乗り物速報

バイクと車のまとめ

    マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 74コメント

    no title
    1: 2017/05/22(月) 22:43:44.21 ID:AUaNrNJM0

    やたらマツダ賛美するから怖い


    スポンサーリンク

    【車好きの中でもなぜマツダ車乗りは異質なのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 57コメント

    1: 2017/05/19(金) 21:44:53.46 ID:CAP_USER

    2017/5/19 11:32
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    新型ロータリー車は“RE × EV”で登場! 発電用REで燃費問題もクリア

    ついにマツダがロータリーエンジン(RE)を復活させる! 発売時期は2019年末。ロータリーエンジン50周年にあたる今年の東京モーターショーで、
    コンセプトカーを発表する可能性が高くなってきた。果たしてどんなクルマになるか? 現時点で判明している状況をレポートしてみたい。

    車種は2015年の東京モーターショーに出展された『RX-VISION』的な2ドアクーペになるようだ。以下、説明したい。

    まずロータリーエンジン最大の弱点が「燃費の悪さ」。したがってロータリーエンジンだけで走らせようとすれば、燃費を諦めなくちゃならない。
    現代においてそんなクルマは無理。そこで考えたのが三菱アウトランダーのようなPHEVや日産e-POWERなど、EVに発電用エンジンとして搭載するレンジエクステンダーだ。

    発電用エンジンとして使うなら、ロータリーエンジンであっても熱効率の高い回転域を使える。し
    かもロータリーエンジンなら超滑らかなので、エンジン回しても違和感無し。コンパクトに発電用エンジンとして考えるなら最高かもしれない。

    また、PHEVであればエンジンの搭載位置を自由に決められるため、デザイン上の自由度だって大幅に上がる。エンジンを低い位置に搭載することだって容易。
    噂ではRX-9と言われる新型RE車の実用車離れした美しいデザインも可能になるだろう。重いバッテリーを床下に積めば重心も低くなりハンドリングにも好ましい。


    ロータリー復活で期待度が高いREクーペ新型RX-9の価格はどうなる?

    マツダが2013年に公開したREレンジエクステンダーのテスト車両2015年東京モーターショーで公開されたRX-VISION
    気になるのは「商品としての魅力」だ。マツダの開発陣としちゃ「何としてもスポーツモデル」と考えている様子。
    結果、800万円と言われているRX-9になった。確かに1300万円のLC500の売れ行きは順調。マツダとしても800万円なら売れると考えているのだろう。

    この「思い違い」こそ最近のマツダの課題となっている「良いクルマを作っても売れ行きが伸びない」大きな原因になっていると思う。
    先日発表された2017年3月期の決算発表によると、日本は13%減。アメリカも2%減。「良いクルマなら高くても売れる!」と考えた結果の数字である。

    ブランドイメージが確立しているメーカーならその通り。されどマツダの場合、モータースポーツに代表される文化面に全く予算を使っていない。

    上に戻る。もしブランドイメージが確立されているなら、すでにクルマは売れているだろう。高額のクルマを売りたいのなら、ブランドも育てるしかない。

    今のマツダの技術力を持ってすればRX-9は高い評価を受けるだろうし、良いクルマに仕上がっていると思う。
    けれどマツダのブランドイメージがこのままであれば販売面で伸び悩むに違いない。

    このあたりのジレンマを解決出来る戦略を立てられるのか、SKYACTIV-Rと命名されたRE新技術、大いに期待しておく。

    [Text:国沢光宏]

    http://autoc-one.jp/mazda/special-3332507/

    http://autoc-one.jp/mazda/special-3332507/photo/
    (画像多数あり)


    スポンサーリンク

    【マツダがロータリーエンジン搭載車RX-9を2019年度に市場投入へ、REレンジエクステンダーで燃費改善】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2017/05/14(日) 14:43:49.26 ID:rat8PvT70 

    ソース
    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【マツダ新型CX-8の画像が流出きたーーーまさかこんなデザインとは!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2017/05/12(金) 19:21:00.00 ID:CAP_USER

    カウンタックよりも早くガルウィングドアを採用!
    国産スーパーカーの元祖と言えば、童夢-零というイメージが強いかもしれないが、1970年の東京モーターショーに登場し、話題となったマツダRX500を忘れてはいないだろうか?

    映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイムマシンになったデロリアン「DMC-12」(1981年)を彷彿させる、かなり未来的なデザインを取り入れたこのRX500は、マツダ創立50周年を記念して作られた、正真正銘のジャパニーズ・スーパーカーなのだ(RX500=マツダ創立50周年)。

    スーパーカーの正しい文法ともいえる、ウェッジシェイプをかなり効かせたボディに、ガルウイングドア(正式には「バタフライウィングドア」)を装着したミッドシップの本格派。RX500の企画は、1968年から。コスモ・スポーツの後継モデルの試作モデルとして、開発がはじまったという。

    ガルウイングと言えば、なんといってもランボルギーニ・カウンタックが有名だが、カウンタックの発表は、1971年。このことからも、RX500の先進性がどれほどだったかよくわかるだろう。エクステリアデザインは、マツダの福田成徳氏が担当。

    空力をかなり意識して、風洞実験を繰り返しながら、このデザインに行きついたとされる。エンジンはレース用にチューニングされた、10Aロータリー(250馬力)をミッドシップに搭載。ミッションはマツダ初のFF車、ルーチェロータリークーペ(RX87)のミッションを流用。

    no title


    no title


    つづき
    https://www.webcartop.jp/2017/05/114290


    スポンサーリンク

    【ロータリーエンジン搭載の「マツダRX500」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 2017/05/05(金) 17:27:55.16 9

    マツダ3代目「RX-7」 広島の「いちがい」が育んだアウトサイダー(写真27枚)
    2017.05.05 鈴木ケンイチ(モータージャーナリスト)


    1991年に発売された3代目「RX-7」は、「FD」という呼び方でも広く知られるマツダのスポーツカーです。エンジンはもちろん、ロータリー。まちがいなく、唯一無二に数えられる1台でしょう。


    マツダの魂、ここにあり

     マツダ「RX-7」の歴史は、1978(昭和53)年の初代SA型に始まります。1985(昭和60)年に第2世代のFC型にフルモデルチェンジし、1991(平成3)年に最後のFD型「RX-7」にバトンタッチされます。


    マツダ3代目「RX-7」(画像:マツダ)。
    no title


     最初は「サバンナ」のペットネームが使われていましたが、第3世代のFD型から当時の販売チャンネル名にちなんだ「アンフィニ RX-7」の名称が使われます。
    ただし、販売チャンネルの廃止から1997(平成9)年より「マツダ RX-7」となり、2002(平成14)年まで生産が続きました。

    「RX-7」は、マツダが世界に誇るロータリー・エンジンを搭載したスポーツカーです。ロータリー・エンジンをしっかりと量産車で利用したのは世界で唯一、マツダだけ。
    その開発は困難を極めましたが、広島弁でいう「いちがい(頑固一徹)」の鉄の心でやりとげたという歴史があります。
    そんなマツダ・スピリッツが最も濃厚に表れたクルマが「RX-7」といえるでしょう。

    【次ページ】 唯一無二、ロータリー・エンジンが放つ強烈な個性とは
    https://trafficnews.jp/post/69731/2/
    この記事の画像をもっと見る(22枚)


    スポンサーリンク

    【マツダ3代目「RX-7」 広島の「いちがい」が育んだアウトサイダー】の続きを読む

    このページのトップヘ