乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    no title

    1: 2017/09/01(金) 23:54:28.46 ID:CAP_USER

    新型ホンダN-BOXが200万円超え!軽自動車の価値とは? (All About) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00005907-nallabout-prod
    9/1(金) 21:20配信

    ◆なぜ軽自動車の価格が上がっているのか?
    軽自動車の車両価格が200万円を超える――。10年前では考えられなかったことだが、8月31日に発表され、9月1日から発売された新型ホンダN-BOXの一部グレードはついに大台を超えた。価格が上がっている理由、軽自動車の価値を新型N-BOXを交えながら考えてみたい。


    ◆初代は同社史上最速で100万台を突破

    いまやホンダを支える大黒柱のホンダN-BOX。初代は同社史上最速で100万台を突破し、発表されたばかりの新型シビックよりも一部のクルマ好きをのぞいた、一般の注目度は高いかもしれない。

    2代目にスイッチした新型ホンダN-BOX/N-BOXカスタムの価格帯は、138万5640円~208万0080円。ついに、最上級グレードの4WDモデルが200万円を超えた。

    先代はモデューロというカスタマイズモデルが一部200万円を超えていたが、軽のカタログモデルでは異例で、ホンダのコンパクトミニバンであるフリードの一部ガソリン仕様を超えるプライスタグをぶら下げているのだ。


    ◆二極化が進む軽自動車
    いまに始まったことではないが、軽自動車は完全に二極化、あるいは三極化というような状況になっていて、さらに時代が要求する安全装備(被害軽減ブレーキなど)により軽自動全体の価格が押し上げられている。

    ホンダでいえば、約11年前(2006年2月)に発売されたゼストという軽自動車は103万円台から157万円台に収まっている。なお、2011年12月に発売された初代N-BOXは124万円~178万円だった。

    ホンダN-BOXのようにファーストカーとしても使われている最上級クラスは、広くて装備も充実しているのはもちろん、内・外装の見栄え、安全装備も最新かつフル装備状態を揃える(もしくはオプションで選べる)ことが必須だ。


    【新型ホンダN-BOXが200万円超え!軽自動車の価値とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 82コメント

    1: 2017/08/31(木) 13:20:45.75 ID:CAP_USER9

    9月1日に発売される2代目「N-BOX」(左)と「N-BOX カスタム」(右)
    no title


    2017年9月1日 発売
    N-BOX:138万5640円~188万280円
    N-BOX カスタム:169万8840円~208万80円

    本田技研工業は、軽トールワゴン「N-BOX」をフルモデルチェンジして9月1日に発売する。価格はN-BOXが138万5640円~188万280円、N-BOX カスタムが169万8840円~208万80円。

     N-BOXは、2011年12月に初代モデルが発売されたホンダの軽乗用車「Nシリーズ」の第1弾。シリーズの車名に共通して使われるNは、「NEW」「NEXT」「NIPPON」「NORIMONO」のそれぞれの頭文字であるほか、このNシリーズが1966年にホンダ初の量産軽乗用車として発表された「N360」にルーツを持つことを表現している。

     ホンダの軽乗用車事業全体の刷新を期して発売された初代N-BOX(発売当時の車名はN BOX)は、2012年7月に「N-BOX+」、2014年12月に「N-BOX スラッシュ」といったシリーズモデルの展開を受けつつ、2012年度、2013年度、2015年度、2016年度の軽自動車車名別販売台数ランキングで年間トップを獲得。発売からこの4月までにシリーズ累計107万台以上を販売する大ヒット車種となっている。

     初のモデルチェンジによって2代目となる新しいN-BOXは、5月25日にオープンした「新型N-BOX先行情報サイト」を通じ、内外装のデザインや先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全グレードで標準装備すること、ホンダ車として初めて「後方誤発進抑制機能」を搭載し、助手席が前後に570mmスライドする新開発の「助手席スーパースライドシート」をラインアップするといった情報がすでに公開されている。

     また、2代目の開発では「日本の家族のしあわせのために」をグランドコンセプトに採用。初代N-BOXでユーザーのメインとなっていた“子育てママ”の多忙な日々をしっかりサポートできるよう開発に取り組んだという。

     外観デザインは、N-BOXは初代モデルのイメージを継承しながら「N-BOXらしさ」「洗練・上質」をキーワードにブラッシュアップ。シンプルでクリーンな面構成で親しみやすさや品格を感じさせつつ、要所にエッジを効かせたセクション(仕切り部)を設定して軽快さや存在感をアピールしている。

