乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 48コメント

    K0000718690
    1: 2022/07/19(火) 20:03:01.44 ID:e3MCo/7cM

    マツダ2では物足りないけどそこまで大きくないから気になってる
    5やとデカすぎるし



    【マツダCX-3ってどんなイメージ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 224コメント

    ダウンロード (1)

    1: 2022/07/04(月) 17:46:50.10 ID:t9zC9QV7M

    何で?
    安すぎやん



    【マツダ新型CX-60「直列6気筒ディーゼルです。FRです。400万です」←まったく話題ならない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 56コメント

    1: 2022/06/30(木) 22:27:53.83 ID:S3GojBnr9

    マツダは2022年6月30日、同年9月発売予定の新型SUV「CX-60」に採用する、新たなコネクテッドサービスの機能を発表した。

    ■ドライバーの異常を検知して自動で緊急通報を実施

    マツダCX-60は、新開発のエンジン縦置きプラットフォームをベースに開発された、マツダの新世代SUVである。

    今回発表されたのは、コールセンターやスマートフォンとの連携を通じてオーナーのカーライフをサポートする、コネクテッドサービスの新機能である。他のマツダ車でも利用可能なエマージェンシーコールやリモートモニターなどに加え、CX-60には以下の機能も用意されるという。

    【マツダマイカーケア】
    車両へのいたずらや盗難が発生した際に、警備会社からガードマンを派遣。車両の状態確認・監視を行う。

    【ドライバーケア】
    オーナーが任意でクルマの速度や運転時間、走行エリアを「MyMazda」アプリに登録。設定した条件になると、携帯端末にアラートが届けられる。家族のクルマが外出先から自宅近くに戻ってきたことを把握する際などに重宝するという。

    【リモートエンジンスタート】
    クルマの空調システムと連携し、走行開始時の視界確保および快適な車内温度の調整に貢献する。

    価格は、マツダマイカーケアとドライバーケアをセットにした「見守りプラン」が月額で330円、年額で3630円。リモートエンジンスタートが月額で220円、年額で2420円となっている。

    このほかにも、緊急時の自動通報システム「マツダエマージェンシーコール」には、CX-60から導入される予防安全システム「ドライバー異常時対応システム(DEA)」との連携機能を追加。ドライバーが意識を失うなどの緊急事態を検知すると、自動で緊急通報を行うようになっている。

    ■一部機能の無料期間を10年に延長

    マツダでは、2019年9月に通信モジュール搭載車の購入者に対してコネクテッドサービスの提供を開始。…

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2022.06.30
    https://www.webcg.net/articles/-/46582

    CX-60
    no title



    【マツダが新型SUV「CX-60」に採用する新しいコネクテッドサービスを発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 107コメント

    img_3971389cb3d8e63cee548dc045aa3a5c57651
    1: 2022/05/10(火) 22:30:00.631 ID:Ulqy4Q3Vr

    CX-60のセダンバージョンがでたら買い替えたいんだけど



    【マツダってお前ら的にどうなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2022/04/13(水) 16:53:55.87 0

    https://wpb.shueisha.co.jp/news/car/2022/04/13/116041/
    no title

    ーーマツダの名車「RX‐7(セブン)」の中古価格が鬼らしいスね?

    藤島 はい。特に1991年に流れるようなスタイルに生まれ変わった3代目(FD3S型)の人気が高く、平均価格は400万円近いんです。最終限定モデルに至っては1000万円なんて個体もあり、盗難件も起きています。

    ーースゴ! 確か藤島さんはRX‐7に乗ってたんスよね? 

    藤島 私が所有していたセブンは、まさに現在高騰しているFD3Sの最終型です。グレードは「TYPE R」という上位モデルでした。当時、私は免許を取得してわずか半年の初心者ドライバーだったんですが、どうしてもマニュアルのセブンに乗りたかったんです。

    ーーFDのどこらへんに心を奪われたんスか?

    藤島 私の目にイノセントブルーのイメージカラーが鮮烈に焼きついたんですよね。また、地を這うように低く、抑揚のあるプロポーションが実に美しかった。私が購入したとき、"最後のロータリー・ターボ"と言われていましたからね。これはもう手に入れるしかないなと。

    ーーメロメロじゃないスか! ちなみに購入されたFDのお値段はいかほどで?

    藤島 新車で購入したんですが、全部コミコミで約400万円。頭金が110万円で、残りは60回ローンを組みました。

    ーー60回ローン! 実に男前ですね!

    藤島 いやいやいや。購入時は20代半ばだったんですが、ローンのほかに車両保険も月額2万円超でしたから大変でした。今考えると、よくひとりで印鑑握りしめマツダのディーラーに乗り込んだなと。しかも、試乗もしないで新車を買いましたからね。



    【中古価格1000万も! 元オーナー〝フジトモ〟が語る「マツダRX‐7」の魅力】の続きを読む

    このページのトップヘ