乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    K0001159813

    1: 2019/11/10(日) 06:18:58.36 ID:cDMVaEcld

    正直に頼む


    【「マツダ」←これに乗ってるやつのイメージwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 87コメント

    1: 2019/11/08(金) 08:11:50.30 ID:3hmyaF4M0● BE:121394521-2BP(3112)

    今、勢いに乗るマツダ最新のクロスオーバーSUVが、「世界でもっとも美しいクロスオーバーSUVを目指した」というCX-30だ。車格的にはCX-5とCX-3の中間に位置し、ベースはマツダ最新のコンパクトハッチバック&セダンのマツダ3。
    しかし、マツダ3よりも全長、ホイールベースを短縮し、全高を1540mmに抑えた(ルーフアンテナも廃し、ガラスアンテナを採用)、
    じつに日本の路上にジャストな全長4395×全幅1795×全高1540mm、ホイールベース2655mmとしている。つまり、立体駐車場の入庫も容易ということだ。

    マツダCX-30の内外装と走り!

     シャープな折れ線を持たないエクステリアデザインはマツダ3の延長線上にあるが、ボディサイドの写り込みの変化は、マツダ3とまったく逆の方向にある。
    黒い樹脂製のクラッティングはあえて幅広として、ボディを薄く見せるのと同時に、タフネスなSUVらしさを強調している。

     パワーユニットは1.8リッタークリーンディーゼルのスカイアクティブD(116馬力/27.5kg-m)、および2リッターガソリンのスカイアクティブG(156馬力/20.3kg-m)が揃い、ミッションは6速ATを基本に、ガソリン車には6速MTも用意する。
    今後、うわさのガソリン車とクリーンディーゼルのいいとこ取りをした次世代ガソリンエンジンのスカイアクティブXも加わる予定だ。

     最低地上高は2WD、4WDともに175mm。マツダ3が140mm、CX-3が160mm、CX-5が210mmということで、
    スタックの脱出性能を高める「オフロードトラクションアシスト」の新規採用もあり、都市型クロスオーバーモデルとはいえ、悪路や雪道の走破性にもぬかりはない。

    いかそ

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00010001-wcartop-ind


    【マツダ「世界でもっとも美しいクロスオーバーSUVを目指した結果、CX-30は誕生しました。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    aaa

    1: 2019/11/06(水) 11:30:22.896 ID:qKKC5VSr0

    CMのセンスも悪くないんだけど…



    なぁ~…


    【マツダって見た目は良いんだけどなぁ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 89コメント

    caf9a668b734197504c971b52a4c3f28_t

    1: 2019/11/04(月) 11:14:30.94 ID:CAP_USER9

    「負けは負けなのでこれは挽回しなくてはいけない。ただ、台数を追い求めて販売の質を悪化させるのではなく、質を維持して台数との両立を図っていく」。マツダの藤原清志副社長は厳しい経営環境を乗り越えていく強い決意を示した。


    11月1日、マツダは2020年3月期の連結業績予想を下方修正した。売上高見通しは前期比2%減の3兆5000億円と、従来予想の3兆7000億円から2000億円引き下げた。主力市場の北米や中国で販売が低迷していることを受け、世界販売台数も従来予想の161.8万台から6.8万台引き下げ155万台(前期比1%減)とした。
    .

     営業利益の予想は前期比27%減の600億円と、当初予想の1100億円から500億円引き下げ、増益予想から一転して減益見通しに。業績予想通りなら、2期連続の営業減益となる。

    ■大幅下方修正の要因は販売低迷にあらず

     ただ、販売低迷が今回の営業利益の下方修正につながったわけではない。インセンティブ(販売奨励金)を抑制し、台当たり収益を高めたことで、販売台数の減少によるマイナス影響を相殺。下方修正の主要因は為替レートが想定よりも円高で進行し、日本からの輸出採算が悪化していることにある。マツダは期初段階で1米ドル110円、1ユーロ126円と想定していたが、今回1米ドル107円、1ユーロ119円と円高方向に見直した。
    .

     この結果、前期比較では為替影響が営業利益を799億円押し下げる見通しだ。コストの改善で211億円、販売面での収益改善で477億円を積み上げても、為替影響を吸収できず、営業利益は前期を200億円あまり下回ることになる。

    11/4(月) 5:30配信  東洋経済
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191104-00312353-toyo-bus_all


    【マツダ、販売低迷でも「値引き」に走らない事情】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2019/11/04(月) 14:27:22.666 ID:PRo3YYA9d

    no title


    【【画像】車でピーピー言ってこんなマークでたけどなにこれ?】の続きを読む

    このページのトップヘ