乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    nsx

    1: 2018/11/20(火) 23:45:44.59 ID:IIktDduR

    だろ?


    【なぜホンダの車は、高級感が無いのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    HO_S062_F001_M001_1_L

    1: 2018/11/24(土) 19:03:46.16 ID:1qpD6Qba0

    ビートと迷ってんねん


    【ホンダビートって男二人旅一泊2日の荷物積める?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2018/11/23(金) 23:18:04.45 ID:8ZbJ8N6s0 

    ホンダのバイク「PCX」の盗難急増 大阪
    no title


    大阪府吹田市のマンションで、「PCX」という車種のバイクが相次いで盗まれる被害があった。
    大阪ではいま、「PCX」の窃盗事件が増えていて、注意が必要だ。
     先月3日、吹田市にあるマンションの駐輪場。男が現れ、わずか30秒で止めていたバイクを盗み出した。
    被害に遭った住民「バイクは通勤とかで使いますんで、腹立たしさでいっぱいですよ」。盗まれたのはホンダの「PCX」というバイク。
    値段は新車で約30万円。ホンダでもトップクラスの人気だという。店員「ほかのスクーターに比べると、燃費がいいのとビッグスクーターに
    近い形でかっこいいということで、人気ですね」。その人気のため、窃盗のターゲットになっているという。
     先月、「PCX」が盗まれたマンションでは今月に入っても…。今月5日、防犯カメラに映ったのは、1か月前の人物によく似た男。
    またもや堂々とバイクを盗み出した。これも「PCX」だ。
     今年3月には143台の「PCX」を盗み、フリマアプリで転売していた大阪の窃盗グループが検挙された。大阪府内では昨年一年間で、
    「PCX」が盗まれる被害が283件発生。今年に入ってからは10月末までで、338台が盗まれるなど被害が急増している。
     なぜ、簡単に盗まれるのだろうか。所有者「一応ロックはしてたんですけど。ハンドルロックだけです」。被害に遭った住民によると、
    盗まれた2台の「PCX」はいずれもハンドルを動かなくするハンドルロックをかけていたという。店員「(Qハンドルロックがかかったまま、
    駐輪場から隣接する道路に運び出すのは可能?)全然簡単ですね。普通にできると思います」。愛車を被害から守るためには、、
    音が鳴る盗難防止装置などが必要だという。これらのアラームはPCXに限らず、取り付けることができ、価格は取り付け費用と合わせて2万円前後という。
     相次ぐ「PCX」の窃盗。警察は逃げた男の行方を追うとともに、しっかりと盗難対策をしてほしいと呼びかけている。

    http://www.news24.jp/nnn/news16222273.html


    【【悲報】大阪でホンダPCXの盗難が急増している模様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    honda-20180312_001-thumb-600x450-832616

    1: 2018/11/23(金) 16:58:59.72 ID:l4cmAsjY0 

    本当に市販化されるのか!ホンダ・レトロEVスタイル「Urban(アーバン)」の開発車両が初めてキャッチ

    昨年のフランクフルトモーターショー2018にて、世界で初めて公開されたレトロEVスタイル・ホンダ「Urban(アーバン) EVコンセプト」。
    この個体が登場したとき、レトロでコミカルなスタイリングに衝撃を受けたことを今でも忘れていませんが、
    まさかこのコンセプトモデルが本当に量産モデルとして登場するとは…これも結構驚きではありますね。
    そんな色んな意味でインパクトを残してくれた「Urban EV」の開発車両が目撃されています。

    なお、この個体は2019年後半に欧州向けに初期ロットモデルが生産される予定ですが、
    発表時期は2019年3月に開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2019にて登場するのでは?と噂されています。
    そして受注時期は、2019年に欧州向けに受注スタートし同年後半に出荷スタート、2020年には日本でも発売予定となっています。

    http://creative311.com/?p=50423
    no title

    no title

    no title

    no title


    【【朗報】Urban EVの開発車両が目撃される!来年にも発表か!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2018/11/21(水) 14:44:05.75 ID:CAP_USER9

    ホンダの中国部門は、広州モーターショー2018において、ホンダ『Eモビリティコンセプト』(Honda E-Mobility Concept)を初公開した。

    Eモビリティコンセプトは、ホンダが中国市場向けの電動スクーターを提案したコンセプトモデルとなる。ホンダは、Eモビリティコンセプトをベースにした市販モデルを、2018年末に公式発表する予定だ。

    Eモビリティコンセプトには、走行ルートを正確に把握するGPSシステムを搭載する。モーターのスペックは公表されていないが、ホンダによるとリチウムイオンバッテリーがモーターに充分な電力を供給するという。

    また、Eモビリティコンセプトには、「CBS」(コンバインド・ブレーキ・システム)を採用する。CBSは、ホンダが耐久レースへの参戦を通じて開発した前後輪連動ブレーキシステムだ。さらに、Eモビリティコンセプトは低重心設計として、安全性を追求した。

    ホンダは、Eモビリティコンセプトについて、新しいホンダの電動スクーターは、ホンダ独自のスムーズライドフィーリングが特徴で、中国の顧客に移動の自由を提供する簡単かつ快適、効率的で耐久性のある二輪車、としている。

    ホンダ Eモビリティ コンセプト(広州モーターショー2018)
    no title

    ホンダ Eモビリティ コンセプト
    no title

    ホンダ Eモビリティ コンセプト
    no title


    2018年11月21日(水) 11時52分(タイ時間)
    レスポンス
    https://response.jp/article/2018/11/21/316393.html


    【ホンダが電動スクーター提案「Eモビリティコンセプト」、2018年末に市販モデル発表へ…広州モーターショー2018 】の続きを読む

    このページのトップヘ