乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 47コメント

    30_s
    1: 2016/11/16(水) 15:17:24.417 ID:qxT20tDI0

    車ですらトヨタに負けてるのに他のことする余裕あんの?
    ほかの企業にも言えるけど一筋でいったほうがよくね?


    スポンサーリンク

    【ホンダってバイクとか飛行機とかロボットとか車以外のものも作ってるらしいけどさ無駄じゃね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2016/11/15(火) 11:01:23.73 ID:CAP_USER9

    ホンダ寄居工場を抱える埼玉県寄居町で13日、ホンダの往年の名車によるクラシックカーパレードが開かれた。
    6回目となる今回は関東一円から約50台が集まり、町内をにぎやかにパレードした。
     
     寄居町商工会や寄居署、町などで実行委員会を組織。交通安全のPRとホンダ寄居工場を歓迎しようと実施している。
    産業文化祭やふるさとの祭典市などのイベントとの同時開催の効果もあり、合計で約1万5千人が来場した。
     
     パレードに参加したのは1964~91年式のN360、ライフ、シビック、S600、S800など。
    見物客の視線を集めながら、中心市街地からホンダ寄居工場までの約7キロの行程を走った。

    中心市街地に勢ぞろいしたホンダのクラシックカー(寄居町提供)
    no title


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00010005-saitama-l11


    スポンサーリンク

    【ホンダ名車50台パレードに1万5000人 ホンダ寄居工場歓迎企画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2016/11/11(金) 16:44:21.48 ID:CAP_USER

    http://www.sankei.com/economy/news/161111/ecn1611110020-n1.html

    no title


    【メアリズビル(オハイオ州)=会田聡】ホンダは10日、米国で高級スポーツ車「NSX」
    のフル生産に入ったことを明らかにした。10月末に1日の生産台数を量産当初の2倍の8台ま
    で引き上げ、年産1500台を計画する。世界で殺到する受注に対応する。

     NSXは米オハイオ州に7千万ドル(約74億円)を投じて新設した専用工場で4月に量産を開始。
    生産工程では約100人の従業員が働き、繊細な組立工程はほぼ手作業で行うことなどで高品質を確保している。

     ただ、来年2月に納入が始まる日本でもすでに、2年分の国内受注に相当する約200台が埋まった。
    これに対し、10月末までの世界出荷は北米を中心に326台にとどまる。
     ホンダは徐々に量産ペースを上げ、ハンドル位置など米国と仕様の異なる輸出モデルにも対応。フル生産に入り、出荷を加速する。
    (以下略)


    スポンサーリンク

    【ホンダ「NSX」フル生産へ 受注殺到に対応、米工場で年産1500台へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2016/11/09(水) 13:32:24.72 ID:CAP_USER

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1028998.html
    no title


     本田技研工業のブラジルの現地法人であるホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダは
    11月8日(現地時間)、新型コンパクトSUV「WR-V」の市販予定車を2016年
    サンパウロ国際モーターショー(一般公開日:11月10日?20日)で世界初公開した。

     WR-Vは、タフでありながら都会的なSUVデザインと高いユーティリティー、広い室内空間をコンパクトな
    ボディーサイズで実現させるとともに、優れた燃費性能と安定したハンドリング性能を兼ね備えたという。

     WR-Vは南米で使用するユーザーのニーズに基づき、ホンダ R&D Brazilで開発されたモデルで南米地域で販売予定。
    ブラジルでは2017年前半に発売を予定している。

     ホンダ 代表取締役社長 社長執行役員 八郷隆弘氏は
    「ホンダは1971年にブラジルで事業を始めて以来、2輪、4輪、汎用製品合わせて2400万人のお客様に支えられてまいりました。
    WR-Vの投入は南米市場へのさらなるコミットメントの証であり、今後もお客様に喜ばれるホンダらしい商品をお届けしてまいります」とコメント。
     ホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ社長 イサオ ミゾグチ氏「ホンダは2013年にブラジルで
    新4輪研究所の稼働を開始するなど、地域のお客様のニーズに対応した開発を強化しており、WR-Vはその大きな成果の一つです
    CR-V、HR-Vに続く新たなSUVをお届けすることにより、南米地域におけるホンダのプレゼンスをさらに強化してまいります」とコメントしている。


    スポンサーリンク

    【ホンダ、新型コンパクトSUV「WR-V」市販予定車を世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2016/11/08(火) 21:01:49.95 ID:UgWt3E670● 

    https://news.webike.net/2016/11/08/75682/

    多くのニューモデルを発表。既に日本での販売計画も

    Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、現地時間2016年11月7日(月)午後8時にEICMA2016(ミラノショー)の出展概要を発表。ニューモデル「X-ADV」「CRF250 RALLY」を世界初公開する。

    イタリア・ミラノで開催されるEICMA2016(一般公開:11月10日~11月13日)。今回Hondaが出展する二輪車の目玉はやはり、世界初公開となる「X-ADV」「CRF250 RALLY」だろう。

    アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングの「X-ADV」と、ラリーレーサー「CRF450 RALLY」のフォルムを彷彿させる「CRF250 RALLY」。

    他にも、モデルチェンジを図った「CBR1000RR Fireblade」、ミドルクラスの「CBR650F」「CB650F」、スクーターの「SH125i」「SH150i」「VISION」の2017年モデルも発表されている。

    なお、今回出品するX-ADV、CRF250 RALLY、CBR1000RR Fireblade、CBR650F、CB650Fは、日本での販売が計画されている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【ホンダ 新型バイク X-ADVとCRF250 RALLYを発表】の続きを読む

    このページのトップヘ