乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2017/10/19(木) 18:00:23.30 ID:CAP_USER9

     ホンダは2017年10月19日(木)、オートバイの「スーパーカブ」シリーズ4種類をモデルチェンジし、
    生産拠点を中国から日本の熊本製作所に移管したうえで、11月10日(金)に発売すると発表しました。

    「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」は、高効率の空冷・4ストローク・単気筒エンジンを搭載。
    外観はレッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成されたデザインに一新されます。
    また、ボディーの両サイドに取り外し可能なサイドカバーが採用されたほか、
    丸形ヘッドライトにLEDを採用したことで、コンパクトなハンドルまわりが実現しています。

     メーカー希望小売価格(消費税込み)は「スーパーカブ50」が23万2200円、「スーパーカブ110」が27万5400円です。


     ビジネスモデルの「スーパーカブ50プロ」「スーパーカブ110プロ」は小径14インチタイヤの採用や、
    大型のフロントバスケット、リアキャリアを標準装備するなど、さまざまな業務用途に対応。
    メーカー希望小売価格(消費税込み)は「スーパーカブ50プロ」が25万3800円、「スーパーカブ110プロ」が29万7000円です。

     ホンダは、国内の販売台数を、シリーズ合計年間2万200台で計画しています。

    「スーパーカブ」シリーズは、1958(昭和33)年8月に登場。初代モデル「スーパーカブC100」以来、
    低燃費や耐久性などが支持されているロングセラーモデルです。シリーズの生産台数は、
    オートバイとしては世界で初めて累計1億台を突破しています。

    10/19(木) 15:51配信 乗りものニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00010005-norimono-bus_all
    「スーパーカブ50」パールシャイニングイエローのイメージ(画像:ホンダ)。
    no title

    「スーパーカブ50プロ」のイメージ(画像:ホンダ)。
    no title

    no title

    no title


    【新型ホンダ「スーパーカブ」 11月発売 デザインを一新 生産拠点は中国から日本へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 55コメント

    1: 2017/10/16(月) 19:42:31.33 ID:dHACyrT40 

    ホンダが9月1日に発売した軽自動車「N―BOX」の新型車の受注台数は、10月4日までに5万2000台を超えた。
    また17年4―9月期の登録車を含めた販売台数で1位を獲得。
    同社にとって、02年4―9月期に小型車「フィット」が達成して以来15年ぶりで、同社の軽としては初めてとなる。

    N―BOXは11年12月に発売して、室内空間の広さやスライドドアによって人気車種となった。
    17年9月に全面改良して、先進の安全運転支援システムを採用したほか、燃費・走行性能なども高めた。

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00446705?isReadConfirmed=true
    no title


    【新型N-BOXがやばいくらい売れている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    13eff2edeccbb39d2853a1cb65348d8e
    1: 2017/10/14(土) 20:36:12.37 ID:VQD1XmO30 

    ホンダジェットの快進撃が止まらない~ 世界一周フライトで示された信頼性と快適性

    ホンダジェットの販売好調は周知の通りですが、この7人乗りの小型ジェットを使い「80日間世界一周、世界26か国の旅」を試みている米国人夫妻がいることをご存じでしょうか。

    米国でホテル業を営むマックイーン夫妻は、購入したホンダジェットでこの旅を実現するため2017年8月4日に米フロリダ州を飛び立っています。
    また、旅の様子は夫妻のブログで知ることができます。

    計画では、カナダ、グリーンランド、アイスランド、アイルランドを経由し、南欧に向かい、さらに、モロッコ、コルシカ島(イタリア)などを経て、
    中東、インド、東南アジア、オーストラリア、台湾などをまわり、日本を経て10月中旬に米国に戻る予定とされています。

    「ホンダジェットは自分の家のように快適」
    さて、10月12日にアップされたホンダのホームページ上の夫妻の記事ですが、そこでは夫妻へのインタビュー動画も掲載されており、コメントとして以下のようなこと記されていました。

    「ホンダジェットでの世界一周の旅を通じて、世界は1つの国であり、すべての人類がその市民だと感じました。素晴らしい経験でした。
    今回の長旅で、ホンダジェットの性能、信頼性、快適な乗り心地を実感することができました。ホンダジェットにとても満足しています。まるで、自分の家のように快適でした」

    動画を見る限り、おそらく夫妻は60歳を超えていると思いますが、そうした年齢でも安全で快適に、
    かつ小まめに多くの街を訪れることを可能にするホンダジェットの素晴らしさを、このインタビューからも感じ取ることができます。

    いずれ夫妻のブログの更新が進み、「世界一周旅行」が成功裏に終わったことがブログにアップされると思いますが、
    そうしたニュースもホンダジェットの快進撃に、さらに拍車をかけるのではないでしょうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00004262-toushin-bus_all


