乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2018/09/27(木) 22:30:41.98 ID:vLHopx6r0 BE:232392284-PLT(12000)

    東京オートサロン2016に突如登場し、カスタムカーコンテストでグランプリを受賞。そのレトロで可愛いスタイルで多くの来場者の注目を集めた
    「S660 Neo Classic Concept」から約2年。2018年9月21日、遂にホンダアクセスから「S660ネオクラシック キット」が発売されました。

    ユーザーの反響から市販化が決定
     東京オートサロン2016で多くの来場者の注目を一身に集めた、カスタマイズカーが出品されました。
    それは、大きなメーカーブースの真ん中にドンと展示された訳ではなく、小さなチューニングショップなどが
    所狭しとコンセプトカーを並べる車両展示専用スペースの一角に置かれていました。

    特別な存在感を放っていた1台で、かく言う筆者(先川知香)も心を奪われたひとり。ディズニー映画「カーズ」に登場するキャラクターのような、
    くりくりとした大きな目と、いたずらっ子のような表情に魅せられてスペックボードを見てみると、ベース車両がホンダ「S660」であることに驚いたのを覚えています。

    今回発売されたのは「S660」の外装パーツを換装して「ネオクラシック・コンセプト」のようにカスタマイズできる「S660 ネオクラシック・キット」。
    そして、ホンダ中古車専門店の『ホンダユーテック』が「S660」の中古車をベースにこのキットを架装して販売する、ホンダの認定中古車「S660 ネオクラシック」です。

     そんな「S660 ネオクラシック・キット」を装着したコンプリートカーを実際に見てみると、2年前にオートサロンで出会ったコンセプトカーそのもの。
     スポーティだけどキュートで、レトロだけど新しい。小さく低い車体のフロントマスクに大きなヘッドライトが印象的で、上目遣いの甘えたような表情に、
    なんとも言えない愛着が沸々と湧いてきて、見かけたら立ち止まらずにはいられません。

    https://youtu.be/LzFydK1zEbw


    no title

    no title

    https://kuruma-news.jp/post/106334


    【クルマがコスプレ!? ホンダ「S660 ネオクラシック」に試乗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2018/09/26(水) 03:18:25.26 ID:EiqJ+b0cF

    買ったはいいが回りの反応が思わしくないんやけど


    【ホンダクロスロードってダサいんか・・・・・?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    image

    1: 2018/09/25(火) 19:58:31.37 ID:2k54GPHw0 

    職場で英語を「準公用語化」する動きが広がっている。
    資生堂が10月から本社部門の会議や社内文書の言語を英語に切り替えるほか、ホンダなども2020年の英語公用語化を掲げる。
    日本語と柔軟に使い分けることで現場の負担をやわらげ、英語をスムーズに浸透させるのが狙いだ。
    モチベーション低下などの副作用を抑えつつ、いかに国際競争力を高めるか。その現実解ともいえる動きだ。

    英語「準公用語化」資生堂やホンダで 日本語も許容
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35704530V20C18A9000000/


    【【悲報】ホンダ、英語を公用語に・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2018/09/25(火) 17:47:26.668 ID:Ao4+SQZor

    かっけええええええ
    no title

    no title

    no title

    no title


    【【朗報】ホンダのバイク、エグい格好良さwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2018/09/24(月) 20:34:05.60 ID:qklXaSzf0

    no title

    毎日乗り回してるわ


    【マグナ50ってバイク買ったんやけど、かっこよすぎやろこれwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