乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2017/03/16(木) 17:32:31.05 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2017/03/16/292199.html
    no title

    no title

    no title


    ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』『CBR1000RR SP』を6年ぶりにフルモデルチェンジし、3月17日より発売する。

    新型CBR1000RRは、メインフレームのエンジンハンガー剛性を最適化したほか、
    新設計のアルミダイキャスト製シートレール、新デザインの前後ホイール、新構造のチタン製マフラーなどを採用。
    大幅な軽量化とマス集中化により、軽快感あるニュートラルなハンドリングを実現した。
    水冷4ストロークDOHC直列4気筒1000ccエンジンは、バルブタイミングおよびリフト量、圧縮比などの最適化と、
    スロットルボアの拡大、マフラー構造の最適化など吸排気系のセッティングを組み合わせ、
    低回転域の力強いトルク特性と高回転域の出力向上を両立。最高出力は従来モデル比14psアップの192ps、最大トルクは2Nmアップの114Nmとなった。

    また、車体の角速度・加速度検出による車体姿勢推定システムをはじめ、スロットル操作に対する出力特性を選択できる
    パワーセレクター、セレクタブルトルクコントロール/エンジンブレーキなど、各種電子制御技術を採用し、快適かつ安全なライディングをサポートする。

    CBR1000RR SPには、走行状況に応じて減衰力を制御し最適な特性を提供するオーリンズ製Smart ECシステム
    採用の電子制御サスペンションのほか、ブレンボ製フロントブレーキキャリパーを装備。
    さらなる軽量化とマス集中化を図るため、リチウムイオンバッテリーを搭載したほか、公道用量産車として世界初のチタン製フューエルタンクを採用する。
    外観は「タイト&コンパクト」をテーマに、軽快感とアグレッシブなイメージを表現。必要最低限のカウル面積と、
    よりタイトに各カウル面を内側に追い込むことで、コンパクト化と前面投影面積の低減を図り、
    軽量化とマスの集中化に寄与。また、フューエルタンク形状を見直し、ニーグリップ両側面部の幅をスリム化。ライダーによる荷重コントロールの自由度を向上した。

    価格はCBR1000RR(マットバリスティックブラックメタリック)201万4200円、CBR1000RR(ヴィクトリーレッド)204万6600円、
    CBR1000RR SP(ヴィクトリーレッド)246万2400円。


    スポンサーリンク

    【ホンダ、大型スーパースポーツ「CBR1000RR」をフルモデルチェンジ…軽量化とマス集中化で戦闘力アップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2017/03/16(木) 06:26:35.17 ID:EtnwGqKY0 

    大黒でステップワゴンのテスト車目撃
    no title

    https://twitter.com/JZX_104/status/841161451452551169


    スポンサーリンク

    【新型ステップワゴンきたーーーーーーーー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    1: 2017/03/12(日) 18:11:52.25 ID:12DtHTQR0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典

    新型NSX大黒に登場???

    思ってたよりもコンパクト??
    ギャラリーの数はランボルよりも集まってた
    no title

    https://pbs.twimg.com/media/C6KEj6CU8AEBzWG.jpg
    no title

    https://twitter.com/vitez_2059/status/838378273411223552


    ホンダは、国内ユーザー向けに納車する新型『NSX』を積んだ最初の船が、2月に横浜港に到着した様子を撮影した画像を公開した。
    新型NSXは米国オハイオ州で生産されており、同国では2016年6月より納車が開始されており、欧州でも12月に1号車が納車された。日本では同年8月25日より2370万円で受注を開始し、2017年2月27日の発売がアナウンスされていた。
    横浜港に到着した新型NSXは、埼玉製作所での最終チェックを経て、2月27日以降、順次国内顧客に納車される。
    http://response.jp/article/2017/02/28/291339.html


    スポンサーリンク

    【新型NSX 日本で納車きたーーー!大黒PAに登場!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2017/03/10(金) 22:24:16.27 ID:stAqbhPA0 

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【これが新型S2000???謎のクルマを路上で発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 92コメント

