確に読めなかったということだ。グローバル自動車企業はすでに2015年から規模を縮小し、モビリティーサービスや自動運転技術などに視線を向けている。お金にならない市場は果敢に捨てた。GMは豪州・欧州市場から撤収し、規模も2011年の1位(世界販売台数基準)から昨年は4位まで意図的に減らした。2016年に自動運転会社「クルーズオートメーション」を買収し、自動運転プラットホーム企業への変身を摸索中だ。

    ※続きはソースでご覧ください。
    https://japanese.joins.com/article/534/246534.html?servcode=300&sectcode=300


    【【韓国】現代車が1台で36万ウォンを稼ぐ時、トヨタは279万ウォン稼ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2018/10/15(月) 08:12:09.24 ID:HkzVzmr70

    現代自動車がフランスに5000台規模の燃料電池自動車を2025年までに供給する。単一水素自動車輸出契約では最も大きい規模だ。
    1998年に燃料電池車の開発を始め、2013年に世界で初めて量産型燃料電池車を発売したが、国内インフラ不足のため市場開拓に苦労した現代車が、20年間磨いてきた技術で欧州市場をノックしているのだ。

    欧州5カ国を歴訪中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日(現地時間)、仏パリ市内で現代車の燃料電池自動車「NEXO(ネクソ)」に試乗したほか、
    「ツーソン」燃料電池車タクシーの水素充填試演を参観し、韓国水素自動車の海外進出を後押しした。
    試演が行われたところはフランス化学企業エア・リキードがパリ市内のアルマ広場に設置した最初の水素ステーション。
    文大統領は現代車とエア・リキードの関係者らから燃料電池車技術の開発動向とインフラ活性化案について説明を聞いた。

    現代車は16日、エア・リキードやエンジー(Engie)など仏エネルギー企業と燃料電池車および水素ステーション普及拡大のための了解覚書(MOU)を締結する。
    現代車はこれら企業とフランス内の水素インフラ構築およびビジネスモデルを共同開発し、欧州連合の水素政策および財政支援を引き出すのに協力することにした。

    エア・リキードは今年末に韓国に設立予定の水素インフラ特殊目的法人(SPC)にも参加する予定だ。
    SPCは2000億ウォン(約200億円)規模の資本金で設立され、2022年までに韓国国内に1000基の水素ステーションを構築する。
    現代車は9月、スイス最大エネルギー企業H2エナジーに水素電気トラック1000台供給のためのMOUを締結するなど、欧州エコカー市場に注力している。
    20181015-00000003-cnippou-000-0-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000003-cnippou-kr


    【20年間技術を磨き続けた現代自動車がフランスに5000台規模で燃料電池車を供給予定】の続きを読む

    このページのトップヘ