乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    1: ミッドナイトエクスプレス(芋) 2014/01/21 17:06:19 ID:Q6q1TZ/SP
    ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』のエンジンと車体各部の仕様を変更し、2月14日に発売する。

    また、CBR1000RRをベースに、車体の軽量化や専用サスペンションを採用することなどで、スポーツ性能を高めた
    『CBR1000RR SP』を受注生産モデルとしてタイプ追加、同じく2月14日に発売する。

    CBR1000RRは、エンジンの吸・排気ポートの形状を変更することで、従来モデルに比べて5ps高い123psの最高出力を実現。
    また、新形状のウインドスクリーンを採用することで空力性能を高めるなど、各部の熟成を図っている。
    なお、スーパースポーツモデル用として世界で初めて採用した電子制御式「コンバインドABS」を搭載したABS仕様車もタイプ設定した。

    CBR1000RR SPは、「The Edge of CBR」を開発のキーワードに、スポーツライディングの楽しみを追求したモデル。
    一人乗り専用設計とするとともに、前・後サスペンションにオーリンズ社製を、フロントブレーキキャリパーにはブレンボ社製を採用している。
    また、車体の挙動をより感じられる専用シートや、軽量化したシートレールなど、各部を特別な仕様としているほか、電子制御式コンバインドABSを標準装備している。

    価格はCBR1000RRが142万8000円から162万7500円、SPモデルが197万4000円。
    http://response.jp/article/2014/01/21/215435.html
    no title

    no title

    no title

    【ホンダ、新型CBR1000RR を発表…エンジン仕様変更で5psアップ、SPモデルも用意】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    1: 膝靭帯固め(千葉県) 2014/01/18 15:12:19 ID:OToIIIXJ0
    N-ONEの背を縮めた「N-ONE LOW」が開発中??

    この情報も、N-BOX CHOPPEDと同様にマガジンX2014年02月号に載ってました。マガジンXってどっから情報仕入れてくるんだろ。すごいよね。

    N-ONEは、発売前は軽セダンになるんじゃないかと世間の自動車ファンは思っていたんですよね。それがフタを開けてみたら軽ハイトワゴンで、
    ものすごくガッカリしたという人がかなり多かったのを覚えています。あらゆる掲示板サイトで恨み節が炸裂しておりました。
    ま、それでもN-ONEは堅調に売れてるんだからホンダの選択は正しかったんだろうとは思いますが。

    で、N-ONE LOW。マガジンXではこんなロゴが出ていました。

    no title


    で、肝心の車高は1500mm~1550mmくらいが検討されているようです。1500mmだったら完全に軽セダンですね。現在のダイハツ・ミライースの車高が1490mmですから同じくらいです。
    また、1550mmだと先代のeKワゴンと同じくらいです。1550mmという車高は、一般的には「立体駐車場に入る最大サイズ」と言われています。都会人だとこの車高じゃないとムリって人も多いでしょう。

    販売台数は年間1万台程度を見込んでいるとのこと。年間一万台かー。月間だと800台そこそこって予想ですね。
    N-ONEが発表される前は背の低いモデルを熱望する声ばかりだったと思うんですが、月間800台ってのはなんとも弱気な予想な気がします。もっと売れるんじゃないかなあ。

    http://used-move.com/2014/01/6281/

    【ホンダ、N-ONEの背が低いモデル「N-ONE LOW」を開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント
    1: スパイダージャーマン(catv?) 2014/01/19 12:22:17 ID:T/6f7fyD0
    no title


    まさにスズキパワー炸裂! スズキ『ハスラー』の人気が急上昇している。ディーラーでは「モーターショーで公開されて以来、
    問い合わせが多く受注も好調に推移している」と言う。インターネットの掲示板などを軽くチェックしただけでも評判が良いことが分かる。
    通常、人気の高いクルマには批判的な意見も相応にあるが(個性がある証拠だから悪いことではない)、ハスラーの場合は反対意見も少ない。
    いろいろな人達にとって好感度が高いらしい。
    確かに“憎めないクルマ”という感じがする。個性的なクルマには、どこかに「カッコ良く見せたい」的な下心が漂いがちだが、ハスラーはいたって素直だ。
    外観ではフロントバンパー付近の形状は少し繁雑な気もするが、何でも許せてしまうところがある。