     N-BOX カスタムは「セレブリティ・スタイル」をテーマにフロントマスクを一新。アッパーグリルのメッキバーをヘッドライト内部まで連続させ、ヘッドライト外周に「3Dイルミネーションポジションランプ」を設定してワイド感を強調。また、軽乗用車で初めての装備である「シーケンシャルターンシグナルランプ」はホンダ車として初採用となった。

     このほかに外装では、ボンネットやドアパネル、フロントフェンダー、リアハッチなどにサビに強い亜鉛メッキ鋼板を採用。ルーフサイドの溶接では樹脂製ルーフモールの装着が不要となるレーザーブレーズ溶接をホンダの軽乗用車として初めて用いて上質感を際立たせている。

    ※中略

    ■自然吸気エンジンに「VTEC」採用。燃費の最高値は27.0km/Lに向上

     エンジンは骨格部分からの再設計を実施して、従来の「S07A」型から「S07B」型に進化。これまでと同じく自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類を用意し、自然吸気エンジンには「VTEC」、ターボエンジンには「電動ウェイストゲート」をそれぞれ軽乗用車で初めて採用したことが大きなトピックとなる。

     これにより、自然吸気エンジンでは従来から採用している「VTC」と組み合わせて吸排気の効率を大きく高め、低速から高速まで軽快な加速性能を発揮しつつ燃費性能も向上させている。また、ターボエンジンではエンジンからの排出ガスの一部がターボタービンに流入しないよう迂回させるウェイストゲートを電動アクチュエーターで制御し、ターボによる過給圧を適切に調整してエンジンレスポンスを向上させ、低燃費化にも貢献する。

    ※以下全文はソース先をお読み下さい

    no title

    no title


    配信2017年8月31日 11:30
    car.watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1076023.html



     


    【ホンダ、新型「N-BOX」9月1日発売 「VTEC」を軽初採用して燃費を27.0km/Lまで高める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    1: 2017/08/28(月) 06:02:28.93 ID:CAP_USER9

    https://www.j-cast.com/2017/08/27306361.html?p=2
       ホンダが、1991年発売の「ビート」の純正部品の生産を再開する。マツダが、同じ2シーターオープンスポーツカーの初代「ロードスター」(1989年発売)のレストア(修復)サービスを開始するとの発表に続いた形だ。日本の自動車メーカーが相次ぎ、旧型モデルのレストアサービスに乗り出す動きは、果たして、カーマニアを満足させるビジネスとして定着するのだろうか? 

       ホンダビートは軽のミッドシップ2シーターのオープンスポーツカーで、デビュー当時は同じく軽の2シーターオープンスポーツのスズキ「カプチーノ」と人気を二分した名車だ。ビートは1996年に販売を終了したが、現在も2万台が国内を走っているという。マツダの初代ロードスターも2万3000台が健在とされ、往年の2シーターオープンスポーツの人気ぶりが伺える。 
        ホンダは2017年8月9日、ビートのタイヤ・ホイール、シートベルト、ヒーターブロアー、テールライト・ライセンスライトについて、「純正部品の生産の再開を決定した」と発表。今後も内外装部品の生産を順次再開するという。ビートは1991年5月に誕生してから26年を迎えた。ホンダとしても『ビートをより長く楽しんでいただきたい』という思いで、一部純正部品の生産を再開することを決定した」とコメントしている。

       マツダ、ホンダが生産終了から20年以上経過したクルマの部品を供給するなど、レストアサービスを開始した意義は大きい。長く愛車に乗りたいと願うオーナーにとっては朗報だ。日産自動車も1989年発売のスカイラインGT-R(R32型)のレストアサービスを検討中という。R32GT-Rは歴代GT-Rの中でも評価が高く、今なお多くのファンに愛され続けている。

    自動車メーカーがレストアサービスを行うのに当たり、問題となるのは純正部品とサービスの価格だろう。マツダもホンダもサービスを開始すると正式に発表したものの、純正部品などの価格についてはまだ公表していない。純正部品については、部品メーカーが金型から作り直すなどコストがかさむため、「価格は量販当時の平均5割増し」との一部報道もある。

       プレミアムカーと言えるR32GT-Rのオーナーであれば、多少の出費も覚悟できるのかもしれないが、ライトウェイトスポーツのロードスターやビートのオーナーは、再生産の純正部品とはいえリーズナブルな価格を望む人も多そうだ。日本にメーカー主導のレストアビジネスが定着するか否かは、今後明らかになる部品やサービスの価格が鍵を握ることになりそうだ。

    no title


    【定着するか名車の修復サービス カギ握る「純正部品のお値段」HONDA】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2017/08/28(月) 12:12:59.57 ID:CAP_USER9

