乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ベンツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 69コメント

    img_7eacd9b14986f040526104d1137e5a2b252505

    1: 2020/10/17(土) 16:58:28.478 ID:vYcf5jjYM

    お前ら



    【【疑問】結局アウディ、ベンツ、BMWどれがええんや???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント

    1: 2020/10/17(土) 12:03:50.349 ID:4gLteIEO0

    はい
    no title



    【【画像】ベンツのGクラスが女受け最高の車wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    1: 2020/10/07(水) 16:12:36.35 ID:Rkv4Olwvd

    今回の「藤森慎吾のYouTubeチャンネル」では、藤森さんの新車に山本さんが乗り、2人でドライブデートをする企画を実施。

    藤森さんの新車に乗った山本さんが「マジでテンション上がってます!私が乗りたい車だったから」とコメント。
    この言葉に藤森さんが「最高だわ!女の子に『乗りたい車でした』なんて言われたら、一番男の車買った冥利に尽きるわ!」と喜びます。

    ドライブデートでは自分も運転したい方だと話す山本さんは、現在は運転免許取得中の身なんだそう。 そんな山本さんに、藤森さんが「じゃあ、(運転免許)取ったら貸してあげるよ」と、 新車を貸すことを提案すると、山本さんが「マジ!?やったー!ぶつけて返そう!」とリアクションし、笑いを誘いました。
    ドライブ中、人通りの多い原宿の交差点に差し掛かると、藤森さんが「そわそわしてるもん、山本舞香が気付かれたら大変なことになる」と、誰かに目撃されることを恐れだします。

    一方、山本さんは、ドライブの合間に藤森さんとタピオカを買いに行きたいと提案するほど、人目を気にすることはないタイプであるとのこと。
    藤森さんが「正直、俺は断りました。山本舞香と原宿のタピオカ屋行ったら、俺責任取れないから!」と、 スキャンダルを避けるために山本さんの提案を断ったと説明しました。
    続けて「(外に行くと)危険なので、一応用意しといたんで」と、前もってタピオカを買っていたことを明かします。

    さらに「舞香ちゃんの好みが分かんなかったから、一応4種類ぐらい」と、いろんな味のタピオカを披露し、山本さんを驚かせました。

    そして、山本さんがタピオカにストローを勢いよく刺した瞬間、「めっちゃ跳ねた」とタピオカの液体が飛び散ってしまったことを報告。 すかさず、藤森さんが「服汚れてない?大丈夫?」と、さりげなく山本さんを気遣いました。

    https://coconutsjapan.com/entertainment/fujimorishingo-yamamotomaika-youtube/46002/


    【【モテ男】藤森慎吾さん、新車のベンツにタピオカこぼした女に「服は大丈夫?」と心配し大絶賛】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    a942a61a22ee2e94640c7c94e2298ff3_t

    1: 2020/10/06(火) 19:03:45.787 ID:Cea8dzZY0

    友達「車のこと知ってる人はみんな『メルセデス』っていうからwww」
    俺「メルセデス・ベンツだろ?どっちでもいいだろ」
    友達「まぁ、いいんじゃない?wwwwww」

    なんなのこいつ



    【俺「おっベンツだ」友達「メルセデス、な?www」俺「ベンツだろ???」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 92コメント

    1: 2020/10/03(土) 21:57:03.55 ID:HSQ0mx0R9

     トヨタの上級ブランドとされるレクサスと輸入車の代表格であるメルセデス・ベンツですが、両ブランドにおける販売台数の差が広がっています。

     レクサスは、2020年1月から8月に1か月平均で約3825台を登録している一方、メルセデス・ベンツは同時期の1か月平均登録台数が4197台です(乗用車のみで商用車などを除く)。

     レクサスの開業は2005年なので、2020年で15周年を迎えますが、依然として販売面ではメルセデス・ベンツを抜けません。

     両ブランドに属する各車の売れ行きを見ると、レクサスとメルセデス・ベンツには明確な違いがあります。それはセダンの登録台数です。

     メルセデス・ベンツでは、セダンやワゴンも堅調に売れています。日本自動車輸入組合のデータによると、2019年(暦年)には、メルセデス・ベンツ「Cクラス」が1年間に1万7210台登録されました。Cクラスのライバル車となるレクサス「IS」は2050台なので、大幅な差があります。

     Cクラスには、セダン、ワゴン、クーペ、カブリオレがあり、ISに比べるとボディバリエーションが豊富なので、販売面でも有利です。それにしても、1万7210台と2050台では8倍以上の開きが生じているのです。

     また、メルセデス・ベンツ「Eクラス」は2019年に7285台を登録しましたが、2020年に生産を終えたレクサス「GS」は約1000台です。Eクラスにも複数のボディがありますが、登録台数にはそれ以上の格差が生じました。

     2017年に発売された設計が比較的新しい「LS」も、2019年の登録台数は3200台弱です。このようにレクサスのIS/GS/LSという後輪駆動のセダンは、1か月の平均登録台数が100台から300台に留まっています。

     もっとも多く売れているレクサスのセダンは、2018年に導入された前輪駆動の「ES」で、2019年には1万1000台少々を登録しました。それでもCクラスの1万7210台には達しません。

     なぜレクサスのセダンは売れないのでしょうか。レクサスの販売店スタッフは次のようにいいます。

    「ISは以前までは堅調に売れましたが、発売が2013年なのでいまでは古さもあり、売れ行きが下がりました。また、GSはすでに販売終了しました。

     LSは現行型になってボディが大幅に拡大され、自宅の車庫に入らないお客さまもいます。そこでLSからESに乗り替える場合もありますが、安いクルマに格下げすることになってしまいます。

     そうなると、適度なボディサイズで上級グレードも豊富なメルセデス・ベンツに乗り替えるお客さまもおられます」

     ISは2013年の発売から7年以上を経過していますが、2020年に実施するのはフルモデルチェンジではなくマイナーチェンジです。そうなると今後も、3年から4年は現行モデルを売り続けるでしょう。

     対するライバル車のCクラスは、2014年に現行型を日本で発売しました。2021年には新型が登場する見込みです。そうなるとISはますます古さが目立ちます。

     レクサスとメルセデス・ベンツでは、コンパクトで価格の割安な車種にも違いがあります。レクサスは5ドアハッチバックの「CT」を用意しますが、登場したのは2011年と古いです。

     メルセデス・ベンツでライバルとなる「Aクラス」は、2018年に現行型を日本で発売。2019年の登録台数は、Aクラスが1万1197台で、CTは約900台にとどまります。

     レクサスやメルセデス・ベンツがコンパクトな車種に力を入れ過ぎると、ブランドの安売りになって悪影響が生じることも考えられますが、ユーザー層を広げるうえで5ドアハッチバックは大切な役割を担っています。
    aaa

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201003-00300178-kurumans-bus_all



    【なぜレクサスはメルセデス・ベンツを抜けない? 高級車販売で差が付く明確な違いとは】の続きを読む

    このページのトップヘ