乗り物速報

バイクと車のまとめ

    フェラーリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    150034_car
    1: 2017/05/25(木) 14:03:37.03 ID:CAP_USER9

    今年の秋に開催される東京モーターショーの出展メーカーが発表された。ここ何回か東京モーターショーの存在感は薄れてきたけれど、一段と寂しくなってきたようだ。
    世界最大級の自動車生産国であるアメリカのメーカーは姿を見せず、今回からフィアットが撤退しイタリアの自動車メーカーも消えた。ジャガーやランドローバーといったイギリス勢も出展社リストに無い。

    ドイツ
    VW、アウディ、ポルシェ、BMW、メルセデスベンツ

    フランス ルノー、プジョー、シトロエン

    スウェーデン ボルボ

    海外の自動車メーカーはVWやベンツ、BMWなどドイツ勢と、日産グループであるルノー、そしてプジョーなどフランス勢。それに加えてボルボのみ。
    一時期はフランクフルトやパリと並び「世界の3大モーターショー」とも言われていた東京モーターショーながら、今や5大モーターショーから転落。
    ここにも日本パッシング(日本抜かし)の兆候が出ている。

    今やホンダを凌ぐ大メーカーになった現代自動車、起亜自動車の出展がないのは仕方ないものの、
    多くのモーターショーに出展し日本でも販売しているGM、フォード、クライスラー、テスラ、フィアット、アルファロメオ、フェラーリ、ジャガー、レンジローバー、ロールスロイス、ベントレー、ランボルギーニくらいは出展して欲しいと思う。

    ちなみに最近の傾向で言うと、規模的に大きいのは1)フランクフルト。2)パリ。3)上海。4)北京。5)ジュネーヴ。6)デトロイト。7)広州が確実に東京を凌ぐ。

    さらにインドとインドネシア、タイが猛追しており、地盤沈下は止まらない。出展しているメーカーの数も減少し、もはやローカルなモーターショーに分類しても良いほど。

    配信 5/23(火) 13:50
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170523-00071244/

    他ソース
    【東京モーターショー2017】出展社リスト…イタリア車とイギリス車がなくなる
    https://response.jp/article/2017/05/23/295070.html


    スポンサーリンク

    【世界3大モーターショーと言われた東京モーターショー凋落 今年は米、英、伊の姿無し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2017/05/21(日) 14:54:41.470 ID:S5ZVGvV70

    no title

    誰も賛同してくれない…

    フェラーリ599GTO
    6.0v12 670馬力 世界限定599台
    新車価格3300万円(生産終了後現在7000万円)


    スポンサーリンク

    【フェラーリの不人気車がかっこいいと思うんだが…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2017/05/17(水) 16:37:52.99 ID:CAP_USER9

    https://www.cnn.co.jp/m/business/35101292.html

    香港(CNNMoney) 15階建てのガラスケースにフェラーリやランボルギーニの車を縦に並べて展示した「高級車自販機タワー」がシンガポールにこのほど登場し、新たな観光名所になっている。

    スポーツカーのショールームを経営するアウトバーン・モーターズのギャリー・ホン氏(45)は、展示スペースの狭さに頭を悩ませていた。そんな時に目にしたのが、息子を連れて訪れた玩具店トイザらスのミニカーを積み上げたディスプレーだった。

    これに着想を得て、高さ45メートルのガラスケースに高級車を並べて展示するアイデアを思いつき、世界最高層の自動車自販機を完成させた。

    展示する車は約60台。ランボルギーニ・アヴェンタドールのような新型から、「フェラーリ512」といったコレクター向けまで幅広いモデルがそろう。

    試乗や購入を希望する顧客は、専用のアプリを使ってボタンを操作すると、目当ての車が地上に下りてくる。到着を待つ間、画面上では選んだ車の紹介ビデオが再生される。

    ただしこの自販機は誰でも自由に操作できるわけではなく、スタッフが顧客のリクエストに応じて案内する。

    昨年12月に登場して以来、タワー前には見物人が詰めかけるようになり、アウトバーンの今年1~3月期の売り上げは前期に比べて約30%増えた。

    自販機タワーの技術は特許を取得して、中国などの国で在庫管理問題を解決したい業者に売り込む予定だという。

    2017.05.17 Wed posted at 12:58 JST

    ガラス張りのビルに自販機さながらのレイアウトで展示された高級車=Autobahn Motors
    no title


    スポンサーリンク

    【フェラーリも買える「高級車の自販機」、シンガポールの名所に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 74コメント

    ferrari-2151235_640
    1: 2017/05/03(水) 21:23:22.97 0

    どっち選ぶ?


    スポンサーリンク

    【一生島根県で暮らすがフェラーリ乗り回せるvs30年間東京に住めるが車は一生ボロい軽】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    Ferrari-and-Poltrona-Frau-Cockpit-office-chair-02
    1: 2017/04/28(金) 17:27:15.28 ID:CAP_USER9

    数ある自動車メーカーの中でも、ひときわ高級なことで知られる「フェラーリ」。車体価格はもちろんのこと、維持費も一般的な車に比べて高額であることは言うまでもない。

    なんとそのフェラーリが、初となる事務所用のイスを発表したという。フェラーリが……事務所用のイスだと? 「フェラーリに憧れてるけど車は買えない」という方は注目だ。

    ・本格オフィスチェアの名前は「コックピット」

    フェラーリ最新モデルのデザインを手がける「フェラーリデザインセンター」が発表した本格オフィスチェアーの名前は『コックピット(Cockpit)』である。

    製造はフェラーリの内装を手がけるイタリアの高級家具メーカー「ポルトローナ・フラウ 」で、素材もマシンに採用しているものと同一の、カーボンやアルテックスを使用しているという。

    イスは1種類ではなく、本物のレーシングシートのような「プレジデント」、様々な作業に適した「エグゼクティブ」の2つバージョンが用意されているほか、シートの色や素材など、様々なカスタマイズが可能なもようだ。

    動画でデザインを確認すると……超スタイリッシュ! 意外とシンプルなところもポイントである。気になるお値段だが、海外メディアMotor1.comの情報によれば、「プレジデント」が1万ユーロ(約120万円)、エグゼクティブが7500ユーロ(約90万円)とのことだ。

    オフィスチェアとしては超高額だが、約1億6000万円の「ラ・フェラーリ」を手がけたデザイン会社が設計した椅子と思えば、とってもリーズナブル……かもしれない。いずれにせよ、その座り心地を1度は体感してみたいものである。

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2017/04/27/894461/

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=CJkSC4m4nSg&feature=youtu.be


    スポンサーリンク

    【フェラーリから「事務所用のイス」が爆誕! お値段たったの120万円】の続きを読む

    このページのトップヘ