乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    img_c28f4f606dfe1df8ac103d5887b5719b27580
    1: 2018/08/14(火) 16:36:03.90 ID:zhJHfgF70

    謎なんだが


    【ベンツ、BMW、アウディ買わずにマツダ買う奴wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    carinfo_img
    1: 2018/08/11(土) 14:28:00.098 ID:to9Z4j7wM

    親父が魂抜けたみたいになっててワロタ


    【【悲報】親父のユーノスコスモ、事故で廃車にwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 62コメント

    20150314100354uNqOTm7WRf
    1: 2018/08/13(月) 19:20:07.788 ID:zSfXr5cQ0

    実際に買おうとか思わない?


    【マツダ車ってどう思う?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2018/08/09(木) 11:17:04.66 ID:LmC4qopH0● 

    前回の東京モーターショー2017では、次期アクセラとしての市販が想定されるデザインスタディモデル、魁(KAI)コンセプトが発表されていた。
    その後、開発は進められており、想定される発売時期は2019年の夏-秋ごろ。
    やはり欧州が主力市場と考えられており、遅くとも9月のフランクフルトモーターショーでの市販型の完成車体公開が予想される。
    パワートレインでは新開発のSKYACTIV-Xが搭載される。
    SKYACTIV-Xは排気量2.0Lながらも、予混合圧縮着火技術の採用により2.5Lクラスの出力トルク性能が期待される。
    アクセラではハイパフォーマンスグレードの位置付けとなるだろう。

    https://car-research.jp/tag/axela
    no title


    【マツダ・アクセラのフルモデルチェンジは2019年後半、SKYACTIV-X搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2018/07/29(日) 21:33:24.48 ID:CAP_USER

     マツダは2018年6月の株主総会において社長交代が確定した。クリーンディーゼルなどSKYACTIVテクノロジーで復権したマツダ。それを支えた小飼雅道社長。

     後任となる丸本明副社長の選出は驚くものではなく、極めて「順当」ともいえる人選だったとも言われている。マツダが新体制になり、今後どう変わっていくのか?

     そしてマツダのアイデンティティであるロータリーエンジンはどうなるのか、迫ります。

    文:福田俊之/写真:ベストカー編集部
    ベストカー2018年8月10日号


    ■マツダの構造改革プランは継続される
     6月末に株主総会を終えた上場企業で、今年も多くの新社長が誕生した。

     「勝つか負けるか」ではなく「生きるか死ぬか」という厳しい経営環境の中で「100年に1度の大変革期」に直面する自動車メーカー。

    no title

    トヨタとの業務提携を決断した小飼前社長(右)。EV関連での提携だったが今後はいかに?

     そのなかで売り上げ規模(約3兆4000億円)もほぼ同じでお互いに独自性を追求するクルマ作りで競うマツダとスバルが、偶然にも時を同じくして社長交代を行い、新しい経営体制がスタートした。

     だが、両社はスタート時点から明暗を分ける形になった。度重なる不正検査問題で揺れるスバルは、新体制発足直前にも新たな不正が発覚し、実力会長に君臨するつもりだった前任の吉永泰之氏は代表権と最高経営責任者(CEO)を返上。

     吉永氏は交代前の新型フォレスターの発表会にも姿を見せず、辣腕をふるった在任7年の最後の花道を飾ることもできなかった。

     いっぽう、マツダは小飼雅道社長の会長就任と丸本明副社長の社長兼CEO、それに藤原清志専務の副社長昇格などの首脳人事を発表。

     その2週間後には、大幅改良したアテンザのお披露目会を瀟洒な建物の小笠原伯爵邸で華々しく催した。

    no title

    2016年のロサンゼルスショーでプレゼンをする丸本氏。次期社長候補として名の挙がる人物だったという

    >>2 へ続く

    2018年7月29日
    自動車情報誌「ベストカー」
    https://www.bestcarweb.jp/feature/column/38568


    【【どうなるロータリー】 激動の新時代に挑むマツダ新社長の狙いは・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