乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ヘルメット

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    racing-254609_640
    1: 2017/03/21(火) 02:22:57.517 ID:6rsdK1790

    60キロ以上で半ヘルとか死ねるわ


    スポンサーリンク

    【原付から250ccに乗り換えたんたけど風圧すげえwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    09-857337m
    1: 2016/11/11(金) 07:02:18.249 ID:FUexapRi0

    1時間もしない内に首と肩と頭痛くなったわ


    スポンサーリンク

    【バイク乗りってあの重たいヘルメットよく被ってられるよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 膝靭帯固め(家)@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/16(火) 20:30:30.32 ID:0YBtEmjm0.n

    見た目のインパクトは抜群。ヘルメット用の電動ワイパーが上海問屋から3999円で発売
    http://japanese.engadget.com/2016/02/16/wiper-3999/
    no title


    上海問屋から、『ヘルメットワイパー』を3999円(税込)で発売されました。その名の通り、
    バイク用ヘルメットに取り付ける電動ワイパーで、使う人を選ぶデザインが目を引きます。

    『ヘルメットワイパー』は、4つの吸盤でヘルメット上部に固定するだけで使える電動ワイパー。
    自動でシールドについた雨粒などを拭き取ってくれるため、手を使うことなく視界を確保できるとしています。

    単三形電池4本で動き、動作時間は約8時間。アームのスイング角度は約120度で、
    スイングスピードは15回/1分のモードと25回/1分のモードが用意されています。

    本体サイズは約185×135×60mm。アーム部分はコンパクトにしまえ、電池を除いた重さは
    約265gと比較的軽量なので、突然の雨に備えて常に携帯できそうです。

    濡れても問題ないか上海問屋が約30秒水没テストを行い、正常に動作することを確認しています。
    注意点としては、使用可能な走行スピードの目安を時速60kmまでとしていること。

    実用性のほどは不明ですが、装着して走れば周囲の注目を浴びることは間違いありません。
    デモ動画が公開されているので、ちょっとシュールさも感じる動きを確認してみてはいかがでしょうか。


    スポンサーリンク

    【雨の日。バイク。視界が悪い。そんな時にはこれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/02/07(日) 16:24:50.02 ID:CAP

    http://buzzap.jp/news/20160206-neko-helmet/

    大人気の猫耳がバイク用のヘルメットにも実装されてしまいました。

    ロシアのバイクと関連用品を扱う会社Nitrinos。彼らが開発して話題になっているのがこちらの猫耳付きのヘルメット、その名も「Neko Helmet」です。
    no title



    名前の通り、これはフルフェイスヘルメットの上部に猫耳が取り付けられたもの。
    シンプルな1色、2色もしくは3色のデザインもの、そして好きな柄をNitrinosのデザイナーに描いても
    らえるタイプまで自分のこだわりのカラーやデザインでオーダーメイドできてしまいます。

    no title


    例えばこちらは暗闇で光るチェシャ猫仕様のヘルメットです。夜は猫なしのニヤニヤ笑いが見えるというもの。

    http://youtu.be/3jRXBAsm5bc



    no title

    値段は1色が495ドル(約5万8千円)、最も高い自由なデザインのもので660ドル(約7万7千円)となっています。
    http://youtu.be/3jRXBAsm5bc


    いわゆるネコミミやキャットウーマンなどの連想から女性向けのようにも感じてしまいますが、
    もちろん男性が被っても全然OK。ツーリングチームでヘルメットを合わせてみるのも面白そうです。

    さて、あなたはどんなデザインがお好みですか?ドラえもん…?うん、ありかもしれません。

    スポンサーリンク

    【バイク用の「猫耳ヘルメット」が発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/01/06(水) 19:09:10.41 ID:CAP

    http://response.jp/article/2016/01/06/267341.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    BMWモトラッドは、米国ラスベガスで開幕したCES16で、ヘッドアップディスプレイ(HUD)付きヘルメットのプロトタイプを公開した。

    BMWヘッドアップディスプレイは、交通情報や車両情報をライダーの視野内に直接投影。
    道路上の状況から目をそらさず、ライディングに集中させることで、ライダーの安全をサポートする。
    表示する情報は、空気圧、オイルレベル、燃料残量、走行速度、選択中のギヤといった
    車両ステータスに関連する現在情報に加え、制限速度や道路標識のほか、差し迫った危険に対する
    警告などで構成。将来的には、V2V通信により、突然発生した障害に関する警告といったリアルタイム
    情報のほか、ナビゲーションと連動させ、出発前に計画したルートに関するアドバイスを表示できるようになるという。
    ヘルメットには小さなコンピューターとスピーカーを内蔵。BMWモトラッド マルチコントローラーを使用して
    左ハンドルバースイッチで操作可能で、ライダーは必要とする情報を簡単に選択できる。
    また、情報表示用ディスプレイは市販ヘルメットに組み込むことができ、交換式の充電式バッテリー
    を2つ使用した場合の使用可能時間は約5時間。
    BMWモトラッドでは、このHUD付きヘルメットについて、数年以内に量産レベルに持っていきたいとしている


    スポンサーリンク

    【BMW、ヘッドアップディスプレイ付きのスマートヘルメットを公開】の続きを読む

    このページのトップヘ