    ライバル車はいろいろ考えられるだろう。背の高いスペシャルティカーとしてはホンダ「N-ONE」があり、フロントマスクだけを見れば
    ダイハツ「 ミラココア 」にも似ている。SUVにこだわればスズキ「 ジムニー 」だ。角度を立てたフロントウインドー、水平基調のボンネットなど、
    外観のシルエットはスズキ「 MRワゴン 」と日産「 モコ 」に近い。
    という具合に悩むのだが、ここではホンダ「N-WGN カスタム」と比べることにした。「それは違うぞ!ホンダならN-ONE プレミアムでしょう」という意見も分かるが、
    N-ONEは最近になって人気が失速気味。ハスラーと同様に注目度の高い新型車という理由もあって、N-WGN カスタムを取り上げたい。

    シートアレンジはハスラーが多彩だ。基本的には ワゴンR と同じ造りだから、リアシートのバックレストを前に倒すと座面も連動して下降。
    フラットで広い荷室に変更できる。N-WGN カスタムはバックレストを単純に前へ倒すだけなので、広げた荷室に床に段差ができる。

    燃費性能は、ノーマルエンジンを搭載した2WDモデルで見ると、ハスラーが29.2km/L(アイドリングストップの備わらないAグレードは26km/L)、ターボが26.8km/Lだ。

    N-WGN カスタムはノーマルエンジンが29.2km/Lで、ターボは26km/L。若干の差はあるが、ほぼ同じ数値になる。もっともハスラーが太いタイヤを装着していることも考えると、燃費効率では頑張った。
    http://autoc-one.jp/suzuki/hustler/whichone-1608154/0003.html

    【スズキ ハスラー vs ホンダ N-WGN カスタム どっちが買い!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント
    honda131023_004

    1: ストレッチプラム(catv?) 2014/01/18 11:37:37 ID:UO1o78Zy0
    ホンダは国内の二輪車販売をテコ入れする。2014年前半(1月~6月)に過去最高水準となる20車種以上の新製品を相次ぎ発売する。
    中大型スポーツモデルのほか、排気量50ccのスクーターも12年ぶりに発売する。景気の回復などで増えつつある中高年や女性のライダーが乗りやすいモデルをそろえて、縮小傾向が続いた二輪車需要を掘り起こす。

     ホンダが半期で20車種以上を発売するのは、同社の国内販売が好調だった1983年と同水準で約30年ぶりとなる。13年は通期で14車種だったため、
    13年比2倍以上のペースで新製品を投入することになる。

     排気量50ccから400cc以上の大型モデルまで幅広くそろえる。50ccクラスでは、原動機付き自転車「ダンク」を発売する。50cc車の新車種は12年ぶり。
    ベトナムの工場で生産する日本専用モデルで、新開発の水冷エンジンを搭載するなどして燃費性能を高めた。価格は20万円前後のもよう。

     中高年や女性を中心に販売が回復傾向にある排気量250cc前後のバイクや400cc以上の中・大型モデルも増やす。20車種のうち10車種以上は
    排気量400cc以上のバイクになるとみられる。女性が操作しやすいように座高の低いバイクも充実させていく。

     14年の国内市場は、消費増税の影響で冷え込みが懸念されるが、ホンダは新製品の投入で14年の国内販売台数を13年比横ばいの23万台前後を維持したい考えだ。
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD170ME_X10C14A1TJ1000/

    【ホンダ二輪車、国内で20車種 今年前半投入、 250ccと大型を増やす ホビット用に座高も下げる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 59コメント
    013_o

    1: スターダストプレス(catv?) 2014/01/16 20:57:13 ID:YPBI2kCg0
    http://news.livedoor.com/article/detail/8435799/
    ホンダの本気度伝わる戦略車「ヴェゼル」 狙うはトヨタ「プリウス」の牙城

    また、板井氏はデザインのテーマに、「サイズが小さくてもオーラがある英ローバー社時代の『MINI(ミニ)』のような存在感」を掲げた。
    部下には「あえて、(量販車市場で)ライバルになると感じている日産自動車の『キャシュカイ(日本名デュアリス)』には乗るな」と厳命。
    ポルシェ「カイエン」、レンジローバー「イヴォーク」、アウディ「Q5」など、海外メーカーの超高級SUVを意識させて開発に取り組ませた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8435799/

    【ホンダヴェゼル「『MINI』のような存在感」が目標。プリウス,カイエン,レンジローバーがライバル】の続きを読む

    このページのトップヘ