乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2018/05/26(土) 10:24:19.03 ID:+KzTHnaW0 

    ホンダは5月24日、新型『シビックタイプR』の「ピックアップトラックコンセプト」を英国で発表した。

    同車は、新型シビック タイプRを生産する英国スウィンドン工場のプロダクトエンジニアリングチームが開発を担当。コードネームは、
    「プロジェクトP」と命名された。

    新型シビックタイプRのBピラーから後ろを、荷台に変更することでピックアップトラック化。荷台にはバーが取り付けられ、
    フロアにはアルミパネルを装着。その一方、新型シビック タイプRの大型リアスポイラーは、そのまま残された。

    パワートレーンやサスペンションは、市販モデルのシビック タイプRと共通。市販モデルには、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。
    最大出力320ps、最大トルク40.8kgmを引き出し、0~100km/h加速5.7秒、最高速272km/hの性能を誇る。ホンダによると、
    ピックアップトラックコンセプトも市販車とほぼ同じ性能を発揮するという。

    なお、このピックアップトラックコンセプトに、量産計画はない。ホンダは、ドイツ・ニュルブルクリンクで最速の前輪駆動ピックアップトラックを
    記録できるかどうか検討中、としている。

    https://response.jp/article/2018/05/25/310118.html#cxrecs_s
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダ シビックタイプRがゴルフGTIに勝てなくてピックアップトラックに変身www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント

    1: 2018/05/24(木) 20:35:46.38 ID:CAP_USER

    2018年05月23日 15時10分 公開
    逮捕しちゃうぞファン必見のポリス仕様も ホンダ「モトコンポ」が1/24カプセルトイ化 (1/2)
    揃えちゃうぞ。
    [haruYasy.,ねとらぼ]

     1981年に発売されたホンダ「モトコンポ」を1/24スケールで立体化したカプセルトイが青島文化教材社から発売されます。


    ちっちゃくて可愛いモトコンポが1/24スケールで立体化
    no title


    キノの旅ファンがぴくっと反応する「レッド」
    no title


    1986年に連載がスタートした「逮捕しちゃうぞ」でおなじみの「ポリス仕様」
    no title




    全ての写真はこちらから!
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/23/news092.html



     モトコンポは同時発売された四輪自動車「シティ」に搭載することを想定して、乾燥重量42キロという軽さで、収納しやすいように折りたたみ式の構造を持つユニークな原付バイク。
    アニメや漫画などに登場することもあり、幅広い世代に知られ、最近は痛バイクのベース車としても人気があります。

     今回発売される「1/24 モトコンプコレクション」は全5種をラインアップ。「イエロー」「ホワイト」「レッド」の3色のほか、
    オリジナルカラーとなる「オリーブドラブ」に加え、藤島康介さんの人気漫画『逮捕しちゃうぞ』に登場した「ポリス仕様」もラインアップされています。


    大きさは全長約5cmほど
    no title

    ハンドルを外して収納状態も再現できる
    no title


    「1/24 モトコンポコレクション」の発売時期は2018年7月、価格は300円(税込)を予定しています。


    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/23/news092_2.html
    1/24「モトコンポコレクション」ギャラリー(写真7枚)
     次のページへ


    【逮捕しちゃうぞファン必見のポリス仕様も ホンダ「モトコンポ」が1/24カプセルトイ化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2018/05/24(木) 14:45:04.37 ID:CAP_USER

    ホンダは、軽オープン2シータースポーツカー『S660』に、走行性能とデザイン性を向上させたコンプリートモデル『S660 Modulo X(モデューロX)』を設定、7月6日に発売すると発表した。モデューロXシリーズとしては5車種目。これまでミニバンなど実用車が中心のラインアップだったが、今回はじめてスポーツモデルへの追加となる。

    S660 モデューロXでは、ミッドシップレイアウトによる高いハンドリング性能やスポーツクーペらしいスタイリングなどを特徴とするS660に、専用開発のサスペンションや空力特性を活かしたパーツなどを採用。これまで「Modulo」ブランドで培ってきた「上質でしなやかな走り」を実現するチューニングが施された。

    パーツの開発は他モデルと同様、ホンダ純正アクセサリーブランドのホンダアクセスがおこなう。「ホンダ車を知り尽くした熟練のエンジニアが、ベース車両の走行性能、質感、デザインに『匠の技』を注いで完成させるコンプリートカーブランド」と、モデューロXについてホンダは説明する。
    no title


    「所有する満足度を高めた」というスポーティな専用デザインは、空力も追求。グリル一体型の専用フロントバンパーは、正面から入る風を狙った位置に導く「エアガイドフィン」の採用などにより操縦安定性を高める。また、これまでもモデューロとしてオプション設定していたアクティブスポイラーに新たに「ガーニーフラップ」を採用することで、理想の前後バランスを追求した。

    5段階の減衰力調整が可能な専用サスペンション、ドリルタイプのディスクローター、スポーツブレーキパッドの採用により、街中からワインディング、サーキットなど幅広い走行シーンで高い接地性と安定した制動力を発揮、場所を選ばずに楽しめる走行性能を実現したという。
    no title


    さらに、エクステリアだけでなくインテリアにも専用装備を充実。専用のスポーツレザーシートをはじめ、ボルドーレッドを多くちりばめることで上質感を演出している。

    ボディカラーは全4色。S660 モデューロX専用色として、「アラバスターシルバー・メタリック」を新たに用意した。

    発売は7月6日。価格は、6MT、CVTモデルともに285万0120円(税込)。

    no title

    スカイサウンド インターナビ

    また、モデューロXの発表に合わせ、通常モデルのS660も一部商品改良し5月25に発売する。ユーザーからの要望が多かったカーナビの純正取り付けを可能とする「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を設定するほか、ボディカラーに新色「フレンチブルー・パール」と「ブリティッシュグリーン・パール」「ナイトホークブラック・パール」を追加した。

    この他にも、純正アクセサリーパーツを充実。特に、収納スペースをほとんど持たないS660の“積載問題”を解決する「トップキャリア」の発売は、ユーザーにとって朗報といえるだろう。ロールバー上部に取り付けるもので、10kgまでの荷物を積載可能。トップキャリアの価格は11万6640円(税込)となっている。

    その他画像大量、詳しくはこちらから
    https://response.jp/article/img/2018/05/24/310051/1306927.fullscreen.html

    2018年5月24日(木) 11時30分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2018/05/24/310051.html


    【ホンダ S660 モデューロX、7月6日発売へ…ホンダを知る“匠の技”が光る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    pic_hybrid_CBP
    1: 2018/05/19(土) 22:38:25.153 ID:0Wg3XIGa0

    車のことよく知らんけどいい車なのかな


    【ホンダのヴェゼルって車を買おうとおもうんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント

    01_1
    1: 2018/05/14(月) 10:40:45.82 ID:rrnA1jbq

    どうしてこうなった


    【本田技研工業 エンジン屋→ミニバン屋→軽自動車メーカーwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