乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2018/01/22(月) 23:27:03.70 ID:JHWrSL7R0 

     “イケイケだった”80年代にホンダが作った傑作小型車。F1レースへの復帰も噂(うわさ)されていた81年に発売された初代「シティ」だ。
    名前のとおり、理想的なシティカーを作ろうというホンダの意気込みが結実したモデルである。

     使い勝手のよさだけでは物足りないということか。82年にターボを追加し、F1復帰と同じ83年にこのターボIIを発売した。

    no title

    no title


     ターボIIは、エンジン排気量はシティ(とシティターボ)とおなじ1231cc。そこにインタークーラー付きターボチャージャーを装着して、67馬力から110馬力へ。
     スタイリングもユニークだ。ボンネットには大きなパワーバルジが設けられ、前後フェンダーも張り出したブリスタータイプ。
     バンパーが車体と同色に塗られていたのもカッコよかった。“ブルドッグ”というニックネームをメーカー自身がつけていた。

     ホンダは、ターボIIを出した83年に、ルイ・アームストロングの歌唱を使ったTVコマーシャルで話題を呼んだ「シビック」を発売している。
     スタイリッシュな小型スポーツクーペ「CR-X」もおなじ83年だ。いきおいがあるというのはこういうことかと感心せざるをえない。

     「シティターボII」は、運転すると“意あって力足らず”というところもあった。アクセルペダルを強く踏み込んだときにエンジントルクをうまく吸収できずにハンドルが片方に取られるトルクステアが出た。
     5段マニュアル変速機のシフトフィールは“ぐにゃっ”としていたし、乗り心地はやたら硬かった記憶がある。全体として今ひとつ感があったのは否めない。

     でももし、「シビックタイプR」や「シビック・ハッチバック6MT」といったすぐれたクルマをつくる現在のホンダが手がけていたら、狙いどおりのスポーティーなモデルになっていただろう。
     前にも書いたと思うけれど、ターボIIを出していたころのホンダは企画力で秀でていた。いまの技術力をもって、この「シティターボII」や、初代「CR-X」を復活してくれたらなあとファンとしては思うのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180122-00010001-asahiand-bus_all


    【“ブルドッグ”と呼ばれたホンダ「シティターボII」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    5b92a59f
    1: 2018/01/22(月) 17:21:57.59 ID:gqrYvUin0

    この3つのメーカーの中から車買おうとしてるんやが


    【トヨタ日産ホンダの中で一番優れてる車作ってるのって何処?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 82コメント

    pic_nsx_sp
    1: 2018/01/17(水) 02:05:28.130 ID:MsWlMy5lD

    シビックにしろNSXにしろ存在価値ないですわ(笑)


    【NAの回転馬力捨てターボに走る今のプライドゼロのホンダって何したいんだ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2018/01/16(火) 16:58:14.14 ID:tpoMReDg0 

    ホンダ、新型「アキュラ RDX」のプロトタイプモデルを2018年北米国際自動車ショーで世界初公開

    2018年後半発売予定。2.0リッター直噴VTECターボとクラス初の10速AT採用

     本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、アキュラブランドの新型SUV「RDX」のプロトタイプモデルを
    米デトロイトで開催の2018年北米国際自動車ショー(プレスデー:1月14日~16日、一般公開日:1月20日~28日)で世界初公開した。
    no title

    no title


    新型RDXは、新世代アキュラモデルとして最新のアキュラデザインコンセプトである「Acura Precision Concept(アキュラ プレシジョン コンセプト)」
    「Acura Precision Cockpit(アキュラ プレシジョン コックピット)」を全面的に採用した最初のモデル。

     パワートレーンには、2.0リッターの直噴VTECターボエンジンと、米国エントリープレミアムSUVセグメントとしてクラス初となる10速ATを採用。
    4輪駆動力自在制御システム「SH-AWD(Super Handling All Wheel Drive:スーパーハンドリング・オールホイールドライブシステム)」や、
    新開発の専用プラットフォーム、軽量・高剛性ボディなどとの組み合わせにより、力強い加速とリニアなハンドリングを実現した、
    アキュラブランドの新たな時代の始まりを示すモデルになるという。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1101321.html


    【ホンダ タイプRのエンジン+10速AT+SH-AWDの新型車を発表!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2018/01/12(金) 14:48:44.41 ID:CAP_USER9

    ホンダが全面改良して発売する「ゴールドウイング」
    no title


     ホンダは12日、旗艦バイク「ゴールドウイング」を17年ぶりに全面改良し、4月2日に発売すると発表した。国内の二輪車市場は縮小が続いている。車体の軽量化などで扱いやすくして顧客の裾野拡大を狙う。

     ゴールドウイングは1975年に米国で初代が発売されて以降、70を超える国・地域で売られた。累計生産台数は約79万5千台に達する。

     6代目となる新型車は排気量1800ccのエンジンを搭載し、エンジンの設計を見直すことなどにより、従来モデルから約40キロ軽量化。前輪のサスペンションを改良し、乗り心地を向上させたほか、燃費性能も高めた。

    配信2018/1/12 14:31
    共同通信
    https://this.kiji.is/324409377664779361


    【ホンダ 旗艦バイク「ゴールドウイング」を17年ぶりに改良 6気筒1800ccエンジン搭載 軽量化で裾野拡大狙う】の続きを読む

    このページのトップヘ