乗り物速報

バイクと車のまとめ

    ポルシェ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    porsche-normal
    1: 2018/08/08(水) 06:48:23.41 ID:+1WuCv52d

    この差な
    勝ち組やなワイは^^


    【東京の社畜「満員電車苦ちい..」地方ワイ「今日もポルシェで出勤しますかwwwwwwww」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/07/30(月) 02:54:59.52 ID:CAP_USER9

    https://www.cnn.co.jp/style/autos/35122493.html

    ポルシェ70周年、愛されるデザインの誕生秘話を聞く
    2018.07.28 Sat posted at 17:30 JST

    (CNN) 第2次世界大戦の余じん冷めやらぬ中、ポルシェは同社初の量産車の開発に着手した。「356」は1948年6月8日に初めて公道走行を許可され、現代スポーツカーのあり方を再定義するデザインの流れの端緒となった。

    ポルシェ初の自動車誕生から70周年にあたる今年、取材班は新旧のデザイナーに話を聞き、時代を象徴する3つのモデルの設計秘話を自分たちの言葉で語ってもらった。

    ピンキー・ライ氏が語るポルシェ996

    大半の自動車プロジェクトと同様、996の開発は定期的なモデルチェンジの一環として始まった。ただ、この時は財務面で追い詰められていた。前モデルの993は初年こそ順調だったものの、964からそれほどパワーが向上せず、BMWやアウディとのライバル争いも激しさを増し、売り上げが低迷し始めた。我々は立て直しが必要だった。

    まずはビジュアル面でメッセージを打ち出す必要があった。これ以前のモデルチェンジでは前モデルとの違いがほとんど分からない状態だったが、我々としては何か劇的なこと、革命的とすら言えることをやらねばならなかった。

    993から大きく変わった点の一つはヘッドライトだ。今でも受け入れがたいと感じる人も中にはいるだろう。常に丸形のヘッドライトを備えていた従来の911とは異なり、より彫刻的なアプローチを採用し、ボンネットの線に合わせた形状にした。

    同様に車体についても、前後のバンパーの輪郭を非常になめらかにした。こうした流れるようなラインを全体のデザインに組み込み、車そのものが一つの彫刻であるかのような外観を実現した。インテリアも純粋に幾何学的なものからもっと彫刻的な形状の計器やスイッチへと変わり、全体的に新しい製品となった。

    ゆったりした快適な作りにしたいとの考えから、車のプロポーションは若干大きめにした。エンジンを空冷から水冷に切り替え、配管用のスペースを増やす必要もあったため、大きめのサイズの採用は技術面でもちょうど良かった。
    (リンク先に続きあり)

    no title

    996の開発場面/Courtesy of Porsche
    no title

    996はポルシェで最も商業的に成功した車種の一つとなった/Pinky Lai
    no title

    918スパイダーはニュルブルクリンクのレースコースで7分を切る記録を達成/Courtesy of Porsche
    no title

    ポルシェ997/Courtesy of Porsche
    no title

    997ではタイヤの幅と直径が大きくなった/Courtesy of Porsche
    no title


    【【ポルシェ70周年】愛されるデザインの誕生秘話を聞く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント

    1: 2018/07/29(日) 20:44:26.71 ID:CAP_USER9

    ポルシェは7月25日、『マカン』(Porsche Macan)の改良新型モデルを中国上海市で初公開し、同車に最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

    マカンは2013年秋、ロサンゼルスモーターショー2013において、『カイエン』の下に位置するSUVとして発表。2014年の発売以来、世界累計販売が35万台を超える成功を収めてきた。そのマカンがデビューからおよそ4年が経過し、初の本格改良を実施。改良新型モデルが、中国上海市で発表されている。

    改良新型マカンでは、新たに「トラフィックジャムアシスト」などの機能を「アダプティブクルーズコントロール」に統合。60km/hを上限に作動し、快適でリラックスできるドライブ体験を提供する。

    このシステムでは、部分自動運転が可能。前走車に追従して、アクセルとブレーキを車両がコントロール。渋滞や低速時には、ステアリングの操舵の支援も行う。

    また、「ポルシェ・ダイナミック・ライト・システムプラス」(PDLS)をオプション設定。ヘッドライトの配光パターンを、走行状況に応じて最適に制御。4灯式ウエルカムホームライトによって独特な外観を生み出すとともに、最適な照度によって路面を明るく照らす、としている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2018.7.28 Sat 6:30
    レスポンス
    https://s.response.jp/article/2018/07/28/312456.html?from=tprt


    【ポルシェ マカン 改良新型、部分自動運転が可能…渋滞アシスト採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    f5bc42cc31b6fb85accf287d7395f4ec

    1: 2018/07/15(日) 22:14:12.44 ID:CAP_USER

    ポルシェ(Porsche)は7月12日、2018年上半期(1~6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は上半期の新記録となる13万0598台。前年同期比は3%増だった。

    上半期の市場別実績では、最大市場の中国が3万3363台を販売。前年同期比は7%減と、マイナスに転じた。中国を含めたアジア太平洋/アフリカ/中東地域も、4%減の4万8008台と後退する。

    単一市場で、中国に次いだのは米国。上半期の米国実績は、2万9421台。前年同期比は7%増とプラスを維持する。欧州は4万6955台を販売し、前年同期比は9%増。このうち、地元ドイツは1万7215台で、前年同期比は11%増と2桁増を達成した。

    モデル別では、SUVの『マカン』が4万6600台で、引き続き最量販車に。ただし、前年同期比は7%減とマイナスに転じた。『カイエン』はマカンに次ぐ2万8700台を売り上げたものの、前年同期比は19.4%減と後退。一方、『パナメーラ』は、前年同期に対して91%の大幅増。

    ポルシェの2017年の世界新車販売台数は、24万6375台と過去最高。前年比は4%増と、7年連続で販売記録を更新している。
    https://response.jp/article/2018/07/13/311896.html


    【ポルシェ世界販売が新記録、3%増の13万台 2018年上半期】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    porsche-model
    1: 2018/07/15(日) 09:57:30.328 ID:Kj18mNmud

    オプション高すぎんだよポルシェ


    【ポルシェ911を新車で買うんだけど1500万以内で収めたい】の続きを読む

    このページのトップヘ