    【ホンダジェットの快進撃が止まらない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2017/09/29(金) 17:44:04.45 ID:CAP_USER9

    本田技研工業は、10月25日~11月5日(プレスデー:10月25日~26日、一般公開日:10月27日~11月5日)に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催される「第45回東京モーターショー2017」の出展概要を発表した。

    「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をブースコンセプトに展開されるホンダブースでは、4輪の「Honda Sports EV Concept」「Honda ロボキャス Concept」「S660 β特別仕様車 コモレビ エディション」、2輪の「Honda Riding Assist-e」「スーパーカブ110 1億台記念車」「スーパーカブ C125」「モンキー 125」「クロスカブ 110」を世界初公開するほか、日本初公開モデルとして「Honda Urban EV Concept」「Honda NeuV」「クラリティ PHEV」「CRF250 RALLY」などを展示。さらに市販予定モデルの「CR-V」「レジェンド」「オデッセイ」や2・4輪のレースマシンなど数多くの車両を展示する。

    ホンダブース以外でも、東京モーターショー主催者テーマ展示の「TOKYO CONNECTED LAB 2017」で、“もっと、家族と一緒にいよう。”をコンセプトに「Honda 家モビConcept」「Honda ふれモビConcept」「Honda チェアモビConcept」「Honda Ai-Miimo Concept」の展示を実施する。

    なお、今後の情報発信を「Honda 東京モーターショー 2017 特設サイト」や各ソーシャルメディアで実施するとしている。

    ■「Honda Sports EV Concept」(参考出品モデル 世界初公開)

    2017年9月29日 発表 Honda Sports EV Concept
    no title


    フランクフルトショー 2017で世界初公開された「Honda Urban EV Concept」とプラットフォームを共有するコンパクトEV(電気自動車)である「Honda Sports EV Concept」。電気で走るEV性能とAI(人工知能)を組み合わせ、“人とクルマがひとつになったような運転感覚を体験できるモデル”を目指して開発された。「ひと目で心に残り、多彩なライフスタイルに自然と溶け込む親しみやすいデザイン」が与えられ、所有する喜びと愛着が感じられる、次世代のスポーツカーを目指しているという。

    ■「Honda Riding Assist-e」(参考出品モデル 世界初公開)

    Honda Riding Assist-e
    no title


    1月に米ラスベガスで開催された「CES2017」で“自立するバイク”として注目を集めた「Honda Riding Assist」をベースに、パワートレーンに地球環境に優しい電動モーターの「e-Drive」を採用した「Honda Riding Assist-e」。「ASIMO」などのヒューマノイドロボット研究で培ったバランス制御技術を応用し、渋滞や信号での発信&停止といった極低速走行時にロボティクス技術を活用したアシスト機構でマシン自体がバランスを保つ機能を搭載。ホンダが掲げる2030年ビジョン「自由で楽しい移動の喜び」「カーボンフリー社会の実現」を具現化し、バイクの新たな楽しさを提案するコンセプトモデルとなっている。

    ■「S660 β特別仕様車 コモレビ エディション」(市販予定モデル 世界初公開)

    S660 β特別仕様車 コモレビ エディション
    no title


    ボディカラーに専用色「ヒダマリアイボリー・パール」など3色を設定し、専用となるブラウンのルーフトップを組み合わせる「S660 β特別仕様車 コモレビ エディション」。インテリアでもシート、インパネソフトパッドに専用色のライトタンを採用。センターコンソールに専用アルミ製プレートを装着して、内外装の各所で軽やかなセンスを演出。トランスミッションにはCVTを設定し、S660に気軽ながら上質でおしゃれなイメージを与えている。

    4月のオート上海2017で世界初公開されたCR-V ハイブリッド(日本初公開)
    no title

    市販予定モデルのレジェンド(日本初公開)
    no title

    11月にマイナーモデルチェンジを予定している「オデッセイ」(日本初公開)
    no title

    市販予定モデルのSuper Cub 50
    no title

    市販予定モデルのSuper Cub 110
    no title


    CarWatch 2017年9月29日
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1083537.html


    【ホンダ、AIを持つ次世代スポーツEV「Sports EV Concept」東京モーターショー2017で世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2017/09/29(金) 13:52:52.60 0

    スーパーカブ50
    no title

    スーパーカブ110
    no title

    国内排ガス規制の強化に対応し、約5年ぶりに全面改良した新型車を11月10日に売り出すのを機に熊本で生産する。
    排気量50ccの「スーパーカブ50」は23万円程度、110ccの「スーパーカブ110」が27万円程度となり、いずれも約4万円の値上げとなる見込みだ。
    今回の改良では排ガスに含まれる有害物質を低減。前照灯には長寿命の発光ダイオード(LED)を採用し、デザインも現在の角張った形から丸形に変えてイメージを刷新する。


    【ホンダ 新型スーパーカブを公開】の続きを読む

    このページのトップヘ