乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2019/02/15(金) 23:33:49.66 ID:lPOXAh500 

    トヨタ「GRスープラ」がついに公開されましたが、早くも第6世代(A100型)の予想CGを制作したデザイナーを発見しました。

    デザインしたのはGiulio Partisani氏。同氏にコンタクトを取ると、なんと東京のホンダに勤務していることがわかりました。
    趣味の範囲とはいえ、他社メーカーの車をデザインするのは異例と言えます。

    描かれたスープラは、ロングノーズに低角度のフロントエンド、薄型ヘッドライト、角度のあるフロントガラス、
    Aピラー上部からリアデッキへ流れるようなルーフライン、大型リアウィングを備えており、第4世代(A80型)を彷彿させます。
    LEDテールライトは、水平デザインを採用していますが、このボディシルエットには丸型より似合うようです。

    新型のパワートレインは、最高出力197psと258psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力340ps、
    最大トルク500Nを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンが設定されています。
    新型は17年振りの復活となっており、この1台で終わる可能性は低いです。次世代型は2027年あたりとなりそうですが、
    今回見送られた電動モデルが次こそ見られるかもしれません。

    no title

    no title

    no title

    https://clicccar.com/2019/02/15/701584/


    【【画像】ホンダ社員がデザインするトヨタ・スープラ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/02/13(水) 20:01:51.06 ID:RnlHBYr90 

     本田技研工業は2月13日(現地時間)、2019年内に量産モデルの発売を計画している新型EV(電気自動車)プロトタイプのインテリア写真を公開した。

     今回、欧州の同社Webサイトで公開されたインテリア写真は、ダッシュボード全面にディスプレイが採用されていることが確認できる。

     同社の新型EVプロトタイプについては、これまでにエクステリアデザインのスケッチも公開されており、
    外観については2017年のフランクフルトショーで発表された「アーバン EV コンセプト」との共通性を持ったデザインとなっている。

     今後、同社はスイス ジュネーブで開催の「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」(プレスデー:3月5日~6日、一般公開日:3月7日~17日)で
    新型EVプロトタイプを世界初公開する。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1169509.html
    no title

    no title


    【【画像】ホンダ アーバンEVの内装を公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2019/02/09(土) 19:30:22.82 ID:CAP_USER

    no title


    アドベンチャーイメージを強調したエクステリアへ

     オン・オフ兼用のクロスオーバー・モデル『ホンダ400X』は2013年に登場した「ニューCBシリーズ」の1台。扱いやすく軽快でスポーティな走行を楽しめる、CBシリーズ共通の水冷4ストローク/DOHC4バルブ直列2気筒400ccエンジンを搭載し、市街地走行からツーリングまで幅広い用途で使用できるモデルとして好評を博したモデルだ。

    no title


     専用の17リットル 燃料タンクを採用することで、航続距離をアップ。ライダーの自由度を高める専用のダブルシートや、ライダーへの走行風を軽減するウインドスクリーンを採用している。

    no title


     これまで小変更を重ねてきていたが、今回は開発キーワードに「冒険心を呼び起こす、正常進化Cross Over」を掲げ、よりアドベンチャーイメージを強調したエクステリアへと一新。フロントタイヤサイズを17インチから19インチに2インチのサイズアップを果たし、フラットダートでの走破性も向上させた。また、ウインドスクリーンの高さを延長。走破性だけでなく高速巡行時の快適性も高められており、各部の熟成も図られた。

     また、アシストスリッパークラッチを新採用したことで、クラッチレバーの操作荷重を低減。ロングツーリングでの疲労軽減にも配慮されている。

     車体カラーは、マットバリスティックブラックメタリックとグランプリレッドの2色で、メーカー希望小売価格は(税込み)81万1080円。全国のHonda Dream店で3月22日(金)から発売がスタートする。

    https://www.automesseweb.jp/2019/02/09/96086


    【ホンダが新型400Xを発表! 外装を一新して19インチのフロントタイヤを採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    10201018_199708

    1: 2019/02/09(土) 21:16:08.48 ID:hLiBUQNs0

    アクティバンですらホンダサウンド奏でてて草


    【一昔前のホンダ車全部楽しすぎて草wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    L_f4f7adda5ba01e83e2ed336624

    1: 2019/02/07(木) 17:08:55.96 ID:P/Jwjjrs9

    https://twitter.com/mlit_japan/status/1093420372622336001?s=21

    国土交通省
    2019/02/07
    【#改善対策】「ホンダ スーパーカブ110MD」他について、2月7日、本田技研工業(株)から改善対策の届出がありました。
    使用者には同社からダイレクトメール等で通知されます。
    速やかに改善措置を受けてください。
    詳細はこちら
    http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_003252.html


    【【ホンダ】スーパーカブ110MDなど 国交省に改善対策の届出 使用者は速やかに改善措置を受けてください】の続きを読む

    このページのトップヘ