    1: 2017/03/11(土) 17:39:46.04 ID:CAP_USER

    https://r25.jp/business/00055984/
    no title


    2015年に発売されたホンダの「S660」という車種をご存じだろうか。「Hondaらしい『走る喜び』の実現を目指して開発しました」
    という触れ込みのこの自動車は、軽自動車ながら2シーターの本格スポーツカー。そのユニークさがウケて、大きな話題となった。

    開発責任者の椋本 陵さんは、1988年生まれの現在28歳。責任者に抜擢された当時は、弱冠22歳だったという(!)。
    「逆境オトコ」連載第15回は、自動車業界で働く風雲児を直撃した。

    ●役員への説明会でも「わかんないッスか?」
    「S660」に携わったメンバーは、椋本さんだけでなく、チーム全体が“異例の若さ”だったという。
    「僕は当時、和光研究所というところでデザインに携わる仕事をしていたんです。そこから新商品提案コンペで優勝して、
    実際に車を開発する栃木の研究所に移ったんですね。周りに誰も知っている人もいない、
    何もわからない状態で始まったんですけど、とにかくチームに恵まれた。
    通常はトップダウンで『あなたはこの車を担当してください』とか言われるんですが、
    『S660』に関しては『この車やりたい人、手を挙げて』という感じで、開発チームも公募制だったんです。
    結果、僕だけじゃなくチーム全体が若かったんですよ。平均年齢35、36歳ぐらい。普通のおじさんだらけの
    開発チームに入っていたらどうなってたんだろうなと思います(笑)」

    そんなチームを、椋本さんは「団結力が“超”奇跡的だった」と振り返る。
    「普通、開発チームっていうのは、開発責任者とそれを補佐する人、エンジン、ボディや色んな領域の各リーダーがいる。
    それぞれ働く建物が違うのでコミュニケーションが不足することがよくあるんですよ。
    だけど、この『S660』の開発チームには『ワンパックルーム』という、開発チーム専用の部屋が用意されたんです。
    朝会社に来て仕事をして、昼飯も晩飯も一緒に食って…っていう生活を4年続けたのかな。毎日そんな感じなんで、
    コミュニケーションがすぐにとれる。たとえば、エンジンに関するトラブルがあると、エンジン担当の部署だけが対応する、
    というふうになりがちなんですが、実はエンジンだけじゃなくてボディにも影響を及ぼしていることもある。
    それをすぐに共有できるから、『ボディ側ではこういう対策をする』とか、その場でパンパンパーンと決めることができたんです」

    革新的な社風で知られるホンダだが、そうは言っても日本を代表する大企業。若い世代だけでの新車種開発となると、
    チーム外の社員との軋轢などはなかったのだろうか?

    「開発段階で、会社の役員たちに説明する『評価会』っていう、いわゆる関所みたいな会議があるんです。
    そこではいろいろとマジメなツッコミが入るんですが、あえてネットスラングとかを使って『わかんないッスか?』み
    たいなスタンスで臨みました。『自動車っていう乗り物がオワコンになるんですよ。だからこういうスポーツカーを出さなきゃマズイんです』とか。
    今ならよう言えんです(笑)。当時36、37歳ぐらいのエンジンの開発リーダーも、
    普通なら細かい技術や数値を説明するんですが、『黙って待ってろ!』って言い切りました。オレに任せろと」

    かなりピリピリとした雰囲気が伝わってくる。そんな挑発的な態度をとって、上司たちからの反発はなかったのか、心配になってしまうが…。
    「反発は全然なかったですね。『そうか…』みたいな感じでした(笑)。『黙ってろ』も、
    言ったあとにもちろんちゃんと説明をするんですけど、一発あるとないとではだいぶ違った気がします。
    『うちの会社にも面白いヤツがいるんだな』みたいなことを役員の人が言ってました」


    スポンサーリンク

    【「自動車っていう乗り物がオワコンになるんですよ」「わかんないッスか?」ホンダ最年少開発者の車作り】の続きを読む

    このページのトップヘ