乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    1: 2017/05/18(木) 18:11:17.01 ID:mdWv+bZ80 

    ホンダ、6月2日~11月30日期間限定販売の「S660」特別仕様車「Bruno Leather Edition」

     本田技研工業は、2シーター・オープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」のαグレードに特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノ レザー エディション)」を
    設定して6月2日~11月30日の期間限定で販売する。価格は228万円。

     Bruno Leather Editionは、エクステリアではボディカラーに「ベルベットマルーン・メタリック」を特別色として設定したほか、「ブラックドアミラー」「オールブラックアルミホイール」を装備。

     インテリアでは、「ジャズブラウンインテリア(スポーツレザーシート/本革巻ステアリングホイール/インパネソフトパッド)」「専用アルミ製コンソールプレート」
    「センターディスプレイ(internavi POCKET連携)」を採用する。

     ボディカラーは、特別色「ベルベットマルーン・メタリック」のほか、「プレミアムスターホワイト・パール」「アドミラルグレー・メタリック」の計3色を設定。

    また、S660専用iPhone向けアプリ「レブビート S660」を6月2日にリリースする。同アプリではシフトチェンジのタイミングを判定し、センターディスプレイに「Excellent」「Good」「Bad」表示と音声でフィードバック(6MT車のみ)。
    自らの走行履歴はiPhoneで保存・確認でき、Twitterへ投稿することもできる。さらに走行を重ねることで、専用楽曲などのアイテムが増えるゲーム性も兼ね備えている。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1060257.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【ホンダ、スペシャルなS660「Bruno Leather Edition」を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 58コメント

    1: 2017/04/29(土) 09:29:58.72 ID:2kj8Onnw0 

    2017年6月発売予定のフィット公開。
    no title

    no title

    no title

    https://twitter.com/pomu_channel/status/858038876966965248


    スポンサーリンク

    【ホンダ新型フィットの画像が流出 かっこよすぎるwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 50コメント

    honda-logo-vector-download

    1: 2017/04/28(金) 22:01:14.64 ID:CAP_USER9

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042801313&g=eco

     ホンダが28日発表した2017年3月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前期比67.0%増の8407億1100万円と大幅に増加した。円高ドル安で2800億円超の利益が押し下げられたが、タカタ製の欠陥エアバッグ関連のリコール(回収・無償修理)費用が減り、新車販売も米国や中国で好調だった。四輪車の世界販売台数は502万8000台と過去最高だった。

     純利益は79.0%増の6165億6900万円。売上高は円高の影響で、4.1%減の13兆9992億円に減少した。

     18年3月期は、世界販売が508万台と過去最高を更新し、売上高は1.4%増の14兆2000億円。ただ、前期よりも円高が進み、営業利益は16.1%減の7050億円、純利益が14.0%減の5300億円を見込む。(2017/04/28-19:41)


    スポンサーリンク

    【ホンダ、営業益67%増=世界販売、最高の502万台】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    1: 2017/04/26(水) 00:04:33.76 ID:CAP_USER9

    本田技研工業は4月25日、250ccクラスのスーパースポーツモデル「CBR250RR」(5月12日発売)について、4月18日の発表後3日間で3714台を受注したと発表。
    同モデルの年間販売計画台数3500台を上まわる好調な立ち上がりになったとしている。

    CBR250RRは、新世代の軽二輪スーパースポーツモデルとして、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計。
    また、スロットルグリップの開度を電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで初採用した。

    受注状況のタイプ別構成比ではスタンダードタイプが51%、ABS搭載タイプが49%。
    車体色別構成比では「マットガンパウダーブラックメタリック」が45%、「ヴィクトリーレッド」が39%、「ソードシルバーメタリック」が16%となっている。

    同社によると20代から30代の男性を中心に高い支持を得ているとし、購入ポイントとしては、「力強さと速さを直感させる独自の存在感を放つスタイリングデザイン」「扱いやすく力強い出力特性の新開発の直列2気筒250ccエンジン」「卓越した動力性能を余すことなく引き出せる新設計のフレームや足回り」「「250ccクラスで初となるスロットル・バイ・ワイヤシステムの採用」などとしている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1056795.html


    スポンサーリンク

    【ホンダ 「CBR250RR」が爆売れ 3日で1年分の売上を突破!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント

    1: 2017/04/26(水) 21:00:15.50 ID:PXMsa9ao0 

    no title

    no title

    no title


    1978年、ホンダのフラッグシップスポーツとしてデビューした2ドアスペシャリティカー、「プレリュード」が復活する可能性があることが分かった。

    プレリュードは、1982年に2代目が発売されると人気が爆発。当時国産車では珍しいワイド&ローボディに、スーパーカー的リトラクタブルヘッドライトが女性にも受け、最強デートカーと言わしめた。

    その後、斬新な「4WS」(4輪操舵システム)を装備した3代目、スポーツクーペに成長した4代目、夜空を眺めるカップルにはかかせない、サンルーフが復活した5代目が2001年に生産終了するまで、実に23年間もホンダを支えた人気車種だった。

    その伝説のデートカーの後継モデルをCGで予想してみた。

    低く長いフロントノーズを残し、NSXの意匠を継ぐフロントマスクに宝石のように美しいジュエルアイLEDヘッドライト、スピード感あふれるプレスライン、エアインテークを装備したグラマラスなリアフェンダー、
    Aピラーからリアへ流れるような美しいルーフラインを描いた。これならば女子受けも間違いない。

    パワートレインは、2リットル直列4気筒T-TEC TURBOガソリンエンジンで、最高馬力はライバルのトヨタ「86」を凌駕する240ps程度と予想する。

    目指す世界デビューは2019年、東京モーターショーか。

    https://response.jp/article/2017/04/26/294031.html


    スポンサーリンク

    【ホンダ「プレリュード」復活へ】の続きを読む

    このページのトップヘ