乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2018/05/13(日) 08:37:42.67 0

    no title

    納車待ちがとんでもないことになりそう


    【予言しておくけど7月に発売というこの自動車はバカ売れするねwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2018/05/11(金) 19:41:56.66 ID:CAP_USER

    ITmedia ビジネスオンライン 2018年05月11日 12時39分 公開
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/11/news089.html
    フルモデルチェンジしたスクーター「フォルツァ」
    no title


     ホンダは5月11日、250ccスクーター「フォルツァ」をフルモデルチェンジし、7月20日に発売すると発表した。
    「走行性能と扱いやすさの向上」をテーマに、機能・デザインを刷新。安全性を高めつつ、小回りの利く仕様になっている。

     外観は歴代「フォルツァ」のイメージを継承しつつ、より軽快さ・先進性を強調するデザインに刷新。
    「上質で存在感のあるスタイリングを実現した」という。アルミ製ホイールもデザインを刷新し、サイズアップを図った。

     車体には、剛性を最適化した軽量かつコンパクトな新フレームと、走行状況や好みに合わせて調整可能な
    電動式可動スクリーンを採用。「高速域での快適な走行と、低速域での小回りの効く軽快な走行の両立を目指す」としている。


    ABS、HSTC搭載

     扱いやすさを強化するため、エンジンは低速域での操作に適した出力特性を持たせた。摩擦係数を低減する
    低フリクション技術も採用し、燃費性能を向上させた。

     急ブレーキをかけた際にタイヤがロックされることを防ぎ、障害物などの回避性能を高めるABS
    (アンチロック・ブレーキ・システム)を搭載し、安全性を高めた。

     後輪の駆動力を調整できる機能「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」も搭載し、
    ドライバーのアクセル操作をサポートする。

     スマートキーを携帯するとエンジンを始動できる「Honda SMART Key システム」も採用。フルフェイスヘルメットを
    2個積載できるラゲッジスペースを設け、収納性も充実させた。

     価格は64万6920円(税込)。国内で年間3000台を販売する計画。


    【ホンダ、軽スクーター「フォルツァ」フルモデルチェンジ 安全・軽快な走り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2018/05/04(金) 17:52:14.95 ID:yanRooKn0 

    ホンダアクセスといえば、モデューロを代表とするホンダの特別仕様車をプロデュースしていることで知られている。
    そんな同社はモーターファンフェスタのブースで、オリジナルのカスタムマシンを3台展示。いずれもコンセプトが際立っており、一見の価値アリ。

    01.軽トラにスタイリッシュさとスポーティさをプラス 「T880」
    no title

    no title


    02.ロハスな2人乗り 「N-ONEフレンドリー2シーター」
    no title

    no title

    no title


    03.名車ZをモチーフにCR-Zをリノベーション 「Re:Z」
    no title

    no title

    no title


    https://motor-fan.jp/article/10004068


    【ホンダの車のワクワク感は異常wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2018/05/01(火) 23:36:44.39 ID:CAP_USER9

    ホンダの米国法人、アメリカンホンダは4月30日、『フィット』の2019年モデルを米国市場で発売した。

    2019年モデルには、最新の「ホンダ・センシング」を採用。ホンダ・センシングは、ホンダの先進運転支援システム(ADAS)の総称。アメリカンホンダは、ホンダ・センシングの米国での普及に力を入れている。

    ホンダ・センシングには、衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)、歩行者検知が可能な前方衝突警告(FCW)、アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシスト(LKAS)、路外逸脱抑制機能(RDM)、車線逸脱警告(LDW)などが含まれている。

    フィットの2019年では、リアビューカメラを標準装備。さらに、ホンダ・センシング装着車には、オートハイビームが追加されるなど、装備の充実が図られた。

    アメリカンホンダは、ホンダ・センシングを装着するフィットのベースグレード、「LX」の価格を、1万8000ドルを切る1万7990ドル(約196万円)に設定。このような先進運転支援システムを、最も手頃な価格で提供している新車のひとつ、としている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2018年5月1日(火) 18時15分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2018/05/01/309234.html?from=tprt


    【ホンダ フィット、米国で2019年型…最新のホンダ・センシング採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2018/04/28(土) 13:07:09.39 ID:wbABsCEX0● 

    ホンダ・ジェイドに新たに2列シート5人乗り仕様が追加されて、2018年5月17日に発表、翌18日に発売日となる見込み。
    3列シート6人乗り仕様も一部で継続されるが、2列シート5人乗り仕様をメインとした新たなグレード構成と車両価格でラインアップが再編される。ターボだけでなくハイブリッドにもRSが設定される。
    新型ジェイド5人乗り仕様のスタート価格は約244万からとなる。

    https://car-research.jp/tag/jade
    no title


    【ホンダ・ジェイド 2列シート5人乗り仕様が5月17日に追加ラインアップ】の続きを読む

    このページのトップヘ