    8月26日、都内のホンダ本社1階に100人近くの二輪ファンが集まった。お目当ては原付き1種のレジャーバイク「モンキー」最終モデルの商談権の抽選会だ。1967年の発売から半世紀のロングセラーは500台の限定生産にも関わらず4万5333通の申し込みがあった。倍率はおよそ90倍。1つの工業製品がこれだけ愛され続けた理由はどこにあるのだろうか。会場に集まったファンと、実際にモンキーを担当したホンダのデザイナーに話を聞いた。

    最後のモンキー500台の抽選に当選した茂木さん(右)(東京・港のホンダ本社)
    no title


    ■原型は遊園地向けバイク 累計66万台に

     「実は初めての二輪ですが小柄なボディーにひかれました。ガソリンのモンキーはもう手に入らないかと思って」。会場で当選した茂木孝さんは満面の笑顔。埼玉県新座市から夫婦で来ていた29歳の男性は「歴史は分からないけど初心者にもとっつきやすいかなと。落選してしまいましたが中古を今から探そうと思います」と残念そうに話した。

     モンキーはホンダが作った遊園地「多摩テック」のアトラクション向けバイク「Z100」が原型となった。67年に市場投入された初代モンキー「Z50」は、車のトランクに積み込めるようハンドルは折り畳み式になっていた。排気量は50ccながら、大型バイクと同じようにシフト操作で運転するマニュアル車で、小柄な分、乗り手が比較的カスタム(改造)しやすいのも特徴だ。入門車としてだけでなく二輪ファンにも愛され、累計生産台数は66万台を超えた。会場でも「コンパクトでかわいい」「フォルムやデザインが街でも目をひく」との声が多かった。

     「限られた大きさの中にバイクとしての機能を凝縮したモデル。タンク、シート、サイドカバーとデザインの面でも普通のバイクと変わらない。その中で若手のデザイナーが常に葛藤しながら挑戦してきた」。ホンダOBの小泉一郎氏はこう振り返る。同じくモンキーのデザインを手掛けた本田技術研究所の吉村雅晴研究員は「カブがビジネス向けの機能を突き詰めたように、レジャーバイクとしてのおもしろさを追求した」と語る。同氏が担当し、2014年に販売した「くまモンバージョン」では、スポーツカーのエンジンに使われた特殊な赤色の塗装をふんだんに盛り込むなど「もらさずこだわりがついている」(吉村氏)。

    ■「3ない運動」、排ガス規制の逆風

     モンキー登場後、原付き1種は手軽に使える「生活の足」として最盛期を迎える。70年代後半から原付き1種全体の生産台数は100万台を超え、モンキーも兄弟車「ゴリラ」などを投入した。しかし、高校生の二輪車利用を禁じる「3ない運動」が広がったのに加え、安全や排ガスを巡る規制など、二輪車を巡る環境は年を経るごとに厳しさを増す。足元でも9月から排ガスなどを巡る新たな規制が既存車種に対応して適用されるほか20年には新規制の導入が議論されている。手軽さが強みだった小排気量帯の二輪車には強い逆風となる。

     販売当初の販売価格は6万3000円だったモンキーも規制対応を重ね、最新のモデルは税別で32万6500円。「寂しいが、二輪車を自分でいじるようなバイク好きでないと手は伸びにくくなった」。かつてホンダの「エイプ」に乗っていたという男性は会場内に展示されていた歴代モンキーを見ながらこぼした。

     入門車として、愛車として活躍してきたレジャーバイク、モンキーは一旦半世紀の歴史に幕を下ろす。しかし07年の規制の前後に生産終了と復活を経験した。ホンダ二輪の看板をしょってきた「スーパーカブ」は18年をメドに電動化して市場に投入する予定だ。二輪車にも電動化の波が訪れる中で、姿や名前を変えても新たなレジャーバイクを生み出せるのか。二輪のトップメーカー、ホンダにとっても未経験の挑戦となる。

    (江口良輔)

    配信2017/8/28 11:54
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HQK_Y7A820C1000000/


    【さらばモンキー 半世紀愛された二輪車にファン殺到 ホンダ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2017/08/25(金)04:12:00 ID:58U

    なんかネットの車好き達に批判されとるけど、外見クッソかっこええわ
    no title


    【NSXとかいう車どうなの?】の続きを読む

    このページのトップヘ