乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    main

    1: 2021/12/04(土) 01:11:32.087 ID:Z6oDYNQe0

    うるさい



    【VTEC付いてるエンジンを回した時にありがちなことwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2021/12/02(木) 16:52:16.48 ID:CAP_USER

    no title

    ホンダ N-VAN
    no title

    改善箇所
    no title

    対象車両

    ホンダは12月2日、軽貨物車『N-VAN』のCVTに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。対象となるのは2018年6月12日~2020年9月7日に製造された8万5390台。

    対象車両は、CVTの油圧制御プログラムが不適切なため、一定車速での走行時にアクセルの開閉を頻繁に繰り返す操作を行うと、金属ベルトに亀裂が生じ破損することがある。そのため、そのまま使用を続けると、発進、加速不良となり、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

    改善措置として、全車両、CVTの金属ベルト破損片の有無を点検し、破損片が確認された場合は無段変速機を良品と交換するとともに、CVTの油圧制御プログラムを対策プログラムに書き換える。破損片が確認されなかった場合は油圧制御プログラムを対策プログラムに書き換え、故障検知プログラムを追加し、追加後にシフトポジション表示灯が点滅し、当該不具合が確認された場合にはCVTを無償交換する。

    なお、交換修理用部品として出荷したトランスミッションアッセンブリー6個もリコール対象とし、組付けられた車両はCVTを良品と交換する。

    不具合は284件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

    □公式ページによる告知
    リコール等情報 | Honda
    https://www.honda.co.jp/recall/
    N-VANのリコール | Honda
    https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/211202_5069.html

    2021年12月2日(木)16時15分
    レスポンス(Response.jp) -
    https://response.jp/article/2021/12/02/351900.html



    【ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 70コメント

    1: 2021/12/02(木) 00:17:54.35 ID:KGX4ouYe0● BE:127398796-2BP(2000)

    15年分を1か月で販売!? ホンダ新型「アコード」なぜ好調? 日本は低迷も中国で爆売のワケ

    https://news.livedoor.com/article/detail/21282068/
    3a812_1730_bda27ea4e3d63f1e6f77a3d33e35125e


    中国向けホンダ アコード MC後1か月で3万5000台を超える予約

     2021年11月24日、ホンダの中国での現地合弁会社「広汽ホンダ」は、同年10月にマイナーチェンジを施したばかりの「アコード(中国名:雅閣)」が最初の1か月ですでに3万5000台を超える予約があったと発表しました。

     なお、日本におけるアコードの販売台数は近年、月間平均200台以下だといい、単純計算すると日本で販売される約15年分を中国では1か月で受注した計算になります。

    広汽ホンダの新型「アコード」はなぜ人気なのか

     現在、日本を含めたグローバルで販売されているアコード(10代目)は2017年7月に発表され、中国向けモデルは2018年4月の北京モーターショーで発表されました。

     中国では広汽ホンダが製造・販売を担当しており、2021年9月に中国向けでは初となる現行モデルのマイナーチェンジが、同じ月に開催された天津モーターショー2021にて発表されています。

     ちなみに、ホンダの東風汽車との合弁会社「東風ホンダ」からはアコードの姉妹車が「インスパイア(中国名:英仕派)」として販売されており、これも10月にマイナーチェンジを受けています。

     新しくなったアコードは、フロントとリアのデザイン刷新、ボディカラー「極速緋紅」と「極夜流銀」2色の追加(それぞれメテオロイドグレー・メタリックとプレミアムクリスタルレッド・メタリックに相当と予想)、10.25インチセンターディスプレイの採用、コネクテッド技術Honda CONNECT 3.0の搭載、そしてトラフィックジャムアシスト(TJA、渋滞運転支援機能)の搭載などが新しい点となります。

     2021年9月に発表され、10月9日に発売されたこの新しいアコードですが、販売開始からたったの1か月でオーダー数が3万5000台を超えたとのことです。



    【【悲報】ホンダのアコード(380万円)中国でバカ売れ!「日本人は貧乏で買えないのに…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    n-box

    1: 2021/11/30(火) 09:59:21.64 ID:W/5yVT8Xd

    なんやあいつら…



    【【悲報】NBOX勢の運転のトロさは異常】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 48コメント
    thn-1


    1: 2021/11/29(月) 18:51:38.17 ID:z8xt4giZMNIKU

    ちな予算300万ほど



    【日産、トヨタ、ホンダ、車買うならどこが良い?】の続きを読む

    このページのトップヘ